閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【ようこそ、わが家へ】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

提供元:FOD
ようこそ、わが家へ

ようこそ、わが家へを配信中の動画配信サービス一覧

ようこそ、わが家への動画が配信されているサービス

ようこそ、わが家への動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

ようこそ、わが家への作品紹介

ようこそ、わが家へのあらすじ

フジテレビ「月9」ドラマとして2015年に放送された作品。2011年、小説『下町ロケット』で直木賞を受賞した人気作家・池井戸潤の同名タイトルの小説を原作としている。

気弱な主人公を演じたのは、人気アイドルグループ・嵐のメンバーとしてバラエティ番組をはじめ、多くのジャンルで幅広く活躍している相葉雅紀である。主題歌には嵐のシングル曲「青空の下、キミのとなり」が起用され、注目を集めた。

脚本はドラマ『ストロベリーナイト』など、ヒットドラマを数多く手がけてきた脚本家・黒岩勉が担当しており、毎回スリリングな展開に惹きこまれる。

デザイナーとして働く倉田健太(相葉雅紀)は、自分のデザイン画を出版社に提出するが、今回も担当者にダメ出しされ、新人デザイナーに仕事を奪われてしまった。

独創性が感じられないといわれ、健太は気弱に生きてきた自分を見透かされたような気分になる。その帰り道、ぼんやりと駅のホームに並んでいた健太は突然、すごい勢いで割り込み乗車をしようとしたニット帽の男に突き飛ばされてしまう。

いつもなら見て見ぬふりをするところだが、その日の健太は珍しくその男を注意した。多くの乗客が見つめる中、男は一目散に逃げ出し、健太は少しだけ達成感を得るのだった。

しかし電車を降りてバスに乗った健太は、あのニット帽の男が、自分の後を追って同じバスに乗り込んでくる姿を見つけてしまう…。

ようこそ、わが家へのクレジット(監督・キャスト)

ようこそ、わが家への登場人物・キャスト

  • 倉田健太(相葉雅紀)

    デザイナーとしてきちんと働きたいのだが、なかなかいい仕事を見つけられないでいる。争いごとを避け、自分の意見を主張せず、相手に合わせてしまうところが、父・太一にそっくりだと自負している。人あたりがよく、思いやりがある青年だとほめられることもあるが、そのせいで損をすることも多いと嘆いている。

  • 神取明日香(沢尻エリカ)

    割り込み乗車をしようとしたニット帽の男に、健太が注意した現場に偶然居合わせた女性。気が強く、思ったことをはっきりと話す。タウン誌の記者として働いている。

  • 倉田太一(寺尾聰)

    健太の父親で、大手都市銀行で働いていた。争いごとを好まず、余計なことに首を突っ込まないように生きてきたため、出世コースから外れ、通勤時間の長い職場へ出向させられている。穏やかな性格で、家族のことをとても大切にしている。

  • 倉田珪子(南果歩)

    健太の母親で専業主婦。子どもたちが成長し、自分の時間を持てるようになったので、陶芸教室に通いはじめる。気弱な夫や、仕事がなかなかうまくいかない健太のことを心配し、元気づけている。

  • 倉田七菜(有村架純)

    健太の妹で、就職活動をしている。強気な性格で、おしゃべり。健太とは小さなことでいい合いをしつつも、仲は悪くない。別れた元カレから追い回されていることが悩み。

  • 辻本正輝(藤井流星)

    七菜の元恋人であり、同じ大学に通っている。別れた後も、なぜか七菜の周辺をうろついていることが多く、七菜を悩ませている。

  • 波戸清治(眞島秀和)

    珪子が通っている陶芸教室で講師を務めている。珪子のことが好きで、何かと珪子に近づこうとする。

  • 西沢摂子(山口紗弥加)

    太一が総務部長を務めている出向先「ナカノ電子部品」で、総務部契約社員として働いている。母の医療費を稼ぐために夜のバイトもしている。

  • 真瀬博樹(竹中直人)

    「ナカノ電子部品」で営業部長をしている。太一に不正を指摘されたが、反論した。

  • 下村民子(堀内敬子)

    裕福な生活を送っているセレブ主婦。珪子と同じ陶芸教室に通っており、何かと珪子のことを意識している。

ようこそ、わが家への見所ポイント

  • 1 ドラマ『ようこそ、わが家へ』の原作は、池井戸潤の小説!

    このドラマの原作者は、『半沢直樹』シリーズとして知られる小説『オレたちバブル入行組』や、企業の裏側を描いた『空飛ぶタイヤ』などを執筆してきた人気作家・池井戸潤です。

    元銀行員という経歴を活かした作品の数々や、直木賞を受賞した小説『下町ロケット』など、池井戸潤の作品は読み応えのある企業小説が目立ちます。しかしこのドラマの原作『ようこそ、わが家へ』は、ひと味違う視点から描かれているのです。

    平凡に生活していたはずの家族が、ほんのささいなきっかけで、思いもよらない恐怖の闇に落とされていきます。ひょっとしたら自分の身にも起こることかもしれない恐れを感じつつ、惹きこまれずにはいられません。

  • 2 『ようこそ、わが家へ』の犯人はいったい誰? キャスト名は最終回までわからない?

    このドラマは、気弱な性格の主人公・倉田健太が勇気を振りしぼり、駅の構内で迷惑行為をした男を注意するという出来事からはじまります。

    よかれと思って振りしぼった勇気が、とんでもない形で返ってくるという皮肉な設定に、複雑な思いを抱かずにはいられません。

    そして、主人公やその家族を苦しめる犯人への興味が回を追うごとに増していき、犯人の手がかりを少しでも知りたくなります。エンディングのキャスト名にもこだわりの演出がほどこされており、最終回まで目が離せません!

  • 3 『ようこそ、わが家へ』で主人公を好演したのは、嵐・相葉雅紀! 主題歌も要チェック!

    池井戸潤の小説を原作としたドラマは『半沢直樹』シリーズをはじめ、数多くありますが、このドラマはそれらの中でもちょっと異なる雰囲気を持っています。

    このドラマの主人公・倉田健太は、人ともめることを避け、自己主張をあまりせずに生きてきた青年です。父親譲りのその性格で損をすることも多く、そんな自分を嘆きつつ、なかなか変わることができないという気弱な健太の心情を、相葉雅紀が演じています。

    穏やかなイメージを持つ相葉雅紀の姿と、健太の姿がピッタリと重なり、演技であることを忘れてしまいそうになるほどです。嵐が歌う主題歌「青空の下、キミのとなり」もこのドラマの雰囲気に合っていて、楽しめます。

ようこそ、わが家への評価・感想・レビュー

ようこそ、わが家へと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

ようこそ、わが家へに関する記事一覧

この記事の執筆者
いけだ
いけだ

ドラマ鑑賞と読書が好きです。ドラマは国内のものをよく観ます。笑って観られるコメディが好きです。あとミステリー小説を読むのにもハマっています。