閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【名前をなくした女神】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

提供元:FOD
名前をなくした女神

名前をなくした女神を配信中の動画配信サービス一覧

名前をなくした女神の動画が配信されているサービス

名前をなくした女神の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

名前をなくした女神の作品紹介

名前をなくした女神のあらすじ

フジテレビ系で2011年に放送され、「ママ友地獄」という刺激的なキャッチコピーが話題を呼び、最高視聴率が15%を超えた連続ドラマ。

小学校のお受験をめぐって、5人のママ友たちの間で交錯する複雑な想いをテーマに、『天体観測』や『泣かないと決めた日』などのヒットドラマを手がけてきた渡辺千穂が脚本を担当している。

仕事を辞めて専業主婦となり、息子の通う幼稚園で「ママ友」の世界にデビューすることになったヒロイン・侑子を演じるのは、モデルとして海外でも幅広く活躍し、NHK大河ドラマをはじめ、多くの作品に出演してきた人気女優・杏である。

短大を卒業後、ハウスメーカーに就職した侑子(杏)。秋山拓水(つるの剛士)と結婚し、長男の健太(藤本哉汰)を出産した後も仕事と家事を両立させ、充実した日々を送っていた彼女だったが、新居を購入した矢先、会社から地方への転勤を打診されてしまう。

退職を余儀なくされ、引っ越し先で専業主婦としての新たな生活を始めた侑子。息子が通うことになった近所の幼稚園で、息子と同じ年の子どもを持つ、安野ちひろ(尾野真千子)、進藤真央(倉科カナ)、沢田利華子(りょう)、本宮レイナ(木村佳乃)らと知り合いになる。

彼女らの「ママ友グループ」に入れてもらった侑子だが、ママ友との付き合い方に慣れていない侑子はうっかり、彼女たちの機嫌をそこねる発言をしてしまう…。

名前をなくした女神のクレジット(監督・キャスト)

名前をなくした女神の登場人物・キャスト

  • 秋山侑子(杏)

    短大卒業後、ハウスメーカーに就職した。結婚、出産後も頑張って仕事と育児を両立させていたが、地方への転勤を打診されたことをきっかけに退職してしまう。初めて専業主婦となり、息子の通う幼稚園でママ友グループの一員となるが、付き合いについていけず、戸惑うことが多い。

  • 安野ちひろ(尾野真千子)

    息子の通う「ひまわりの子幼稚園」で、もも組の役員を務めている。幼少期に父親の仕事の関係で引っ越すことが多かったため、いじめられた経験もある。表面上は明るく振る舞っているが、家庭内では大きな悩みを抱えている。

  • 進藤真央(倉科カナ)

    トラック運転手をしている夫とは、18歳のときにできちゃった結婚をしている。収入に見合わない高級マンションに住んでいるため、ローンの返済に困っている。セレブで有名なレイナと、ママ友でいられることが自慢。

  • 沢田利華子(りょう)

    ネットショップを経営している女社長。年下でモデルの夫と再婚。前夫との間に生まれた子と合わせて、2人の息子がいる。

  • 本宮レイナ(木村佳乃)

    女性誌でカリスマ読者モデルをしていることで有名。小学校から大学までエスカレーター式で進級できる名門私立学校の出身であり、娘にも自分と同じ道を歩ませたいと強く思っている。娘の名門幼稚園受験が失敗に終わったため、小学校受験は絶対に失敗できないと意気込んでいる。

  • 秋山拓水(つるの剛士)

    侑子の夫であり、大手食品メーカーに勤めている。家庭をとても大切にしており、妻や息子のために協力を惜しまない。

  • 安野英孝(高橋一生)

    ちひろの夫であり、銀行に勤めている。ちひろの携帯電話や財布の中身などを管理するなど、行き過ぎた行動のせいで夫婦仲が険悪になる。

  • 進藤陸(五十嵐隼士)

    真央の夫であり、トラックの運転手をしている。高校の同級生である真央と、できちゃった結婚をした。高校は中退しており、娘の進路については真央のいいなりになっている。

  • 沢田圭(黒木啓司)

    利華子の夫で、元人気モデル。以前は人気があったが、現在はモデルとしての仕事が激減し、妻の稼ぎに依存している。

  • 本宮功治(平山浩行)

    レイナの夫であり、ウェディング会社の社長を務めている。貧しい家庭で育ったため、セレブ育ちのレイナたちの「選ばれた人間意識」を心のなかでは軽蔑している。

  • 結城広己(萩原聖人)

    「ひまわりの子幼稚園」でもも組の担任をしている。細やかな気配りで園児たちもよく懐き、保護者からの厚い信頼も得ている。

  • 秋山健太(藤本哉汰)

    侑子と拓水の息子。引っ越しを機に、「ひまわりの子幼稚園」のもも組に転入してくる。英語のしりとりができずに、肩身の狭い思いをする。

  • 本宮彩香(小林星蘭)

    レイナと功治の娘。受験のために厳しくしつけられていて、功治のことをパパと呼ぶと、「お父さん」と呼ぶようにレイナから注意される。

  • 進藤羅羅(谷花音)

    真央と陸の娘。両親のことが大好きで、おしゃれをすることも好き。

名前をなくした女神の見所ポイント

  • 1 『名前をなくした女神』では小林星蘭や谷花音ら、子役キャストに注目!

    読者モデルでセレブ、ママ友たちの憧れの存在・レイナの娘・彩香を演じているのは、小林星蘭です。名門小学校のお受験に躍起になっているレイナの期待に応えようと、彩香は必死に頑張ります。

    プレッシャーに押しつぶされそうな彩香の複雑な心情を、大人顔負けの表現力で演じています。また、できちゃった結婚した若きママ・真央の娘を演じているのは、谷花音です。

    真央のことが大好きで、無理をしてでも真央のいいつけを頑なに守ろうとする娘・羅羅を、とても健気に演じています。今作でも注目された2人の美少女は、2012年には音楽ユニットも結成するなど、その後も多方面で活躍しています。彼女たちのかわいらしい姿にぜひ注目したいですね。

  • 2 『名前をなくした女神』では、杏がドラマ初主演を務めた!

    今作のヒロイン・侑子を演じるのは、人気女優・杏です。スラリとした長身を活かし、15歳からモデルとして活動し、海外のコレクションにも多数出演してきました。

    2007年には女優としても活動を始め、NHK大河ドラマ『天地人』、ドラマ『華麗なるスパイ』、『サムライ・ハイスクール』などに立て続けに出演し、存在感を増していった彼女は、今作でドラマ初主演を果たしました。

    仕事を辞めて専業主婦となり、息子の通う幼稚園で初めて「ママ友グループ」の世界に入り、戸惑うことばかりのヒロインの心情をとても丁寧に演じています。家族のために明るく頑張ろうと葛藤する彼女の姿に、どんどん惹きこまれていきますね。

  • 3 『名前をなくした女神』で描かれる、「ママ友地獄」の根底にあるものとは…?

    「ようこそ、ママ友地獄へ」という刺激的なキャッチコピーが目を引く今作は、ママ友たちの世界を舞台に、そこで繰り広げられる女同士の見栄の張り合い、そこから巻き起こる嫉妬や嘘などが実に丁寧に描かれていきます。

    「ママ友地獄」という言葉を聞くと、ダークなイメージが先行しがちですが、ママたちの根底にあるのは、純粋な我が子への愛情なのです。

    我が子を名門小学校に進学させたいという欲求や、夫との不仲などが、ママたちの愛情を間違った方向へと導いてしまいます。ひょっとすると明日は我が身かも知れないといった気持ちにさせられる、興味深い作品です。

名前をなくした女神の評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 5 (4件中)
  • 投稿者名:名無し
    評価: GOOD 投稿日:2020.07.18/17:16

    2回目だけど、見逃せなかった。

  • 投稿者名:mayu
    評価: GOOD 投稿日:2019.07.02/09:08


    女性のギスギスした部分を細かく再現しているなという印象。

    主人公がすごく前向きで明るい!
    いじめられても負けない、負けたくないと思えるのはやっぱり子供の存在があるからなのかなーと、、、!

  • 投稿者名:AYUMI
    評価: GOOD 投稿日:2019.03.29/00:31

    こういうママたちのドロドロな話って
    よくあるけど観ちゃう。
    将来絶対巻き込まれたくない(笑)

  • 投稿者名:hakka
    評価: GOOD 投稿日:2019.03.11/20:31

    お受験を軸にマウンティングし合う母親たちのドロドロのドラマ。なさそうでありそうな設定で、ハラハラしながら観てしまった。救いなのは子どもたちが母親に振り回され戸惑いながらも、真っ直ぐな気持ちを持ち続けてるところ。最後まで見応えあり。

名前をなくした女神と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
いけだ
いけだ

ドラマ鑑賞と読書が好きです。ドラマは国内のものをよく観ます。笑って観られるコメディが好きです。あとミステリー小説を読むのにもハマっています。