SHARE

contents kv
2017/05/18
2,614 3

【5/18追記】あの"金魚事件"を映画化「そうして私たちはプールに金魚を、」

2012年に埼玉県で起こった、女子中学生がプールに400匹の金魚を放流し、一緒に泳いだ事件を覚えていますか? 当時インターネット等で「青春映画のよう」と言われた事件が映画化され、国内外で映画賞を受賞しています。

目次

犯行動機は「一緒に泳いだらキレイだと思った」

2012年に埼玉県で起こった金魚放流事件

出典:

2012年、埼玉県のとある中学校のプールに、500匹もの金魚が放流されるという怪事件が起きました。

犯人は地元の女子中学生4人で、普段からそのプールに夜な夜な侵入して泳いでいた彼女たちは、「水面に大量の金魚が泳いでいたら、きれいに違いない」と、この事件の計画を思いつきます。

さっそく夏祭り会場へ向かい、金魚すくいのおじさんから売れ残った金魚を譲り受け、プールに放って一緒に泳ぎましたが、真っ暗な夜のプールでは金魚は見えず。

翌日、練習にきた水泳部員たちの手によって金魚は回収され、金魚と泳いだ女子中学生4人は書類送検されたのでした。

【5/18追記】「そうして私たちはプールに金魚を、」WEB公開開始!

長野県の「上田劇場」をはじめ、日本国内の小さな劇場や海外でも上映された今作が、2017年5月17日ついにWEBでも公開されました。

記事公開当初(2017年2月)はまだどこでも見られなかった「プー金」ですが、上記Twitterに掲載されたvimeoから視聴できるので、気になった方は是非チェックしてみてください!

And so we put goldfish in the pool. /そうして私たちはプールに金魚を、   on Vimeo https://vimeo.com/170127382

And so we put goldfish in the pool. Director/Writer:Makoto Nagahisa ●https://vimeo.com/user41349261 ●http://nagahisa.strikingly.com/ massage→ hello@naname.ro…

インターネットでは「映画化決定」とも言われ…

出典:

「金魚と一緒に泳いだらキレイだと思った」という犯行動機、「真夜中のプールでは金魚は見えなかった」という青春映画の1シーンのようなロマンチックな事件に、インターネット上では「映画化決定」などと言われていました。

そんな事件が今回、長久監督の手で映画化されました。

日本一"エモい"映画「そうして私たちはプールに金魚を、」

"金魚事件"を映画化した「そうして私たちはプールに金魚を、」は、長久監督がこの事件のニュースを見た瞬間に思いついたフィクション作品です。

現在公にされている作品情報は少なく、ニュースサイトや公式の予告映像によると、実際に事件が起こった埼玉県狭山市で撮影され、退屈で娯楽のない田舎、理由のない暇つぶし、非日常への憧れ、先の見えない将来など、当時事件を起こした「中学最後の夏休みを過ごす女子中学生」をリアルに描かれるようで、注目が集まっています。

「そうして私たちはプールに金魚を、」予告編  / 「And so we put goldfish in the pool.」TRAILER on Vimeo https://vimeo.com/170127973

キャスト:湯川ひな・松山莉奈・西本まりん・菊地玲那      黒田大輔・山中崇      増渕来夢・NATURE DANGER GANG・フジロッ久(仮)・クリトリックリス      並木愛枝・石本径代・三科喜代・野上絹代 スタッフ: 製作:Moon Cinema Project 監督・脚本:長久允 エグゼクティブプロデューサー:田中雄之…

予告編はコチラ

国内外で映画賞を受賞

若手映画監督を対象とした第1回MOON CINEMA PROJECTでグランプリを受賞した今作は、映画芸術科学アカデミー公認の映画祭「第33回サンダンス映画祭ショートフィルム部門」でグランプリを獲得。

これからの長久允監督の活躍に期待が集まりますが、「そうして私たちはプールに金魚を、」の上映や配信にも期待が高まります。※

※2017年5月17日、本編映像がWEB公開されました!

監督はCMプランナー

長久允監督はもともと電通のCMプランナーで、フェイシャルマスク・ルルルンのCMで松本伊代さんを起用し「伊代はまだ50だから」と替え歌を歌わせたり、AKB48が出演する野菜ジュースのCM「野菜シスターズ」のPVなどを手掛けています。

最近では「リライトのリライト」という企画で、千原ジュニアさんやR-指定&DJ松永、生ハムと焼うどんにASIAN KUNG-FU GENERATIONの「リライト」をカバーしてもらうなど、音楽を中心としたユニークな宣伝映像を制作しています。

アンダーグラウンドのバンドマンたちが出演

主題歌はNATURE DANGER GANG「17才」

「そうして私たちはプールに金魚を、」の主題歌を務めるのは、先日活動休止が発表されたばかりのNATURE DANGER GANGというハードコア乱痴気バンド。

南沙織のデビュー曲「17才」をテクノアレンジした楽曲を披露していて、映画内にも地元のヤンキー役で出演しています。

フジロッ久(仮)やクリトリック・リスも出演

主人公の兄役に、先日高円寺のパンクバンド・フジロッ久(仮)から脱退したばかりの高橋元気さん、出会い系サイトからやってきた男役として、同バンドのボーカル・藤原亮さんが出演。

そのほか、女子中学生たちに金魚を提供する出店のおじさんとしてクリトリック・リスのスギムさんが出演するなど、アンダーグラウンドシーンで活躍するアーティストたちが多数出演しています。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

「邦画」人気ニュースランキング