dTVをChromecastで見るには?dTVターミナルとの比較も

\dTVを31日間無料で楽しむ!/

目次

dTVをテレビ画面で見るには? Chromecastの利用方法 dTVターミナルとの比較 まとめ

dTVをテレビ画面で見るには?

dTVをテレビで見るための機器一覧

・dTV対応テレビ
・dTVターミナル
・Nexus Player
・AQUOSココロビジョンプレーヤー(AN-NP40)
・Apple TV(第4世代)
※第2世代、第3世代のApple TVではAirPlay機能を利用してTVで視聴できます。
・Amazon Fire TV
・Fire TV Stick
・Chromecast
・ひかりTVチューナー
・スマートフォン、iPhone/iPadとテレビをHDMIケーブル(※別売り)で接続する
・SmartTV dstick
※SmartTV dstickは2016年4月以前発売のドコモAndroid端末のみ対応となります。

dTVの契約方法、対応機種について詳しくはコチラ

dTVをテレビで見るのにオススメの機器は?

Chromecast Apple TV Amazon Fire TV
価格(税込) 4,980円 17,064円(32GB) 11,980円
仕様 スティック型 据え置き型 据え置き型
HDMIケーブル 不要 別売り 別売り

VODサービスをテレビ画面で利用する際、オススメの機器としてよく比較されるのが「Chromecast」「Apple TV」「Amazon Fire TV」で、この3つはdTVでも利用できます

形状はHDMIケーブルを利用してテレビとつなげる据え置き型、もしくはテレビのHDMI端子に直接差し込んで使うスティック型に分かれますが、スティック型は比較的安価なためオススメです。

今回は上記の3つで比較しても安価で、HDMIケーブルの不要な「Chromecast」でdTVを視聴する方法についてご紹介していきます。

Chromecastの利用方法

Chromecastを利用するには?

【用意するもの】
・Chromecast
・HDMI端子対応テレビ
・インターネット(Wi-Fi)環境

①テレビのHDMI端子にChromecastを挿し、Chromecast本体をコンセントにつなぐ
②スマホに「dTV」アプリをダウンロード(または最新バージョンにアップデート)
③Chromecastとスマホ(タブレット)を同一のWi-Fiネットワークへ接続
④スマホの右上に表示されるキャストボタンをタップし、連携している状態にする
(dTVと接続されるとキャストボタンの色が変わります)

テレビ、スマートフォン(dTV)とChromecastが接続された状態で、スマートフォンのdTVアプリから見たい作品を選び、「視聴する」ボタンをタップするとテレビ画面で再生が始まります。
停止、一時停止、早送り、早戻しなどの再生中の操作はスマートフォンから可能です。

Chromecast利用時の注意点

デバイス登録は必須!登録デバイスが5台を超えている場合は管理画面へ

dTVはマルチデバイスに対応していて、新しい端末でdTVにログインすると自動的に「デバイス登録」が行われます。

Chromecastももちろん1デバイスとしてカウントされるので、複数のデバイスを登録していない場合は特に問題はありません。

ですが、デバイス登録は1アカウントに5台まで可能なため、その上限を超えてしまった場合は登録済の端末でログインして、使用していないデバイスを解除しなければならないためご注意ください。

画質の選択ができない

スマートフォンでの視聴の場合、作品によって違いはありますが基本的には「HD画質」もしくは「すごくきれい」相当の画質で再生され、画質の選択はできません

オフライン再生ができない

Chromecast使用中にオフライン再生ができないのは一番のデメリットかもしれません。
dTVでは作品をダウンロードしてオフライン環境で再生できますが、Chromecastを利用している最中はオフライン再生ができません。

Wi-Fi環境がなければそもそも利用できないため、通信料金に心配はありませんが、安定したストリーミング再生を行えるように通信状況を整えてからテレビで視聴しましょう。

Chromecastでは見られない作品も?

dTVはデバイスによって見られる作品・見られない作品があるため、利用しているスマートフォンの機種によっては、見たい作品が見られない場合もあります。

デバイスによって見られない作品の一覧は、dTVのヘルプページから「視聴可能デバイス」をクリック、「デバイスによって視聴できる作品が異なりますか?」から確認できるため、心配な方は初回登録時31日間ある無料期間中にチェックしておきましょう。

dTVターミナルとの比較

Chromecast dTVターミナル
価格(税込) 4,980円 7,538円
仕様 スティック型 据え置き型
HDMIケーブル 不要 同梱
リモコン なし 同梱
他VODサービスでの使用 不可

dTVをdTVターミナルで見る方法はコチラ

価格で比べるとChromecastが安い

Chromecastは4,980円dTVターミナルは7,538円Chromecastの方が圧倒的に低価格なため、価格で比べるとChromecastがオススメです。
また、dTVターミナルは名前の通りdTV専用となるため、他VODサービスとの併用はほとんどできませんが、Chromecastは有名なVODサービスのほとんどに対応しています。

ですが、dTVターミナルは時折ドコモやドコモショップのキャンペーンで無料でもらえたり、dTVの人気作品とコラボしたdTVターミナルのプレゼントキャンペーンが行われるなど、お得にゲットできるチャンスもあるので、情報収集を欠かさないようにしましょう。

ChromecastはHDMIケーブル不要、dTVターミナルもケーブルが同梱

前述したとおり、Chromecastのようなスティック型の端末であればテレビのHDMI端子に直接差し込むことで利用できますが、据え置き型の場合はHDMIケーブルが必要になります。

他の据え置き型端末の場合、HDMIケーブルは別売りである場合が多いのですが、dTVターミナルの場合は試供品として同梱されるため、dTVターミナルだけ購入すればすぐに利用できます。

Chromecastはリモコンなし!

Chromecastには専用のリモコンが付属せず、スマートフォン上での操作となるため、専用リモコンが必要な場合はdTVターミナルをオススメします。
dTVターミナルの赤外線リモコンは保証書付きで、もし紛失してしまった場合も800円で単品購入できます。

まとめ

  • ・dTVをテレビ画面で見るならChromecastがオススメ
  • ・dTVターミナルと比べても格安
  • ・オフライン再生ができないなどのデメリットも

dTVの関連記事一覧

dTVの映画・アニメ・ドラマなどの作品についての記事

dTVの料金・支払い方法・無料期間についての記事

  • dTVの料金や支払い方法、無料おためし期間について徹底解説!

    dTVの料金や支払い方法、無料おためし期間について徹底解説!

    ドコモの動画配信サービス『dTV』。月額料金がたったの500円(税抜)というワンコイン程度で利用できることもあり、コスパの良い動画配信サービスとして評判を集めています。月額料金以外にどんな料金が発生するのか?支払い方法はどんな種類があるのか?初回登録時に無料期間があったりするのか?dTVをおトクに活用するためのお金にまつわる情報をしっかり紹介しています。誰よりもコスパ良くdTVを使いこなしてみましょう!

    続きを読む
  • dTVチャンネルとdTVの違いって?サービスの特徴・料金・機能・番組表まで気になるアレコレを解説!

    dTVチャンネルとdTVの違いって?サービスの特徴・料金・機能・番組表まで気になるアレコレを解説!

    dTVチャンネルは、dTVとはまったく別の映像サービスになります。 もっとも大きな違いは、リアルタイム視聴になること。 ドコモユーザーなら月額780円(税抜)で、31の専門チャンネルが見放題。しかも3月31日まではドコモユーザー以外でも同料金で楽しめ、初回登録時は31日間無料おためし期間もあります。 サービス内容や料金、番組ラインナップの詳細など、dTVチャンネルって何?にとことん踏み込んでいきます!

    続きを読む
  • dTVの解約方法と注意点!iPhoneで退会するにはアプリではなくWEBから!

    dTVの解約方法と注意点!iPhoneで退会するにはアプリではなくWEBから!

    dTVは月額500円(税抜)で12万作品が見放題! コストパフォーマンスがよく、ドコモユーザー以外でも登録可能な人気の高い動画配信サービスです。 「31日間の無料お試し期間があるので、気楽に申し込んでみた」 「ドコモのスマートフォンに機種変更したら半強制的に登録された」 だから、無料期間が終わる前に解約したい!というかた。 また、本加入してたけど、最近はあまり利用していないというかた。 解約検討中のどちらの場合でも、できるだけ損をしないように、退会・解約方法と注意点についてわかりやすく解説していきます。

    続きを読む
  • dTVを無料で会員登録する方法!おためし期間で気をつけるポイントも解説

    dTVを無料で会員登録する方法!おためし期間で気をつけるポイントも解説

    dTVは月額500円(税抜)で12万作品が見放題! コストパフォーマンスがよく、ドコモユーザー以外でも登録可能な人気の高い動画配信サービスです。 しかも、初めて会員登録するときには31日間無料おためし期間があります! ほかの動画配信サービスにも、無料おためし期間がついていますが、31日間というのは最長です! もし見放題作品のなかに見たい作品があれば、まずは気軽に無料登録してみることをおすすめします。 今回は、dTVを無料で会員登録する方法をわかりやすく解説していきます。

    続きを読む
  • auユーザー必見!お得に動画が楽しめるauビデオパスを利用してみよう

    auユーザー必見!お得に動画が楽しめるauビデオパスを利用してみよう

    auユーザーだけが利用できる”auビデオパス”料金プランや、毎月もらえるビデオコイン やお試し期間などについて解説!スマホやタブレット、テレビでもお得に映画が楽しめる!?auユーザーは必見です!

    続きを読む

dTVの機能についての記事

  • 簡単!dTVアカウントのデバイス追加方法と1つだけ注意したいこと

    簡単!dTVアカウントのデバイス追加方法と1つだけ注意したいこと

    dTVアカウントのデバイス追加・削除方法を詳しく解説!とても簡単に、すぐ追加できるので、パソコンやスマホのデバイスを追加するだけで、さまざまなところで楽しめます。また、注意してほしいポイントもあるので、まとめて紹介します!

    続きを読む
  • ドコモテレビターミナル/dTVターミナル(dTV01)の価格は?おトクなキャンペーンや使い方を徹底レビュー!

    ドコモテレビターミナル/dTVターミナル(dTV01)の価格は?おトクなキャンペーンや使い方を徹底レビュー!

    ドコモテレビターミナル/dTVターミナル(dTV01)とはテレビでdTVを見るために必要なデバイス機器(セットトップボックス)です。テレビの大画面で月額500円(税抜)で12万本以上の動画が楽しめる『dTV』を楽しむためには必須となるデバイスです。テレビに接続するデバイスはChromecastやAppleTVにAmazonFireTVなどいくつかありますが、ドコモテレビターミナル/dTVターミナル(dTV01)はドコモの動画配信サービスに特化したデバイスといえるでしょう。

    続きを読む
  • dTVは画質を自分で変更できるって本当?画質が悪い…のイライラも解決!

    dTVは画質を自分で変更できるって本当?画質が悪い…のイライラも解決!

    好きな時に好きな場所で、映画やドラマ、アニメをはじめ、MVやカラオケ、dTVオリジナルのドラマやバラエティなど、幅広いジャンルのラインナップが視聴できるdTV。動画配信サービスの中でも、月額わずか500円(税抜)で、12万作品が楽しめるお得感が魅力!でも、画質はどうなの?視聴中、画質が悪い!見づらくなった!と感じたら、試してほしい解決法もご紹介

    続きを読む
  • 動画配信サービスオフラインの画像

    動画配信サービス ダウンロード機能(オフライン再生)対応一覧から厳選4社を紹介!PCも可能

    もっと移動中に快適に動画配信サービスを楽しみたい!通信制限を気にしながら視聴するストレスを解消したい!そんな環境に思い当たることはありませんか?そんなときはダウンロード再生が断然おすすめ! でも、なんでもかんでもダウンロードできるの?PCやDVD・ブルーレイプレイヤーにも対応しているの?といった疑問が出てきますよね。ここでは動画配信サービス各社のダウンロード対応状況やメリット・デメリットをまとめてご紹介!ぜひダウンロード時の参考にしてくださいね。

    続きを読む
  • dTVの独自機能をご紹介!クリップ機能やオフライン再生、リクエスト機能も

    dTVの独自機能をご紹介!クリップ機能やオフライン再生、リクエスト機能も

    月額500円で120,000本の動画が見放題のdTVの独自機能を徹底解説!スマートフォンに動画をダウンロードする機能!見たい作品をまとめておけるクリップ機能!動画を1.5倍or2倍で再生できる倍速機能!レコメンド機能であなたの好きそうな作品を教えてくれる!見たい作品がなければリクエストもOK!好みの画質に変更して快適な動画ライフを楽しもう!月額ワンコインで格安なのに他動画配信サービスと比べても充実した機能が揃っています!

    続きを読む
  • dTVでレンタルしよう!レンタル方法とレンタルできないときの対処法まで徹底解説!

    dTVでレンタルしよう!レンタル方法とレンタルできないときの対処法まで徹底解説!

    ドコモの動画配信サービスdTVは、月額料金たったの500円(税抜)というワンコイン程度で利用でコスパ良し!追加料金にはなりますが、dTVのレンタル作品もかなりリーズナブル。1本100円から最新映画で高画質HDでも500円(税抜)。しかも他の動画配信サービスよりレンタル期限が30日間と長い!視聴時間がすぐとれなくても安心の超お得で嬉しいサービスです!

    続きを読む
  • 今更聞けない!ストリーミング?ダウンロード?どっちも使えるサービス

    動画配信サービスでよく聞くストリーミングとダウンロードの違いを徹底解説!ネット環境によって使い分けた方がイイって知っていましたか?さらに、どちらの機能にも対応している動画配信サービス3社を紹介!

    続きを読む
  • dTVをパソコン(PC)で見るには?再生できないときの対処法も!

    dTVをパソコン(PC)で見るには?再生できないときの対処法も!

    dTVは月額500円(税抜)で12万作品が見放題!31日間の無料お試し期間もあり、コストパフォーマンスがよく、ドコモユーザー以外でも登録可能な人気の高い動画配信サービスです。 外出先や移動先ではスマホの小さな画面で十分だけれど、家でゆっくりしているときには、せっかくならパソコンの大きな画面で見たくなりますよね。 dTVはスマホ、タブレット、パソコン、テレビと様々なデバイスで視聴できるマルチデバイスに対応しています。 今回は、dTVをパソコンで見る方法を中心に、見られないときの対処法や注意点なども解説していきます。

    続きを読む
  • dTVの再生機能の使い勝手はどうなの?画質やサラウンドについても詳しく解説!

    dTVの再生機能の使い勝手はどうなの?画質やサラウンドについても詳しく解説!

    dTVとは月額500円(税抜)でアニメ・映画・海外ドラマ・韓流ドラマなどが見放題になる動画配信サービスですが、再生機能に関してはどれだけ充実しているのか徹底紹介していきます。オフラインでも動画を再生できるダウンロード機能。忙しい時には嬉しい動画の倍速再生機能などなど。動画視聴時にあればサービスをより楽しめる機能について解説します。画質やサウンド、今話題のVR(バーチャルリアリティ)映像についても紹介しています。

    続きを読む
  • dTVをApple TVで見るには?第4世代のみ利用可?

    dTVをApple TVで見るには?第4世代のみ利用可?

    dTVをテレビ画面で見るならどれがオススメ?スタイリッシュなデザインのApple TVを解説!第4世代での利用方法とそれ以外の利用方法をご紹介!dTVターミナルとの比較も

    続きを読む
  • dTVをAmazon Fire TVで見るには?Fire TV Stickとも比較

    dTVをAmazon Fire TVで見るには?Fire TV Stickとも比較

    テレビ画面でdTVを見るならAmazon Fire TV(アマゾンファイヤーティーヴィー)と、Fire TV Stick(ファイヤーティーヴィースティック)どちらがオススメ?使用方法や注意点も徹底解説!価格やスペックで比較

    続きを読む
  • dTVで動画をダウンロードしてオフライン再生する方法!再生できないときの対処方法も徹底解説!

    dTVで動画をダウンロードしてオフライン再生する方法!再生できないときの対処方法も徹底解説!

    ドコモの動画配信サービス『dTV』。月額料金がたったの500円(税抜)というワンコイン程度で利用できることもあり、コスパの良い動画配信サービスとして人気を博しています。そんなdTVのメリットのひとつが動画のダウンロード機能。常に通信が必要とされるストリーミング再生ではなく、いったんスマホ本体に動画を保存して、オフライン時でも再生できるようになる機能です。うまく使えば高画質の動画も通信量を気にせず視聴できるようになるとっても嬉しいサービスです!

    続きを読む
  • auで契約したiPhoneでもdTVの利用可!実際に登録してみた

    auで契約したiPhoneでもdTVの利用可!実際に登録してみた

    dTVはキャリアフリーだからauやソフトバンクの方も登録可能!もちろんiPhoneでも利用できる♪iPhoneでの入会手順や退会方法を実際に登録してご紹介!

    続きを読む

dTVとその他動画配信サービス比較

dTVのエラーについての記事

合わせて読みたい

dTV
31日間 無料視聴
公式

好みの条件で動画配信サービスを探す

  • 動画配信サービス(VOD)
  • 有料放送(BS,CS)
ジャンル
料金形態
こだわり

-件該当

ジャンルcontents_image
こだわり

-件該当

ページトップ