SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/04/09
1,348 0

僕は作る!!僕の国を!!!漫画「帝一の國」

帝一の國が今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

日本の未来を背負うため、世界一の日本を作るため、帝一はひた走るーー だまし、だまされ。蹴落とし、蹴落とされ。野心が止まらない学園政権闘争漫画ーーこの漫画を原作とした映画が2017年4月に菅田将輝主演で公開されています。 「帝一の國」とはなんぞや、出来るだけ紹介したいと思います。

目次

「帝一の國」とは

作者、古屋兎丸。

ジャンプSQで2010年から2011年まで連載されていた作品。

あらすじ

日本屈指の超名門校「海帝高校」には、将来の日本を背負うべく、選りすぐりのエリート高校生が通っています。
その中でも、3年次に生徒会長となれば政財界に大きなコネクションができ、内閣閣僚入りがほぼ確約されています。
逆に言えば、生徒会長にならなければ、内閣官僚入り、もっと言えば内閣総理大臣にはなれないという事。

「将来、日本を世界一の國にする!」という強い思いを持った「赤場帝一」。
そのためには日本の代表内閣総理大臣になることを決意します。
彼は、その足がかりとなる、海帝高校の生徒会長の座を獲得すべく、暗躍していくのですがーーー

将来有望なエリートひしめく生徒達の中で、頂点に立つ生徒会長の座は、一朝一夕には得ることはできる簡単なものではありません。
彼は1年次から、その座を得るためのレースはスタートしていることに気づき、画策し、ライバル達を蹴落としていきます。

「帝一の國」野心溢れる主人公

赤場 帝一(あかば・ていいち)

本作の主人公。

「いつか人生をかけて戦うときが来る、それが高校生の今この時だったっていうだけの話さ」

「日本の国を世界一にする」という目標のため、日本の代表、総理大臣になるため、どんな汚いことにも手を染めることも厭わない、野心溢れる少年。
しかしその一方、純粋で単純。特に恋愛方面は不得手な面もあるようです。
彼は将来の目標のために、3年次で生徒会長の座を盤石にすべく、1年次から早々に権力闘争に加わっていきます。

己の野望を叶えるためなら、強者へ媚びへつらい靴を舐める事も厭わず、口利きや裏工作等どんな卑怯な手を使っても、目的を完遂させる策略家であり野心家。
頭脳明晰でもあり、名門「海帝高校」にトップの成績で入学。
その素晴らしい頭脳を生かし、打算的に人々を出し抜き、目標に近づいていきます。
またピアノも得意で、奏でるメロディーには、人を惹きつけるものがあります。

以下、「帝一の國」の本作ネタバレを含みます

帝一は1年次、まずは2年の生徒会長候補の氷室に取り入り、彼を生徒会長にすべく、忠犬さながらの忠誠を誓い尽くします。
その忠義に溢れた赤場の働きに、氷室は彼を将来生徒会長の座に、彼を据えてくれることを口にしていました。

しかし帝一は、氷室の機嫌の善し悪しをかぎ分ける、帝一曰く「氷室嗅覚」を持っていました。
その鋭い嗅覚のために、氷室が実は自分を陥れようと考えていたことに気付きます。

絶望する彼ですが、ある事を知った後、起死回生を誓い氷室と絶縁します。
その後彼がとった行動は、氷室の生徒会長選の対抗馬「森園」につくこと。
氷室の元で培った票集めのノウハウを、遺憾なく発揮し、森園の躍進につなげていくのですがーー

無二の親友であり戦友

榊原 光明(さかきばら・こうめい)

帝一が心の内を明かせる、数少ない存在。

「僕はついて行くよ、帝一の夢に」

光明は、帝一の中学生時代からの親友。
中学時代は生徒会長であった帝一を、副会長として陰ながら支えていました。
帝一の事は何があっても決して見捨てず、裏切らないと決めています。
帝一が氷室派から森園派に寝返っても、異を唱えずについて行きました。

手先が器用で、ネコ翻訳機を作って票集めの工作に協力したり、工作の時間に盗聴器を作ったりします。
彼が作った盗聴器は、帝一が氷室の裏切りに気付く切っ掛けとなりました。

生徒会長になるために手段を選ばない

氷室 ローランド(ひむろ・ろーらんど)

美しい外見と、生まれつきのカリスマ性を備えた少年。
そんな彼に魅せられた帝一は当初、氷室を生徒会長に押し上げるべく、身を粉にして票集めに奔走していました。
氷室自身も、投票先を決めかねている生徒に、賄賂を渡したり、弱みを握って金の力でゆすったりーー

主に金の力で順調であった生徒会長選でしたが、暗雲が立ちこめます。
氷室と帝一の、親同士の確執が明らかになって以降、彼は親の恨みを代わりに晴らすべきか、自分に尽くしてくれた帝一に報いるべきか苦悩していましたが、やがて帝一親子に復讐の決意をします。
しかしそれを、抜群の嗅覚で嗅ぎつけた帝一によって、謀反を仕掛けられたのです。

生徒のために生徒会長にならんとす

森園 億人(もりぞの・おくと)

氷室の対抗馬として、生徒会長選に立候補。

温厚な性格で周りの生徒からの信頼も厚く、常に理性的な話し方をします。
一方、受けた屈辱は絶対に忘れない所があり、かつて帝一に足を引っかけられて転ばされた事をずっと覚えていました。
そのため、帝一が氷室派から自分の派閥へ移ってきても、すぐには了解しませんでした。
しかし、森園の友人の助言もあり彼を許すと、共に選挙戦を戦うこととなります。

国を背負う生徒達の泥沼政争劇

この漫画の舞台「海帝高校」は、いわば政治家や有力者の養成学校に位置づけられています。
そのため、将来の有力者同士の駆け引きが、ギャグと皮肉を交えて描かれています。

生徒会長選では、賄賂を渡し票を集めたり、当選した暁には、投票者への見返りを用意するなど・・・
現実世界に置き換えれば、ひんしゅくを買うであろうシーンが当然のように挿入されます。

少年ジャンプ+|少年ジャンプが贈る最強!無料!のWebマンガ誌 https://shonenjumpplus.com/

少年ジャンプ+の漫画が無料で読める本格的マンガ雑誌、少年ジャンプ+(無料の試し読みも多数)。人気作家の新作から人気作品の番外編、歴代ヒット作品まで、まんがファンも納得の充実のラインナップを、毎日無料で読むことができます。

登場キャラの濃さをそのままに・・・映画「帝一の國」

実写映画「帝一の國」2017年4月29日公開

主人公帝一を演じるのは、実力派俳優「菅田将輝」

菅田将輝は、「海月姫の鯉淵蔵之介」や「auのCM・鬼ちゃん」役など個性豊かな役を演じ、今最も注目されている俳優の一人。
作品によってカメレオンのように演じ分けることが出来る、実力派。
2017年7月公開の映画「銀魂」では、野心家の赤場帝一とは正反対の「志村新八」を演じます。

映画「帝一の國」では帝一演じる菅田将輝の、野心にじみ出る個性的な演技と、彼が表現する独特の雰囲気、彼を含め、彼を取り巻く目の保養になるイケメン達の活躍をお楽しみ下さい。

原作のあのシーンやあのシーンも見所

イケメン俳優達だけで無く、どのシーンが、どのように表現されるのかも見所。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

帝一の國

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

1,990 円/月

U-NEXT詳細

レンタル

562 円/月

ビデオパス詳細

定額見放題

500 円/月

dTV詳細

レンタル

2,417 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

レンタル

500 円~/月

ビデオマーケット詳細

「漫画・本」人気ニュースランキング