SHARE

contents kv

出典:

2019/04/23
856 0

10年前に戻って考えるピュアな高校生青春映画「Orange‐オレンジ‐」

もしタイムマシンがあったら、あなたが行ってみたいのは「過去」?それとも「未来」?もし青春の1ページに刻まれた後悔の出来事を知ったら、あなたはそれをやり直せますか?大事な友達と過ごす高校生時代のファンタジーラブストーリー。

目次

漫画「Orange」

『Orange』(オレンジ)は原作が高野苺の漫画で2012年に「別冊マーガレット」に連載されていました。

人気があったものの作者の体調不良により休載。

その後移籍し、2014年に「月刊アクション」で連載が再開されました。

2015年に物語は終結し、コミック5巻で完結しています。


高野の体調不良の為、休載や不定期連載など、色々な試練を乗り越えての掲載。

ここにも何かと人間ドラマがあったのではないでしょうか。

そんな中でも書き上げた物語には、国内外問わずファンが多く、様々な賞で上位に入っています。


高野の作品にはラブストーリーや友情についての物が多いのですが、生命について、人生を後悔しない為に…などのテーマについて考えさせられる作品も多いように思われます。

あらすじ

主人公は長野県松本に住む高校2年生の高野菜穂。

4月の始業式の日にバッグのポケットに一通の手紙を見つけます。

その手紙は10年後の自分からでした。

信じられない菜穂でしたが、その手紙には今から起きる事、自分がとった行動を後悔している事、そして、後悔しないように取ってほしい行動などが書かれていました。


その後、手紙に書かれている事が次々起きていきます。

まず、成瀬翔が東京から転校して来ました。

そして、菜穂は彼を好きになるのです。


しかし手紙には、翔が17歳の冬に事故で死ぬと書いてあります。

そして、その事故は防げたかもしれないと。

本当は事故ではなく、自殺だったのかもしれない、というのです。


菜穂は、親友の須和弘人、村坂あずさ、茅野貴子、萩田朔らと、なんとか翔を助けようと、未来を変えようと、努力します。

配役について

主人公・菜穂は女優の土屋太鳳が演じています。

土屋は2005年に角川映画のオーディションで審査員特別賞を受賞。

映画やテレビドラマで活躍しています。

代表作には「花子とアン」「まれ」「トウキョウソナタ」などがあります。


翔役は山崎賢人。

山崎は中学3年の時に原宿竹下通りでスカウトされました。

雑誌などでメンズモデルとしても活動する若手俳優です。

映画やテレビドラマにも多く出演しています。

代表作には「四月は君の嘘」「デスノート」「好きな人がいること」などがあり、主役も務めています。

また今作では、「まれ」から一年の間を空けずに、土屋との二回目の共演となります。


村坂あずさ役は清水くるみ、茅野貴子役は山崎紘菜、萩田朔役は桜田通が選ばれ、なかなかいい味を出しています。

中でも須和弘人を演じる竜星涼には、心にグッとくる何かを感じさせられます。

未来を決めるのは自分なんだよ。

青春真っ只中にいる時は、自分がまだまだ未熟で、上手く自分を表現できなかったり、恰好ばかり気にして、思ったことを素直に言えなかったりしますよね。

でも、あなたが未来の自分から「こうした方がいいよ!」っていうアドバイスをされたらどうすると思いますか?

他の人から色々言われると反抗しちゃうかもしれません。

でも、他の誰でもない自分からのメッセージ。

それを素直に受け入れ、頑張れる自分でいてほしいと思います。

そうは言っても、アドバイスされてそう簡単に出来る訳でもないのが現実です。

タイムトラベルしてやり直しが出来ないのなら、その時々を精一杯生きなくちゃ!


この物語では、未来を変えると「パラレルワールド」という別の世界が生まれると言っています。

菜穂達が頑張って変えようとしている未来は、どの様になっていくのでしょうか。

2015年12月に放映されたこの実写映画ですが、翌年の2016年にはアニメ化もされています。

そして、続編も予定されている様です。

漫画を読んだ方には、映画の2時間に収められたストーリーはちょっと物足りないのかもしれません。

でも比べないで観てみて下さい。


青春真っ只中の人は今を頑張ろうと思える。

もっと先輩になっている人は、あの時こうしていたら…なんて青春を振り返り、懐かしくなれるのじゃないでしょうか。


ティーンの頃とは、何かに夢中になれる時。

胸にギュッとくるあの感じがまた感じられる映画です。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

Orange オレンジ

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

1,990 円/月

U-NEXT詳細

レンタル

500 円/月

dTV詳細

レンタル

562 円/月

ビデオパス詳細

レンタル

933 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

「邦画」人気ニュースランキング