dTVをAmazon Fire TVで見るには?Fire TV Stickとも比較

\dTVを31日間無料で楽しむ!/

目次

dTVをテレビ画面で見るには? Amazon Fire TV/Fire TV Stickの利用方法 Amazon Fire TVは据え置きタイプとスティックタイプ、どちらがオススメ? まとめ

dTVをテレビ画面で見るには?

dTVをテレビで見るための機器一覧

・dTV対応テレビ
・dTVターミナル
・Nexus Player
・AQUOSココロビジョンプレーヤー(AN-NP40)
・Apple TV(第4世代)
※第2世代、第3世代のApple TVではAirPlay機能を利用してTVで視聴できます。
・Amazon Fire TV
・Fire TV Stick
・Chromecast
・ひかりTVチューナー
・スマートフォン、iPhone/iPadとテレビをHDMIケーブル(※別売り)で接続する
・SmartTV dstick
※SmartTV dstickは2016年4月以前発売のドコモAndroid端末のみ対応となります。

dTVの契約方法、対応機種について詳しくはコチラ

dTVをテレビで見るのにオススメの機器は?

Amazon Fire TV Fire TV Stick Chromecast Apple TV
価格(税込) 11,980円 4,980円 4,980円 17,064円(32GB)
仕様 据え置き型 スティック型 スティック型 据え置き型
HDMIケーブル 別売り 不要 不要 別売り

VODサービスをテレビ画面で利用する際、オススメの機器としてよく比較されるのが「Chromecast」「Apple TV」「Amazon Fire TV」、Amazon Fire TVのスティック型端末である「Fire TV Stick」で、この4つはdTVでも利用できます

形状はHDMIケーブルを利用してテレビとつなげる据え置き型、もしくはテレビのHDMI端子に直接差し込んで使うスティック型に分かれますが、安価なものを求める方はスティック型がオススメです。

今回は据え置き型の中でも安価な「Amazon Fire TV」と、スティック型の「Fire TV Stick」をご紹介します。

Amazon Fire TV/Fire TV Stickの利用方法

Amazon Fire TVを利用するには?

【用意するもの】
・Amazon Fire TV
・HDMIケーブル
・HDMI端子対応テレビ
・インターネット(Wi-Fi)環境

①電源を入れ、Amazon Fire TVとテレビのHDMI端子にHDMIケーブルを挿し両機器をつなぐ
②Amazon Fire TVにdTVアプリをダウンロード
③画面の案内に従ってdTVへ登録・またはログイン

Fire TV Stickを利用するには?

【用意するもの】
・Fire TV Stick
・HDMI端子対応テレビ
・インターネット(Wi-Fi)環境

①電源を入れ、Fire TV StickをテレビのHDMI端子に挿しこむ
②Fire TV StickにdTVアプリをダウンロード
③画面の案内に従ってdTVへ登録・またはログイン

Amazon Fire TV利用時の注意点

デバイス登録は必須!登録デバイスが5台を超えている場合は管理画面へ

dTVはマルチデバイスに対応していて、新しい端末でdTVにログインすると自動的に「デバイス登録」が行われます。

Amazon Fire TVやFire TV Stickももちろん1デバイスとしてカウントされるので、複数のデバイスを登録していない場合は特に問題はありません。

ですが、デバイス登録は1アカウントに5台まで可能なため、その上限を超えてしまった場合は登録済の端末でログインして、使用していないデバイスを解除しなければならないためご注意ください。

オフライン再生ができない

Amazon Fire TVやFire TV Stickの使用中にオフライン再生ができないのは一番のデメリットかもしれません。
dTVでは作品をダウンロードしてオフライン環境で再生できますが、これはスマートフォンやタブレットのみの機能なので、Amazon Fire TVやFire TV Stickではオフライン再生ができません。

安定したストリーミング再生を行えるように通信状況を整えてからテレビで視聴しましょう。

Amazon Fire TVやFire TV Stickでは見られない作品も?

dTVはデバイスによって見られる作品・見られない作品があるため、利用しているスマートフォンの機種によっては、見たい作品が見られない場合もあります。

デバイスによって見られない作品の一覧は、dTVのヘルプページから「視聴可能デバイス」をクリック、「デバイスによって視聴できる作品が異なりますか?」から確認できるため、心配な方は無料期間中にチェックしておきましょう。

Amazon Fire TVは据え置きタイプとスティックタイプ、どちらがオススメ?

Amazon Fire TV

Amazon Fire TVはAmazonプライムビデオをテレビ画面で見るための機器ですが、Huluをテレビ画面で見る場合にも利用できます。

据え置きタイプとなるため、テレビとつなぐためには別売りのHDMIケーブルの購入が必要です。

AmazonプライムビデオやHulu以外にもNetflix、GYAO!などにも対応しているほか、ゲームも楽しめるようになっています。
リモコンはApple TVと同じく音声操作が可能なので、操作が簡単です。

また、4K画質にも対応しているため、対応テレビを持っている場合はdTVが配信する映画やドラマなどを超高解像度・高精細で楽しめます。

Fire TV Stick

Fire TV StickはAmazon Fire TVと同じく、VODサービスをテレビ画面で見るための機器ですが、据え置きタイプのAmazon Fire TVとは違いスティックタイプなので、別売りのHDMIケーブルが必要ありません。(通信環境やWi-Fiの強弱によっては必要になることも)

本体の形状や利用方法、スペックに違いはありますが、用途としてはAmazon Fire TVとほぼ同じになるため、dTVを見るためだけに利用するという方はFire TV Stickで十分です。

また、音声操作がない通常リモコンを選択すれば据え置きタイプのAmazon Fire TVの半分ほどの値段で購入でき、Apple TVやNexus Playerと比べてもかなり安価です。

Fire TV Stickは4K画質に非対応

Fire TV StickがAmazon Fire TVに劣る点として、「4K画質に対応していない」ということが挙げられます。dTVでは一部の作品が4K画質で配信していますが、Fire TV Stickではそれを視聴できません。
4K画質の作品を視聴したい場合はAmazon Fire TVを利用しましょう。

まとめ

  • ・dTVをテレビ画面で見るならAmazon Fire TVやFire TV Stickがオススメ
  • ・オフライン再生ができないなどのデメリットも
  • ・4K画質で視聴したいならAmazon Fire TV
  • ・安価なのはFire TV Stick

dTVに関連する記事一覧

好みの条件で動画配信サービスを探す

  • 動画配信サービス(VOD)
  • 有料放送(BS,CS)
ジャンル
料金形態
こだわり

-件該当

ジャンルcontents_image
こだわり

-件該当

ページトップ