閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【犬王】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

犬王

犬王を配信中の動画配信サービス一覧

犬王の動画が配信されているサービス

犬王の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

犬王の作品紹介

犬王のあらすじ

『四畳半神話大系』などで知られる、湯浅政明監督が手掛けたミュージカルアニメ。室町時代に活躍した能楽師・犬王をミュージシャンとして描き、当時の熱気を再現した、画期的なアニメ映画である。

壇ノ浦に沈んだ「三種の神器」の力により、盲目になってしまった琵琶法師の友魚(森山未來)は、京の町を訪れる。たしかな琵琶の腕を持ち、京の人々に平家の物語を聞かせていた友魚は、異形の存在である犬王(アヴちゃん)と出会う。

犬王は生まれつき手が長く、恐ろしい顔を持っており、京の人々から恐れられていた。しかし友魚は目が見えないため、犬王の姿を見ても驚かず、ふたりは音楽をとおして意気投合。犬王は友魚とともに、誰も観たことのない舞を披露し、京で人気を博していく。

一方、伝統的な猿楽を極めつつあった犬王の父(津田健次郎)は、大人気の犬王に嫉妬しはじめる。犬王はついに将軍・義満(柄本佑)にも指名されるようになり、貴族たちの前で踊ることになるのだが…。

犬王のクレジット(監督・キャスト)

【スタッフ・キャスト】
声の出演:アヴちゃん(女王蜂) 森山未來 柄本佑 津田健次郎 松重豊

原作:『平家物語 犬王の巻』古川日出男著/河出文庫刊
監督:湯浅政明
脚本:野木亜紀子 キャラクター原案:松本大洋 音楽:大友良英
総作画監督:亀田祥倫 中野悟史  キャラクター設計:伊東伸高   演出:山代風我
作画監督:榎本柊斗 前場健次 松竹徳幸 向田 隆 福島敦子 名倉靖博 針金屋英郎 増田敏彦 伊東伸高
美術監督:中村豪希  色彩設計:小針裕子  撮影監督:関谷能弘  編集:廣瀬清志
音響監督:木村絵理子  音響効果:中野勝博  録音:今泉 武  音響制作:東北新社
歴史監修:佐多芳彦  能楽監修:宮本圭造  琵琶監修:後藤幸浩
アニメーション制作:サイエンスSARU
配給:アニプレックス、アスミック・エース

犬王の登場人物・キャスト

  • 犬王(アヴちゃん)

    仮面をつけている異形の存在。能楽師の息子として生まれたが、醜い姿をしていたため、まともに育てられなかった。みずからを犬王と名乗り、友魚とともに人気を博していく。物語を伝えるごとに、醜い部分が元の身体に戻りはじめる。

  • 友魚(森山未來)

    壇ノ浦出身の琵琶法師。父と平家の宝を探していたが、三種の神器の力で失明してしまう。父を失って以降は、琵琶法師となり、日本各地を旅していた。京にて嫌われ者の犬王と出会い、型破りな音楽で京の人々の心をつかむ。

  • 犬王の父(津田健次郎)

    一流の能楽師。美しさを求めるあまり、異形の力に頼ってしまう。息子たちに厳しく接しており、家族にも美しさを強要している。醜い犬王を嫌い、暴力をふるっていた。自分以上の美しさで、大衆の心をつかんだ犬王を恨むようになる。

  • 足利義満(柄本佑)

    絶対的な権力を持つ将軍。さまざまな文化に精通しており、犬王の存在も知っていた。犬王に舞を披露させるが、平家の物語を広められることに対し、嫌悪感をしめす。犬王の素顔に関する噂を聞き、「醜ければ首をはねる」と忠告した。

  • 友魚の父(松重豊)

    神器により、海で死亡した男。死後は幽霊になり、友魚に助言をする。

犬王の見所ポイント

  • 1 『犬王』は実在した異形の大スターを描くミュージカルアニメ映画!

    主人公の犬王は、実在した能楽師です。しかし、記録がほとんど残っておらず、謎に包まれた存在として知られています。

    そんな犬王を今作では独自解釈で描いており、現代風のロックスターとして描写されました。当時はロックやポップなどの音楽はありませんが、犬王の革新性を現代音楽で表現しているのです。

    犬王の舞や、舞台上の演出も現代のミュージカルを踏襲しており、普段時代劇を観ない人でも楽しめる内容になっています。

  • 2 『犬王』で主人公の犬王が顔を隠している理由は?

    犬王はいつも素顔を隠しているキャラクターです。さまざまな仮面を使い分けており、舞台の上のみならず、将軍の前でも仮面を外すことはありません。

    犬王は異形の存在として、この世に生を受けました。そのため四肢に特徴があるだけでなく、顔がゆがんでしまっており、人前にさらすことができません。

    しかし、犬王は人前で舞うごとに、元の肉体を取り戻していきます。すべての呪いが解けたとき、犬王の身体にどんな変化が起きるのかに注目です。

  • 3 『犬王』は能を表現した画期的なアニメーションにも注目!

    能は世界最古の舞台芸術として知られている、日本が誇る文化です。『犬王』の時代では「猿楽」と呼ばれており、多くの能楽師が芸を競いあっていました。

    劇中では能をモチーフにした、さまざなアニメーションが使われています。特に犬王が舞うシーンでは、作りこまれた作画になっていて、目の肥えたアニメファンをも感動させる仕上がりです。

    ストーリーはもちろんですが、今作は音楽とマッチしているアニメーションにも注目したい作品といえます。

犬王の予告・動画

犬王の評価・感想・レビュー

犬王と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
いけだ
いけだ

ドラマ鑑賞と読書が好きです。ドラマは国内のものをよく観ます。笑って観られるコメディが好きです。あとミステリー小説を読むのにもハマっています。