閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

『コードギアス 亡国のアキト』の動画配信情報! 全話フルでみる方法は? アニポなどの違法サイトで見るのは何がダメ?

コードギアス 亡国のアキト シリーズ
更新日:

コードギアス 亡国のアキト シリーズが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※状況により無料ではない可能性がございます。

コードギアス 亡国のアキト シリーズの作品一覧

※注1:現在、作品詳細情報がありません。

コードギアス 亡国のアキト シリーズの動画配信状況

【PR】 シリーズ配信本数:5本
U-NEXT
2,189円/月
31日間無料
Hulu
1,026円/月
2週間無料
TSUTAYA TV/DISCAS
2,658円/月
30日間無料
バンダイチャンネル
1,100円/月
初回無料
ビデオマーケット
550円~/月
入会月無料
dアニメストア
440円/月
31日間無料
Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)
500円/月
30日間無料

コードギアス 亡国のアキト 第1章 翼竜は舞い降りた

コードギアス 亡国のアキト 第2章 引き裂かれし翼竜 ※注1

コードギアス 亡国のアキト 第3章 輝くもの天より堕つ ※注1

コードギアス 亡国のアキト 第4章 憎しみの記憶から ※注1

コードギアス 亡国のアキト 最終章 愛シキモノタチヘ

定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題
定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題
宅配レンタル 宅配レンタル 宅配レンタル 宅配レンタル 宅配レンタル
定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題 定額見放題
レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル
- - - - 定額見放題
レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル

※注1:現在、作品詳細情報がありません。

コードギアス 亡国のアキト シリーズの動画配信・レンタル情報

コードギアス 亡国のアキト シリーズを視聴できるサービスは合計7社です。
動画配信サービスには無料お試し期間があるサービスもありますので、お得に観られる方法もあります。是非無料期間合わせてチェックしてみてください!

コードギアス 亡国のアキト シリーズを配信中のサービス表(動画配信・レンタル情報)

【PR】
配信状況 無料期間 月額料金 シリーズ配信本数
31日間無料 2,189円/月 5本/5本
×
1ヶ月間無料 888円/月 0本/5本
2週間無料 1,026円/月 5本/5本
×
14日間無料 990円/月 0本/5本
×
31日間無料 550円/月 0本/5本
30日間無料 2,658円/月 5本/5本
×
30日間無料 1,958円~/月 0本/5本
初回無料 1,100円/月 5本/5本
×
30日間無料 550円/月 0本/5本
×
初回14日間無料 980円/月 0本/5本
入会月無料 550円~/月 5本/5本
31日間無料 440円/月 1本/5本
30日間無料 500円/月 5本/5本
×
入会月無料 550円/月 0本/5本
×
初月無料 2,530円/月 0本/5本
×
2週間無料 1,017円/月 0本/5本

コードギアス 亡国のアキト シリーズの動画が配信されているサービス一覧

『コードギアス 亡国のアキト』シリーズの動画配信サービス一覧! 全5章を一気に観れるのはココ!

2019年8月現在では、『コードギアス 亡国のアキト』シリーズは上記の7社で視聴することが可能です。

「hulu」や「ビデオパス」は月額課金型の見放題で、「Amazon prime video」や「ビデオパス」は1話づつ金額を支払って視聴するレンタル型となっています。

しかし、それだけ視聴サイトがあると、どのVODがいいのか悩んでしまいますよね。次の項目では、『亡国のアキト』シリーズを視聴するのにもっともオススメな動画サイトを紹介します!

『コードギアス 亡国のアキト』の動画を無料で一気見するならU-NEXTがおすすめ!

『亡国のアキト』シリーズを視聴するのに一番オススメなのは「U-NEXT」です!

「U-NEXT」はなんと初回登録なら無料期間31日と長期に渡ってお試しで視聴することが可能です!

また、新劇場版3部作を含め「コードギアス 反逆のルルーシュ」シリーズを全て視聴することができます!『亡国のアキト』をどこで視聴しようか迷っている人は契約してみてはいかがでしょうか?

『コードギアス 亡国のアキト』の見所!

『反逆のルルーシュ』の一期と二期の間を描いた本作は、本編よりもパワーアップしていたり、別の角度から「ギアス」の世界を切り取った見所が盛り沢山です!

ここからはそんな『亡国のアキト』の見所についてご説明していきますので、すでに視聴済みという方もぜひもう一度観てみてはいかがでしょうか。

フルCGになり進化したKMF(ナイトメア・フレーム)戦闘!

まず本編との大きな違いとして挙げられるのが、本作に登場するナイトメアフレームによる戦いは全編フルCGで描かれているという点です。

それに伴ってナイトメアフレームはよりハイディティールなデザインに変更され、本編とはまた一味違った印象になっています。

ちなみにランスロットやサザーランドなど、本編の方で登場したナイトメアもデザインが変わっていますが、これは表現上の話であり特に劇中で改修が加えられたとか、性能が変わったとか言ったことではありません。

そして、肝心の戦闘シーンですが、フルCG化の恩恵でよりスピーディかつダイナミックになっており、カメラワークも縦横無尽な物となりました。

特にその特徴が顕著なのが本作で新たに登場したナイトメアフレームであるアレクサンダで、その四つ脚で高速移動することが可能な「インセクトモード」などを使い、市街地や森林などを舞台に、三次元的なバトルを繰り広げます。

本編を超える緊迫感!?騙し騙されの謀殺劇は健在!

『亡国のアキト』では『反逆のルルーシュ』シリーズの大きな特徴の一つでもあった超能力「ギアス」を使った、スリリングな展開や人間模様も健在です。

本作の作風はOVAという媒体であるためか、『亡国のアキト』の方がより殺害方法が流血を伴ったリアルな物に描写されており、本作の重々しい世界観と合間って、より陰惨な印象を観る者に与えます。

本作でギアスを使うのは敵キャラクターであるシンのみなのですが、その能力はある条件下で他者に自殺を強いるという物ですので、物語を殺伐とさせる効果を一層加速させているのです。

そしてギアスの使い手であるシンが野心家で情緒不安定なため、彼は周りの人間や大切な人を死に追い込みどんどんのし上がって行こうと野望を企てています。

そのため流れる血の量は必然的に多くなり、誰がいつ死ぬかわからない、緊迫感のある作品になっているのです。

また、騙し合いが発生しているのはブリタニア勢力だけでなく、E.U.軍側にも思惑やさまざまな事情から、裏切り者が存在しています。

誰がどうなるのかわからないい物語は、釘付けになること間違いなしですので、ぜひその先の展開も予想しながら視聴してみてはいかがでしょうか。

物語を盛り上げるBGMの数々!!

もう一つの本作の魅力と言えるのが劇中で使用されるBGMの数々です!

原作『反逆のルルーシュ』に置いては、大国に対したった1人で反旗を翻したルルーシュの背景通り、荘厳かつ壮大な音楽が多く流れていました。

対して本作は、どちらかといえばスピーディでスタイリッシュな音楽や、ヨーロッパの民族曲を思わせるような曲など、欧州を舞台にした『亡国のアキト』に相応しい曲がたくさん使われています。

特に戦闘シーンで流れるジャズ調の曲は必聴ものの出来で、アレクサンダをはじめとしたフルCGのナイトメアによるスピード感溢れる戦いに非常にマッチしていて、思わず何度も同じシーンを再生したくなってまう程です。

また、戦闘中アキトは過去にかけられたギアスの影響で、バーサーカーのようなモードになるのですが、そのアキトの高ぶりとも曲がシンクロしているのも、見所の一つとなっいます。

その他にも、牧歌的なシーンで流れるヨーロピアンな曲は、殺伐した展開が多い本作の清涼剤的な役割の平和な場面を大いに強調していました。

それと本作のED二曲はレイラ役の坂本真綾氏が歌っているのですが、このこの内の一曲も、終盤のとあるシーンで使用されます。

主題歌については後の項目でも詳しくご説明しますが、流れるシーンに非常にピッタリな使われ方をしていますので、EDも飛ばさずに聴くのがおすすめです!

【ネタバレ】『コードギアス 亡国のアキト』のあらすじを時系列順にご紹介!

ここからは『亡国のアキト』シリーズのあらすじを、ネタバレありで解説していきます!

核心部分に触れる箇所もありますので、「未視聴でネタバレに触れたくない!」という方はご注意ください。

第1章「翼竜は舞い降りた」のあらすじ

物語は『反逆のルルーシュ』第1期のブラックリベリオン鎮圧後の皇暦2017年(革命暦228年)から始まります。

ユーロブリタニアに奪われたペテルブルクの奪還作戦を決行したE.U.132連隊は、ユーロブリタニアの四大騎士団の一つ、聖ラファエル騎士団に包囲されていました。

そこで、E.U.のとった作戦は、新型ナイトメアフレーム「アレクサンダ」とイレブンの兵士で構成された、「wZERO部隊」による脱出路の確保だったのですが、司令官のアノアの無茶な作戦により部隊の隊員はどんどん命を散らしていきます。

そんな状況を見兼ねた「wZERO部隊」参謀レイラ・マルカルが指揮権を奪い取り、戦場でも唯一生き残っていた日向アキトが単騎で獅子奮迅の働きをすることにより、脱出路は無事確保されました。

132連隊は無事撤退しアキトとレイラも昇進した一方、佐山リョウ率いるイレブングループのE.U.将軍スマイラス誘拐計画や、聖ミカエル騎士団総帥マンフレディ卿が側近のシン・ヒュウガ・シャイングのギアスによって暗殺されるなど、不穏な影が欧州を覆おうとしていました…。

第2章 「引き裂かれし翼竜」のあらすじ

紆余曲折の末、テログループであったリョウ、ユキア、アヤノを「wZERO部隊」に迎えたレイラはそこにアキトを加えて編成した「ワイヴァン隊」を結成しました。

リョウたち3名が反乱を起こそうとしたものの、レイラが次の作戦では供に出撃するという決意を告げたことで事なきを得ますが、次にワイヴァン隊が遂行する作戦というのは、ブリタニアと戦う友軍のために大気圏離脱式超長距離輸送機で敵軍の背後に回り込むという、生還率の低い無謀なものでした。

そして戦場に降り立ったアキトたちは、敵軍を退け、突如として急襲してきたアシュレイ・アシュラ率いるアシュラ隊とも優勢に戦っていたのですが、そこにヴェルキンゲトリクスを駆るシンが介入した事で窮地に陥ります。

その戦いの中でアキトが自身の弟であった事を知ったシンは、アキトを勧誘するのですが、レイラにより妨害され、撤退していきました。

こうしてワイヴァン隊は戦死者を出さずに生還したものの、領地はまたもやブリタニアに奪われてしまい…。

その一方、ユーロブリタニアにはブリタニア本国からナイトオブラウンズとなった枢木スザクと、皇帝直属の軍師ジュリアス・キングスレイが派遣されてきました。

第3章 「輝くもの天より堕つ」

2章終盤の戦いから帰還したワイヴァン隊は拠点であるヴァイスヴォルフ城に帰還できない状態が続き、しかも外出中にワルシャワの補給舞台に左遷されていたかつての司令官アノウによってIDを削除されたためメンバー揃って駐屯している基地にすら帰れなくなってしましました。

そんな所を、旅の老婆たちに拾われ、ワイヴァン隊の面々は束の間の平和な時を過ごし、メンバー間での絆を強めることになります。

紆余曲折の末ヴァイスヴォルフ城にワイヴァン隊が帰還した頃、皇帝によりユーロブリタニアに派遣されたジュリアスが作り上げた架空のテロ集団「方舟の船団」により、E.U.全体が混乱状態に陥り、市民も暴徒となってしまいました。

しなしながら、ブリタニア内部でもジュリアスの正体を見抜いたシンがユーロブリタニアそのものを手に入れるために行動を起こし、多くの重要人物や兵士が虐殺される事態に発展します。

それと同時期に、方舟の船団がブリタニアの策略であると見抜いたレイラは混乱を収めるためにもワイヴァン隊による強襲作戦を提案し、ワイヴァン隊は新たな戦いに赴くことになりました。

第4章 「憎しみの記憶から」

「方舟」を強襲したアキト達ワイヴァン隊(なおこの時はレイラは付いてきていません)ですが、そこには以前部下を殺されたためにアキトへの復讐に燃えるアシュラが待ち受けていました。

新型ナイトメアに乗るアシュラに苦戦しつつも、憎しみによる復讐の無意味さを説くアキト。

そんなアキトのことをアシュラも認め、丸く収まったかに見えたのですが、シンの仕掛けた罠により方舟に仕掛けられた爆弾が起動し、彼らは爆炎に包まれてしまいます。

そして仲間を失ったレイラは戦士喪失し、それと時と同じくしてヴァイスボルフ城にはシンが迫り、E.U.本国でもスマイラス将軍によるクーデターが発生するなど、「wZERO部隊」にも危機が迫っていました。

そんな中、レイラは己の責務を再確認し、シンとの和平交渉をするために内部の裏切り者の手引きで彼の元へ向かうのですが、彼に初めから「wZERO部隊」の人間を生かす気はなく、皆殺しにするつもりであったことが発覚します。

しかし、レイラに命の危険が迫ったその時、空の彼方からアキト達がアシュラを伴い帰還して来るのでした…。

第5章 「愛シキモノタチへ」

基地を包囲していたミカエル騎士団の軍勢は、ユキアの活躍により大半が撃退されたものの、そのユキア自身も重症を負い、戦力差も相変わらず絶望的なものでした。

しかしそれでもレイラは生還を諦めず、城の防衛システムによりミカエル騎士団が足止めを食らっている間にアシュレイや基地の警護部隊も防衛作戦に加え、新たにヴァージョンアップしたアレクサンダも使ってシン達を迎え撃つことにします。

そして迫った戦いの時。

憎しみに囚われ、それが真の救済であると信じ全ての人間を虐殺しようとするシン。

そんな兄を止めたいアキトは奮戦するものの、シンの圧倒的な戦闘能力に苦戦を強いられます。

そんな中、シンのギアスがアレクサンダに搭載されたシステムと共鳴し超常的な現象を引き起こし、またレイラに隠された秘密も明らかになって行くのでした。

果たして戦いの行方は…。

『コードギアス 亡国のアキト』の登場人物とその担当声優を解説!

ここからは『亡国のアキト』の登場人物について詳しく解説していきます。

本作からのキャラクターだけでなく、本編から登場している人物もいますので、「反逆のルルーシュ」と合わせて楽しんでください!

wZERO部隊

E.U.で結成された特殊部隊に所属する人物たちです。

ヴァイスヴォルフ城を拠点とし、実働部隊はイレブンの若者達で構成されています。

国民が犠牲になる事で世論に批判されるのを恐れたE.U.政府により危険な任務に投入される事が多いのですが、戦死したイレブンの家族はE.U.の市民権を得ることができるため物語開始時点ではアキト以外に19名のイレブンの隊員がいました。

日向アキト(CV:入野自由)

『亡国のアキト』の主人公で、wZERO部隊に所属するイレブンのナイトメアフレームパイロットです。

階級は当初は少尉だったのですが、冒頭の戦いを生き残ったことで中尉へと昇格しました。

生身でもナイトメアを単身撃破するほど身体能力が高く、アレクサンダに乗れば鬼神のごとき強さを見せます。

一見冷めているように見え、当初は仲間とも必要最低限の会話しかしなかったのですが、根は優しく、数々の戦いや旅の老婆たちとの共同生活のを経て仲間と打ち解けていきます(相変わらず不器用でぶっきらぼうなままですが)。

特に、レイラとは最後に恋仲となったと思わしき描写がありました。

実は幼少期に異父兄弟のシンによって「死のギアス」をかけられるものの、当時は死という概念が理解できなかったために生き残った経験があります。

今でもそのギアスの影響は残っていて、主に戦闘時に彼を豹変させ、ただでさえ高い彼の戦闘能力をより高次なものへと昇華させるのです。

担当声優の入野自由さんは普段は好青年的なキャラクターが多いのですが、アキトはどちらかというとクールで戦闘中はドスの利いた声も出すため、また違った演技を楽しめます。

レイラ・マルカル(CV:坂本真綾)

物語開始時点ではE.U.軍少佐でwZERO部隊の参謀を勤めていましたが、冒頭の戦いの後、その功績で司令官に昇格、階級も中佐になりました。

実はマルカルという性は彼女を養子として迎えたE.U.の家系の物で、実の両親はブリタニアからの亡命貴族であり、本名はレイラ・フォン・ブライスガウと言います。

合気道の有段者で作戦指揮等に優れる優秀な人材で、各種作戦の立案もこなす一方、時には自身もナイトメアで直接出撃し戦闘指揮をとったりもします(ナイトメア戦自体は経験の浅さもありあまり得意ではありませんが)。

性格も器が大きく慈愛に溢れ、E.U.の人間にしては珍しくイレブンに対する偏見もありません。

しかしお嬢様育ちのため家事全般が苦手で、老婆たちとの共同生活の時はアキト達に迷惑をかけていました。

実は幼少期にC.C.と出会いギアスを授けられそうになるも、幼かったためにその能力の付与に猶予が与えられています。

その力の一旦は物語が進むにつれ時々表出し、正式なギアス能力ではないものの「精神感応」という形で死のギアスに飲まれそうなアキトを手助けしました。

佐山リョウ(CV:日野聡)

E.U.生まれのイレブンで、かつてはゲットーに暮らしていたのですがイレブンが虐げられる状況を嫌い、仲間と供に犯罪に手をそめながら生きてきました。

物語に登場した時もE.U将軍であるスマイラスを誘拐する計画を企てており、この時点ではユキアとアヤノ以外の仲間とは死別していたようです。

誘拐計画自体はアキト達の活躍により未然に防がれ、ちょうどアキト以外の隊員が戦死していたこともあり、レイラにスカウトされる形でアヤノ達と供にwZERO部隊に入隊しました(待遇は准尉)

当初こそ「レイラは自分たちを捨て駒にするつもりなのでは」と考えていたため反発的な態度を取っていましたが、彼女に自身も供に戦うと告げられたり、戦場でアキトのギアスの残滓の影響を受け彼の内面を知ったこともあり、次第に仲間として認めるようになります。

また結構涙もろい性格で、3章で旅の老婆達との別れでは口では「清々する」と強がっていたものの号泣していました(またこの暮らし中でカナヅチという意外な面が明らかになります)。

最終決戦ではシンに期待を大破させられるものの生還、その後再び「婆さん達」と再会しアキト達と旅の生活を送っています。

香坂アヤノ(CV:日笠陽子)

アヤノはリョウと同じくE.U出身のイレブンで、日本には訪れたことはありません。

すでに天涯孤独の身となっており、祖父から譲り受けた小太刀を唯一の形見として大切にしています。

リョウと同じく将軍誘拐計画が失敗しレイラに勧誘されてからも彼女達への敵意は変わらないままでしたが、最初の出撃以降は信頼関係を築き、ワルシャワの市場で買い物をする頃にはレイラを呼び捨てにするほど打ち解けていました。

また、アキトに対しては途中から淡い恋心を抱くようになり、祖父の形見である小太刀をお守りとして彼に託したりもしていました(キービジュアル等でアキトが持っているのはこれです)。

その反面、他人の恋愛事情には疎い部分があり、終盤にリョウがアキトとレイラを2人きりにするように促した時には何故だか分かっていませんでした。

最終決戦後はアキト達と供に旅の老婆達と再会し平和な道に戻りましたが、レイラがアキトにキスをしているのを目撃したり、そちらは前途多難なようです。

成瀬ユキア(CV:松岡禎丞)

リョウやアヤノと同じくE.U.生まれのイレブンの若者による犯罪者グループの一員で、ハッキング能力や爆弾の製作等のマルチな才能を持っており、ナイトメアフレーム戦では主に狙撃を担当します。

彼はリョウ達のグループに加入してから比較的日が浅く、以前いたゲットーのイレブンの学校では苛められており、そこを爆破して脱走したのちにリョウ達に出会ったという経緯がありました。

そのため、リョウとアヤノことは家族のように大切に思っており、彼らのためならどんな自己犠牲も厭わない姿勢を取っています。

後にアキトやレイラをはじめとするwZERO部隊の面々もその対象になり、仲間のために果敢に戦うのですが物語終盤ではそれが仇となり重症を負ってしまいました。

見た目は中性的な容姿をしており、ワルシャワの市場でアヤノにドレスを薦められて揶揄われたり、旅の老婆たちとの共同生活では本当に女物を着せられたりと、何かと弄られます。

また、幼いころから自分でやるしかなかったらしく料理が得意という一面も劇中で判明しました。

クラウス・ウォリック(CV:藤原啓治)

「wZERO部隊」の副司令を務める人物で階級は少佐でしたが、後に中佐に昇進しています。

仕事中であるにも関わらず酒を飲んだり、仕事部屋には堂々とグラビアのポスターが貼ってあったりと一見ダメダメな人物ですが、劇中アキト達が戦死したと勘違いしてレイラが戦意喪失した時には叱責したり、終盤で司令室が襲われた時は彼女を庇ったりといざという時はしっかりした人物です。

実は彼はスマイラス将軍からwZERO部隊の情報をユーロブリタニア側に流すように使わされたスパイであり、本拠地であるヴァイスボルフ城の居場所もそのせいで露見しました。

もっともこれは病気の娘の治療費が必要であったり、E.U.軍そのものが腐りきっていて投げやりになってしまっているからなのですが、それでもレイラ達のことは大切に思っていたらしく、なんとか彼女たちでも生き延びさせるためにシンとの和平交渉の場を整えたりと尽力しています。

ちなみに娘の他に妻も存命らしいのですが、こちらは不仲なのか写真縦の上からマジックで顔の部分を塗りつぶしていました(終盤には写真を持ち出したため顔が確認できます)。

オスカー・ハメル(CV:森久保祥太郎)

ヴァイスボルフ城の警備主任で階級は少佐。

彼もまた腐敗したE.U.軍にしては珍しくイレブンへの差別意識は無いようで、ワイヴァン隊生還時には喜んだり、終盤でユキアがピンチに陥った際には彼を呼び捨てにし助けようとする描写が見られました。

城の中にいる正規の軍人の中ではレイラとクラウスに次いで階級が高い唯一の人物のようで、終盤2人がシンとの和平交渉に赴く際には何かあった際のwZERO部隊の指揮をクラウスから任されています(本人は不安がっていましたが)。

また、ナイトメア戦も一通りこなせるらしく、ヴァイスボルフ城を戦場にした最終決戦ではレイラ機のアレクサンダに乗り込み他の警備部隊と供に出撃、聖ミカエル騎士団を相手に最後まで生き延びました。

ソフィ・ランドル(CV:甲斐田裕子)

レイラからの要請でwZERO部隊に協力している民間人で、本職は脳科学者。

アレクサンダに搭載されたRBS(ブレインレイドシステム)の開発者であり、戦闘中はそのシステム制御やデータ収集を行うのが主な役目です。

また、同じく研究者であるタケルという日本人と結婚していたのですが、彼は数年前にRBSの実験の失敗により昏睡状態に陥り、ヴァイスボルフ城で冷凍状態で保存されています。

しかし、終盤ギアスがRBSに干渉したことでその影響は戦闘区域全体に広がり結果としてタケルは目を覚まし、彼女も戦闘を生き残りました。

ちなみにクラウスとは飲み友達で、時々彼女の部屋に寝酒をせびりに来てます。

ジョウ・ワイズ(CV:川田紳司)

ソフィの助手で、彼女と同じく正規の軍人ではありません。

極度の甘党で、作戦中でも飴を口にしています。

また非戦闘員の民間人らしく、司令室などが攻撃を受けた際は極度に怖がっていました。

アンナ・クレマン(CV:茅野愛衣)

クレマン財閥の令嬢でアレクサンダの開発者。

家の繋がりで交流があったのか、レイラとは親友の間柄であり、彼女が不在の時は代わりに猫のエリザベートに餌を与えていたりもします。

E.U.はナイトメアの開発でブリタニアに遅れを取っている中で貴重な人材であり、ブリタニアの数々の新技術も瞬く間に理解するほどの頭脳を披露しました。

特に、アシュレイによってもたらされたアフラマズダの技術によって、短時間で2機のアレクサンダをアレクサンダ・リベルテとアレクサンダ・レッドオーガに改造したのはその最たるものと言えるでしょう。

また、ピクチャードラマによるとユキアに好意を寄せているそうです。

ケイト・ノヴァク(CV:小松未可子)

ソフィの部下の研修医です。

フェリッリ・バルトロウ(CV:瀬戸麻沙美)

ソフィの部下で、ピクチャードラマではリョウ達をお茶会に誘ったりしています。

クロエ・ウィンケル(CV:東山奈央)

アンナの部下であんなについてくる形でE.U.軍に入隊しました。

劇中では階級による肩書きにまだ慣れていないのか、ヒルダと呼び合う際にはお互いに冗談めかして階級付きで名前を呼び合う描写があります。

ヒルダ・フェイガン(CV:早見沙織)

クロエと同じくアンナの助手であり、彼女とともに入隊したE.U.軍人です。

あんなに憧れいずれは技術史観になる夢を抱いている一方、アンナが人殺しの兵器を作ってしまっていることをクロエ共々悲しんでいます。

サラ・デインズ(CV:高森奈津美)

色黒な肌が特徴のwZERO部隊のオペレーターです。

オリビア・ロウエル(CV:伊瀬茉莉也)

三つ編みとそばかすが特徴の「wZERO部隊」オペレーターで、彼女は元々正規の軍人でした。

ピエル・アノウ(CV:鳥海浩輔)

「wZERO部隊」元司令官だったのですが、その無茶な作戦指揮を咎めてきたレイラに銃を向けてしまったために彼女に投げ飛ばされ、オスカーの警備隊に捕縛されました。

その後はワルシャワの補給部隊に左遷され、そこでも適当な仕事をしていた所レイラ達がワルシャワにいることを知り彼女達のIDを削除する嫌がらせをします。

しかし、レイラたちのIDはユキアによって復活し、仕返しとしてたまたま外出している時に今度は自分のIDを消されてしまったため基地に戻れなくなってしまいました。

その後どういう経緯かアキト達がともに暮らした旅の老婆達に拾われ、彼女達にヴァイスボルフ城の所在地を教えることでアキト達と再開するきっかけになったようで、最後の旅の仲間には彼もちゃっかり加わっているのがわかります。

その他のE.U.関係者

「wZERO部隊」関係者以外のE.U.所属の登場人物たちです。

ジィーン・スマイラス(CV:石塚運昇)

E.U.軍の将軍であり、レイラの良き理解者として冒頭の作戦後は彼女を司令官に任命しています。

しかしそれは表向きの顔で、実はE.U.全体を掌握するためにクラウスを使ってユーロブリタニアとも内通しており、いざという時はレイラ達を見捨てることも厭わない冷徹な人物です。

実は彼の家系は代々時空の管理者よりギアスの使い手を抹殺する使命を帯びていたのですが、以前に管理者を騙したことによりギアスユーザーであるシンの命を差し出すように迫られます。

混乱に乗じてE.U.を手中に納め、シンが破れた混乱に乗じてユーロブリタニアも落とそうと画策するのですが、突如として目の前に転移してきたアシュラによって討たれました。

ちなみに、最後にスマイラスの目の前に現れていることから、アシュラを転移させたのはほぼ間違いなく時空の管理者です。

ヨアン・マルカル(CV:小西克幸)

レイラの義理の兄で彼女の婚約者です。

普段はレイラの事を疎んじているような発言をし、彼女からも決して好かれている訳ではありません。

しかし本心ではレイラのことを大切に想っていて、E.U.で市民が暴徒化した際には真っ先に彼女に連絡したり、彼女と映った写真をロケットに入れて大切にしている描写がありました。

ブラドー・フォン・ブライスガウ(CV:三木眞一郎)

レイラの実の父親で、ブリタニアからE.U.に亡命してきた貴族です。

亡命後は政治的な活動に身を投じ、市民からも支持されていたのですがテロに合い落命します(実はこの事件はブラドーに嫉妬したスマイラスが時空の管理者に彼がギアスユーザーであると偽りの情報を伝えたことが原因でした)。

クラウディア・ブライスガウ(CV:進藤尚美)

レイラの実の母親です。

夫が殺害されたテロは生き延びたのですが、その避難中に車が爆破され幼いレイラを残したまま命を落としました。

ユーロ・ブリタニア

ブリタニア本国とはルーツを別にする人々で構成される組織の関係者たちです。

ブリタニア本国が世界の派遣を握ることに関心が向いているのに対し、ユーロブリタニはあくまでユーロピアの土地を「奪還」することに固執しています。

聖ミカエル、聖ガブリエル、聖ラファエル、聖ウリエルからなる四大騎士団
を有し、それぞれの総帥の実力はブリタニア本国のナイトオブラウンズにも匹敵すると言われるほど。

シン・ヒュウガ・シャイング(CV:松風雅也)

登場時は聖ミカエル騎士団員で、後にマンフレディ卿を謀殺したことにより総帥になります。

実はアキトの異父兄で本名は日向シン。

愛する者にのみ死を強制させることが出来るギアス」の持ち主で、これは本人が幼少期に抱いた「死」こそがこの世界からの救済であるとの思いから生まれた能力です。

ルルーシュの「絶対遵守のギアス」とは違い使い勝手が悪く、本人も効果の発動条件を把握しきれていないため不発に終わることもありました。

また「自分が愛する者」にしか発動しないため、その能力を行使するたびにより苦しみが強くなり、精神的に不安的になったせいで世界を破壊せねばという気持ちをより強めていくことになります。

ナイトメアフレームの腕前も天才的で、マンフレディ卿の乗機であったヴェルキンゲトリクスを駆りアキトたちを幾度となく追い詰めました

劇中では、かつて自身のギアスから生き延びたアキトに固執し、今度こそ死による救済を与えようと行動しましたが、最期は自身を愛する者の手によって命を落とすことになります。

ジャン・ロウ(CV:伊瀬茉莉也)

シンの腹心で、幼い頃孤児であった所を彼に拾われた経験から絶対の忠誠心と淡い恋心を彼に対して抱いています。

規律を重んじる厳格な性格で、敗れはしたもののあのスザクと性能差があるにも関わらずナイトメア戦で拮抗するほどの実力を持つ人物です。

どんどん強行に走っていくシンには複雑な想いを抱いており、最後は彼を憎しみから解き放つ為にシンがアキトに向けた刃を自ら向け、その後シンを銃で打ち、彼と心中する形で息を引き取りました。

アシュレイ・アシュラ(CV:寺島拓篤)

シンの直属部隊「アシュラ」隊を率いる隊長です。

「戦場で最も大切なのは運だ」と語り自分の強運を強く信じている為、暇つぶしに実弾でロシアンルーレットを始めるほどの破城っぷりを見せました。

しかし実力は確かで部下想いの為、部隊員からの信頼は厚い人物でもあります。

劇中では自分の部下を殺したアキトに執着するものの、彼に敗北したことをきっかけに彼を認め和解。

シンに捨て駒にされたことに憤慨したこともあり、最終決戦ではwZERO隊側につき、アレクサンダ・レッドオーガを駆り戦い抜きました。

最後は時空の管理者によって部下たちの元に飛ばされ、ピンチを救ったアシュラ隊の面々とともにアキト達と旅の生活を送っています。

ヨハネ・ファビウス(CV:島﨑信長)

アシュラ隊のメンバーの1人で、劇中でアシュレイを庇いアシュラ隊唯一の戦死者となりました。

隊のメンバーは他にクザン、シモン、フランツ、ヤン、ルネ、アランなどがいます。

ミケーレ・マンフレディ(CV:三宅健太)

聖ミカエル騎士団総帥で、元ナイトオブツーという異色の経歴を持つ人物です

昔ストリートチルドレンだったシンの才能を見出し、彼を取り立てて実の兄弟以上の信頼を置いていたのですが、彼のギアスにより自殺を仕入れれていました。

ギアスが効いたということは、彼も間違いなくシンから愛されており、その後シンの前に幻覚となって現れます。

実力を疲労する機会はありませんでしたが、シンの乗機であるヴェルキンゲトリクスは元々彼のナイトメアです。

アンドレア・ファルネーゼ(CV:子安武人)

聖ラファエル騎士団団長で、マンフレディ卿とは親友の間柄です。

彼もまた第6〜7世代に相当するナイトメアを所持していて、ラウンズに匹敵する実力者のはずなのですが劇中で直接戦闘を行うことはありませんでした。

最後は四大騎士団総帥の中で唯一の生き残りとなりました。

ゴドフロア・ド・ヴィヨン(CV:武虎)

聖ガブリエル騎士団団長で、劇中謀反を起こしたシンによって殺害されます。

レーモンド・ド・サン・ジル(CV:宮田光)

聖ウリエル騎士団団長で、彼もまたシンの犠牲となりました。

オーガスタ・ヘンリ・ハイランド(CV:菅生隆之)

通称ヴェランヌ大公と呼ばれるユーロ・ブリタニアの宗主です。

劇中では皇帝への反乱の意思を見抜いたジュリアスによって幽閉され、その後はクーデターを起こしたシンによって執政権も奪われています。

ミヒャエル・アウグストゥス(CV:立木文彦)

ヴェランヌ大公の部下で、劇中ではスザク達を出迎えたりしました。

アリス・シャイング(CV:石原夏織)

シンの義理の妹で彼の婚約者。

兄のことをとても慕っていたのですが、シンのギアスによって母親と一緒にナイフを刺し合うという残酷な最後を迎えました、

マリア・シャイング(CV:能登麻美子)

シンの養母で、彼のことを実の息子のように可愛がっています。

劇中、マリアと同様に彼のギアスにかけられ同時に自害してしまいました。

神聖ブリタニア帝国

ブリタニア本国から派遣された人物たちです。

本作の段階ではまだ本格的にユーロブリタニアへの介入を決定していないため、あまり本国側の人物は登場しません。

枢木スザク(CV:櫻井孝宏)

ご存知皇帝直属騎士のナイトオブラウンズの1人、ナイトオブセブンにして最強のKMFランスロットのパイロットです。

劇中ではジュリアスの護衛(という名の監視)として彼に同行しユーロピアノ地に降り立ちます。

途中でジュリアスの招待がシンに露見した際は彼の裏切りに遭い、聖ミカエル騎士団の親衛隊のナイトメアに囲まれるのですが、生身でその包囲を突破しランスロットに乗り込むという、相変わらず化け物じみた身体能力を披露しました。

ナイトメアは蹴散らしたものの、結果としてジュリアス共々捉えらえ、シンのがアキトに破れユーロ・ブリタニアが瓦解するまで幽閉されることになります。

ジュリアス・キングスレイ(CV:福山潤)

ブリタニア皇帝シャルル・ジ・ブリタニア直属の軍師であり、ユーロピアノ状況を見かねた彼により遣わされました。

その正体はシャルルのギアスにより記憶を奪われたルルーシュ・ヴィ・ブリタニア本人で、自分のことを皇帝の忠実な部下だと思い込んでいるのですが時々ギアスの効果が薄れ、混濁した意識の中で苦しんでいます。

劇中では水を欲しがっていましたが、これは実際には水が欲しいわけではないらしく、幼い頃のスザクと過ごした思い出がフラッシュバックしていたそうです。

本編終了後、彼は救出に来たロロによって再びシャルルの元へ連れて行かれ、C.C.を誘き出すためのエサとして別の記憶を植えつけられた状態でエリア11に戻されます。

ロロ(CV:水島大宙)

表向きはブリタニアの特務隊に所属する、ギアス教団の人物。

今作では最後に囚われたスザクとルルーシュを救出に来る場面が描かれました。

彼は対象人物の意識をストップさせる「時間停止のギアス」を持っていますが、それを救出の際に使ったのでしょうか?

その他

その他、どこにも所属していないキャラクター達です。

C.C.(CV:ゆかな)

ギアスの力の行き着く先である不死のコードを継承した『反逆のルルーシュ』のヒロインです。

本作では幼い頃のレイラと会っていたことが語られ、当時のレイラにギアスを継承しようとするものの、彼女が幼かったために本格的な力の発現は先延ばしにして去っていきました。

時空の管理者(CV:工藤静香)

『R2』で登場した人類の集合無意識である「Cの世界」とは対の存在のいわば集合意識と言える人物(達?)です。

かつて人類にギアスを与えたと思わしき発言をしていて、現在は人類の未熟さに落胆したことからギアスを回収しようと働きかけています。

あらゆる時間と場所に存在できる反面、現実世界には直接干渉できないため、代々スマイラスのような人間を使いギアス能力者の命を差し出させてきました。

終盤、レイラの想いを知ったことで彼女に希望を見出し、彼女の仲間が死んだ事実をなかったことにするために時間を逆行させ彼女の手助けもしています。

『コードギアス 亡国のアキト』の登場KMF(ナイトメア・フレーム)

ここからは『亡国のアキト』シリーズに登場するナイトメアフレームについてご紹介していきます!

中には『反逆のルルーシュ』本編に登場したものも多いのですが、微妙に細部が異なっていたりもしますので、『亡国のアキト』を見る際はその点も楽しんでみてはいかがでしょうか。

E.U.

E.U.軍に所属する兵器軍です。

E.U.はブリタニアに比べナイトメア開発が遅れているという設定があるため、登場する兵器もアレクサンダ以外は非人型のものばかりとなっています。

アレクサンダ Type-01

E.U.が独自に開発したナイトメアフレームで、特殊なフレームや4本足による走行を実現した「インセクトモード」も使った高速戦闘を得意としています。

また、そんな機体のポテンシャルを引き出す為にパイロットに埋め込まれたニューロデバイスと、機体に搭載されたBRS(ブレイクレイドシステム)を使うことにより感覚的な操作が可能で、それにより本機の機動性は極限まで高まります。

劇中アキトが登場していたType-1は初期型で世代も第五世代相当なのですが、アキト機だけは彼の実力も相まって僚機が撃墜されていく中で次々とブリタニアのナイトメアを屠って行きました。

機動力に関しては第七世代のナイトメア相当と言えるものの、武装は標準的なものしかない為決め手に欠け、強敵相手には苦戦することも多々あります。

アレクサンダ・リベルテ

アキトのType-1を最終決戦に向けて改修した機体で、アシュレイによってもたらされたアフラマズダのデータを使っている為、スラッシュハーケンやブレイズルミナスと言ったブリタニアの技術も使われています。

劇中、ヴェルキンゲトリクスとの激闘の末、最後は乗り捨てられました。

アレクサンダ Type-02

劇中でレイラ、リョウ、アヤメ、ユキアが乗り込む機種でそれぞれのパイロットに合わせた仕様変更がなされています。

レイラ機は最終決戦でハメルが乗り込み、それ以外の機体はヴァリアントに改造されました。

アレクサンダ・ヴァリアント

Type-2を改修した機体で、今回はカラーリングにパイロットのパーソナルカラーが取り入れられています。

アレクサンダ・ドローン

レイラ機から直接操作する無人タイプのナイトメアフレームで、劇中では数を水増しする為に2章の降下作戦で初めて戦線投入されました。

ちなみにドローンのうちの一機はブリタニアによって回収され、後にナイトオブラウンズのモニカの機体フローレンスとして生まれ変わり『コードギアス 双貌のオズ』に登場しています(『R2』で彼女がスザクに撃墜された時に乗っていたのもこの機体だと判明しました)。

アレクサンダ・レッドオーガ

元々はアキト専用機として開発されていた機体ですが、ヴァリアントに乗ることになった彼に代わりアシュレイに託されました。

その際にカラーリングの変更や、武装の追加などが行われています。

パンツァー・フンメル

『R2』にも登場したE.U.軍主力ナイトメアなのですが、現行のブリタニアの兵器郡に比べると大幅に性能で劣ります。

ガルドメア

E.U.の警護用のナイトメアフレームで、劇中では1章のスマイラス将軍誘拐未遂事件の際などに登場していました。

ユーロ・ブリタニア

ユーロ・ブリタニアが使用するナイトメアも基本的には本国と同一の機体なのですが、四大騎士団総帥はそれぞれが第6〜7世代に相当するナイトメアを有していたりと、専用機の開発も行っています。

ヴェルキンゲトリクス

シン専用の金色のボディカラーに身を包んだナイトメアです。

元はマンフレディ卿の機体で、彼の死後にシンが引き継ぎました。

通常のランドスピナーでの移動の他に、ケンタウロスを思わせる四つ足で移動することにより、森林の中にあっても高速で移動することが可能です。

劇中ではその圧倒的な性能により何度もアキト達を追い詰めたのですが、最後をはアレクサンダ・リベルテと相打ちになる形で機能停止になりました。

グラックス

ジャンの専用機で、サザーランドと似た意匠を持つものの、独自の装備も多数有する銀色のナイトメアです。

流石に第七世代のランスロットほどではないにしてもそのポテンシャルは高く、劇中ではランスロットと一対一で死闘を演じました。

グロースター・ソードマン

ユーロ・ブリタニアの四大騎士団で標準的に使われる仕様のグロースターで、二本のヒートソードを主な武装としています。

それぞれの騎士団の専用のカラーリングがあり、劇中でも登場しました(聖ガブリエルと聖ウリエルは一瞬ですが)。

アフラマズダ

ユーロ・ブリタニアが独自に開発した重武装ナイトメアで、劇中ではアシュレイが搭乗しました。

また本機はナイトオブラウンズのドロテアの搭乗機であるパロミデスと同系列と見られ、こちらも漫画版の『双貌のオズ』に登場しています(モニカと同じくこちらもR2でスザクに撃墜された際の機体が判明しました)。

サザーランド

ブリタニア本国と同じく主力機で、こちらもそれぞれの騎士団のカラーリングが存在します。

グラスゴー

劇中では第1章でステイマンを誘拐する作戦の際に量が登場しました。

本国と同じくユーロ・ブリタニアでも型落ち扱いのようで、それ以外では回想シーンでしか出番がありません。

リバプール

二足歩行をする戦車型の兵器で、劇中では主に堅牢なヴァイスブレイブ城の城壁を破るために使用されました。

神聖ブリタニア帝国

欧州を部隊にした本作では、ブリタニア本国に所属するナイトメアは、今作ではランスロット一機となっています。

ランスロット

この時点では最強を誇る唯一の第七世代ナイトメアフレームで、ナイトオブセブン枢木スザクの専用機です。

『亡国のアキト』登場にあたりハイデティールなデザインに変更されていますが『反逆のルルーシュ』劇中と同一の仕様となっています。

本作でもスザクの腕前により圧倒的な活躍を見せましたが、彼が捕らえられて以降は厳重に封印されていました(これは本機がスザク以外には扱えないためだと思われます)。

現状本機以外に第七世代のナイトメアは存在しないのですが、『亡国のアキト』の本編の時間軸と同じ頃にはすでにランスロットの先行量産機であるヴィンセント各種ラウンズ専用機の開発が始まっているはずです。

また、本作と同時期を描いた『コードギアス 双貌のオズ』ではランスロットをデチューンしたランスロット・グレイルや、予備パーツで組み上げたランスロット・トライアルなどが活躍します。

『コードギアス 亡国アキト』の主題歌を歌うのはレイラの坂本真綾!二曲まとめてご紹介

前述のように『亡国のアキト』の主題歌を歌うのはレイラ役の坂本真綾さんで、1〜3章のEDテーマは「モザンワーズ」、4〜最終章のEDテーマは「アルコ」となっています!

作曲はどちらもあの菅野よう子さんで、坂本真綾さんとのコンビには『マクロスF』を思い出す人も多いのではないでしょうか?

「モザンワーズ」は『亡国のアキト』本編の重々しい展開を彷彿とさせるような儚く寒々しい曲となっており、実際に本編で挿入歌として使用されたシーンでも雪が降る演出がなされていました。

「アルコ」は希望を思わせるような優しいメロディが特徴で、レイラのアキトに対する想いを連想させる曲になっています。

またED映像では「ギアス」シリーズではお馴染みのキャラクター達の日常を描いた一枚絵も流れますので、ぜひ飛ばさずに観てください!

物語は『コードギアス 反逆のルルーシュR2』へ!

全5章で終了した『亡国のアキト』シリーズですが、物語は『コードギアス 反逆のルルーシュR2』へと続いていきます。

本作ラストでもロロが登場したように、この直後にルルーシュ(キングスレイ)はシャルルによって再び記憶を改変されてロロと供に偽の兄弟としてエリア11に戻り、スザクはシュナイゼルの要請に欧州での戦いに本格的に介入することになったようです。

本作で混迷を極めたE.U.とユーロブリタニアの戦いは、R2の物語序盤でブリタニア本国(というよりスザク)の介入によってE.U.の敗北となってしまいます。

またR2には本作で登場した時空の管理者(人々の集合意識)の対の存在供言える人類の集合無意識「Cの世界」や、ギアスを管理する団体が登場しますので、『亡国のアキト』を視聴しているとより楽しめるのではないでしょうか。

しかし、アキトやレイラたちは本作のラストでE.U.軍を離れ、アシュラ隊の面々も加えたメンバーで再会した3章の老婆達と暮らす道を選んだため、難は逃れているはずです。

もしかしたら、今後「コードギアス」シリーズの続編が製作されることがあれば、また彼らに出会えるかもしれませんね。

同時期に展開された『コードギアス 双貌のオズ』もチェックしよう!

『亡国のアキト』と同時期に展開された「コードギアス」の外伝として『コードギアス 双貌のオズ』とその続編『コードギアス 双貌のオズO2』があります。

『オズ』の物語は少年エース連載の漫画版と月刊ホビージャパン連載のフォトストーリーという形式を取り、それぞれブリタニアの騎士オルドリンとテロリストのオルフェウスという瓜二つの顔を持つ2人の「オズ」を主人公にして進行します。

第1期はブラックリベリオン直後から『R2』途中まで、2期『O2』は『R2』のゼロレクイエム終了までを描き、本編の裏側で起こった誰にも知られることのない悲しい運命の物語に引き込まれる傑作です!

独自の物語を展開した『亡国のアキト』に対し、『双貌のオズ』はより『反逆のルルーシュ』の外伝という趣が強く、劇中にはナイトオブラウンズの機体のプロトタイプや、果てにはゲーム版『ロストカラーズ』からの人物まで登場しています。

また、『双貌のオズ』に登場した面々は何人かは『復活のルルーシュ』にもカメオ出演していますので、もっとギアスの世界を堪能したいという方は、ぜひ2人のオズの物語を見届けてみてください!

コードギアス 亡国のアキト シリーズの評価・感想・レビュー

コードギアス 亡国のアキト シリーズの動画が配信されているサービスの詳細

コードギアス 亡国のアキト シリーズが視聴できる6社の各サービス詳細です。
月額料金、無料期間、見放題本数の基本情報と各サービスのおすすめポイントが確認できます。

U-NEXT

月額料金
2,189円 (税込)
無料期間
31日間無料
種類
定額見放題
同時再生可能
端末数
4
ダウンロード
見放題作品
19,736本

U-NEXTのおすすめポイント

U-NEXTは月額2,189円(税込)で16万本の動画を視聴可能!

最新映画に国内、韓国、海外ドラマに加えアニメも大量に取り揃えています。

ダウンロード機能も搭載されていて、通勤、通学の車内でも楽しめます! さらに動画だけでなく、漫画、小説、実用書などの書籍も42冊以上もあります!

おすすめ
ポイント
  • 1業界最高水準14万本が見放題!! 見たい作品がみつかる!
  • 2毎月1,200円分のポイントがもらえる! 最新映画含む約2本が追加料金なしでレンタル可能!!
  • 34台同時再生搭載! 家族でたくさん利用するならU-NEXTがおすすめ!

U-NEXTを無料期間で最大限楽しもう!サービスの詳細もご紹介!

コードギアス 亡国のアキト シリーズはU-NEXTで視聴可能です!

U-NEXTは無料トライアル期間を31日間設けているので、期間中であればすべての見放題作品を無料で楽しむことができます。

見たい作品がレンタル対象でも、毎月付与される1,200円分のポイントをレンタルに利用すればお得に楽しむことが可能です。
ポイントは無料お試し期間中でも貰えるので、無料お試し期間にレンタル作品を無料で視聴することもできます!

さらに動画だけではなく約70種類のファッション誌や週刊誌などの雑誌も月額だけで読み放題!

U-NEXTのおすすめ作品

U-NEXTのシリーズ本数:5本/5本

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ!/

Hulu

月額料金
1,026円(税込)
無料期間
2週間無料
種類
定額見放題
同時再生可能
端末数
1
ダウンロード
見放題作品
4,870本

Huluのおすすめポイント

Huluは月額1,026円(税込)で2週間の無料お試し期間あり!

海外ドラマといえばHulu!日本初上陸の作品をいち早く観ることができます。

2018年8月以降にFOX映画の名作120タイトル以上の配信が決定!他にもFOXチャンネルのリアルタイム配信や、独占海外ドラマがおすすめポイントです。
日本テレビで現在放送中の国内ドラマを1話から見放題で見逃し視聴できます。

おすすめ
ポイント
  • 1月額1,026円(税込)で50,000タイトル以上が見放題!! 追加課金一切なし!
  • 2フルHD画質(1,080p)だから大画面でも綺麗に見れる! Blu-ray相当の高画質!
  • 3ChromecastやApple TVなどに対応! 簡単にテレビの大画面で視聴できる。

Huluで無料期間で最大限楽しもう!5万本以上の作品が見放題?

コードギアス 亡国のアキト シリーズはhuluで視聴可能です!

Huluは、2週間の無料体験期間が設けられており、月額だけで5万本以上の作品すべてが見放題です!

洋画や邦画はもちろん日テレ系列のサービスなのでバラエティも充実しています!
無料お試し期間を利用すればあらゆるジャンルすべての作品が無料で楽しめます。

Huluのおすすめ作品

Huluのシリーズ本数:5本/5本

\ Huluを14日間無料で楽しむ!/

バンダイチャンネル

月額料金
1,100円(税込)
無料期間
初回無料
種類
定額見放題
同時再生可能
端末数
1
ダウンロード
×
見放題作品
1,838本

バンダイチャンネルのおすすめポイント

バンダイチャンネルは約1,700作品以上のアニメが月額1,100円(税込)で見放題!

ガンダム作品が豊富なのはもちろん、ラブライブ、アイドルマスター、ドリフェス! などのアイドルアニメも多数視聴可能! Chromecast、Amazon Fire TV搭載でTV画面でも楽しめます!

おすすめ
ポイント
  • 1ガンダムの作品数が豊富! サンライズ、バンダイビジュアル系列のアニメ好きにおすすめ!
  • 2独自機能の「セリフ検索」であの名言で作品を探せる。
  • 3最大最大1ヶ月間の無料トライアルが設けられているので気軽に試せる!

バンダイチャンネルはガンダム作品を中心にアニメ作品を配信! 最大1ヶ月間の無料期間がありお得に試せる!

コードギアス 亡国のアキト シリーズはバンダイチャンネルで視聴可能です!

バンダイチャンネルは、最大1ヶ月の無料お試し期間があります。(見放題会員の支払い方法によって期間は異なります。)
無料期間中に退会すればもちろん料金はかからないので、気がねなくサービスをお試しいただけます。

また、バンダイチャンネルはTVアニメシリーズを定額見放題で観ることができます。
今話題の最新TVアニメシリーズから懐かしの名作まで、多くの作品を定額見放題で楽しめます。また、ガンダムシリーズを非常に多く観られるのも特徴的です。

バンダイチャンネルのおすすめ作品

バンダイチャンネルのシリーズ本数:5本/5本

\ バンダイチャンネルを最大1ヶ月無料で楽しむ!/

ビデオマーケット

月額料金
550円(税込)〜
無料期間
入会月無料
種類
レンタル
同時再生可能
端末数
1
ダウンロード
×
見放題作品
6,808本

ビデオマーケットのおすすめポイント

ビデオマーケットの最大のウリは圧倒的な作品数!

最新作を含む22万本を観られるため、よそでは見つからなかったニッチなジャンルの作品や、昔の名作映画、名作ドラマが見つかるかもしれません。
初月無料なので、気になるはぜひチェックしてみてください。

おすすめ
ポイント
  • 1国内最大級の作品数22万本を楽しめる! よそで見つからなかった作品が見つかるかも!?
  • 2毎月550円分のポイントがもらえ新作映画1本が追加料金なしで見れる!
  • 3Fire TV Stick、クロームキャスト対応でテレビの大画面で動画を楽しめる!

ビデオマーケットでお得にレンタル!22万本の動画を楽しもう!

コードギアス 亡国のアキト シリーズはビデオマーケットで視聴可能です!

毎月レンタルにつかえるポイントが550ポイントもらえるのでレンタル作品もお得に楽しめます!(プレミアム&見放題コース)
ビデオマーケットの最大のウリは圧倒的な作品数!

最新作を含む22万作品もあるため、よそでは見つからなかったニッチなジャンルの作品や、昔の名作映画、名作ドラマが見つかるかもしれません。

ビデオマーケットのおすすめ作品

ビデオマーケットのシリーズ本数:5本/5本

\ビデオマーケットを初月無料で楽しむ!/

dアニメストア

月額料金
440円(税込)
無料期間
31日間無料
種類
定額見放題
同時再生可能
端末数
1
ダウンロード
見放題作品
3,705本

dアニメストアのおすすめポイント

dアニメストアは月額440円(税込)という業界最安値で2,900本ものアニメが視聴可能!

ダウンロード機能も搭載されていて、アニソンも聴けるため、オフラインでBGMとして楽しむこともできます。
31日間の無料トライアル期間も設けられているので、気になったかたはぜひチェックしてみてください。

おすすめ
ポイント
  • 1業界最安値水準!! 月額440円(税込)で2,900本のアニメが見れる!
  • 2ダウンロード機能搭載!通勤・通学のスキマ時間に楽しめる
  • 3Chromecast対応でテレビの大画面でアニメが視聴可能!

dアニメストアは数多くの作品を見放題配信! 31日間の無料期間中なら見放題作が無料で

コードギアス 亡国のアキト シリーズはdアニメストアで視聴可能です!

初回31日間の無料体験期間が設けられており、dアニメストアの魅力を存分に体験することができます。
また、月額440円(税込)という非常に魅力的な料金で、非常に多くのアニメを楽しむことができます。

アニメ専門の動画配信サービスなだけあって、最新TVアニメシリーズから懐かしのTVアニメシリーズまで、非常に豊富なラインナップを誇ります。

dアニメストアのおすすめ作品

dアニメストアのシリーズ本数:1本/5本

\ dアニメストアを31日間無料で楽しむ!/

Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)

月額料金
500円(税込)
無料期間
30日間無料
種類
レンタル
同時再生可能
端末数
1
ダウンロード
見放題作品
10,538本

Amazonプライムビデオのおすすめポイント

Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)は、
一般会員なら30日間、プライムStudent会員なら6か月間の無料期間期間が設けられているので、気になるはぜひチェックしてみてください。

月額500円(税込)で話題のオリジナルドラマ、婚活サバイバル番組「バチェラー・ジャパン」や、松本人志プレゼンツ「ドキュメンタル」など、
ネットならではの攻めたオリジナル作品を視聴することができます。

おすすめ
ポイント
  • 1ここでしか見られない尖ったオリジナル作品を多数楽しめる!
  • 23台同時再生搭載! 複数人でも利用可能!
  • 3ダウンロード機能搭載! お出かけ前にしておけば、オフライン再生が可能!

Amazonプライムはレンタルもある?動画の購入もできるって本当?

コードギアス 亡国のアキト シリーズはAmazonプライムビデオで視聴可能です!

Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)はレンタル作品を含めると70,000作品以上のラインナップ。
映画作品は1本100~300円程度でレンタル可能ですが、ずっといつでも好きな時に見たい!という方は購入することもできます。

Amazonプライムビデオのおすすめ作品

Amazonプライムビデオのシリーズ本数:5本/5本

\Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)を30日間無料で楽しむ!/

コードギアス 亡国のアキト シリーズのあらすじ一覧

その他のコードギアス 亡国のアキト シリーズ一覧

コードギアス 亡国のアキト シリーズに関する記事一覧

コードギアス 亡国のアキト シリーズと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
マーシャ
マーシャ

大学卒業後、株式会社CAMに入社。 同年、グループ会社である株式会社CyberOwlへ出向。 現在、「aukana」の記事編集業務を行う。

※配信されている作品は、サービス各社の状況によって配信スケジュールが変更される場合がございますので詳しくは、動画配信サービス各社のサイトにてご確認ください。

ページトップ