VRスコープは100円で手に入る時代!?実際に組み立ててみたよ

公開日:2017.6.23

目次

100円均一でVRスコープを発見!? 100円でゲットした「VRゴーグル」を実際に組み立ててみた! 夏休みの自由工作に最適!と思いきや…子どもは利用できない? VRを体験するなら「dTV VR」がおすすめ! まとめ

100円均一でVRスコープを発見!?

Cardboardと呼ばれる段ボール製の「VRゴーグル」

2014年ごろ、Googleから「Google Cardboard」と呼ばれるVRスコープの仕様書がオープンソース(自由に配布したり、制作できる状態)で公開され、様々な企業がVRスコープを制作・販売しました。

ほとんどのVRスコープ・VRゴーグルは、紙製の安いもので1,000円前後~で販売されていましたが、今回発見した株式会社E Core製の「VRゴーグル」はなんと100円!
組み立て方もカンタンで、100円とは思えないクオリティです。

売っていたのはダイコクストア内の100円均一コーナー

筆者が購入したのは、ドラッグストア「ダイコクドラッグ」内にある100円コーナーのため、ダイソーやセリアでは売っていないようです。

こちらの「VRゴーグル」を販売する株式会社E Coreは、サードパーティ(非純正)のスマホ充電器やHDMIケーブルなど、スマホ・パソコンの周辺機器を販売している会社です。

ちなみに、今回購入したダイコクドラッグは、一般的な100円均一とは違い「税込100円」なので、最安値で手に入れられる方法かもしれません!

気になった方は是非、お近くのダイコクドラッグやディスカウントショップで探してみてくださいね。

100円でゲットした「VRゴーグル」を実際に組み立ててみた!

裏面に書いてある通りの順序で組み立てればOK

説明書はパッケージの裏に細かく書いてあるので、この作り方に従って組み立てていきましょう。
パッケージの文字はかなり小さいので、視力に自信がない方は眼鏡を忘れずに!

接着が必要な部分はあらかじめ両面テープが貼られているため、ハサミやノリは使わず、パッケージに入っているものだけで作れますが、両面テープの粘着力がちょっと低かったり、片手で固定しておくのが難しかったりするので、セロハンテープを用意しておくとよいでしょう。

カンタンな作りになっているので、絵を描いたりシールを貼ったりと、カスタマイズし甲斐があるのもうれしいですね!

100円「VRゴーグル」のメリット・デメリット

100円「VRゴーグル」は、スマートフォンを輪ゴムで留めて固定して、両手で固定してレンズを覗くことで利用できます。
3.5インチ~6インチのスマートフォンに対応しているので、iPhone7もしっかり固定して利用できました。

また、一部のAndroidや対応アプリによっては、本体左側に付いている磁石をボタンにして、スマートフォンをセットした状態で操作ができるようです。

実際に100円「VRゴーグル」を組み立てて使ってみて、メリット・デメリットをまとめてみました。

メリット・この価格なのに本格的!

たった100円で購入できるのに、実際にVRコンテンツを再生しても没入感が楽しめます!
先述したとおり、同じようなVRスコープはもっと高額にもかかわらず、価格を考えると十分なクオリティです。

ノリやハサミを使わないので、失敗しても作り直したり、組み立て直したりできるのも大きなメリットです。

デメリット・レンズが汚い、付属テープの粘着力が低い

100円なのでしょうがないと言ってしまえばそれまでですが、本体のダンボ―ルから出てくる細かいゴミがどうしてもレンズに付着してしまう、付属テープの粘着力が弱い、など、デメリットもあります。

そのほか、組み立ての際に折る箇所を間違えると、噛み合わせが悪く組み立てづらいこともあります。

また、スマートフォンの固定は輪ゴムで行うため、どうしても画面に輪ゴムがちょっとだけかぶってしまいます。
スマホケースの裏にマジックテープを付けるなど、工夫してカスタマイズすると良いでしょう。

夏休みの自由工作に最適!と思いきや…子どもは利用できない?

13歳以下はVRスコープの利用禁止!

13歳以下のお子様は、VRのコンテンツを利用できません。

VRスコープは目の錯覚を利用した「立体視」を行うため、視覚がまだ発達していない13歳以下の子どもが利用すると、目の筋肉バランスが崩れ「斜視」になってしまい、最悪の場合手術が必要になる可能性があります。

100円「VRゴーグル」も15歳以上が対象

今回紹介した「VRゴーグル」も、対象年齢は15歳以上となっており、対象年齢未満の方にはおすすめできません。
そのため、小学生のお子様の”夏休みの自由工作”や”自由研究”のテーマにすることはできません。

とはいえ、VRゴーグルはお子様が絶対に興味を持ってしまう製品です。
子どもがいる家庭での組み立ては、お子様に見つからないように気を付けましょう。

VRを体験するなら「dTV VR」がおすすめ!

人気アーティストのライブや人気ドラマのスペシャル映像がVRで見られる!

dTV VRでは、浜崎あゆみやBIGBANG、三浦大知、AAAなど、人気アーティストのライブ映像や、「ウォーキング・デッド」「レギオン」など話題作品のVR動画を配信中!

また、2017年6月30日に公開される「兄に愛されすぎて困ってます」の出演者が登場し愛をささやくのを、主人公・せとか(土屋太鳳)の目線で体験できるスペシャル映像も配信中です!

dTVに加入していれば全部見放題!

dTV VRは、アプリをダウンロードするだけで見られる無料作品もありますが、ほとんどの動画はdTV会員限定

月額500円で映画やドラマが見放題のdTVに登録すれば、すべてのVR動画が見放題になるので、VR動画をたくさん楽しみたいなら、dTVへの登録がおすすめです。

iPhoneからdTVに登録する方法はコチラ

dTV

ワンコイン月額500円(税別)で動画が見放題!さらに31日間お試し無料!

月額500円(税抜) 動画配信本数ssss 120,000 本以上 会員数470 万人
矢印

まとめ

  • ・100円VRスコープはカンタンに作れる
  • ・100円でも十分なクオリティ
  • ・VR動画を見るのにおすすめなのはdTV VR

好みの条件で動画配信サービスを探す

  • 動画配信サービス(VOD)
  • 有料放送(BS,CS)
ジャンル注目
料金形態
こだわり

-件該当

ジャンルcontents_image
こだわり

-件該当

ページトップ