閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【レインメーカー】の無料動画を配信しているサービスはここ!映画を日本語吹き替え版/字幕版で見れるところは?

レインメーカー

レインメーカーを配信中の動画配信サービス一覧

定額見放題

定額見放題

レンタル

レンタル

現在、提供しているサービスがありません。

無料配信

無料配信

現在、提供しているサービスがありません。

配信中サービスの詳細はこちら

迷っているあなたへ!

おすすめの動画配信サービスはこちら

【レインメーカー】は1社の動画配信サービスで配信中です。
定額見放題1社です。ここでは配信されているサービスの詳細を紹介します。

レインメーカーの動画が配信されているサービス

レインメーカーが視聴できる1社の各サービス詳細です。
月額料金、無料期間、見放題本数の基本情報と各サービスのおすすめポイントが確認できます。

レインメーカーの動画が配信されているサービス一覧

【PR】
配信状況 料金(税込)
定額見放題
31日間無料 2,189円/月
無料配信無料で配信中のサービス

現在配信のないサービス一覧

dTV FODプレミアム Paravi Hulu TSUTAYA TV/DISCAS バンダイチャンネル ビデオマーケット DMM見放題chライト クランクイン!ビデオ WATCHA(ウォッチャ) music.jp dアニメストア ABEMA auスマートパスプレミアム Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video) AppleTV+ DMM宅配レンタル GYAO!ストア Netflix(ネットフリックス)

レインメーカーの動画が配信されているサービス詳細

定額見放題

定額見放題

U-NEXTの基本情報

U-NEXT
月額料金
2,189円(税込)
無料期間
31日間無料
種類
定額見放題
同時再生可能
端末数
4
ダウンロード
見放題作品
21万

U-NEXTの編集部的ポイント

5
コスパ
定額作品数が210,000作品と多く、毎月1,200ポイントも貰えます。月額料金が高く見えますがコスパは◎
5
無料期間
無料期間が31日間あるので、お試し期間として十分な時間があります。無料期間でも600円分のポイントが貰えるもの魅力です!
5
作品数
定額見放題の作品数が210,000作品とVODサービスの中ではトップクラスの作品数!アニメの見放題作品数も業界No.1。
5
使いやすさ
同時再生4台まで可能でダウンロード機能も有り。TV接続可能で4Kにも対応。総合的に機能が充実していて使いやすいです。
5
特典
独占配信の作品も多く、アニメやドラマも豊富。全ジャンル充実していますが、中でも韓国ドラマなどのアジア作品は豊富。

U-NEXTを無料期間で最大限楽しもう!サービスの詳細もご紹介!

レインメーカーはU-NEXTで視聴可能です!

U-NEXTは無料トライアル期間を31日間設けているので、期間中であればすべての見放題作品の配信を無料で楽しむことができます。

見たい作品がレンタル対象でも、毎月付与される1,200円分のポイントをレンタルに利用すればお得に楽しむことが可能です。
ポイントは無料お試し期間中でも貰えるので、無料お試し期間にレンタル作品を無料で視聴することもできます!

さらに動画だけではなく約70種類のファッション誌や週刊誌などの雑誌も月額だけで読み放題!

また、U-NEXTには便利な機能が盛りだくさん!

スマホ・タブレット・パソコン・スマートテレビ・ゲーム機など複数のデバイスで同時視聴もできちゃいます!

さらに「ファミリーアカウント」を最大3つの子アカウントが作成可能! マイリストや視聴履歴が共有されないため、プライバシーも守れます。

ダウンロード機能もあるため、通信量を気にせず動画を楽しめるでしょう。

U-NEXTの無料トライアル中は、ポイント利用やダウンロード、同時視聴機能を使って配信を思う存分楽しんでください!

U-NEXTで視聴できる人気作品

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ!/

レインメーカーの作品紹介

レインメーカーのあらすじ

フランシス・フォード・コッポラの監督作品で、1997年11月に公開されたアメリカ映画。日本公開は1998年6月。ジョン・グリシャムの小説『原告側弁護人』が原作である。

主人公の新人弁護士を、マット・デイモンが演じている。今作は、彼の出世作となった『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』と同時期に撮影された。今では、ベテラン俳優となったマット・デイモンだが、この作品では正義と理想に燃える若者を好演している。

苦学生のルーディ(マット・デイモン)は、アルバイトしているバーのマスターの紹介で、悪徳弁護士として有名なブルーザー・ストーン(ミッキー・ローク)の事務所で働くことになった。

彼の初仕事は、保険金支払いを拒否している大手保険会社・グレート・ベネフィットを訴えることだった。ブルーザーからは、保険会社勤めの経験がある弁護士見習いの先輩・デック(ダニー・デヴィート)と組んで進めるよう命じられる。

グレート・ベネフィットの起訴と並行して、デックから新しい仕事を得るコツを病院で学んでいたとき、ルーディは夫の虐待で大怪我をした人妻・ケリー(クレア・デインズ)と出会い、打ち解けていく。一方で、グレート・ベネフィットの控訴では、ルーディと相手側の弁護士・ドラモンド(ジョン・ヴォイト)の攻防戦が白熱していた。

レインメーカーのクレジット(監督・キャスト)

  • 監督
    :フランシス・フォード・コッポラ
  • 初公開
    :1997年

レインメーカーの登場人物・キャスト

  • ルーディ・ベイラー(マット・デイモン)

    バーで学費を稼ぎながら、弁護士を目指す学生。後に司法試験に合格し、弁護士になった。正義感が強く、誠実な性格で、老婦人や貧困家庭の依頼にも誠実に向き合い、対応する。自身の母親も、アルコール中毒の父親から虐待されていた。

  • デック・シフレット(ダニー・デヴィート)

    ルーディの相棒的存在。ルーディよりもかなり年上だが、司法試験に落ち続けているため、弁護士資格を持っていない。しかし保険会社勤めの経験を活かして、ブルーザーの事務所にくる保険絡みの案件を担当している。情報通。

  • ケリー・ライカー(クレア・デインズ)

    夫のクリフから、ひどい虐待にあっている。クリフの暴力で大怪我をして、入院していたときにルーディに出会う。18歳で妊娠して結婚したが、流産した経験がある。誠実なルーディに次第に惹かれていく。

  • レオ・F・ドラモンド(ジョン・ヴォイト)

    大手弁護士事務所のエリート弁護士。これまでに多くの勝訴を勝ち取ってきたこともあり、依頼料も莫大である。グレート・ベネフィットの顧問弁護士であり、ルーディと敵対する。

  • バーディ夫人(テレサ・ライト)

    ルーディとロースクールの実習で出会い、遺言書作成を依頼する老婦人。

  • ドニー・レイ・ブラック(ジョニー・ホイットワース)

    白血病を患った青年。母親のドットが、グレート・ベネフィットに保険料を払い続けていたにも関わらず、保険金の支払いを拒否されて、適切な治療を受けられずにいる。

  • ドット・ブラック(メアリー・ケイ・プレイス)

    ドニーの母親。ロースクールの実習で、ルーディに出会い、グレート・ベネフィットへの起訴手続きを依頼する。保険金の支払い拒否に加えて、グレート・ベネフィットからの暴言が書かれた手紙を受け取ったこともあり、グレート・ベネフィットに対して、強い憤りと不信感を感じている。

  • バディー・ブラック(レッド・ウェスト)

    ドニーの父親。精神疾患を患っているが、息子を思う気持ちは強い。

  • ウィルフレッド・キーリー(ロイ・シャイダー)

    グレート・ベネフィットのCEO。法廷では、「部下のやったことは知らない」といい、責任を逃れようとする。

  • ハーヴェイ・ヘイル(ディーン・ストックウェル)

    グレート・ベネフィットの裁判を担当することになった判事。面倒な裁判であると露骨に嫌がり、ドラモンドと裏で組んで、ルーディに起訴を取り下げることをすすめる。ヘビースモーカー。

  • タイロン・キプラー(ダニー・グローヴァー)

    前任者であるハーヴェイの急死により、グレート・ベネフィットの裁判を担当することになった、黒人判事。人権派で、公平な人物。

  • クリフ・ライカー(アンドリュー・シュー)

    ケリーの夫。結婚当初から、ケリーを虐待してきた。ケリーを金属バッドで殴るなどのひどい虐待を、日ごろからおこなっている。

  • ブルーザー・ストーン(ミッキー・ローク)

    ルーディとデックの事務所のボス。悪徳弁護士として有名。法律の裏をかく悪知恵が働き、ルーディとデックが絶体絶命のときにアドバイスを与える。今までの悪事がバレて、FBIに追われる身となる。

レインメーカーの見所ポイント

  • 1 『レインメーカー』は、マット・デイモンの良さがギュッと詰まった映画!

    マット・デイモンは今では、ハリウッドを代表する役者となりました。『レインメーカー』は、マット・デイモンが27歳のときに公開された作品です。

    正義感に燃え、実直ながら、不器用さも感じさせる主人公のルーディ役が、驚くほど若かりし日のマット・デイモンにハマっています。

    まさにマット・デイモンの持つ個性と役柄が、見事にマッチした作品といえます。真正面から正義に向き合っていく、マット・デイモン演じるルーディにご注目ください!

  • 2 『レインメーカー』の意味は「金の雨」!

    日本語で「レインメーカー」という言葉は、あまりなじみがありません。「雨が降るように大金を稼ぐ弁護士」の意味だと、劇中で語られています。

    ですが映画では、主人公の新人弁護士・ルーディが「レインメーカー」になるまでが描かれているわけではありません。むしろ、ルーディと対立するエリート弁護士・ドラモンドの方が、「レインメーカー」のように描かれています。

    映画の見せ場は、まさにこの「レインメーカー」であるドラモンド対新人弁護士・ルーディの争いです。また「レインメーカー」には、「雨を降らせ、実をもたらすもの」という意味もあります。ルーディが最終的に得た「実」にも注目です。

  • 3 『レインメーカー』はリアリティがあり、少しビターな結末を迎える!

    映画『レインメーカー』のラストは、いわゆる分かりやすいハッピーエンドではありません。少々、ビターな結末で物語は終わります。しかし勧善懲悪の物語ではないからこそ、よりリアリティを感じられます。

    また主人公・ルーディの将来も、すべてが上手くいくわけではないのです。しかしそのラストが、どこか地に足がついており、思わず納得してしまうような映画となっています。

    見た人によって異なる感想を抱くラストとなっており、ぜひ最後まで見逃さないでください!

レインメーカーの評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 5 (1件中)
  • 投稿者名:ヒカル
    評価: GOOD 投稿日:2019.10.01/16:03

    昔観て面白かったなぁと思い、最近また観直しましたが、やはり面白かったです。

レインメーカーと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

レインメーカーに関する記事一覧

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!