SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/04/26
1,726 0

モアナ役の屋比久知奈の圧倒的な歌唱力が話題!ディズニーアニメ「モアナと伝説の海」

モアナと伝説の海が今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

近年「アナと雪の女王」や「ベイマックス」など次々とヒット作を生み出したきたディズニーアニメの最新作「モアナと伝説の海」が3月10日から日本で公開されます。最新CGを使ったスペクタクルな映像も話題ですが、主人公モアナの日本語吹き替え版で声優に抜擢された屋比久知奈(やびくともな)の歌声も話題を呼んでいます。

目次

「モアナと伝説の海」のあらすじ

舞台は美しい南の海。しかし、命の女神テ・フィティの”心”が1000年前に伝説の英雄といわれるマウイによって盗まれてしまい、世界に闇が生まれてしまうという事件が起こります。

それから1000年の間は、モアナの生まれ育った島モトゥヌイでは海の外に出ることが禁じられてきました。

海の不思議な力によって選ばれた少女モアナは、愛する家族や人々と世界を闇から守るために、父親の反対を押し切って、テ・フィティの“心”を取り戻すための旅に出ることを決意します。

大海原へと冒険を開始したモアナはテ・フィティの“心”を盗んだマウイが今も生きていることを知り、彼と出会うことに成功します。

風と海の守り神でもある英雄のマウイとモアナは最初は対立をしますが、旅を続けるうちに2人の間には友情が生まれてくるのでした。

見る者を魅了する「モアナと伝説の海」の映像!

「モアナと伝説の海」は海がモアナに命の女神テ・フィティの”心”を取り戻す役目を与えるように、海を生き物のように描いています。

ロン・クレメンツとともに監督をつとめるジョン・マスカーは「海をCGで表現したかった」と話すなど、最新のCG技術でしか表現できない光の反射や照明の当て方などにこだわりました。そうした監督のこだわりが詰まった映像美は本作の見所と言えます。

また、ココナッツ海賊“カカモラ”とモアナとマウイのバトルシーンは「マッドマックス 怒りのデス・ロード」からインスピレーションを得たというようにスペクタクルな映像の楽しさに溢れています。

一方で、モアナとともに冒険をする仲間であるマウイの全身を覆うタトゥーには昔ながらの伝統的な手描きの手法が用いられています。

マウイのタトゥーは作品の中で動いたりするのですが、そうした細部の演出も本作の魅力と言えます。

屋比久知奈・夏木マリ・尾上 松也などの実力が揃う日本語吹き替え版のキャスト!

主人公モアナの日本語吹き替え版の声には、沖縄出身で現役の大学生である屋比久知奈がオーディションの結果選ばれました。

モアナを旅へと導くタラおばあちゃんの声をつとめるのは夏木マリが、モアナの旅の友であるマウイの声は尾上松也が担当します。

また、巨大なカニのモンスターのタマトアの声はROLLYがつとめます。

主題歌の日本語版で見せる屋比久知奈の圧倒的な歌唱力!

「モアナと伝説の海」は第89回アカデミー賞で「長編アニメーション賞」と「主題歌賞」にノミネートされました。

楽曲としても評価の高い、本作の主題歌は「どこまでも ~How Far I’ll Go~」です。

先日映画のPRのためにロン・クレメンツ&ジョン・マスカーの両監督が来日を果たしました。二人の前で、日本語吹き替え版のモアナの声をつとめる屋比久知奈が生歌で主題歌「どこまでも ~How Far I’ll Go~」を披露しました。

そこで見せた彼女の歌声を2人の監督だけでなく、共演する夏木マリも絶賛しました。そんな屋比久知奈の圧巻の歌声も話題を呼んでいます。

まとめ

ディズニーの大作アニメということもあり、「モアナと伝説の海」では美しい映像に魅了されることでしょう。

また、劇中の楽曲を日本語吹き替え版で歌う屋比久知奈の美しい歌声にも注目です。ぜひ劇場でご確認ください。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

モアナと伝説の海

動画が配信されているサービス一覧

レンタル

2,189 円/月

U-NEXT詳細

レンタル

550 円/月

dTV詳細

レンタル

2,658 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

レンタル

550 円~/月

ビデオマーケット詳細

レンタル

1,958 円~/月

music.jp詳細

「アニメ」人気ニュースランキング