閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【イチケイのカラス】のドラマ無料動画を最新話見逃し配信しているサービスはここ!

提供元:FOD
イチケイのカラス

イチケイのカラスを配信中の動画配信サービス一覧

定額見放題

定額見放題

レンタル

レンタル

現在、提供しているサービスがありません。

無料配信

無料配信

現在、提供しているサービスがありません。

配信中サービスの詳細はこちら

迷っているあなたへ!

おすすめの動画配信サービスはこちら

【イチケイのカラス】は1社の動画配信サービスで配信中です。
定額見放題1社です。ここでは配信されているサービスの詳細を紹介します。

イチケイのカラスの動画が配信されているサービス

イチケイのカラスが視聴できる1社の各サービス詳細です。
月額料金、無料期間、見放題本数の基本情報と各サービスのおすすめポイントが確認できます。

イチケイのカラスの動画が配信されているサービス一覧

【PR】
配信状況 料金(税込)
定額見放題
2週間無料 976円/月
無料配信無料で配信中のサービス

現在配信のないサービス一覧

dTV U-NEXT Hulu Paravi ABEMA バンダイチャンネル ビデオマーケット TSUTAYA TV/DISCAS WATCHA(ウォッチャ) DMM見放題chライト クランクイン!ビデオ dアニメストア music.jp DMM宅配レンタル Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video) GYAO!ストア Netflix(ネットフリックス)

イチケイのカラスの動画が配信されているサービス詳細

定額見放題

定額見放題

FODプレミアムの基本情報

FODプレミアム
月額料金
976円(税込)
無料期間
2週間無料
種類
定額見放題
同時再生可能
端末数
1
ダウンロード
×
見放題作品
5万本以上

FODプレミアムの編集部的ポイント

4
コスパ
月額料金だけでフジテレビ番組が見放題。月額料金以上のポイントがもらえるので、レンタル作品やコミックも楽しむならお得◎
3
無料期間
無料期間は2週間です。昔懐かしい連ドラや名作月9ドラマ、最新ドラマ等ある程度は確認することが出来る期間です。
4
作品数
オリジナルドラマや名作ドラマ、映画にアニメ、バラエティなどさまざまなジャンルの作品が全部で40000作品!そのうち30000作品は月額だけで見放題です。
2
使いやすさ
TV接続可能ですが、ダウンロードや同時視聴がができないので、使いやすさとしては2点です…
5
特典
月額料金を上回る1,300円分のポイントが毎月もらえる! 最新映画も毎月約2本が追加料金なしで観れます。

フジテレビはじめ、最新ドラマの見逃し配信ならFOD!

イチケイのカラスはFODプレミアムで視聴可能です!

フジテレビドラマはもちろん、放送中のさまざまなドラマをFODプレミアムで見逃し配信しています。

評判を聞いてクールの途中から見たくなった!というときも見逃し配信が充実しているFODプレミアムに入っていれば安心。また、テレビの録画残量が急に足りなくなったときや、録画予約が重なってしまったときにも便利です。

シリーズものの見逃し配信を楽しみながら前作も見る、なんてことも可能です!「過去に見逃してしまったエピソードがある」「作品の復習がしたい」「最新話を観てみたら面白かったので作品を一から視聴したい」という人にはおすすめです!

フジテレビ系列では数々の人気ドラマを放送しているので、「国内ドラマは普段観ないけど流行りのドラマぐらいは知っておきたい」「人気ドラマの話題についていきたいけど、今から観ても話がわからないのでは」と思っている人はFODプレミアムを利用してみてはいかかでしょうか!

FODプレミアムで視聴できる人気作品

\FODプレミアムを2週間無料で楽しむ!/

イチケイのカラスの作品紹介

イチケイのカラスのあらすじ

2021年4月から放送の、フジテレビ系列の“月9”ドラマ。弁護士や検察官が主人公となるリーガルドラマが多いなか、刑事裁判官が主人公となる作品は、民放連続ドラマでは初めての試みである。

原作は、浅見理都の漫画『イチケイのカラス』であり、実社会で活躍する法律家たちの意見を取り入れて描かれた人気作品である。脚本を担当するのは『絶対零度』シリーズ、『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』などの脚本を手がけてきた浜田秀哉。

主人公であり、型破りな刑事裁判官を演じるのは、11年ぶりの“月9”ドラマ出演となる竹野内豊。彼が初めて挑戦する裁判官の姿にも注目が集まる。

東京地方裁判所第3支部にある第1刑事部、通称「イチケイ」に所属する裁判官・入間みちお(竹野内豊)。ラフな容姿、とぼけた印象のみちおだが、先入観にとらわれない観察眼と、とことん調べつくす探究心を持った彼は、周囲から一目おかれる存在だ。

しかしそのせいか、事件の処理件数が驚くほど少ないイチケイ…。そんなイチケイを立て直すべく、東大法学部出身の超エリート・坂間千鶴(黒木華)が新たに赴任してきた。

堅物で、的確かつスピーディな仕事を心がける千鶴は、みちおとは正反対のタイプ。そんな千鶴とみちおが、新たな起訴案件を担当することになるのだが…。

イチケイのカラスのクレジット(監督・キャスト)

イチケイのカラスの登場人物・キャスト

  • 入間みちお(竹野内豊)

    イチケイと呼ばれる東京地方裁判所第3支部第1刑事部の、刑事裁判官。元弁護士という異色の経歴を持っており、ヒゲを生やし、常にカジュアルな服装で、風変わりな人物。先入観にとらわれない観察眼を持っており、担当案件の現場まで自ら足を運び、細部までしっかり丁寧に調べ上げないと気がすまない。

  • 坂間千鶴(黒木華)

    若くして特例判事補になった東大法学部卒のエリートで、仕事をスマートかつスピーディにこなす。ひとつひとつの案件の処理スピードが極端に遅いイチケイを立て直すため、新たにイチケイに赴任することになった。みちおの態度が気に入らず、改善してほしいと思っている。

  • 駒沢義男(小日向文世)

    イチケイの部長裁判官を務める。12年前にみちおをイチケイにスカウトした。みちおが師と仰ぎ、大きな信頼を寄せている。

  • 石倉文太(新田真剣佑)

    イチケイのメンバーであり、みちおたち裁判官をサポートする書記官。人懐っこい性格。元傍聴マニア。

  • 川添博司(中村梅雀)

    イチケイの主任書記官で、若手書記官たちの世話役をしている。自由奔放なみちおに翻弄されることも多い。

  • 浜谷澪(桜井ユキ)

    イチケイの書記官であり、若手書記官たちの姉御的存在。三つ子を育てるパワフルなママでもある。

  • 日高亜紀(草刈民代)

    最高裁判所事務総局に所属する、超エリート判事。みちおとは過去に因縁がある。千鶴と同郷で、長崎県出身。

  • 井出伊織(山崎育三郎)

    東京地検第3支部に所属する検事。イチケイが担当する公判の検察官。クールな性格で、正義感がとても強い。

  • 城島怜治(升毅)

    東京地検第3支部の主任検事を務めている。部下である井出とはとても息の合ったかけ合いをみせる。

イチケイのカラスの見所ポイント

  • 1 『イチケイのカラス』は、人気の原作漫画を大胆にアレンジ! イチケイの意味とは?

    今作の原作となっているのは漫画雑誌「モーニング」に連載された、浅見理都の人気漫画『イチケイのカラス』です。原作漫画では、地方裁判所第1刑事部に新たに配属された特例判事補・坂間真平が主人公であり、小太りで風変わりな中年の先輩判事・入間みちおと出会うところから始まります。

    ドラマでは、この入間みちおを主人公に据え、堅物エリートの坂間を女性の設定に変えるという、大胆なアレンジを加えています。

    イチケイとは入間たちが所属する、第1刑事部の略称を意味しています。このイチケイを舞台に繰り広げられる入間と坂間のやりとりを、原作漫画と比べていくのも楽しみのひとつになりそうですね。

  • 2 『イチケイのカラス』で主演・竹野内豊が演じる、風変わりなキャラクターに注目!

    原作漫画『イチケイのカラス』で入間みちおは、お菓子が大好きで小太りな中年男性です。ドラマ版では、その風変わりでラフな雰囲気をそのままに、主人公として新たに描き出された入間みちおを、実力派俳優・竹野内豊が演じます。

    お堅いイメージの職場でもラフな服装を貫き、ヒゲを生やした、竹野内豊の新たな魅力に出会うことができます。

    2010年に放送されたラブストーリー『流れ星』以来、11年ぶりの月9ドラマ主演となった竹野内豊の姿を、多くのファンが心待ちにしていました。入間みちおの独特なキャラクターを実写版でどう作り上げていくのか、大きな注目ポイントです。

  • 3 『イチケイのカラス』では黒木華や小日向文世が演じる、個性あふれるメンバーにも注目!

    原作と同じく、坂間はイチケイに新たに赴任してくる東大法学部卒のエリートです。若くして特例判事補という重役につき、仕事をスマートにこなす坂間を女性キャラクターに作りかえ、黒木華が演じます。

    着任早々、風変わりな入間みちおと組まなければならない坂間千鶴の心情を、黒木華がとてもリアルに表現しています。そんな2人を見守り、入間が師と仰ぐイチケイの部長・駒沢義男を演じるのは、小日向文世です。

    周囲を和ませる独特の笑顔に癒され、専門用語が多くて堅くなりがちなリーガルドラマにやんわりとした空気を吹き込んでいます。

イチケイのカラスの評価・感想・レビュー

イチケイのカラスと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
いけだ
いけだ

ドラマ鑑賞と読書が好きです。ドラマは国内のものをよく観ます。笑って観られるコメディが好きです。あとミステリー小説を読むのにもハマっています。