閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【ザ・スイッチ】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

ザ・スイッチ

ザ・スイッチを配信中の動画配信サービス一覧

ザ・スイッチの動画が配信されているサービス

ザ・スイッチの動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

ザ・スイッチの作品紹介

ザ・スイッチのあらすじ

今作は殺人鬼と女子高生が入れ替わってしまう、ホラーコメディだ。良作ホラー映画を連発している、「ブラムハウス・プロダクションズ」が制作しており、『ハッピー・デス・デイ』の流れをくむ作品となっている。

主演はさまざまなコメディ映画に出演している、ヴィンス・ヴォーン。女子高生と入れ替わる殺人鬼を演じており、ホラー映画ながらも、コミカルな演技を見せている。

そのほかにも『レディ・バード』に出演したキャスリン・ニュートンや、『フェリスはある朝突然に』で知られるアラン・ラックが出演した。

アメリカのある街で、高校生が殺害される事件が発生。犯人は住民たちから恐れられている、ザ・ブッチャー(ヴィンス・ヴォーン)であり、被害者たちの高校でもうわさが広がった。

事件が起きた次の日。高校に通うミリー(キャスリン・ニュートン)は、母の迎えを待っているときに、ザ・ブッチャーに襲われてしまう。

姉の助けにより左肩の傷だけで済んだものの、翌朝目が覚めると、自身がザ・ブッチャーと入れ替わっていることに気がつくのだった。

ザ・スイッチのクレジット(監督・キャスト)

監督:クリストファー・ランドン
製作:ジェイソン・ブラムほか
出演:ヴィンス・ヴォーン、キャスリン・ニュートン、アラン・ラックほか

ザ・スイッチの登場人物・キャスト

  • ザ・ブッチャー(ヴィンス・ヴォーン)

    街で伝説となっている殺人鬼。長らく活動していなかったが、遊んでいる高校生たちを殺害し、ふたたび街を恐怖に陥れた。古代のナイフでミリーを殺害しようとしたところ、不思議な力で魂が入れ替わってしまう。女子高生となってから、自分の立場をうまく使い、殺人を繰り返していた。

  • ミリー・ケスラー(キャスリン・ニュートン)

    冴えない女子高生。父を亡くしており、母は酒におぼれて過保護になっている。母の迎えを待っているときに、ブッチャーに襲われ、魂が入れ替わった。自分の肉体を取り戻すため、ナイラたちと協力し、ブッチャーを探していく。

  • ナイラ(セレステ・オコナー)

    ミリーの親友。いつも一緒に登校している。ブッチャーの姿で現れたミリーを警戒する。

  • ジョシュ(ミシャ・オシェロヴィッチ)

    ミリーの友達の少年。ゲイであり、相手を探している。ナイラとともに、ブッチャーと入れ替わったミリーに協力する。

  • シャーリー・ケスラー(ダナ・ドロリ)

    ミリーの姉。警察官をしており、夜遅くまで仕事をしている。ブッチャーに襲われていたミリーを助けた。

  • ポーラ・ケスラー(ケイティ・フィナーラン)

    ミリーの母。夫を亡くして以来、酒におぼれている。ワインを飲みすぎたため、ミリーを迎えに行けなかった。

  • ミスター・フレッチャー(アラン・ラック)

    高校で働く教師。ミリーを目の敵にしており、授業中に嫌がらせをおこなう。

ザ・スイッチの見所ポイント

  • 1 『ザ・スイッチ』は、女子高生と殺人鬼の入れ替わりを描いたホラー映画!

    男女が入れ替わるストーリーは、『君の名は。』を代表するように、さまざまな形で使われてきました。しかし、今作は映画史上もっとも「最悪な入れ替わり」といえます。

    今作で入れ替わるのは、心優しい女子高生と、殺人衝動を抑えられない殺人鬼です。殺人鬼は入れ替わった後も、主人公になりすまし、学校の生徒たちを殺めていきます。

    ゾッとするような入れ替わりストーリーですが、「女子高生の魂が乗り移った殺人鬼」という、コミカルなキャラクターを楽しむこともできます。

  • 2 『ザ・スイッチ』は、入れ替わったふたりのキャストの演技から目が離せない!

    女子高生のミリーを演じた、キャスリン・ニュートンは、ほとんどの場面で冷酷な殺人鬼を演じています。対する殺人鬼役のヴィンス・ヴォーンも、女子高生を演じる場面がほとんどです。

    この入れ替わりによって、少なからず笑いを生み出しており、通常のホラー映画とは異なる印象を与えてくれます。

    特にヴィンス・ヴォーンは、恐ろしさと面白さを使い分けた演技を披露しました。彼の演技により、今作の設定に説得力が生まれています。

  • 3 『ザ・スイッチ』は「怖い」ホラー映画なのか?

    今作はコメディが大部分を占めているため、一般的なホラー映画よりも、緊張感はありません。しかし、R指定がされているように、グロテスクなシーンが多く含まれます。

    ザ・ブッチャーが殺人を犯すシーンは、スプラッター映画に近く、殺し方も残酷です。また、B級映画を思わせるノリもあり、スプラッター好きにとっては、たまらない演出も用意されています。

    「怖さ」の部分では物足りないかもしれませんが、それ以上にホラー映画好きを喜ばせる要素が詰めこまれた作品といえます。

ザ・スイッチの予告・動画

ザ・スイッチの評価・感想・レビュー

ザ・スイッチと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
いけだ
いけだ

ドラマ鑑賞と読書が好きです。ドラマは国内のものをよく観ます。笑って観られるコメディが好きです。あとミステリー小説を読むのにもハマっています。