閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝

映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝を配信中の動画配信サービス一覧

映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝の動画が配信されているサービス

映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝の作品紹介

映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝のあらすじ

『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』は、2022年4月に公開されたアニメ映画。大人気テレビアニメ『クレヨンしんちゃん』の映画化作品で、今作が劇場版30作目の記念作品となる。

作品名にあるとおり「忍者」がテーマとなっており、しんのすけの出生についてのエピソードも盛り込まれている。

小林由美子、ならはしみき、森川智之、こおろぎさとみといったレギュラー声優陣に加え、川栄李奈、ハライチ、山田孝之が特別出演する。主題歌は緑黄色社会の「陽はまた昇るから」が起用された。

5年前の雨の降る日、野原ひろし(森川智之)とみさえ(ならはしみき)の間に、元気な男の子の赤ちゃんが生まれた。その男の子の名前は野原しんのすけ(小林由美子)。すくすくと元気に育ち、ひろし、みさえ、妹のひまわり(こおろぎさとみ)、犬のシロ(真柴摩利)と幸せに暮らしていた。

しんのすけの出生から5年後となったとある日のこと。そんな幸せな野原家に訪れたのは妊婦の女性・屁祖隠ちよめ(川栄李奈)と5歳の少年・珍蔵(高垣彩陽)。

同行してきた産院の医院長から明かされたのは、5年前の同じ日に生まれたしんのすけと珍蔵が、実は取り違えていたという衝撃の事実で…!?

しんのすけがひろしとみさえの子ではなかった!? 屁祖隠家が暮らす忍者の里と、そこの里で守る「地球のへそ」の秘密とは!?

映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝のクレジット(監督・キャスト)

【キャスト・スタッフ】
声の出演
しんのすけ:小林由美子
みさえ:ならはしみき
ひろし:森川智之
ひまわり:こおろぎさとみ

声の特別出演:
川栄李奈 ハライチ(岩井勇気・澤部 佑)


原作:臼井儀人(らくだ社)/「月刊まんがタウン」(双葉社)連載中/テレビ朝日系列で放送中
監督:橋本昌和
脚本:うえのきみこ 橋本昌和

映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝の登場人物・キャスト

  • 野原しんのすけ(小林由美子)

    今作の主人公。5歳児。野原家の長男。一人称は「オラ」。明るくお調子者。チョコビ、アクション仮面、きれいなお姉さんが大好き。風間くん、ネネちゃん、マサオくん、ボーちゃんとともに「かすかべ防衛隊」を結成している。今作では、出生の際に取り違えがあったと明かされ、ちよめとともに忍者の里にいくことになる。

  • 野原みさえ(ならはしみき)

    しんのすけとひまわりの母親。スーパー「サトーココノカドー」のポイントを貯めることとタイムセールに目がない専業主婦。怒りっぽいところもあるが愛情深く、正義感も強い。

  • 野原ひろし(森川智之)

    しんのすけとひまわりの父親。双葉商事で働くサラリーマン。役職は係長。足が臭く、しんのすけにたびたびネタにされる。家族想いでお人好しな性格。

  • 野原ひまわり(こおろぎさとみ)

    しんのすけの妹。イケメンとキラキラしたものが大好きな0歳児。たまに赤ちゃんとは思えない行動力を見せる。

  • シロ(真柴摩利)

    野原家で飼っている犬。白くてモフモフな毛が特徴。高い知能と身体能力の持ち主。

  • 屁祖隠ちよめ(川栄李奈)

    忍者の里で暮らすくノ一。任務で里の外に出ているときに産気づき、そのまましんのすけが生まれた日に同じ病院で子どもを産んだ。「子どもの取り違えがあった」と、しんのすけの本当の母親として野原家を訪れる。2人目の子どもを妊娠中だが、妊婦とは思えない身のこなしをみせる。

  • 屁祖隠珍蔵(高垣彩陽)

    ちよめが野原家に連れてきた5歳の少年。ひろしとみさえの本当の子どもと告げられる。屁祖隠家に代々伝わるもののけの術を使おうと特訓をするが、なぜか使うことができない。

  • 屁祖隠胡麻衛門(花江夏樹)

    もののけの術を使いすぎた代償で見た目はゴリラの風貌をしており、言葉もほとんどしゃべれなくなっている。地球のへその栓を守っている。

  • 屁祖隠ナマケモノ(宮澤正)

    胡麻衛門の父親。かつてはもののけの術を使い、地球のへその栓を守っていた。今はその役目を胡麻衛門に引き継ぎ、ナマケモノの姿で隠居している。

  • 風間トオル(真柴摩利)

    しんのすけの友達で、かすかべ防衛隊のメンバー。たくさん習いごとをしており、幼稚園児とは思えない知能をもっている。プライドが高く、本当はアクション仮面が大好きなのに、しんのすけたちには「見ていない」と嘘をついている。

  • 桜田ネネ(林玉緒)

    しんのすけの友達で、かすかべ防衛隊唯一の女の子メンバー。「リアルおままごと」とうさぎが大好き。気が強い女王様タイプの性格で、特にマサオくんへのあたりは強い。

  • 佐藤マサオ(一龍斎貞友)

    しんのすけの友達でかすかべ防衛隊のメンバー。気弱で泣き虫な性格。カスカベ花火大会のイベントのために「アクション仮面スーツ夏用ドライメッシュ仕立て」を着用し気合が入っている。

  • ボーちゃん(佐藤智恵)

    しんのすけの友達でかすかべ防衛隊のメンバー。いつも鼻水をたらしており、あだ名のとおりボーっとしていることが多い。いざというときには頼りになる一面も持ち合わせている。

  • 風子(雨宮天)

    忍者の里で暮らす子ども。忍者幼稚園に通っており、しんのすけの世話役として幼稚園に連れていく。忍者幼稚園の中でもエースと呼ばれており、いろいろな忍術を使うことができる。

  • 長老(浦山迅)

    忍者の里をおさめる長老。住人たちを厳しい掟で縛りつけており、忍者の里や地球のへそのことも里の外の者に知られないように隠していた。地球のへその栓からとれる超黄金を削り、それで贅沢ざんまいをしている。

  • イケメン(山田孝之)

    みさえ、ひろし、ひまわり、珍蔵がピンチになったときに、急に現れたイケメン。

  • 岩井勇気(岩井勇気)

    お笑いコンビ・ハライチのボケ担当。カスカベ花火大会でアクション仮面の前説として漫才を披露した。多様なボケを延々と繰り出し、アクション仮面の出番がなかなか回ってこない状況に。

  • 澤部佑(澤部佑)

    お笑いコンビ・ハライチのツッコミ担当。カスカベ花火大会でアクション仮面の前説として漫才を披露した。岩井のボケを瞬時に拾い、それを面白くつっこむことでイベント会場を沸かせた。

映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝の見所ポイント

  • 1 『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』は、忍者がテーマでしんのすけの出生の秘密も明かされる!

    『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』は大人気アニメ『クレヨンしんちゃん』の映画化作品です。1993年に『映画クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王』ではじめての映画化がされ、今作で映画化30作目を迎えました。

    そんな映画化30作目の節目となる今作のテーマは「忍者」です。代々もののけの術を使う忍びの一族・屁祖隠家と、野原家の子どもが取り違えられていたという衝撃の事実からスタートする今作では、しんのすけの知られざる出生の秘密が明かされます。

    しんのすけの活躍はもちろんのこと、野原家の団結、かすかべ防衛隊のチームプレイと、記念作品にふさわしい内容になっています。

  • 2 『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』は川栄李奈、ハライチ、山田孝之など、豪華キャストに注目!

    『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』では、おなじみのレギュラー声優陣はもちろんのこと、特別出演の声優キャストにも注目していただきたいです。

    近年の『クレヨンしんちゃん』の映画作品では、登場するキャラクターの声優に俳優など豪華なゲストを迎えています。今作では、女優の川栄李奈、お笑いコンビのハライチ、俳優の山田孝之が登場します。

    屁祖隠ちよめ役の川栄李奈、本人役のハライチはもちろんなのですが、特に注目していただきたいのは山田孝之の役どころです。いわれないと気づかないほど、ちょっとした役に山田孝之を起用するという贅沢なキャスティングをしています。ぜひ作中でご確認ください!

  • 3 『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』の主題歌は人気バンド・緑黄色社会が担当!

    『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』の主題歌は人気バンド・緑黄色社会が担当しています。

    緑黄色社会は2018年にミニ・アルバム「溢れた水の行方」でメジャーデビューを果たすと、そのキャッチーなメロディーとボーカル長屋の類まれなる歌唱力で瞬く間に人気を博し、いまでは老若男女を問わず愛されるバンドとして知名度をあげています。

    今作の主題歌である「陽はまた昇るから」も明るくポップな曲調で、『クレヨンしんちゃん』の世界観にもマッチし、映画の主題歌としてふさわしい楽曲です。ぜひエンドロールで流れる主題歌にも耳を傾けてみてください!

映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝の予告・動画

映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝の評価・感想・レビュー

映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
いけだ
いけだ

ドラマ鑑賞と読書が好きです。ドラマは国内のものをよく観ます。笑って観られるコメディが好きです。あとミステリー小説を読むのにもハマっています。