閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

舟を編む(映画)の評価・感想・レビュー

更新日:

舟を編む(映画)

提供元:FOD
舟を編む(映画)
☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 4.6 (7件中)
  • 投稿者名:こすけ
    評価: GOOD 投稿日:2020.05.26/12:54

    松田龍平、最高です

  • 投稿者名:ゆき
    評価: GOOD 投稿日:2020.03.03/22:18

    良。語彙力ないからこの言葉に頼るけどえもかった、、、、

  • 投稿者名:櫻澤みい
    評価: BAD 投稿日:2020.01.01/21:20

    小説より割愛されてるところがあり辞書を作る大変さが伝わらないただの恋愛ものになってる

  • 投稿者名:na52
    評価: GOOD 投稿日:2019.08.18/05:00

    松田龍平

  • 投稿者名:座敷婆
    評価: GOOD 投稿日:2019.06.21/16:37

    地味な映画だったけど、コミカルな場面もあり、泣かせる場面もありで、安心して観ていられる作品。

  • 投稿者名:Saku
    評価: BAD 投稿日:2019.04.15/09:52

    何も起きないので長く感じてしまう

  • 投稿者名:Masaharu
    評価: GOOD 投稿日:2019.01.20/05:22

    2012年に72万部突破のベストセラーとなった三浦しをんの同名小説の映画化作品。
    本を読んだことはないけど、ベストセラー作品の映画化って結構難しいところも多いんだろうなぁと思う中すごくいい映画だった。
    映画の内容は、凄くシンプルで辞書編集部を舞台に新しい辞書「大航海」の制作を描いたもの。松田龍平が演じる名前からしてマジメな編集部員の「馬締」を主人公にすごく素朴だけど心温まる作品。
    今では殆どのものが電子化されていて紙の辞書なんて使わないけど昔持った時の辞書の重さは、作中の「大航海」のように15年もの歳月を経て作られたものだったのかもしれないと思うとなんか思うところがあるなぁという感じ。
    映画に登場する場所もすごく少なくて(馬締の下宿先、馬締の職場くらいだったかな??)だからこそ人間関係が引き立つし心理描写が上手く伝わるのかもと思った。
    ちなみに海外でも評価されている作品で、海外版タイトルは、"The Great Passage"。個人的には「舟を編む」にすごくぴったりだなと〜思った。

舟を編む(映画)の詳細に戻る
ページトップ