当サイト内に掲載されている[PR][Sponsored]の表記がある商品は広告(アフィリエイトプログラム)により編集部のおすすめとしてご紹介>させて頂いております。

SHARE

contents kv
2023/06/19
950 2

【見逃し】山田裕貴×赤楚衛二 ドラマ『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』の無料見逃し配信・あらすじ・キャスト

ペンディングトレイン―8時23分、明日 君とが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

2023年4月21日に放送が始まったTBSの金曜ドラマ『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』の見逃し配信情報、無料視聴できる動画サービス、あらすじなどをご紹介します。ドラマ『ペンディングトレイン』の主演は、GP帯連続ドラマ初主演となる山田裕貴です。さらに、主人公のバディ役をNHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』で一躍人気急上昇となった赤楚衛二が演じることも注目されています。

目次

【金曜ドラマ】『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』電車が突然、見知らぬ世界へ!? スペシャルティザー!!【TBS】

金曜ドラマ『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』見逃し動画配信情報!! 今すぐ見たい方はココ!!

こちらでは金曜ドラマペンディングトレイン-8時23分、明日 君との見逃し動画配信情報を、ご紹介していきます。

前作金曜ドラマ『100万回言えばよかった』と同じように、Paravi、TVer、TBS FREEで配信されています。以下に、各サービスごとの配信情報を説明します。

金曜ドラマ『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』の見逃し配信はParaviで見られる!

前作金曜ドラマ『100万回言えばよかった』と同じように、金曜ドラマペンディングトレイン-8時23分、明日 君との見逃し動画もParaviで配信されています。

Paraviのベーシックプランでは、月額1,017円(税込)でお好きな動画を気軽に視聴できます。タブレット、PC、テレビなど、複数のデバイスで視聴できるのも手軽ですね。

金曜ドラマ『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』は、放送後1週間以内ならTVerでも無料視聴できる!

放送後1週間以内ならば、金曜ドラマペンディングトレイン-8時23分、明日 君との見逃し配信はTVerでも見られます!

TVerでは、放送後1週間以内であれば無料視聴することができます会員登録などの手続きもいらず、手軽に無料で楽しめるところが魅力

【TVer(ティーバー)】の視聴方法 アプリとは? 保存できるの? 民放のテレビ番組を無料で見逃し配信 | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較 https://doga.hikakujoho.com/tver/

民放公式テレビポータルサイト「TVer(ティ-バー)」を徹底解説しています!無料で視聴できる理由やPC(パソコン)&アプリでの見方・使い方、また、テレビで見れない?・ダウンロードできない?・Paravi(パラビ)とどう違うの?といった疑問まで、知りたいと思う情報を網羅!配信中の番組表一覧も載せているので、気になる番組があれば合わせてチェックしてみてください。ツイッターやアンケートによる口コミもぜひ参考に。

金曜ドラマ『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』の見逃し配信はTBS FREEで無料視聴できる!

金曜ドラマペンディングトレイン-8時23分、明日 君と放送後1週間以内であれば、TBS FREEで見逃し配信を無料視聴できます。

こちらも会員登録などの手続きもいらず、手軽に楽しめますね。

ドラマ『ペンディングトレイン』基本情報

【TBS】
初回放送日:2023年4月21日 金曜よる10時~

金曜ドラマペンディングトレイン-8時23分、明日 君とは、主人公に山田裕貴、主人公のバディ役に赤楚衛二、ヒロインには上白石萌歌がキャスティングされています。

朝8時23分、通学や通勤の客であふれかえるいつもの電車が突然、荒廃した未来の世界へとワープしてしまったら…。何もない極限状態の中に突如放り出されてしまった人々の葛藤がスリルたっぷりに描かれる、ヒューマンエンターテインメント作品です。

予測不能でスリリングなストーリーは、大ヒットドラマ恋はつづくよどこまでもなどで知られる脚本家・金子ありさの完全オリジナル作品となります。

突然、見知らぬ人々とサバイバル生活を送ることになった主人公たちが、どのように困難に立ち向かい、どのように変化していくのか、先の読めない展開に期待が集まります。

『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』の公式サイト
『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』の公式Twitter
『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』の公式Instagram

ドラマ『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』スタッフ

【脚本】
金子ありさ
恋はつづくよどこまでも
着飾る恋には理由があって

【音楽】
大間々昂
アトムの童
マイファミリー

【プロデューサー】
宮﨑真佐子
逃げるは恥だが役に立つ
恋はつづくよどこまでも
丸山いづみ
恋はつづくよどこまでも
オールドルーキー

【演出】
田中健太
マイファミリー
クロサギ(2022年)
岡本伸吾
この恋あたためますか
アトムの童
加藤尚樹
MIU404
妻、小学生になる。
井村太一
オー!マイ・ボス!恋は別冊で
村井の恋
濱野大輝
恋する男たち
婚姻届に判を捺しただけですが

【製作】
TBSスパークル
TBS

ドラマ『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』キャスト

こちらでは金曜ドラマペンディングトレイン-8時23分、明日 君とに登場する、ステキなキャストたちを紹介させていただきます!

萱島直哉(山田裕貴)

カリスマ美容師。荒廃した未来の世界へワープしてしまった電車に偶然乗り合わせる。初めは優斗と対立してしまうが、少しずつ距離が縮まっていく。

'

白浜優斗(赤楚衛二)

消防士。男らしく、何ごとにもひたむきな熱血漢。未来にワープする電車に偶然乗り合わせてしまうが、自分よりもまず先に、困っている人の力になろうとする。

'

畑野紗枝(上白石萌歌)

高校の体育教師。未来にワープする電車に偶然乗り合わせてしまう。ふだんは周囲の目を気にしすぎるあまり、遠慮がちだが、ここぞというときに驚くような決断力を発揮する。

'

加藤祥大(井之脇海)

有名大学の大学院農学部・生命科学科で研究をしている大学院生。とても気難しく、ひとりの時間を過ごすことが好き。

'

渡部玲奈(古川琴音)

ネイリスト。自分の欲求を満たすためならば、周囲が犠牲になることも気にしない、わがままな性格。

'

米澤大地(藤原丈一郎)

イラストやゲームなどのポップカルチャーを学ぶ専門学校生。明るく、どんな状況下においても陽気にふるまえるため、周囲の心を和ませてくれる。

'

江口和真(日向亘)

名門進学校に通っている受験生。将来は医師になりたいと思っており、常に冷静で、大人顔負けの理論を展開できる。周囲のおとなに対して強い不信感を抱いている。

'

佐藤小春(片岡凜)

和真と同じ名門校に通っている高校生。和真の恋人であり、成績優秀な和真のことを尊敬している。

'

萱島達哉(池田優斗)

直哉の弟。直哉が母親の代わりに自分の面倒を見てくれたことに感謝しているが、なかなか素直にその気持ちを伝えられずにいる。

'

明石周吾(宮崎秋人)

不動産会社に勤めるサラリーマン。自ら積極的に行動を起こすことはしないが、そんな自分に苛立ちを覚えている。

'

小森創(村田秀亮)

駅員。家族思いで仕事熱心だが、トラブルにうまく対応できず、どうしてよいかわからなくなってしまう小心者。

'

立花弘子(大西礼芳)

システムエンジニアであり、現在は婚活にいそしんでいる。人と付き合うのが少し苦手なところがある。

'

三島すみれ(山口紗弥加)

直哉が勤めている美容室のオーナー。直哉の過去や事情を知ったうえで、若いうちから彼を雇い、助けてきた。

'

田中弥一(杉本哲太)

総合警備会社に勤めるサラリーマン。同僚からも、家族からも相手にされず、ただ毎日をやるせなく過ごしていたが、未来にワープする電車に乗り合わせたことで、一変する。

'

寺崎佳代子(松雪泰子)

人材紹介会社を経営する社長。ひとり娘を持つ母親でもあり、娘がかよっている私立名門校のママ友たちの前では虚勢を張っている。

'

山本俊介(萩原聖人)

IT企業社長。6号車に乗っていたところ、こちらの世界に来てしまった。6号車のリーダーとして皆をまとめている。

植村憲正(ウエンツ瑛士)

工務店に勤務している。山本たちとともに6号車に乗っていた。乗客たちのため、快適な生活空間を作るために工夫している

加古川辰巳(西垣匠)

6号車の乗客。森を探索中に加藤に出会い、未来人と思い込んで刺してしまった。直哉たちにそのことを深く謝罪する。

蓮見涼平(間宮祥太朗)

車両の失踪の謎に迫る物理学教授

ドラマ『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』全話あらすじ【ネタバレあり】

放送されましたら、こちらにあらすじをご紹介していきますので、どうぞお楽しみに! ネタバレ注意です!

『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』1話あらすじ(2023年4月21日放送)

「運命の電車」

ある春の朝、通勤途中の駅で電車を待つ高校体育教師・畑野紗枝は、同じホームにいたある男性の姿を見つけ、ちょっぴり幸せな気分に浸る。消防士をしているその男性・白浜優斗に、紗枝は密かに想いを寄せていたのだった。

まもなくして、いつも乗っている8時23分発・秋葉原行きの電車が到着し、紗枝は思い切って優斗と同じ車両に乗り込んだ。車内には専門学校生、ネイリスト、大学農学部院生、警備会社サラリーマンなど、多くの乗客が乗っている。

見ず知らずの人々が、ほんの少しの間だけ同じ車両で過ごす…。そんないつもどおりの時間が流れる車内に突然、緊急地震速報を知らせるけたたましい音が、個々の携帯電話から鳴り響いた

人々が急いで携帯電話を確認していると、電車が激しく揺れ始めた。優斗は足元に転がってきたペットボトルキャップが自分の目の前で突然消滅する様子を目撃し、言葉を失う。

さらに乗客にも同じように突然姿を消してしまう者たちがいた。動揺し、悲鳴をあげる乗客たちを乗せ、電車は激しい音を立てながら猛スピードで未知のトンネルへと吸い込まれてしまう

体を打った痛みとともに紗枝が目を覚ますと、どうやら電車はどこかに止まってしまったようだった。何が起きたのかまったくわからない乗客たちが次々に質問を浴びせ、乗務員・小森はパニックに陥る。

そんな中、美容師・萱島直哉が手動でドアを開けると、そこには誰も見たことのない世界が広がっていて…

『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』2話あらすじ(2023年4月28日放送)

「生きるための多数決」

水も食料も電波もなく、ペンディングにされた世界に車両ごと突然放り出された乗客たちは、不安な時間を過ごしていた。

すると突然、外にいた駅員・小森が叫び声をあげる。けがをした男性、長谷川が電車の入口から倒れ込んできたのだ。長谷川は乗客たちの顔を見ながら「人がいてよかった…。」とつぶやいた

すでに手持ちの飲料が尽き、のどの渇きも限界に達していた乗客たちの関心と期待は、いっせいに長谷部が運んでいた飲料に集中した。

しかし長谷部は、それらの水やお茶がカートごと誰かに盗まれてしまったと話す。

乗客たちが一斉に落胆するなか、玲奈は乗客の誰かが飲料を盗んだ犯人だといい始めた。佳代子もいら立ちを押さえられず、厳しい口調で犯人探しを始める。

乗客たちは皆ざわめき、優斗が慌てて落ち着かせようとしてもなかなかおさまらない。そんななか直哉が突然、飲料のありかを知っていると名乗りをあげた。直哉は車両から遠く離れた場所で水やお茶が入ったカートを発見し、1本だけ飲んだと白状した。

しかし、もし残りの飲料が手に入った場合、皆でどうわけるかの意見が直哉と優斗で対立してしまう

車内に殺伐とした空気が流れたが、体調を崩した者が出てきたため、ひとまず直哉と弘子、そして加藤の3人は飲料を取りにカートがあった場所へと出発するのだが…。

『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』3話あらすじ(2023年5月5日放送)

「熱き涙のバディ誕生」

夜、列車の外に出ていた田中は、急に上の方から1つだけ落ちてきたペットボトルキャップに驚く。そして、帽子をかぶり黒い上着を着た怪しい人物を見つけた

田中はすぐさま追いかけたが、帽子の人物は森の中に逃げ込んでいってしまう。いったん自分たちの列車に戻った田中は、直哉のバッグを勝手に持ち出した

外でたき火の番をしていた直哉は、田中を慌てて追いかけるも見失ってしまう。バッグの中には、直哉が苦しい生活の中、必死に稼いで手に入れた大切な美容師道具が入っていたのだ。

しばらくして疲れ果てた様子で戻ってきた田中に、直哉は殴りかかり、怒りをぶつけた。優斗や紗枝が仲裁に入る中、田中は怪しい人物を見たため、護身用に持ち出したと釈明するものの、直哉は信じることができない…。

そのとき、突然雨が降り出した。のどの渇きが極限に達していた乗客たちはいっせいに列車から出ると、雨を全身に浴び、久しぶりの笑顔を見せた。紗枝たちは率先して雨水をペットボトルに集め始め、加藤や米澤たちも雨水の確保に努める。

しかし、次は食料不足の問題を何とかしなければならなかった。

優斗が呼びかけるだけでは、積極的に協力してくれるメンバーは限られてきていた。すると、自分から動こうとしない乗客たちに向かって、直哉が大声をあげた。

「動かない、役に立たない、食べられない、そういうやつから死んでいくぞ。それが嫌なら動け!働け!」その言葉には、乗客たちの心を動かす力強さがあった。

『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』4話あらすじ(2023年5月12日放送)

「仲間か敵か」

周辺に川があるかもしれない、と森へ探索に出かけた直哉と優斗は突然、加藤のうめき声を聞いた。駆け寄ると、怪しい人影が逃げていき、腹を刺された加藤が倒れていた

加藤はかなり出血しており、直哉と優斗は加藤の手当てを最優先にする。あまりの痛さで身動きの取れない加藤を、ふたりは電車まで運んだ。

加藤の傷は深く、直哉は縫った方がいいと判断する。小森が乗客の忘れ物のカバンから消毒薬などを見つけ、喜代が自分の裁縫道具を差し出した。

直哉に傷を縫うべきだ、といわれた優斗だが、応急処置しかできないと尻込みしてしまう。苦渋の選択を迫られた優斗の心の中で、自分の判断ミスで先輩に重傷を負わせてしまった消防士時代の辛い記憶がよみがえったのだ。

「もし何かあったら責任が…。」と優斗が選択を渋っていると、我慢しきれなくなった直哉がいった。「もう、やるしかないだろ!」

直哉は優斗を押しのけ、裁縫道具を使って加藤の傷を縫い始めた。麻酔も無い状態での手術であり、痛みで絶叫する加藤のことを、乗客たちは応援し続けるしかなかった。

やっとのことで直哉は傷の縫合に成功したが、すぐに加藤は高熱にうなされ始めた。医師志望の和真は、傷口が化膿するのを防ぐため、通常なら軟膏を塗るとアドバイスをする。

軟膏の代わりになるものは何かないか…。皆が悩む中、加藤がいつも書いていた植物の採集記録ノートを米澤が探し出す

そこには、周辺に生えているヨモギやドクダミなどの草の汁に抗菌作用や炎症を防ぐ作用があることが、イラスト付きで細かく記されていた。米澤たちはさっそくそれらの草を採集して葉をすりつぶし、加藤の傷口に塗ってみる。

乗客たちは皆、加藤の無事だけを祈り続け、一丸となって懸命に加藤の処置に協力するのだが…

『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』5話あらすじ(2023年5月19日放送)

「それって恋」

優斗、直哉、紗枝の3人は、自分たちが乗っていた5号車と同じ形をした車両を発見した。驚く3人の前に、6号車と書かれたその車両の乗客らが集まってくる。

6号車のリーダーと呼ばれているIT企業社長・山本は直哉たちに丁重にあいさつをし、自分たちの6号車へと案内した。調理場、トイレ、そしてお風呂まで自分たちで作り上げ、はるかに充実した生活を送っている6号車の様子に3人は驚き、感心するばかりだった

山本はさらに、自分たちの仲間である植村や加古川を紹介した。すると、加古川を見た直哉は、彼が加藤を刺した犯人であることに気づく。

殺気だつ直哉の前に加古川は土下座し、深々と謝罪をした。事件の日、森にいた加古川は加藤の姿を見た途端、未来人かもしれないとの恐怖心のあまり、思わず刺してしまったという。

未来人の言葉に疑問を持った紗枝は、ここがなぜ未来だと思うのかと質問をすると、山本は「ここが未来である確証がある」と答え根拠を述べた。

そして、こちらの世界に来たからには、必ず帰る方法があるはずだ、とも付け加えた。もとの世界に帰るためにも、今後は5号車のメンバーとも協力していきたいと話す山本だが、直哉はなかなか信じようとしなかった。

さっそく5号車に戻った3人は、仲間たちに6号車の存在や、その生活の様子などを報告した。5号車の仲間たちはさっそく、教えてもらった方法をもとに、風呂場づくりに取りかかるのだが…。

『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』6話あらすじ(2023年5月26日放送)

「気づいた想い」

森の中を歩いていた紗枝と玲奈は、落ち葉の積もった地面に金髪の死体が埋められているのを発見した。すると突然、6号車の男たち3人が襲いかかってきたのだ。

紗枝に助けられた玲奈は5号車へ向かって逃げ、男たちは紗枝を追い回した。玲奈の報告を受けた優斗と直哉は急いで紗枝の救出に向かう。

5号車の乗客たちは大きな不安に襲われ、寺崎の呼びかけで身を守るための備えを始める。優斗と直哉は6号車に乗り込んでいった。

殺気だった目で6号車の周辺や車内を捜索し始めた直哉たちの様子に、6号車の乗客たちは驚きおびえる。そして直哉は車内に流血の跡を見つけてしまう

直哉に問い詰められた6号車のリーダー・山本は、こちらの世界に来たときに6号車の車内で起こった事件のことを話した。そのとき図らずも、山本が暴れ出した男を刺し、殺してしまったというのだ

優斗は人を殺した山本と、すぐに協力し合うことは難しいと伝える。そして信頼関係を築いていくためにはまず、紗枝を一緒に探すことを約束させた。

そのころ、くじいた足をかばいながら必死で逃げ回っていた紗枝は、森の中で見つけた古びた小型船の中に身を潜めていた。すると、紗枝を探しに来た6号車の乗客たちがそばをとおりかかり、山本が小型船の中に入ってくるのだが…。

『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』7話あらすじ(2023年6月2日放送)

「抱きしめられた涙」

6号車の山本が持っていた手帳には、2026年12月9日、隕石が太平洋に落下して激しい揺れと大きな爆発が起き、町がぐちゃぐちゃになった…と書き残されていた。

周辺の偵察に出かけた小森と佳代子が見つけてきた、オーロラに照らされると発光する石も、いままで見たことがない不思議なものだった。和真や優斗はそれらの中に、もとの世界に戻るためのヒントがあるのかもしれないと希望を抱く

そんな中、リーダーの山本が消え、治安が悪くなってしまった6号車から5号車へと移住を希望してくる人が増え始めた。受け入れた人々が暮らす場所を作るため、5号車メンバーは協力し、草や木を使って新たなベッドなどを作り始めた。

さらに食料もいままで以上に確保する必要があったが、どうしても足りない。そんな中、近くの川辺に温泉の湧く場所があり、その温泉を煮詰めて山塩をつくることができるとの情報が入ってくる。

塩は皆、のどから手が出るほど欲しいものだった。琴音と明石が偵察にいってみると、近くの川辺はすでに6号車の人々が自分たちの縄張りであると主張し5号車の人間が立ち入ることを許さないと話すのだ。

怒りを爆発させる琴音をなだめ、6号車の人々と話し合うために優斗が出かけようとすると、直哉がそれを遮った。先日、激しく争ったばかりの6号車に出向くのは、危険なことだからだ。

5号車のヒーロー的存在である優斗は、皆を守るために5号車に残るべきだと直哉はいった。そして、優斗の代わりに自分が6号車との交渉役を買って出る

自分はもとの世界に戻れるとは考えてもいない。もし6号車で暮らせそうなら、5号車を出て6号車に移住してもいいと強がりをいいながら出かける直哉を、5号車の仲間たちは心配そうに見送るのだった…。

『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』8話あらすじ(2023年6月9日放送)

「生きろ…永遠の別れ」

田中が車両の奥の扉をこじ開けると、その先には真っ黒で大きな穴がぽっかりと開いていた。穴はものすごい吸引力で周辺にあるものを吸い込んでいき、田中が作ったわら人形も一瞬のうちに吸い込まれ、跡形もなく消えてしまった

5号車のメンバーたちが見守る中、ワームホールは次第に小さくなっていく。思わず身を乗り出そうとする優斗を加藤が制した。「吸い込まれたら、体がバラバラになってしまうかもしれない!」

加藤は、その穴はワームホールと呼ばれ、研究者の論文によれば、数千光年離れたところで起きた超新星爆発によってできたものであると皆に説明した。昨日の激しい嵐で発生した自然エネルギーによって、ワームホールが現れたのではないかという。

もしそうなら、再び嵐や地震のような大きな自然エネルギーの発生があれば、またワームホールが開くかもしれない。さらに、オーロラのような宇宙磁気圏の乱れも有効かもしれないと加藤は続けた。

そんな中、子どもを身ごもった心春が、お腹の子を産んで母親になる決断をする。優斗は、何としてでももとの世界に戻ろうと強く皆を促した

そのためには、もう一度ワームホールを開けなければならない。加藤を始め、皆の知恵を出し合い、オーロラに共鳴して光る隕石を集めることにした。

すると米澤が偶然森の中で、地面に埋もれたままの電線を見つけた。ワームホールを開くエネルギー源になるかもしれないという希望のもと、電線を掘り起こす作業も始まった。

多くの人々が熱心に協力する中、玲奈は素直に協力することができなかった。ワームホールが開いたとしても、飛び込んだら死んでしまうかもしれない恐怖があるからだ。

リスクを冒してでも元の世界に戻りたいか、それとも命を優先してこの場に残るか…。大きな選択が皆の心にのしかかるのだった。

『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』9話あらすじ(2023年6月16日放送)

「戻りたかったはずの世界」

5号車の乗客たちの願いは叶い、再びワームホールが現れた。その場に居残るという田中に別れを告げ、乗客たちが5号車に乗り込むと、車両はものすごい勢いでワームホールに吸い込まれていった。

すさまじい衝撃の後、我に返った優斗は扉を開けてくれた作業員に、現在の日時を確かめ、2023年ではなく2026年であることを知る。優斗たちは3年後の世界に来てしまったのだ

優斗や加藤は、向こうの世界で見つけた手帳に、2026年12月9日に大規模な隕石の衝突があり、壊滅的な状況になると書かれていたことを思い出した。約半年後には、そんな大惨事が待ち構えているのだ…。

しかしながら、何もない樹海の中ではなく、街の中に戻ってきたことにとりあえず乗客たちは喜んだ。皆、ひとまず病院に送られ、感染症の有無や健康状態などのチェックを受けることから始まった。

その後、警察による聞き取り調査がおこなわれた。優斗はタイムスリップしたときとのことをできる限り詳しく報告し、和真は向こうの世界で拾った空き缶の日付を見せながら、未来にタイプスリップしていたことを力説した。

また、加藤は採集した植物と隕石を見せ、未来のものだと主張した。優斗は手帳も見せたのだが、警察官たちは自分たちの話を信じようとはしてくれなかった

突如として線路に現れた5号車のニュースは大きく報道され、世間を騒がせた。そして、知らせを受けた乗客たちの家族が迎えにやって来た。

待っていた家族たちにとっては3年ぶりとなる再会であり、皆それぞれ無事に戻ってきたことを心から喜んだ。そんな中、直哉はタイムスリップした当日、会う約束をすっぽかしてしまった弟・達哉のことが気になっていた…。

『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』最終話あらすじ(2023年6月23日放送予定)

『ペンディングトレイン』6/23(金) 最終回 時空を越えた絆の結末は―!? 何があっても、会いに行く!!【TBS】

放送後に追記いたします。

ドラマ『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』の主題歌はOfficial髭男dismの新曲!

金曜ドラマペンディングトレイン-8時23分、明日 君との主題歌は、Official髭男dismの新曲「TATTOO」です。

大ヒットドラマ『恋はつづくよどこまでも』でも主題歌を担当したOfficial髭男dismの楽曲が、ドラマをどう盛り上げていくのか楽しみですね。

Official髭男dism - TATTOO [Official Video]

ドラマ『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』の原作は?

金曜ドラマペンディングトレイン-8時23分、明日 君とには、原作となる作品はありません。大ヒットドラマ『恋はつづくよどこまでも』や『着飾る恋には理由があって』などを手がけた脚本家・金子ありさによる、完全オリジナルストーリーです

ドラマ『ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と』まとめ

金曜ドラマペンディングトレイン-8時23分、明日 君とは新金曜ドラマとして2023年4月21日からスターしました。突如日常を奪われ、列車ごと未知の世界へとワープしてしまった主人公たちの葛藤が描かれます。

GP帯連続ドラマ初主演となる山田裕貴、NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』で一躍人気となった赤楚衛二の新たなコンビに注目です。ヒロイン・上白石萌歌との関係からも目が離せません。

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

ペンディングトレイン―8時23分、明日 君と

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

2,189 円/月

U-NEXT詳細

定額見放題

1,026 円/月

Hulu詳細

レンタル

1,958 円/月

music.jp詳細

定額見放題

790 円~/月

Netflix(ネットフリックス)詳細

「国内ドラマ」人気ニュースランキング