閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

ジェームズ・メイの日本探訪の動画を配信しているサービス

提供元:amazon
ジェームズ・メイの日本探訪

ジェームズ・メイの日本探訪を配信中の動画配信サービス一覧

定額見放題

定額見放題

レンタル

レンタル

現在、提供しているサービスがありません。

無料配信

無料配信

現在、提供しているサービスがありません。

配信中サービスの詳細はこちら

迷っているあなたへ!

おすすめの動画配信サービスはこちら

【ジェームズ・メイの日本探訪】は1社の動画配信サービスで配信中です。
定額見放題1社です。ここでは配信されているサービスの詳細を紹介します。

ジェームズ・メイの日本探訪の作品紹介

ジェームズ・メイの日本探訪のあらすじ

ジェームズ・メイは、ずっと日本というものに興味をそそられ引きつけられてきた。しかしこの国とその文化は、今もなお彼にとっては謎だらけのまま。そこで彼は、日本の途方もない神秘を解明すべく、単独で日本社会に飛び込み、様々な場所や人を訪ねてみることにした。 ジェームズは日本の真の姿に迫るべく、はるばる北から南まで日本を縦断。このユニークな国、その国民が今のようになったのはなぜなのか。日本の文化全般を構築する礎は何か。そして彼らの生き方は、我々に何を教えてくれるのか。 とは言え前途は多難だ。ジェームズは日本語を話せない上に、日本の礼儀作法も心得ていない。唯一知っているのは「バンザイ」と呼ばれる小さな木があるということだけ… 更に、日本はこの世で最も矛盾していて理解しづらい国の1つだ。古典芸術や俳句もあれば、ゴジラ、コスプレ、そして世にも奇妙なこだわりがある。息をのむほど美しい穏やかな桜吹雪の眺めと、ネオンライトやJ-POP、熱狂的な都会の生活が共存しているのだ。 初めて観光で訪れた数十年前には面食らったジェームズだが、いざ未知の世界に飛び込み、こうした矛盾も受け入れ、日本を突き動かすものは何なのか理解するべく冒険に乗り出す。

ジェームズ・メイの日本探訪のクレジット(監督・キャスト)

  • 監督
    :トム・ウィッター
  • 主演・出演
    :ジェームズ・メイ
  • エピソード数
    :全6話

ジェームズ・メイの日本探訪の評価・感想・レビュー

ジェームズ・メイの日本探訪のエピソード一覧 全6話

  • ジェームズ・メイの日本探訪 行け!

    行け!

    このエピソードには、一部 刺激的な映像が含まれております。予めご了承の上、ご視聴ください。 ジェームズは北海道の最北端にある宗谷岬から旅をスタート。この雪に覆われた広大な島は、国内でも人口密度が最も低い地域だ。まずジェームズは犬ぞりに挑戦し、一見従順そうな犬たちと共に絶景の中を走る。何度か転び、いくつかアザを作った後、驚くほど小さな料理店で日本語と折り紙の腕を磨くことに。そこは屋台という狭い小屋のような飲食店で、客同士が肩を寄せ合い1つの小さなテーブルを囲む。そして見ず知らずの人たちとヒザを突き合わせてビールを酌み交わすのだ。 地平線の向こうにはいろいろなウィンタースポーツがあるもので、数日後、ジェームズは雪合戦を体験。世界で唯一、正式なルールを定め審判も配置したチーム対抗の雪合戦だ(雪球にも規定のサイズがある)。だがジェームズの生まれ持った運動神経と、彼に失望したガイドの雅代が発する厳しい激励の言葉を持ってしても力及ばず。硬く冷たい雪球を使用し、ヘルメット必須の激戦で、ジェームズが活躍を見せることはなかった。極寒から逃れるため、ディレクターはジェームズを連れて金属加工の現場へ。ここならジェームズも熱中して盛り上がることができる。ジェームズは、日本に残る数少ない日本刀職人の渡辺惟平さんを訪ね、一日弟子入りさせてもらうことに(通常は一人前になるまで10年はかかる)。数時間かけて見事な職人技を学んだジェームズは、制作中の刀の試し斬りをさせてもらい、古代の工芸品が持つ恐ろしい威力を目の当たりにする。 食べ物や飲み物が欲しくなったジェームズは、ビール産業の中心地、札幌で増えつつある地ビールメーカーの1つを訪ね、自らビールを造ることに。その後、北海道の豊かで凍えるような海に漁に出てタコを捕り、近くの店で料理コンテスト気分で刺身や天ぷらの作り方を学ぶ。ジェームズの力作は、少なくともデザートのウニアイスクリームよりはおいしいはずだ

    • 再生時間
      :48分
  • ジェームズ・メイの日本探訪 ロールキャベツ

    ロールキャベツ

    このエピソードには東日本大震災時の地震・津波の映像が含まれます。ご視聴の際はご注意ください。 日本最大の島で、様々な環境が混在する本州。大半の観光客が訪れるのは東京や本州の南部だが、今回ジェームズが足を運んだのは、北部にある美しい東北地方だ。到着するや否や静寂の美を打ち破ったジェームズは新たなガイド、マキと巨大ロボットで決闘を行う。 初対面の女性と壮絶な撃ち合いをしたことを悔い改めるため、ジェームズはとても気さくな僧侶と共に神聖な雪山の中を歩き、悟りを開こうとする。 天然の温泉に裸で浸かることの素晴らしさを僧侶から教わった後、ジェームズの信仰心は精神的なものからより現代的なものへと変わる。音楽ファンが金切り声を上げる類いの信仰だ。仙台で人気急上昇中のJ-POPグループ、ぜんりょくボーイズのコンサートを見に行った彼は、世界的なファッションリーダーだと自負しているにもかかわらず、ぜんりょくボーイズのメンバーたちに全身をイメチェンされることに。流行のファッションや今風の髪形にも挑戦する。 次に訪れるのは日本の歴史的な三景の1つであり、松の木に覆われた島が点在する美しい湾、松島。その絶景に感動し、一句したためたジェームズは、自分の俳句を日本の伝統的な書道で紙に残すという勇敢な試みに挑戦する。一方、松島湾の美しさの裏には、2011年の巨大地震、津波そして原子力発電所のメルトダウン事故に耐えた事実があった。8年たった後も、福島県内には住民が避難したきり戻っていない地域がある。ジェームズは、ようやく避難指示を解除された浪江町に最初に戻ってきた人物に会いに行く。 次の目的地、東京に向かうため、ジェームズは世界一贅沢な列車、四季島に乗り込む。もちろん列車は定刻出発。何も問題など起こるはずはないと思いきや…。

    • 再生時間
      :46分
  • ジェームズ・メイの日本探訪 洗剤

    洗剤

    ※このエピソードには、一部 刺激的な映像が含まれております。予めご了承の上、ご視聴ください。 東京はまさに都会のジャングル。その全容を知るには空の上から確認するほかない。まずジェームズはヘリコプターに乗り、広大な街に立ち並ぶ高層ビルの上空へ。 地上に戻ると、東京をこよなく愛する新しいガイド、雄二朗と猫カフェで合流。面食らいつつ少しだけ休憩した後、ジェームズは雄二朗の友人たちと公園で桜の季節到来を祝う。日が暮れて東京が活気づいてくると、ジェームズはサラリーマンとお祭り騒ぎをしに出かける。同じ格好をした大勢のビジネスマンが、ストレスを解消するため街に繰り出しているのだ。サラリーマンはデスクではきちんとしているものの、夜になると思いきり羽を伸ばすということを、ジェームズは身をもって知ることに。そして翌朝、あまり知られていない二日酔いに効く方法として雄二朗が紹介したのは、子授け祈願の祭りで巨大な金属のペニスが載った神輿を担ぐことだった。 日本といえば鉄道ということで、ジェームズは2人の男性と会うことに。彼らはジェームズを上回るほどの鉄道好きだ。自らをオタク、あるいはマニアと呼ぶ彼らは、ジェームズを連れて渋谷駅へ。そこで特別な列車を見て、発車時に流れる駅独自のメロディーに合わせて踊った後、ジェームズは有名な発車メロディーの作曲家、向谷さんの元を訪れ、オリジナルの発車メロディーを作る手助けをしてもらう。 その経験に触発されたジェームズは、残された東京の滞在時間で別の芸術的欲求を満たすことに。まずは俳人としての能力を専門家に判定してもらう。代々木アニメーション学院では声優の技術を学び、日本人にとってアニメは単なる動画ではないことを知る。最後に訪れるのはチームラボボーダレス。世界初のデジタルアート・ミュージアムで、息をのむほど美しいデジタルの世界を体験する。

    • 再生時間
      :50分
  • ジェームズ・メイの日本探訪 ヘイ、ビム!

    ヘイ、ビム!

    今回、ジェームズは大都会・東京を後にして、古都・京都を目指す。その移動手段としてバイクほど適したものはないだろう。バイク産業は日本が現代世界に最も貢献した分野の1つだ。ジェームズは日本のバイカー集団に加わり、日本の象徴である富士山までのツーリングを楽しむ。 日本人にとって富士山の重要性はいくら強調しても足りないほどだ。しばしば「日本の心であり魂」と表現される富士山だが、なぜあの岩の塊がそれほど重要なのだろうか。ジェームズは富士山の真の意味を探るため、50年間毎日、熱心に富士山を描き続けている芸術家からその哲学と描き方を学ぶことに。しかし、彼の高く舞い上がった向上心はすぐに地に落ちてしまう。彼の後ろに写り込んだ観光バスをきっかけに、彼とスタッフは自分たちの作品について芸術論を戦わせる。 次の訪問地は浜松。ここには世界一大きなグランドピアノ工場がある。至高の職人技と最先端技術を兼ね備えたこの工場は、現代日本の製造業を象徴している。熱心なピアノ愛好家であり、素人技師であるジェームズは喜んで製造工程を手伝うが、彼の腕前は厳しい品質基準を満たすことができるのだろうか。ネタバレすると、それは無理だろう。 京都にたどり着いたジェームズは、より古風な体験をするために芸者に会いに行く。芸者とは数世紀続く職業であり、歴史あふれる京都の象徴的な存在の1つだ。ジェームズが会う芸者もその歴史を受け継いでいる。彼女は伝統的な茶会、踊り、そして亡きペットで作った楽器、三味線のレッスンでジェームズをもてなす。 この古い街の探索に現代的なひねりを加えるために、ジェームズはロボットのガイドに京都の有名な寺や神社を案内してもらおうとするが、技術トラブルが発生する。 日本の現代的な側面に迫るため、ジェームズはなじみの分野に戻り、鈴鹿の大きなF1サーキットで行われる小さな車のレースを見に行く。その後、日本の武術である合気道に挑戦すると、彼の体の半分ほどしかない小柄な女性に投げ飛ばされることに。

    • 再生時間
      :50分
  • ジェームズ・メイの日本探訪 桃太郎

    桃太郎

    ジェームズはスピードボートに乗って大阪に到着。事実上、日本第2の都市で、夜遊びとおいしい屋台料理が楽しめると評判だ。ジェームズはマンホール好きのガイド、はっちゃんと共に国民的な(かつ少しグレーな)娯楽、パチンコに挑戦。パチンコとはピンボールとスロットマシンを合わせたようなものだ。ギャンブルが違法なこの国で、裏技を使い賞金を手にしたジェームズだったが、大阪名物のタコ焼きや、高すぎると有名な神戸牛を食べてお金を使い果たしてしまう。 大阪は日本のお笑いの中心地でもある。しかしお笑いは翻訳すると面白さが失われてしまう。旅を始めて以来、現地の人たちを笑わせてきたジェームズは、頼もしい東京のガイド、雄二朗を呼んでお笑いの危険な実験をすることに。外国のジョークが通じるか試すため、笑いには厳しいと定評のある大阪の観客の前で、2人はイギリスのジョークを翻訳して披露する。 そこで痛い目に遭い、一息つきたいジェームズだったが、雄二朗に連れられ相撲の稽古場へ。その中で一番体格のいい力士と対戦した雄二朗は、自らの尊厳と下半身にダメージを受ける。 続いて瞑想を体験するため、日本でも有名な庭園である後楽園で、2人は仏教の先生から手ほどきを受ける。禅の概念は興味深いものの、ジェームズは悲惨な記憶を振り払おうと悪戦苦闘する。 おかげで熟考する気分が高まったジェームズは、広島の街を訪れる。活気にあふれ、すっかり現代的になった大都市は、初めて原子爆弾が投下された地として永久にその名をとどめることだろう。ジェームズは資料館を訪れる。 最後にジェームズは、オレンジ色(もしかしたら赤色)の鳥居があることで有名な厳島神社を訪れ、腹ぺこの鹿と会う。

    • 再生時間
      :49分
  • ジェームズ・メイの日本探訪 梅干し

    梅干し

    ジェームズの旅の最後の行程は四国からスタート。高所恐怖症と闘いながら、自転車でいくつものつり橋を渡る世界一長い70キロものサイクリングルートを走り抜く。 既に5話分の長さの旅を続けてきたにもかかわらず、日本旅館の部屋にある物を正しく説明できないジェームズだが、禅に通じる弓道に挑戦する。まるで弓を射ることはおまけかのように感じられるほど、その射法は複雑な一連の動作で構成されている。その後、おなかがすいたジェームズは、地元名物のうどん料理店を訪れる。奇妙なことに、前に彼が詠んだ俳句はここで起きることを予言していたことが分かる。 一転、旅は不気味な展開を迎える。ジェームズと雄二朗は、亡くなったり村を去ったりした元住民をモデルに作られたかかしが住む、ひとけのない集落を訪れる。ジェームズは自分がモデルのかかしに出会い、自分の魂はその地で永遠に生き続けることを知る。 本物のジェームズは村を後にして、怖がる雄二朗を連れて水上機から美しい島々を眺める。その後、日本南部の最大の温泉地、別府に到着した2人は、地獄の炎で食べ物を調理し、地熱で温められた砂で生き埋めになる。 九州で栄えているのは海辺だけではない。熊本にはホンダのバイク工場がある。風で体中のちりを吹き飛ばし、簡単に体操をした後、ジェームズはバイクの組み立てに挑戦するが、頭のネジ同様、うまく締められず即終了となる。 その後、ジェームズは神道の神々を訪ねて神秘的な峡谷を訪れるが、そこはボートで大混雑。陸地に戻った彼は、文楽の人形遣いになる。彼がたった15分で基礎を習い、即興劇を作ったことを知らない観客は熱心に見入っている。 7000キロの壮大な旅を終え、ジェームズは活火山の桜島がある日本の南端にたどり着いた。海を眺めながら、日本や日本人について学んだこと、そして旅を総括した一句を詠む瞬間がやってくる。

    • 再生時間
      :50分

ジェームズ・メイの日本探訪の動画が配信されているサービス

ジェームズ・メイの日本探訪が視聴できる1社の各サービス詳細です。
月額料金、無料期間、見放題本数の基本情報と各サービスのおすすめポイントが確認できます。

ジェームズ・メイの日本探訪の動画が配信されているサービス一覧

【PR】
配信状況 料金
定額見放題
30日間無料 500円/月
無料配信無料で配信中のサービス

現在配信のないサービス一覧

U-NEXT Hulu FODプレミアム Paravi ABEMA クランクイン!ビデオ dTV バンダイチャンネル music.jp TSUTAYA TV/DISCAS dアニメストア ゲオTV980 ビデオマーケット DMM見放題chライト テレビ東京ビジネスオンデマンド(BOD) スターチャンネル Netflix(ネットフリックス) DMM宅配レンタル

ジェームズ・メイの日本探訪の動画が配信されているサービス詳細

定額見放題

定額見放題

Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)の基本情報

Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)
月額料金
500円(税込)
無料期間
30日間無料
種類
定額見放題
同時再生可能
端末数
1
ダウンロード
見放題作品
2万2千

Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)の編集部的ポイント

5
コスパ
月額500円(税込)で約9,000本の作品が見放題。さらに配送特典や音楽聴き放題サービスも並行して受けられるコスパの良さが魅力です。
5
無料期間
30日間無料でAmazonプライムのサービスが受けられます。動画だけでなく配送特典付きなので、普段Amazonで買い物をする人は一石二鳥!
4
作品数
配信数約70,000本ともの凄いボリューム感。そのうち約9,000本の作品が見放題で楽しめます!
4
使いやすさ
マルチデバイスに対応しているため、スマホ、PCに加えて、TV、PlayStationなどのゲーム機でも楽しめます。また、レコメンド機能があなたに合った作品をおすすめしてくれます!
3
特典
Amazonプライム会員であれば配送特典や音楽サービスなど数多くのサービスを受けられます。

Amazonプライムビデオは1ヶ月無料!充実のラインナップを体感しよう!

ジェームズ・メイの日本探訪はAmazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)で視聴可能です!

Amazonプライムビデオでは、一般会員なら30日間、プライムStudent会員なら6か月間の無料期間が設けられており、月額500円(税込)で見放題作品多数!

洋画・邦画のほか婚活サバイバル番組「バチェラー・ジャパン」や、松本人志プレゼンツ「ドキュメンタル」など、オリジナル作品を視聴することができます。

動画配信がたっぷり楽しめるAmazonプライムビデオのほか、音楽配信サービスのAmazonミュージックやkindleでの雑誌・書籍読み放題など月額を補って余りあるサービスのAmazonプライム会員。

Amazonプライム会員の大きな強みとして動画配信だけでなく「お急ぎ便・日時指定無料」、「プライム会員限定クーポン」など多様なサービスを展開していることが挙げられます。またこれらのサービスを全て初回登録の30日間無料期間にも利用することができます。

無料期間中に解約を行えば料金が発生することもありませんので金銭面の心配をする必要もありません!

Amazonプライムビデオで視聴できる人気作品

\Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)を30日間無料で楽しむ!/

ちょっと待った!違法サイトは危険もある?

pandoraやdailymotion、アニチューブなどの違法動画サイトにある
動画の視聴ダウンロードはウィルス感染のリスクがある大変危険な行為です!


無料でみれるからと、違法サイトに手を出す前に、
安心安全で動画視聴できる動画配信サービスを検討してみてください!
無料期間のある動画配信サービスなら、無料で動画を視聴できますよ!

ジェームズ・メイの日本探訪と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

※配信されている作品は、サービス各社の状況によって配信スケジュールが変更される場合がございますので詳しくは、動画配信サービス各社のサイトにてご確認ください。

ページトップ