SHARE

contents kv

出典:

2019/05/08
2,293 1

アジア映画が見れる動画配信サービスは?

映画はハリウッドだけじゃない!世界的に有名なアジア映画は多くあります。今回はそんな代表的なアジア映画と、その作品を配信しているサービスを併せて紹介します。

目次

歴史大作「レッドクリフ」の興奮をdTVで味わえる!

「レッドクリフ」は中国の四大奇書に数えられている羅漢中の「三国志演義」をベースにした作品です。

「ミッション:インポッシブルⅡ」などで知られているジョン・ウー監督がメガホンを取り、2008年に「PartⅠ」、2009年に「PartⅡ-未来への最終決戦」が公開されました。

日本では孔明役に金城武、甘寧をモデルにした甘興役に中村獅童がキャスティングされ話題になりました。

「三国志演義」で最も有名であろう「赤壁の戦い」を完全実写化したといわれるこの作品は現在dTVで配信されています。

dTVはNTTドコモが提供している配信サービスです。特徴としては「月額500円(税抜)という値段の安さ」と「ドコモユーザー以外の方もサービスを利用できる」ことです。

月額500円(税抜)というのは、他の動画配信サービスと比較しても非常に安いです。最新作を見る場合は1本500円程度の支払いで「レンタル」という形式で視聴する必要がありますが、それでも定額料金で見放題の作品数は70,000タイトル以上と非常に魅力的なサービスです。

dTVはNTTドコモが運営しているサービスですが、他のキャリア契約をしている方でも
利用することができます。

残念ながらドコモユーザー以外の方は、支払い方法がクレジットカードに限定されてしまいますが、この料金で多くのコンテンツを利用できるので、メリットはとても大きいです。

画質は、「すごくきれい」「きれい」「普通」の中から自分で選択することができます。

なので動画を視聴する際には、周りのネット環境やデバイスのスペックに合わせた画質を選択することが可能です。

またオフライン再生にも対応しているので、自宅のWi-Fi環境下で動画をダウンロードしておいて、外出先でその動画を楽しむことだって可能です。

料金をできるだけ抑えて、たくさん作品を観たい方にお勧めです。

根強い人気!「少林サッカー」をHuluで楽しもう!

アジア映画といえば、やはり多くの人が「燃えよドラゴン」や「酔拳シリーズ」といったカンフー映画を想像するでしょう。

そんな「カンフー映画」におよそ相容れないであろう「サッカー」という要素を混ぜてしまった異色の作品が「少林サッカー」です。

チャウ・シンチーが監督、主演を務め、2001年に公開されたこの作品。当時の香港映画の興行収入を塗り替え、日本や世界で上映され、大ヒットしました。

そんなカンフー映画の新境地を開いた「少林サッカー」はHuluで配信されています。


Huluはアメリカでスタートした配信サービスです。こちらのサービスは配信されているすべての動画が見放題で月額933円(税抜)です。

先程紹介したdTVよりは月額料金が高く設定されていますが、dTVとは異なり新作や旧作問わず配信されている作品が見放題です。

追加料金なしで新作映画を観たいという方にはこちらがお勧めです。

Huluを利用できるデバイスはスマートフォン、タブレットのほかにもPC、テレビ、Playstation4といったゲーム機など多岐にわたっています。

視聴履歴や再生中の作品などのデータは自動的にすべての端末に同期されます。

外出先でスマートフォンやタブレットや視聴していた作品を、帰宅した際にテレビやパソコンで途中から再生する、なんてことも可能なので非常に便利です。

Huluの動画は720pのHD画質で視聴が可能です。ネット環境さえ整っていれば、好きな動画をキレイな画質で視聴することが可能です。

映画を観る際に、画質が気になってしまう方にはこちらのサービスがお勧めです。

アツいジャッキーのアクション!「WHO AM I?」はTSUTAYA TVで見れる!

世界に名を響かせているアジアスターといえば、やはりジャッキー・チェンでしょう。

先程触れた「酔拳シリーズ」のほかにも「プロジェクトA」 、「スパルタンX」 など多くの人気作品を生み出し、現在も精力的に活動しているカンフースターですよね。

ジャッキーの90年代の集大成と呼ばれている作品が「WHO AM I?」です。

現在も多くのファンがいるこの作品、TSUTAYA TVで視聴することができます。

TSUTAYA TVはTSUTAYAが提供している動画配信サービスです。

国内最大級のレンタルビデオショップが運営に関係しているだけあって、劇場公開されたばかりの新作といったものも配信されています。

TSUTAYA TVは大きく分けて月額933円(税抜)の動画見放題プランのほかに、933円(税抜)から5,423円(税抜)の定額レンタルプランがありますが、おススメしたいのは動画見放題プランです。

月額933円(税抜)の動画見放題プランでは一般作品が見放題に加え、1,080円分のポイントが毎月プレゼントされます。このポイントは準新作・新作も含んだ総数50,000タイトルが使える対象になっています。

またこのサービスを利用すると「Tポイント」が貯まります。貯まったポイントは使うことができるので、Tポイントカードを持っている方にはお得なサービスだと思います。

韓国ラブコメの代表!「猟奇的な彼女」をAmazonプライムビデオで見よう!

猟奇的な彼女は2001年の韓国映画です。同名のネット小説が原作のこの作品、公開されると瞬く間に人気作品の仲間入りをし、韓国国内で「猟奇ブーム」を巻き起こしました。

日本でも公開されたこの作品ですが、現在「Amazon Prime Video(Amazonプライムビデオ)」で気軽に観ることができます。

Amazon Prime Video(Amazonプライムビデオ)は、WEB通販で知られているAmazonが運営する有料会員制度「Amazonプライム」の付帯サービスです。

このサービスを利用するにはAmazon Prime Video(Amazonプライムビデオ)に入会する必要があるため、サービスの年会費である4,900円(税込)を支払う費用があります。

しかし1ヶ月あたりに換算すると408円とかなり格安です。学生の方は「Amazon Student」を利用すれば、年会費2,450円(税込)(1ヶ月あたり204円)という、さらに安い年会費で利用することができます。

配信作品数は約15,000以上と他の配信サービスに比べると少ないですが、この料金設定とAmazonプライムの他のサービスとも併せて考えれば充分すぎるものではないでしょうか。

プライムビデオではSD(標準画質)、HD(高画質)のほかに、UHD画質に対応しているものがあります。これは何のことかというと、超高精細すなわち、4Kに対応した画質のことです。4Kとは最高2,160pの画素数、HD画質の4倍の高画質です。パソコンやテレビに出力すれば美麗な映像を楽しむことができますよ。

香港ノワールの代表作!「インファナル・アフェア」はFODで見れる!

インファナル・アフェアは2002年にアンドリュー・ラウとアラン・マックが監督を務め、主演をトニー・レオンとアンディ・ラウが務めた香港映画です。

この作品の脚本は世界中で高い評価を受け、その後3部作のシリーズとして製作されました。

2006年にアメリカで「ディパーテッド」としてリメイクされたり、2012年に日本で製作された「ダブルフェイス」のモチーフになったりするなど強い影響力を持つ作品です。

この作品は現在FOD(フジテレビオンデマンド)で配信されています。

FOD(フジテレビオンデマンド)はフジテレビが提供している配信サービスです。映画のほかにも、現在フジテレビで放送中の番組や、過去に放送されていたドラマシリーズといった作品も多数配信されています。

料金プランは大きく分けて、月額見放題コースと月額ポイントコース、月額ライブコースの3つがあります。オススメなのが月額見放題コースの中にある「FODプレミアム」というコースです。月額888円(税抜)で映画や新作ドラマ、アニメといった数多くの作品が見放題になります。

放送中のドラマも放送終了後にはすぐに配信されますし、それらの作品も月額料金で見放題になる場合が多いです。「映画も好きだけどドラマも同じぐらい好き!」という方にお勧めのサービスです。

他サービス同様に再生する画質が「高画質版」と「軽量版」から選択することができるので、データの使用量や、動画再生中の周りの環境に合わせて変更することができます。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

「アジア映画」人気ニュースランキング