SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/09/04
423 0

『銀魂』神威と神楽の関係は最悪? 過去(幼少期)を振り返り徹底紹介!

『銀魂』に登場する「夜兎族」の兄妹、神威と神楽。会えばケンカばかりの2人ですが、どうしてこんなに仲が悪いのでしょうか? この記事では神威と神楽の過去から、最終的に2人の関係がどうなったのかまでネタバレを交えて徹底的に紹介していきます!

目次

週刊少年ジャンプで長年掲載され、2019年6月に完結した大人気コメディマンガ『銀魂』。

この記事では、『銀魂』のヒロイン・神楽と実の兄・神威の過去から現在までの関係を徹底的に紹介していきます

『銀魂』1期で神威が登場して以来、会うたびにケンカを繰り返す兄妹…。宇宙でもトップクラスの戦闘能力をもつ「夜兎族」の兄妹ゲンカは、いつも大迫力です。

しかし神威と神楽はどうしてこんなに仲が悪いのでしょうか? この記事を読めば、神威と神楽の過去に何があって、どうなったのかがわかります! ぜひぜひチェックしてみてください。

『銀魂』夜兎の兄妹・神威と神楽の基本情報をチェック!

宇宙三大傭兵族の1つ「夜兎族」の兄妹の神威と神楽。

将軍暗殺篇では神威は高杉とも関りがある宇宙海賊・春雨の第七師団団長を務め将軍の暗殺にも関わっていました。

しかしその一方で神楽は万事屋で働き、人をまもることを学び将軍をまもる側に立っていました。

同じ環境で育った兄妹は、どうしてこんなに真逆の生き方をするようになっていったのでしょうか

まずはそんな神威と神楽の基本情報からチェックしていきましょう

『銀魂』のなかでも戦闘能力はトップクラス! あのセリフで衝撃の登場・神威!

神威はヒロイン・神楽の兄にあたり、宇宙最強のエイリアンハンター・星海坊主の息子でもあります。宇宙三大傭兵部族の1つ「夜兎族」なので、『銀魂』キャラのなかでも戦闘能力はトップクラスです!

神威は吉原炎上篇で初登場するやいなや、にっこり笑顔で放つ「殺しちゃうぞ」のフレーズで衝撃を与えました。

強者と戦い自分の”強さ”を証明したいと考えています。そのため、自分と似ている沖田と出会ったときもとても喜んでいました。

『銀魂』の大食いヒロイン神楽! 万事屋の怪力・チャイナ娘!

神威の妹で、万事屋の怪力娘です。神楽は可愛らしい見た目とは裏腹に、鼻をほじったり、下品なことを口にしたりとヒロインらしからぬ行動をとります。片言で語尾に「~アル」がつくチャイナ言葉を話しますが、夜兎族がみんなそうというわけではありません。

戦闘種族とは思えないほど情に厚く、「夜兎の血」に負けたくないと考えています。優しかった母・江華の考えを引き継いでいて、”家族”を大切にしたいと考えています

神威と神楽の種族「夜兎」について簡単なまとめ!

神威と神楽の種族「夜兎」は、根っからの戦闘種族で他の種族からも恐れられています。そのため故郷の星・徨安は夜兎を恐れる他の種族に滅ぼされてしまいました。

見た目は地球人ととても似ていますが、透き通るような白い肌と日光がニガテなためいつも番傘をさしているのが特徴です。

また地球人と比べて身体能力も非常に高く、キズの治りも早いです。戦闘種族ゆえに追い込まれると、リミッターが外れて自分の体のダメージも顧みず大暴れしてしまうこともあります。

『銀魂』神威と神楽の関係は? 不仲の原因に迫ります!

神威と神楽は会えばケンカばかりで、どう見ても不仲です。しかし過去の話を見てみると、神楽をまもる神威の姿がありました

昔は仲良し兄妹だった神威と神楽。いったい過去に何が起きて、今のような関係になってしまったのでしょうか

原因は神威の幼少期に! 星海坊主との確執とは? 神威を庇う神楽…。

幼少期の神威は母を助けるためには星海坊主を殺すしかないと考え、夜兎に伝わる古い風習「親殺し」を実行しようとしました。そして星海坊主の左腕を切り落としました。

しかし星海坊主は神威に対して、夜兎の本能でリミッターが外れてしまい神威を返討ちどころか、あやうく殺しそうになってしまいます。

神威を殺そうとする星海坊主を見た幼少期の神楽は、おびえた目で星海坊主の腕をつかみ制止しました

母・江華のヒミツを知り、「強さ」に迷う優しい兄・神威のツライ過去!

出典:amazon

神威は、母・江華が徨安のアルタナから産まれた存在で、徨安でしか生きられないというヒミツを知ってしまいます。そのヒミツを知ってから、徨安から江華を連れだした星海坊主に疑問を抱くようになっていきました。

さらに徨安を離れたために日に日に弱っていく江華をおいて、宇宙を旅してエイリアンを狩る星海坊主。そんな父に「強くなって、母さんと神楽を守れ」といわれていた神威は、”強さ”とはいったいなんなのか迷い続けていました。

神威と神楽のプライドをかけた喧嘩! しかし沖田との激闘のあとでも力の差は歴然…。

地球で何度か再会していた神威と神楽でしたが、将軍暗殺篇のときについにお互いのプライドをかけた戦いになります。

神威は「家族を捨てることで強くなろうとしたプライド」、神楽は「家族とともにいることで強くなろうとしたプライド」をかけて戦います

この戦いで負ければ、負けたほうの選んだ”生き方”が否定されることになるので、両者一歩も譲らない戦いになります。神威は沖田と死闘をしたあとでしたが、それでも神楽との力の差は歴然としていました。

しかし神楽はどんなに力の差があっても、決して倒れることも負けを認めることもありませんでした

そしてこの戦いは途中で、暗殺集団・天照院奈落がきて決着がつかないままになります。

『銀魂』洛陽決戦篇 ついに神威は星海坊主と再会! 神楽が止めに入った戦いの結末は…?【ネタバレあり】

神威と神楽が育った星・洛陽で、神威と星海坊主はついに再会を果たします。神威と星海坊主が会ったのは、「親殺し」をしようとした日以来でした。

洛陽決戦篇で神威は父より強くなったことを証明するために、星海坊主へ勝負を挑みます。しかし星海坊主は、神威に本気を出しません。そこで神威は殺し合いを止めに入った神楽を殺せば、星海坊主が怒りで本気を出すかもしれないと思いつきます

そして今度は神威と神楽が殴り合うことに…。息子と娘が殴り合っている状況に、星海坊主も思わず「やめてくれ」と叫んでいました。しかしここで虚が現れて、星海坊主が家族をまもるために虚と戦います。

星海坊主は虚に右腕を切り落とされ、腹部にも重傷を負わされ倒れたため、またしても決着がつきませんでした

上記で紹介した「洛陽決戦篇」が収録されている4期は「U-NEXT」で配信中、きになるかたはぜひチェックしてみましょう!

31日間無料で楽しむ!/
U-NEXT
U-NEXT で洛陽決戦篇をチェック!!
PR

バカ兄貴・神威と神楽の新しい家族が激突することに?

その後、神威は虚に重症を負わされた星海坊主に、「立てよ。俺とアンタの決着はまだついちゃいない」といいます。神威が星海坊主に殴りかかりそうになったそのとき、神楽の地球の家族・万事屋の銀時と新八が現れます。

そして星海坊主に頭突きをした銀時は、「これで最強を倒したのは俺だ。俺が最強だ」と神威にいい、神威と勝負をします

つまり銀時はケガをしている星海坊主を庇い、神楽一家のケンカ自体をとめようとしたのです! 神楽は本当に地球でよい家族をもちました。

神威は”夜兎の血”に負け、リミッターが外れて暴走してしまいますが、最後は神楽のひざの上で力尽きました。

この戦いは神威を変えるキッカケになったようで、戦いの後に神楽が母・江華のお墓詣りにいくと、神威が用意したと思われる江華が好きだった花が供えてありました

『銀魂』銀ノ魂篇 神威と神楽が共闘! ついに仲直り?

アルタナ解放軍に拉致された平賀源外を探していた神楽は、危険なニオイを察知して1人敵陣にたどり着きます。しかしアルタナ解放軍の夜兎の集団の前に手も足も出ません。

神楽が絶体絶命の危機と思われたそのとき、神楽を助けにきたのはほかでもない神威だったのです。ついに夜兎兄妹で力を合わせるのかと思いきや、神楽の蹴りが神威の顔面にあたったことがキッカケでケンカが勃発してしまいます…。

いつものように神威と神楽のケンカに呆れる阿伏兎がツッコミをいれるなか、2人は敵と交戦しながらケンカをやめません。

しかしそんな状態で倒せる相手ではなかったので、最後は兄妹で仲良く敵に蹴りをいれて倒しました。ケンカばかりだった神威と神楽がはじめて共闘した瞬間ですね!

最後は神威と神楽は和解したの? 現在の関係に迫ります!

出典:amazon

ここまで神威と神楽の過去や現在をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。『銀魂』が完結した今、兎兄妹は最終的に和解したのかというところが気になりますよね?

結論からいうと、和解したシーンなどの描写はありません! しかし神楽が封印された定春をもとにもどす方法を探して宇宙中を旅していたときに、神威は心配して神楽のあとをつけまわしていたようです。

またそのときに、神威は神楽に幼児化するなぞの術も教えたようなので、以前のような不仲な関係ではなくなったと推測できます

ちなみに2019年8月現在「U-NEXT」なら『銀魂』のTVアニメ全7シリーズに加え劇場版、実写も配信中! 31日間の無料トライアル期間も設けられているので、きになるかたはぜひチェックしてみよう。

31日間無料で楽しむ!/
U-NEXT
U-NEXTで今すぐ観る!
PR

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

「アニメ」人気ニュースランキング