閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【甘いお酒でうがい】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

甘いお酒でうがい

甘いお酒でうがいを配信中の動画配信サービス一覧

甘いお酒でうがいの動画が配信されているサービス

甘いお酒でうがいの動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

甘いお酒でうがいの作品紹介

甘いお酒でうがいのあらすじ

お笑いコンビ・シソンヌじろうの、コントで演じ続けてきたキャラクター・川嶋佳子を主人公にした作品。原作は、川嶋佳子が日記を書いていたならばという発想のもとで書かれた、同名の小説である。

特に大きな出来事が起きるわけではなく、40代独身女性の普通の日常が描かれており、女性ならばどこかしら共感できる要素が詰まった作品だ。メガホンを取ったのは、不器用だけども憎めない女性を描くことに定評がある大九明子監督。

主人公の川嶋佳子を松雪泰子が演じ、その脇を黒木華と清水尋也がしっかりと固めている。また役名はないものの、古舘寛治や前野朋哉などそのほかのキャストたちにも注目だ。

40代の派遣OLの川嶋佳子(松雪泰子)は、日々の出来事や感じたことを日記に記している。ささやかな日常を誰に流されることなく、ふんわりと生きる佳子。

彼女はそんな日々の生活を、ときには哀愁を感じながらも大切にしていたのだが、ある日職場の後輩・若林ちゃん(黒木華)から、ふた回り年下の岡本くん(清水尋也)を紹介される。彼との出会いによって、佳子の日常が変わっていく。

甘いお酒でうがいのクレジット(監督・キャスト)

出演:
松雪泰子
黒木華
清水尋也
古舘寛治
前野朋哉
渡辺大知
RG(レイザーラモン) 
佐藤貢三
中原和宏
小磯勝弥
坂本慶介
鈴木もぐら(空気階段)

監督:大九明子
脚本:じろう(シソンヌ)
原作:川嶋佳子(シソンヌじろう)『甘いお酒でうがい』(KADOKAWA 刊)
音楽:髙野正樹
製作:藤原寛  エグゼクティブプロデューサー:坂本直彦  スーパーバイザー:黒井和男、古賀俊輔  企画:佐々木基
プロデューサー:高島里奈、大森氏勝、八尾香澄  共同プロデューサー:田中美幸  ライン・プロデューサー:本島章雄
撮影:中村夏葉  照明:渡辺大介  美術:秋元博  録音:小宮元  編集:米田博之  装飾:東克典、奈良崎雅則
衣裳:宮本茉莉  ヘアメイク:外丸愛  音響効果:渋谷圭介  助監督:成瀬朋一  制作担当:今井尚道
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント  制作:吉本興業、テレビ朝日
製作・配給:吉本興業
映倫区分:G

甘いお酒でうがいの登場人物・キャスト

  • 川嶋佳子(松雪泰子)

    40代の派遣OL。日々の出来事を日記に記している。独身で子どもはいない。古いマンションでひとり暮らしをしている。お酒が好きで、日本酒からワイン、カクテルまでジャンル問わず飲む。ひとりでバーに行くこともある。あまり人付き合いは得意な方ではないが、後輩の若林ちゃんとは公私ともに仲が良い。

  • 若林ちゃん(黒木華)

    佳子の職場の後輩。明るい言動で、佳子の心を癒す存在でもある。彼女自身も佳子を慕っており、年下ながらも公私ともに佳子のサポートをすることが多い。大学の後輩である岡本くんを、佳子に紹介する。行きつけの居酒屋の外国人店員に恋をしている。

  • 岡本くん(清水尋也)

    佳子と同じ会社に勤めている、20代の青年。若林ちゃんの後輩で、彼女から佳子を紹介される。3人で飲みに行ったことがきっかけとなり、佳子と連絡を取り合うようになる。年の割には味のある居酒屋や、外観は古いが中がキレイな建物を好む。少し頼りない性格。

甘いお酒でうがいの見所ポイント

  • 1 映画『甘いお酒でうがい』のエピソードは、本からのピックアップ!

    『甘いお酒でうがい』の佳子の日々のエピソードの数々は、原作者であり映画の脚本も担当している芸人のシソンヌじろうと大九明子監督がピックアップしたものです。

    映画は佳子演じる松雪泰子のナレーションが、中心となっています。淡々と語られるなかにも、ひねりの効いたツッコミや言葉のチョイスからは、「稀代のコント職人」と呼ばれるシソンヌじろうの実力が伺えます。

    なんてことない日常に、思わずクスリとさせられるシーンが盛りだくさんです。

  • 2 映画『甘いお酒でうがい』のあらすじは? 佳子の日々の出来事が描かれる!

    『甘いお酒でうがい』では、主人公・佳子の517日の日々が展開していきます。劇中では2020年の佳子の日常も描かれています。40代独身で派遣社員として働く佳子は、日々の出来事を日記に記していました。

    日記のなかで綴られるのは、撤去された自転車との再会を喜んだり、変化を求めていつもとは逆方向の電車に乗ったりといった、小さな幸せや日々のちょっとした出来事です。

    そんな佳子は、ふた回りほど年下の岡本くんと出会います。岡本くんとの出会いによって、佳子にどんな変化が訪れるのか必見です!

  • 3 『甘いお酒でうがい』は、女性の心を癒す塗り薬のような映画!

    『甘いお酒でうがい』は、特に30代以降の女性の心に響く作品となっています。佳子は独身の40代で、もちろん子どももいません。だからといって彼女からは、悲壮感は感じられません。

    おそらく佳子は結婚願望がなかったというわけでもなく、昔も今も変わらず、自分のペースで生きてきたなかで、たまたま結婚や子どもに縁がなかっただけなのでしょう。劇中では時折、「母親」というものへの憧れを見せたりもします。

    しかしそこに深い後悔をみせるわけでなく、すべてを受け入れて、今ある小さな幸せを堪能しているのです。その姿からはひとりでも幸せを感じて、涙することや恋することだってできるんだと、小さな勇気がもらえます。

甘いお酒でうがいの予告・動画

甘いお酒でうがいの評価・感想・レビュー

甘いお酒でうがいと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!