見たいリスト見たいリスト

0

見たいリスト(最大50件)0作品

現在、動画が選択されていません。

見たいリストの説明

見たい動画が追加されました

見たい動画を一括比較する

吹き出し 閉じる

警視庁捜査一課9係 シーズン11

ドラマ 国内ドラマ
画像はありません。
更新日:

警視庁捜査一課9係 シーズン11の動画配信・レンタル情報

【PR】

現在、警視庁捜査一課9係 シーズン11を配信中・レンタル中のサービスはありません。

警視庁捜査一課9係 シーズン11を観たい方におすすめの動画配信作品

警視庁捜査一課9係 シーズン11と同じ 「警視庁捜査一課9係 シリーズ」 に含まれている作品をおすすめとして表示しています。

提供元:FOD

国内ドラマ

ガリレオ(2013年)

あの“変人ガリレオ”が帰ってきた! 天才物理学者が新人女性刑事とともに、超常現象に近い不思議な事件を解明していく理系ミステリードラマの第2弾。 原作は東野圭吾の人気小説「ガリレオ」シリーズ。 超論理的な物理学者の湯川学を演じるのは前回に引き続き、福山雅治。今作で湯川とタッグを組むドSな女性刑事・岸谷美沙には吉高由里子。 新コンビが複雑で巧妙に仕組まれたトリックを次々に暴いてゆく! 帝都大学理工学部物理学科の准教授、湯川学の元に貝塚北署の刑事である内海薫がやってきた。新人刑事の岸谷美沙の紹介と捜査協力の依頼に来たのだ。 内海は新興宗教団体『クアイの会』の信者が雑居ビルの5階から転落死した事件について話し出す。死因は教祖が信者に念を送る行為「送念」によるものだという。 湯川はまったく興味を示さない。事件の犯人や動機にはまったく関心がないのだ。 内海は加えて、亡くなった信者の眼球が白濁していたこと、その送念を何度も教祖が繰り返し行っていたことを告げた。 「実に面白い」 湯川はニヤリと笑った。

配信中の動画配信サービス

提供元:amazon

国内ドラマ

リバース〜警視庁捜査一課チームZ

警視庁捜査一課。それは言わずと知れた刑事の中の刑事たちのエリート集団。彼ら?選ばれし刑事たち?は、胸に着けた襟章の地色が赤色であることから、敬意と憧れをもって 赤バッジ とも呼ばれる。そんな捜査一課に、今、新たなチームが誕生する。ネットを利用した犯罪、増加する愉快犯的犯罪、グローバル犯罪の急増などに対応するため、警視庁が秘密裏に作り上げたのが、「チームZ」。チームZは、警視庁捜査一課の独立別動部隊として、そこに所属する刑事たちは人事部と捜査一課長が仕切る他の捜査一課人事とは異なり、キャリア・ノンキャリアの別なく刑事部長がトップダウンでその権限において選抜任命する。「刑事ドラマ?そんなの一杯あるじゃないか!」  …本当にそうだろうか?本企画『リバース』は、かって制作されたあらゆる刑事ドラマを過去へと押しやる可能性を秘めている。

配信中の動画配信サービス

国内ドラマ

ガリレオ(2007年)

「実に面白い」が口癖の超論理的な天才物理学者・湯川学と熱血的な新米女性刑事の内海薫の二人が摩訶不思議な怪事件に挑む理系ミステリードラマ。 主人公の“ガリレオ”こと湯川は福山雅治、ヒロイン内海役は柴咲コウが演じる。 ヒットメーカー東野圭吾の人気小説が原作。映画化された直木賞受賞作『容疑者Xの献身』にも登場するコンビが事件の謎を解き明かす! 帝都大学理工学部物理学科の准教授・湯川学の元に、貝塚北署の新人刑事・内海薫がやってきた。 とある不思議な事件について捜査協力を求めるためである。 乗り気にならない湯川を刺激したのは「人が燃えたんです!こんなことありえません!」という内海の言葉。 さらに「ねずみ花火が原因で頭蓋骨が炭になりますか!」とたたみかけると、湯川は不敵な笑みを浮かべ「面白い」とつぶやいた…。 「人体発火」「幽体離脱」「予知夢」…次々と発生するオカルト事件に挑む湯川と内海。 次第に、内海の中に湯川に対する特別な感情が芽生えて…。

配信中の動画配信サービス

警視庁捜査一課9係 シーズン11の評価・感想・レビュー

現在、まだ評価・感想・レビューはありません。

警視庁捜査一課9係 シーズン11が動画配信されているサービスの詳細

【PR】

現在、まだ配信されているサービスはありません。

警視庁捜査一課9係 シリーズの動画配信状況

【PR】

警視庁捜査一課9係 シリーズの作品一覧

警視庁捜査一課9係 シーズン11と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

※配信されている作品は、サービス各社の状況によって配信スケジュールが変更される場合がございますので詳しくは、動画配信サービス各社のサイトにてご確認ください。

ページトップ