閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【ステップ】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

画像はありません。

ステップを配信中の動画配信サービス一覧

ステップの動画が配信されているサービス

ステップの動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

ステップの作品紹介

ステップのあらすじ

『ステップ』は、2020年7月に公開された日本の映画作品。原作は重松清の同名小説で、2012年に文庫化された作品が今回映画化された。『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』『虹色デイズ』で知られる飯塚健が監督、脚本、編集を務める。

主演は、これまで数々のヒット作で主演を務めてきた、人気俳優の山田孝之。ほかにも広末涼子、川栄李奈、角田晃広(東京03)、余貴美子、國村隼といった実力派俳優が共演する。

結婚3年目の妻・朋子に先立たれた武田健一(山田孝之)。トップセールスマンとしてのプライドを捨て、時短勤務できる総務部に異動し、娘の美紀(中野翠咲)と2人だけの生活をスタートさせる。今まで子育てや家事は朋子に任せっきりだった健一にとって、仕事をしながら2歳半の娘を育てることは何もかも想定外で落ち込む毎日…。

しかし義理の両親・明(國村隼)と美千代(余貴美子)が、美紀を引き取るという提案を断り、娘の美紀を男手ひとつで育てる決意を固めていた。それは天国から見守ってくれているであろう妻と、一緒に幸せな家庭を築いていきたいという彼の強い想いがあってのことだった。

それから10年。さまざまなことがありながらも美紀(田中里念)が立派に成長し、それを噛みしめる健一。そんな彼らに、健一と美紀を見守ってくれていた義父が倒れたとの連絡が入る。これは、妻が残してくれた「大切な絆」の物語。

ステップのクレジット(監督・キャスト)

ステップの登場人物・キャスト

  • 武田健一(山田孝之)

    今作の主人公。最愛の妻・朋子と愛娘・美紀と3人で幸せに暮らしていたが、妻が急逝しシングルファーザーとなる。トップセールスマンとして活躍していた営業部から、時短勤務できる総務部に異動し、美紀を育てるために奔走する。妻を亡くした心の傷から、協力的な亡き妻の両親に壁を作ってしまっていたが…。

  • 武田美紀(田中里念/白鳥玉季/中野翠咲)

    健一の愛娘。2歳半のときに母親の朋子が急逝し、健一と2人の生活がスタートする。不器用ながらも男手一つで美紀を育てる健一の苦労の甲斐もあって、聡明で優しい子に成長した。健一の幸せを願っており、健一が奈々恵を紹介した際には、奈々恵に気を使いながら受け入れた。

  • 村松明(國村隼)

    健一の亡き妻の父親。美紀を1人で育てると決意した健一のことを、温かく見守る。孫娘である美紀のことはもちろん、健一のことも自分の息子のように大切に想っており、奈々恵との再婚も後押しした。

  • 村松美千代(余貴美子)

    健一の亡き妻の母親。夫の明とともに、健一と美紀のことを常に考え、優しく見守っている。

  • 村松良彦(角田晃広)

    健一の亡き妻の兄。義両親と一緒で健一と美紀のことを心配しており、一緒に遊んだりと気にかけている。

  • 村松翠(片岡礼子)

    良彦の妻であり、健一にとっての義兄嫁にあたる。義両親・良彦とともに、健一と美紀のことを気にかける。

  • 斎藤奈々恵(広末涼子)

    健一の同僚。営業部に復帰した健一と、新規プロジェクトで一緒になる。過去に息子を事故で亡くしており、そのことがきっかけで離婚をした経験を持つ。

  • ケロ先生(伊藤沙莉)

    美紀が通っていた保育園の先生。母親を亡くしてしまった美紀の心に寄り添い、優しく接する。

  • 成瀬舞(川栄李奈)

    健一の行きつけのカフェで働く店員。亡くなった妻・朋子に似ており、健一からの頼みで美紀と一緒に遊んだ。

ステップの見所ポイント

  • 1 映画『ステップ』では、父親と娘の10年間の軌跡が描かれる!

    映画『ステップ』では、若くして妻に先立たれた父親と娘の、保育園から小学校卒業までの10年間の軌跡が描かれています。最愛の妻が急逝してしまった健一に、悲しみに暮れる余裕はありません。なぜなら、2歳半の娘がいるからです。

    娘を育てていくためには働かなければならないし、子育ても家事も、すべて自分でしなければなりません。娘のために時短勤務できる部署に異動したものの、それでも定時に帰るのは気が引けるし、保育園からの突然の呼び出しもあります。

    そんな大変な状況に奮闘した甲斐あってか、娘の美紀は健やかに成長していきます。子どもを育てるのは、こんなにも大変なんだと感じることができる作品です。

  • 2 映画『ステップ』は、出演者の演技がとにかく良い! 特に義理の父親役・國村隼の演技は圧巻!

    映画『ステップ』で一番注目していただきたいのは、出演者の演技力の高さです。実力派俳優が多く出演しており、その素晴らしい演技を遺憾なく発揮しています。

    主演の山田孝之や相手役の広末涼子、美紀役を演じる田中里念の演技ももちろん良いのですが、特に素晴らしい演技をしているのは、義理の父親・村松明を演じる國村隼です。『アウトレイジ』や『シン・ゴジラ』といった作品に出演している國村隼ですが、今回の役はまさにはまり役です。

    孫娘のことだけでなく、その父親である健一のことも心配している、義理の父親を見事に演じています。明の存在が、物語のラストに大きく関係していくのでぜひご注目ください!

  • 3 映画『ステップ』は主題歌も魅力! 秦基博の書き下ろしのバラードナンバーが、胸にしみる!

    映画『ステップ』は、主題歌もとても素晴らしい曲となっています。シンガーソングライターの秦基博が、今作のために「在る」というバラードナンバーを書き下ろしました。

    大切な人や自分が“存在する”ということを考えさせられる、切ない1曲になっています。「今はそこにはいないけれども、僕のなかに君は“在る”」というメッセージが込められた歌詞は、まさに健一の気持ちとリンクしています。

    亡くなった母親の分まで、一緒に子育てをしていこうという健一の決意が感じられて、映画を観た後にこの曲を聴くと、歌詞のひとつひとつが心に響いてきます。

ステップの予告・動画

ステップの評価・感想・レビュー

ステップと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!