ドコモテレビターミナル/dTVターミナル(dTV01)の価格は?おトクなキャンペーンや使い方を徹底レビュー!

ドコモテレビターミナル/dTVターミナル(dTV01)の価格は?おトクなキャンペーンや使い方を徹底レビュー!
\ dTVをドコモテレビターミナルで楽しむ!/

『dTV』といえば月額500円(税抜)で12万本以上の動画が楽しめる動画配信サービス。本記事ではdTVをテレビで見るために必要なデバイスである『ドコモテレビターミナル』『dTVターミナル(dTV01)』の基本性能や価格、キャンペーンや設定方法、メリット・デメリットについてレビューしています。

目次

ドコモテレビターミナル/dTVターミナル(dTV01)とは? ドコモテレビターミナル/dTVターミナル(dTV01)の価格は? キャンペーン実施中!光回線との契約でおトクに購入できる! ドコモテレビターミナル/dTVターミナル(dTV01)の接続方法と使いかた ドコモテレビターミナルのメリット・デメリット dTVターミナル(dTV01)のメリット・デメリット まとめ

ドコモテレビターミナル/dTVターミナル(dTV01)とは?

dTVターミナル/ドコモテレビターミナル


ドコモテレビターミナル』『dTVターミナル(dTV01)』とは、『dTV』をテレビで見るためのデバイス機器(セットトップボックス)です。

「dTVをテレビの大画面で楽しみたい…!」といったときに用意するデバイスのひとつ。

現在販売されているのは『ドコモテレビターミナル』であり、『dTVターミナル(dTV01)』は販売終了しています。

ドコモテレビターミナルとdTVターミナルでは楽しめる機能や仕様が大きく異なっておりますので、まずはそれぞれの基本性能から紹介していきましょう。

ドコモテレビターミナルとは?基本性能を解説!

ドコモテレビターミナル

◆ドコモテレビターミナルの基本性能◆

カラー

ホワイト

サイズ

107mm(W)
107mm(D)
25.5mm(H)

質量

209g

OS

Android TV 7.0

CPU

Quad Core 1.6GHz

内部メモリ容量(RAM/ROM)

RAM3GB/ROM16GB

DLNA

DLNA/DTCP-IP/DTCP+

LTE

LTE/3G/GSM 非対応
(UIMカードは挿入不可)

外部接続ポート

HDMI2.0a
ギガビットEthernet
USB2.0×1ポート
USB3.0×1ポート

Wi-Fi

IEEE802.11ac/a/b/g/n、MIMO対応

Bluetooth

Bluetooth4.2

リモコン

音声入力マイク搭載、Bluetooth、赤外線対応

対応サービス

dTV、dアニメストア、dTVチャンネル、DAZN for docomo、ひかりTV for docomo、Android TV

販売日

2018年1月30日

出力映像は「4K HDR」まで対応しており、「Dolby VisionTM」に対応した映像も再生することが可能です。

別途インターネットへの接続(光ファイバーなどの固定回線と、有線LANもしくは無線LANルーター)が必要となります。

また「HDMI端子」を搭載したテレビでなければ接続できません。

デジタル著作権保護の関係上、HDCPのサポートバージョンが1.4未満のテレビでは動画を再生することができませんので注意しましょう。

dTVターミナル(dTV01)とは?基本性能を解説!

dTVターミナル(dTV01)

◆dTVターミナル(dTV01)の基本性能◆

カラー

ブラック

サイズ

約100mm(W)
約100mm(D)
22mm(H)

質量

約214g

OS

Android 4.2

CPU

Hi3719C(デュアルコアCPU 1.5GHz)

内部メモリ容量(RAM/ROM)

RAM1GB/ROM4GB

DLNA

DLNA/DTCP-IP/DTCP+

LTE

非対応

外部接続ポート

HDMI入力
光デジタル音声入力
USB2.0×1ポート
MicroSD

Wi-Fi

IEEE802.11b/g/n(2.4GHzのみ)

Bluetooth

非対応

リモコン

赤外線対応

対応サービス

dTV、dアニメストア、Miracast、マイメディア、お手軽プレイヤー(For YouTube)

販売日

2015年4月22日

HD画質」には対応していますが、「フルHD」や「4K」「HDR」には対応していません。

別途インターネットへの接続(光ファイバーなどの固定回線と、有線LANもしくは無線LANルーターが必要となります。

dTVターミナルも「HDMI端子」を搭載したテレビでなければ接続できません。

dTVターミナル(dTV01)を改造して利用することは禁止

dTVターミナルはdTVとdアニメストアのアプリしか再生することができません。

そのためdTVターミナルを改造して、他社の動画配信サービスのアプリをインストールしてみたい…と考えるかたもいるようです。

しかし、様々なトラブルが発生することがあるため、dTVターミナルの改造は禁止されています。

dTVターミナルを改造するのではなく、後継機であるドコモテレビターミナルを購入するようにしましょう。

dTV

ワンコイン月額500円(税別)で動画が見放題!さらに31日間お試し無料

月額500円(税抜) 動画配信本数 120,000 本以上 会員数470 万人
矢印

ドコモテレビターミナル/dTVターミナル(dTV01)の価格は?

ドコモテレビターミナル/dTVターミナル(dTV01)の価格はいくらなのでしょうか。

現在(2019年1月31日)時点の価格を紹介します。(ドコモオンラインショップ調べ)

商品名

価格

ドコモテレビターミナル

16,848円(税込)

dTVターミナル(dTV01)

販売終了

参考までにドコモテレビターミナル/dTVターミナル(dTV01)と似た機能を持つセットトップボックスの価格を紹介しましょう。

ドコモテレビターミナル/dTVターミナル(dTV01)とは仕様や性能が異なりますので注意してください。

商品名

価格(税込)

補足

Chromecast

4,980円

スマホやPCのアプリをテレビで表示させることができる

Chromecast Ultra

9,720円

4K高画質に対応したChromecast

Fire TV Stick(第2世代)

4,980円

テレビに接続しWi-Fiから動画配信サービスを再生する

Fire TV Stick 4K

6,980円

4K高画質に対応したFire TV Stick

Apple TV

17,064円

iTunesやApp Storeのアプリケーションも利用可能

Apple TV 4K

21,384円 (32GB)
23,544円 (64GB)

4K高画質に対応したApple TV

※2019年1月31日時点

ドコモショップなどの販売店で購入できる


ドコモテレビターミナルは以下の場所で販売しています。

ドコモショップ
家電量販店
ドコモオンラインショップ

販売店によっては在庫がなかったり、価格が異なることがあったりするので注意しましょう。

キャンペーン実施中!光回線との契約でおトクに購入できる!




ドコモテレビターミナルは不定期にキャンペーンを行っており、抽選によるプレゼントキャンペーンを実施することがあります。

またドコモショップや家電量販店にて「ドコモ光」と「ひかりTV for docomo」を契約すると、ドコモテレビターミナルを無料でプレゼントしてくれたり、お値引き価格で販売してくれたりすることがあります。

キャンペーンは店舗によって異なりますので、気になるかたはお近くの販売店に確認してみましょう。

また、ひかりTVではドコモテレビターミナル購入特典のキャンペーンを2018年9月5日から実施しています。

いくつか条件がありますが、最大でdポイントを11,000ptもプレゼントしてくれます。より詳しい内容に関してはお近くの販売店などでご確認ください。

ひかりTVについてはこちら

(1) 同月内に、「ドコモテレビターミナル」の新規ご購入、「ドコモ光(定期契約あり)」と「ひかりTV for docomo(2年割)」を新規お申込みいただいた場合、dポイント(期間・用途限定)11,000ptプレゼント!
(2) (ドコモ光などフレッツ光回線既ご契約者さま向け)同月内に、「ドコモテレビターミナル」の新規ご購入、「ひかりTV for docomo(2年割)」を新規お申込みいただいた場合、dポイント(期間・用途限定)8,000ptプレゼント!

ドコモテレビターミナル/dTVターミナル(dTV01)の接続方法と使いかた

ドコモテレビターミナル/dTVターミナル(dTV01)の接続方法

ドコモテレビターミナル/dターミナル(dTV01)の接続方法や使いかたを案内しましょう。

ドコモテレビターミナルの接続方法と使いかた

ドコモテレビターミナルの接続方法

①HDMIケーブルを使ってドコモテレビターミナルをテレビと接続。

②有線インターネット接続の場合は、インターネットルーターとドコモテレビターミナルをLANケーブルで接続。

③ドコモテレビターミナルの電源を入れる。

④リモコンとペアリングする。

⑤Wi-Fiインターネット接続の場合は、接続するWi-Fiネットワーク一覧から選択。必要に応じてパスワードを入力する。

ログイン画面

⑥Googleアカウントにログイン。 (アカウントを持っていない場合は新規作成してください)

⑦利用規約・プライバシーポリシーの同意や、位置情報などの設定を行う。

⑧リモコンの初期設定を行う。

⑨利用規約および放送の視聴履歴の取扱いについての同意を行う。

⑩「dアカウント」のIDとパスワードを入力してログイン。

ログインに成功したら「dTV」のアプリを選択して作品を視聴することができます。

dTVターミナル(dTV01)の接続方法と使いかた

dTVターミナルの接続方法

①HDMIケーブルを使ってdTVターミナル(dTV01)テレビと接続。

②有線インターネット接続の場合は、インターネットルーターとdTVターミナル(dTV01)をLANケーブルで接続。

③dTVターミナル(dTV01)の電源を入れる。

dTVターミナルをインターネットに接続

④Wi-Fiインターネット接続の場合は、接続するWi-Fiアクセスポイントを覧から選択。必要に応じてパスワードを入力する。

⑤利用規約などを確認して同意する。

⑥「dアカウント」のIDとパスワードを入力してログイン。

ログインに成功したら「dTV」のアプリを選択して作品を視聴することができます。

dTV

ワンコイン月額500円(税別)で動画が見放題!さらに31日間お試し無料

月額500円(税抜) 動画配信本数 120,000 本以上 会員数470 万人
矢印

ドコモテレビターミナルのメリット・デメリット

次にドコモテレビターミナルの「メリット」や「デメリット」を紹介していきましょう。

どのような便利な機能があり、どのような弱点があるのか…。以下でしっかりとレビューしていきます。

(メリット)リモコンが使いやすい!テレビの操作や音声検索もできる


ドコモテレビターミナルに付属されている多機能リモコンは使いやすく、様々な機能を搭載しています。

まずマイクが内蔵されているため音声による作品検索が可能です。

好きな作品名ジャンル名を告げるだけで動画を探してくれるためとても便利です。(ただし動画を再生させることはできません)

また赤外線だけでなく、Bluetoothリモコンにもなっているのが嬉しいところ。リモコンの向きを気にせずテレビ画面を操作することができます。

メリット①ドコモテレビターミナルアプリが便利!

スマートフォンでは「ドコモテレビターミナルアプリ」という専用アプリケーションをダウンロードすることができます。

まずスマホアプリをドコモテレビターミナルの「リモコン」として操作することができます。

その他にもスマホアプリの画面で好みの作品を検索できたり、そのままスマホ画面上で再生したり、テレビ画面をスマホで操作して再生したりすることまで可能。

さらに外出先からドコモテレビターミナルに動画を録画するよう遠隔操作することもできるんです。(「ひかりTV for docomo」の契約と外付けハードディスクの接続が必要になります)

メリット②dTVはもちろん、dアニメストアやdTVチャンネルにDAZNも視聴できる


ドコモテレビターミナルが標準で利用できるサービスは以下の5種類となります。

・dTV
・dTVチャンネル
・dアニメストア
・DAZN for docomo
・ひかりTV for docomo


dTV以外のドコモの動画配信サービスに標準対応しているのが嬉しいところ。

dTV以外のサービスを利用しているかたも安心して購入することができます。

dアニメストアについてはこちら

DAZNについてはこちら

メリット③Android TV搭載!GooglePlay対応!YoutubeやHuluも視聴できる


ドコモテレビターミナルには「Android TV」が搭載されています。

そのためGoogle Playで配信されているアプリをダウンロードし、ドコモテレビターミナルで再生することもできます。

dTV以外の動画配信サービスである「You Tube」「U-NEXT」「Hulu」「AbemaTV」などのサービスをドコモテレビターミナルで視聴することまで可能。

その他にも「Google Cast」機能に対応しています。

Chromecastと同じようにスマホやタブレットの画面をテレビで操作し視聴することもできるんです。

Huluについてはこちら

AbemaTVについてはこちら

デメリット①録画などの便利機能は「ひかりTV for docomo」でしか利用できない

ドコモテレビターミナルでは外付けハードディスクなどを接続することにより、一部の動画を録画することができます。

しかし録画できるのは「ひかりTVの専門チャンネル」「地上・BSデジタル放送」となり、dTVやdアニメストアなどの動画配信サービスの作品を録画することはできません

さらに「ひかりTV for docomo」の契約が必要になるため、dTVのみを利用しているかたでは録画機能を利用することさえできません

デメリット②NetflixとAmazon Prime Video(Amazonプライムビデオ)は非対応?

ドコモテレビターミナルにはAndroid TVが搭載されているため、他社の動画配信サービスのアプリをダウンロードすることができます。

しかし、なぜか「Netflix」と「Amazon Prime Video(Amazonプライムビデオ)」の再生ができない、という情報があります。

NTTドコモにも問い合わせてみましたが、この問題はドコモの動画配信サービスではないため把握できないとのこと。

もしNetflixやAmazon Prime Video(Amazonプライムビデオ)を検討しているのであれば注意したほうがよいでしょう。

Netflixについてはこちら

Amazon Prime Video(Amazonプライムビデオ)についてはこちら

デメリット③不具合が発生したり動作不安定になることがある

ドコモテレビターミナルはとてもコンパクトで置き場所にもそれほど困らないのですが、本体の小ささゆえに熱を持ちやすい性質があるようです

精密機器のため高熱による影響には注意したいところです。もし動作が不安定になったら電源を切って再起動してみましょう。

dTVターミナル(dTV01)のメリット・デメリット

次にdTVターミナル(dTV01)のメリット・デメリットを紹介していきましょう。

dTV専用機器としてみればかなり優秀なデバイスですが、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょう。

メリットマイメディア機能やMiracast機能が使用できる


dTVターミナル(dTV01)ではdTVとdアニメストアの再生が可能ですが、それ以外にも利用できる機能があります。

そのひとつが『マイメディア機能』です。dTVにはMicroSDカードスロットがあるため、お手持ちのMicroSDカードに保存された動画をdTVターミナルを経由してテレビで再生させることができるんです。

Miracast(ミラキャスト)』はスマホの画面をテレビに出力できる無線機能のひとつです。Chromecastと同じようにテレビの大画面でスマホの動画や写真などを表示させることができます。

その他にも『お手軽プレイヤー』という機能を備えておりYoutubeを再生することができます。

デメリットdTVとdアニメストアが再生できるが、それ以外のサービスは非対応

dTVターミナル(dTV01)では「dTV」「dアニメストア」「Youtube」の動画配信サービスを視聴できますが、それ以外の動画配信サービスを視聴することができません

dTVの再生には特化しており、とてもサクサク操作できますが、他の動画配信サービスも併用して楽しみたいときには大きなデメリットになるでしょう。

まとめ

  • ・ドコモテレビターミナルはインターネットに接続することにより「dTV」などのドコモ動画配信サービスを視聴できる。
  • ・Android TV搭載でGoogle CastやGoogle Playにも対応。
  • ・dTVターミナル(dTV01)はdTVに特化したデバイスだが、公式オンラインショップでは販売されていないため購入が困難。
  • ・ドコモの動画サービスを複数利用している人には特にオススメ。
dTV

ワンコイン月額500円(税別)で動画が見放題!さらに31日間お試し無料

月額500円(税抜) 動画配信本数 120,000 本以上 会員数470 万人
矢印

本記事内におけるdTVに関する画像は、すべてdTV公式サイトひかりTV for docomo公式サイトから引用しています。

dTVの関連記事一覧

dTVの映画・アニメ・ドラマなどの作品についての記事

dTVの料金・支払い方法・無料期間についての記事

  • dTVの料金や支払い方法、無料おためし期間について徹底解説!

    dTVの料金や支払い方法、無料おためし期間について徹底解説!

    ドコモの動画配信サービス『dTV』。月額料金がたったの500円(税抜)というワンコイン程度で利用できることもあり、コスパの良い動画配信サービスとして評判を集めています。月額料金以外にどんな料金が発生するのか?支払い方法はどんな種類があるのか?初回登録時に無料期間があったりするのか?dTVをおトクに活用するためのお金にまつわる情報をしっかり紹介しています。誰よりもコスパ良くdTVを使いこなしてみましょう!

    続きを読む
  • dTVチャンネルとdTVの違いって?サービスの特徴・料金・機能・番組表まで気になるアレコレを解説!

    dTVチャンネルとdTVの違いって?サービスの特徴・料金・機能・番組表まで気になるアレコレを解説!

    dTVチャンネルは、dTVとはまったく別の映像サービスになります。 もっとも大きな違いは、リアルタイム視聴になること。 ドコモユーザーなら月額780円(税抜)で、31の専門チャンネルが見放題。しかも3月31日まではドコモユーザー以外でも同料金で楽しめ、初回登録時は31日間無料おためし期間もあります。 サービス内容や料金、番組ラインナップの詳細など、dTVチャンネルって何?にとことん踏み込んでいきます!

    続きを読む
  • dTVの解約方法と注意点!iPhoneで退会するにはアプリではなくWEBから!

    dTVの解約方法と注意点!iPhoneで退会するにはアプリではなくWEBから!

    dTVは月額500円(税抜)で12万作品が見放題! コストパフォーマンスがよく、ドコモユーザー以外でも登録可能な人気の高い動画配信サービスです。 「31日間の無料お試し期間があるので、気楽に申し込んでみた」 「ドコモのスマートフォンに機種変更したら半強制的に登録された」 だから、無料期間が終わる前に解約したい!というかた。 また、本加入してたけど、最近はあまり利用していないというかた。 解約検討中のどちらの場合でも、できるだけ損をしないように、退会・解約方法と注意点についてわかりやすく解説していきます。

    続きを読む
  • dTVを無料で会員登録する方法!おためし期間で気をつけるポイントも解説

    dTVを無料で会員登録する方法!おためし期間で気をつけるポイントも解説

    dTVは月額500円(税抜)で12万作品が見放題! コストパフォーマンスがよく、ドコモユーザー以外でも登録可能な人気の高い動画配信サービスです。 しかも、初めて会員登録するときには31日間無料おためし期間があります! ほかの動画配信サービスにも、無料おためし期間がついていますが、31日間というのは最長です! もし見放題作品のなかに見たい作品があれば、まずは気軽に無料登録してみることをおすすめします。 今回は、dTVを無料で会員登録する方法をわかりやすく解説していきます。

    続きを読む
  • auユーザー必見!お得に動画が楽しめるauビデオパスを利用してみよう

    auユーザー必見!お得に動画が楽しめるauビデオパスを利用してみよう

    auユーザーだけが利用できる”auビデオパス”料金プランや、毎月もらえるビデオコイン やお試し期間などについて解説!スマホやタブレット、テレビでもお得に映画が楽しめる!?auユーザーは必見です!

    続きを読む

dTVの機能についての記事

  • 簡単!dTVアカウントのデバイス追加方法と1つだけ注意したいこと

    簡単!dTVアカウントのデバイス追加方法と1つだけ注意したいこと

    dTVアカウントのデバイス追加・削除方法を詳しく解説!とても簡単に、すぐ追加できるので、パソコンやスマホのデバイスを追加するだけで、さまざまなところで楽しめます。また、注意してほしいポイントもあるので、まとめて紹介します!

    続きを読む
  • dTVは画質を自分で変更できるって本当?画質が悪い…のイライラも解決!

    dTVは画質を自分で変更できるって本当?画質が悪い…のイライラも解決!

    好きな時に好きな場所で、映画やドラマ、アニメをはじめ、MVやカラオケ、dTVオリジナルのドラマやバラエティなど、幅広いジャンルのラインナップが視聴できるdTV。動画配信サービスの中でも、月額わずか500円(税抜)で、12万作品が楽しめるお得感が魅力!でも、画質はどうなの?視聴中、画質が悪い!見づらくなった!と感じたら、試してほしい解決法もご紹介

    続きを読む
  • 動画配信サービスオフラインの画像

    動画配信サービス ダウンロード機能(オフライン再生)対応一覧から厳選4社を紹介!PCも可能

    もっと移動中に快適に動画配信サービスを楽しみたい!通信制限を気にしながら視聴するストレスを解消したい!そんな環境に思い当たることはありませんか?そんなときはダウンロード再生が断然おすすめ! でも、なんでもかんでもダウンロードできるの?PCやDVD・ブルーレイプレイヤーにも対応しているの?といった疑問が出てきますよね。ここでは動画配信サービス各社のダウンロード対応状況やメリット・デメリットをまとめてご紹介!ぜひダウンロード時の参考にしてくださいね。

    続きを読む
  • dTVの独自機能をご紹介!クリップ機能やオフライン再生、リクエスト機能も

    dTVの独自機能をご紹介!クリップ機能やオフライン再生、リクエスト機能も

    月額500円で120,000本の動画が見放題のdTVの独自機能を徹底解説!スマートフォンに動画をダウンロードする機能!見たい作品をまとめておけるクリップ機能!動画を1.5倍or2倍で再生できる倍速機能!レコメンド機能であなたの好きそうな作品を教えてくれる!見たい作品がなければリクエストもOK!好みの画質に変更して快適な動画ライフを楽しもう!月額ワンコインで格安なのに他動画配信サービスと比べても充実した機能が揃っています!

    続きを読む
  • dTVでレンタルしよう!レンタル方法とレンタルできないときの対処法まで徹底解説!

    dTVでレンタルしよう!レンタル方法とレンタルできないときの対処法まで徹底解説!

    ドコモの動画配信サービスdTVは、月額料金たったの500円(税抜)というワンコイン程度で利用でコスパ良し!追加料金にはなりますが、dTVのレンタル作品もかなりリーズナブル。1本100円から最新映画で高画質HDでも500円(税抜)。しかも他の動画配信サービスよりレンタル期限が30日間と長い!視聴時間がすぐとれなくても安心の超お得で嬉しいサービスです!

    続きを読む
  • 今更聞けない!ストリーミング?ダウンロード?どっちも使えるサービス

    動画配信サービスでよく聞くストリーミングとダウンロードの違いを徹底解説!ネット環境によって使い分けた方がイイって知っていましたか?さらに、どちらの機能にも対応している動画配信サービス3社を紹介!

    続きを読む
  • dTVをパソコン(PC)で見るには?再生できないときの対処法も!

    dTVをパソコン(PC)で見るには?再生できないときの対処法も!

    dTVは月額500円(税抜)で12万作品が見放題!31日間の無料お試し期間もあり、コストパフォーマンスがよく、ドコモユーザー以外でも登録可能な人気の高い動画配信サービスです。 外出先や移動先ではスマホの小さな画面で十分だけれど、家でゆっくりしているときには、せっかくならパソコンの大きな画面で見たくなりますよね。 dTVはスマホ、タブレット、パソコン、テレビと様々なデバイスで視聴できるマルチデバイスに対応しています。 今回は、dTVをパソコンで見る方法を中心に、見られないときの対処法や注意点なども解説していきます。

    続きを読む
  • dTVの再生機能の使い勝手はどうなの?画質やサラウンドについても詳しく解説!

    dTVの再生機能の使い勝手はどうなの?画質やサラウンドについても詳しく解説!

    dTVとは月額500円(税抜)でアニメ・映画・海外ドラマ・韓流ドラマなどが見放題になる動画配信サービスですが、再生機能に関してはどれだけ充実しているのか徹底紹介していきます。オフラインでも動画を再生できるダウンロード機能。忙しい時には嬉しい動画の倍速再生機能などなど。動画視聴時にあればサービスをより楽しめる機能について解説します。画質やサウンド、今話題のVR(バーチャルリアリティ)映像についても紹介しています。

    続きを読む
  • dTVをApple TVで見るには?第4世代のみ利用可?

    dTVをApple TVで見るには?第4世代のみ利用可?

    dTVをテレビ画面で見るならどれがオススメ?スタイリッシュなデザインのApple TVを解説!第4世代での利用方法とそれ以外の利用方法をご紹介!dTVターミナルとの比較も

    続きを読む
  • dTVをAmazon Fire TVで見るには?Fire TV Stickとも比較

    dTVをAmazon Fire TVで見るには?Fire TV Stickとも比較

    テレビ画面でdTVを見るならAmazon Fire TV(アマゾンファイヤーティーヴィー)と、Fire TV Stick(ファイヤーティーヴィースティック)どちらがオススメ?使用方法や注意点も徹底解説!価格やスペックで比較

    続きを読む
  • dTVで動画をダウンロードしてオフライン再生する方法!再生できないときの対処方法も徹底解説!

    dTVで動画をダウンロードしてオフライン再生する方法!再生できないときの対処方法も徹底解説!

    ドコモの動画配信サービス『dTV』。月額料金がたったの500円(税抜)というワンコイン程度で利用できることもあり、コスパの良い動画配信サービスとして人気を博しています。そんなdTVのメリットのひとつが動画のダウンロード機能。常に通信が必要とされるストリーミング再生ではなく、いったんスマホ本体に動画を保存して、オフライン時でも再生できるようになる機能です。うまく使えば高画質の動画も通信量を気にせず視聴できるようになるとっても嬉しいサービスです!

    続きを読む
  • 画像はありません

    dTVをChromecastで見るには?dTVターミナルとの比較も

    テレビ画面でdTVを見るなら端末価格が最安値のChromecast(クロームキャスト)がオススメ!4,980円の低価格なのに他社のVODサービスでも利用可能!使用方法やdTVターミナルとの比較、デメリットも?

    続きを読む
  • auで契約したiPhoneでもdTVの利用可!実際に登録してみた

    auで契約したiPhoneでもdTVの利用可!実際に登録してみた

    dTVはキャリアフリーだからauやソフトバンクの方も登録可能!もちろんiPhoneでも利用できる♪iPhoneでの入会手順や退会方法を実際に登録してご紹介!

    続きを読む

dTVとその他動画配信サービス比較

dTVのエラーについての記事

合わせて読みたい

dTV
31日間 無料視聴
公式

好みの条件で動画配信サービスを探す

  • 動画配信サービス(VOD)
  • 有料放送(BS,CS)
ジャンル
料金形態
こだわり

-件該当

ジャンルcontents_image
こだわり

-件該当

ページトップ