閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから】の無料動画を配信しているサービスはどこ?

画像はありません。

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれからを配信中の動画配信サービス一覧

定額見放題

定額見放題

レンタル

レンタル

現在、提供しているサービスがありません。

無料配信

無料配信

現在、提供しているサービスがありません。

【ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから】は1社の動画配信サービスで配信中です。
定額見放題1社です。ここでは配信されているサービスの詳細を紹介します。

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれからの動画が配信されているサービス

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれからが視聴できる1社の各サービス詳細です。
月額料金、無料期間、見放題本数の基本情報と各サービスのおすすめポイントが確認できます。

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれからの動画が配信されているサービス一覧

【PR】
配信状況 料金
定額見放題
無料期間なし 880円~/月
無料配信無料で配信中のサービス

現在配信のないサービス一覧

U-NEXT Hulu FODプレミアム Paravi ABEMA クランクイン!ビデオ dTV バンダイチャンネル music.jp TSUTAYA TV/DISCAS dアニメストア ゲオTV980 ビデオマーケット Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video) DMM見放題chライト テレビ東京ビジネスオンデマンド(BOD) スターチャンネル DMM宅配レンタル

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれからの動画が配信されているサービス詳細

定額見放題

定額見放題

Netflix(ネットフリックス)の基本情報

Netflix(ネットフリックス)
月額料金
880円(税込)〜
無料期間
無料期間なし
種類
定額見放題
同時再生可能
端末数
4
ダウンロード
見放題作品
-

Netflix(ネットフリックス)の編集部的ポイント

4
コスパ
Netflixはレンタルなしですべて見放題!最新作などは少ないですが、話題作や人気作品が視聴可能。画質やシェアする人数もプランで選べてお得◎
1
無料期間
Netflixは無料期間がありません。登録した月から月額料金がかかります。
4
作品数
海外ドラマやアニメなど人気作品を取り揃えています。マイナーな作品はあまりないですが、人気作品を見るならおすすめです!
5
使いやすさ
アプリもブラウザもどちらも使い勝手が良いです。OP・EDを飛ばしたり、途中から再生したりできる便利機能も沢山!
1
特典
なし

動画すべてが見放題!Netflixで好きな動画を楽しもう!

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれからはNetflix(ネットフリックス)で視聴可能です!

Netflixでは映画、ドラマ、アニメなど幅広いジャンルの動画が配信されていて、そのなかでもNetflix制作のオリジナル作品が豊富、ほかでは観ることができない話題作が多数あります!

これらの作品は定額で観れる動画だからクオリティが低いかというとそんなことはなく、有名俳優や監督が出演、演出を手掛けたもの、さらにはアカデミー賞を受賞するなど世界的に高い評価を受けたものまであります!

Netflixでは、契約期間中はこれらの配信されているすべての動画が見放題。さらに視聴途中での追加課金もありませんので、期間中であれば何度でも思う存分に楽しむことが可能です。
月額880円(税込)からサービスを利用できるので、毎月映画館で映画を観る人やDVDをレンタルしているという人にNetflixはおすすめです。

Netflix(ネットフリックス)で視聴できる人気作品

\Netflixを30日間無料で楽しむ!/

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれからの作品紹介

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれからのあらすじ

『素顔の私を見つめて…』で、鮮烈なデビューを飾ったアリス・ウー。彼女は中国系アメリカ人、同性愛者などマイノリティーの問題を映画に取り入れ、多大な評価を受けた監督だ。

しかし2020年まで実に16年もの期間、映画を作ることはなかった。そんな彼女が映画業界に戻ってきて、第2のデビュー作ともなる作品が『ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』である。

今作の主人公もアジア系であり、さまざまな愛の形をシナリオに取り入れている。感性豊かな若者たちが、悩み葛藤する姿を監督独自の視点で描いているのだ。恋心と理性との間で揺れ動く主人公を演じた、リーア・ルイスの演技にも注目したい。

アメリカの田舎町に住むエリー・チュー(リーア・ルイス)は、お金を受け取ってレポートの代筆をおこなっていた。ある日、同じ学校に通うポール(ダニエル・ディーマー)が、ラブレターの代筆を依頼してくる。エリーはレポート以上に重い依頼に最初は断るも、50ドルの報酬のために代筆をおこなうのだった。

ポールが想いを寄せているアスター(アレクシス・レミール)への手紙を書いていくうちに、エリーは知的なアスターに惹かれてしまう。しかしラブレターのおかげか、ポールとアスターの仲は急接近していく。

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれからのクレジット(監督・キャスト)

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれからの登場人物・キャスト

  • エリー・チュー(リーア・ルイス/田村睦心)

    頭はいいが、人と関わるのが苦手な女子学生。クラスメイトからは報酬をもらってレポートの代筆をおこなっている。アジア系であることをからかわれており、クラスにもなじめていない。ポールから相談を受け、アスターへのラブレターを書き始める。

  • ポール・マンスキー(ダニエル・ディーマー/新祐樹)

    アスターに恋をしている男子生徒。アスターの好みに合う話ができず、エリーにラブレターの代筆を依頼する。それからはエリーの頑張りで、アスターとの距離を縮めていく。毎週教会に通うほど熱心なクリスチャンである。

  • アスター・フローレス(アレクシス・レミール/近藤唯)

    ポールが恋する女子生徒。クラスでの人気も高く、いつも人に囲まれている。エリーが送ってくるラブレターを楽しみにしており、知的なやり取りに魅力を感じている。人気者ではあるが、中身は内面に不満を抱える普通の女子生徒だった。

  • エドウィン・チュー(コリン・チョウ/山岸治雄)

    エリーの父。英語力に乏しく、家ではいつもアメリカ映画を観ている。

  • トリッグ・カーソン(ウォルフガング・ノヴォグラッツ)

    学校で人気の高い男子生徒。フットボールチームに所属しており、アスターとは親密な関係にある。

  • ディーコン・フローレス(エンリケ・ムルシアーノ)

    アスターの父。町の教会で働いているため、アスターの教育にも力を入れている。

  • コリーン・マンスキー(キャサリン・カーティン)

    ポールの母。家族でホットドッグ屋を営んでおり、街でも評判が高い。

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれからの見所ポイント

  • 1 『ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』には、日本のヤクルトが登場する?

    今作の主人公は中国系アメリカ人です。そのためか、日本のヤクルトが劇中で登場し、重要な場面でも使われています。アメリカではヤクルトはアジア系と深い繋がりがあるのです。

    実は監督自身も台湾系アメリカ人で、その経験が主人公のキャラクターにも活かされています。アジア系に対する偏見が描かれており、マイノリティーの生活にも焦点が当てられました。

    「頭がよく、クラスで孤立していて、ヤクルトを飲んでいる」という小さな設定ひとつにも、意味を持った作品です。

  • 2 『ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』が、評価されている理由は?

    レポートの代筆を頼まれている主人公のエリーは、男の子からラブレターの代筆を頼まれます。ラブレターの相手は人気者のアスターですが、エリーはラブレターを通じてアスターと心を通わせていくのです。

    つまり、届かない恋をしているのはエリー自身であり、次第にラブレターにも熱が入っていきます。しかし、女性であるエリーが面と向かってアスターに話しかけることなどできません…。

    異性愛、同性愛とさまざまな愛の形がありますが、今作は「愛」という大きなテーマに正面から向き合った作品です。最後にエリーが下した決断、アスターとの関係など、心を打つシーンにあふれています。

  • 3 『ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』の、日本語吹き替え声優は?

    Netflixオリジナル映画ではありますが、今作は日本語吹き替えも収録されています。主人公のエリーを演じているのは、『映像研には手を出すな!』などで知られる田村睦心です。

    中性的なキャラクターとして描かれているエリーを、声を巧みに使い分けて演じています。また、エリーの友人であるポール役には、新祐樹が起用されています。

    そして物語のキーパーソンであるアスター役には、近藤唯がキャスティングされました。オリジナル版の雰囲気やキャラクターを壊すことなく、自然な演技を堪能することができます。

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれからの予告・動画

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれからの評価・感想・レビュー

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれからと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!