動画配信サービス比較情報.com

見たいリスト見たいリスト

0

見たいリスト(最大50件)0作品

現在、動画が選択されていません。

見たいリストの説明

見たい動画が追加されました

見たい動画を一括比較する

吹き出し 閉じる
料金 作品ラインナップ 機能 あらゆる角度で徹底比較!

自分にピッタリな動画配信サービスを見つけよう!

掲載作品数 約14万 掲載サービス数 25社
  • U-NEXT
  • Hulu
  • dTV
  • ビデオマーケット
  • Amazonプライムビデオ
  • dアニメストア
  • auビデオパス
  • DMM.com見放題chライト
  • TSUTAYA TV/DISCAS
  • FODプレミアム(フジテレビオンデマンド)
  • Netflix
  • 観劇三昧
  • ニコニコ動画(プレミアム会員)
  • Rakuten TV(楽天TV)
  • 日テレオンデマンド
  • プレミアムGYAO!
  • NHKオンデマンド
  • アニメ放題
  • クランクイン!ビデオ
  • 東映アニメオンデマンド
  • アクトビラ
  • バンダイチャンネル
  • テレビ東京ビジネスオンデマンド
  • DAZN
  • スポナビライブ

動画配信サービスってなに?

映画やドラマを好きなときに好きな場所で楽しめる 動画配信サービスとは、映画やドラマ、アニメなどの動画コンテンツを、パソコンやスマホで、自分が見たいタイミングで見られるサービスのことを指します。有名なサービスとして、Hulu(フール―)やNetflix(ネットフリックス)、Amazonプライム・ビデオなどが挙げられます。

どの動画配信サービスが一番いいのか?当サイトでは月額料金・作品コンテンツ・機能(画質やTV視聴など)の3点から動画配信サービスを比較しています。まずはどんなサービスがあるのか?早速人気&主要な11サービスをチェックしていきましょう!

主要な動画配信サービス11社の特徴を一挙ご紹介!

動画配信サービスを選ぶ3つのポイント”料金・作品ラインナップ・機能”を元に、当サイトおすすめの11社をご紹介していきます。月額料金を支払えばすべての作品が無料で見れるサービスもあれば、追加料金を支払って有料コンテンツを見ることができるサービスもあります。
また、作品のラインナップ数やオリジナルコンテンツの有無に加え、画質やTV視聴が可能かなどサービスごとの機能も紹介しています。
おすすめポイントも紹介しているので、自分にぴったりの動画配信サービスを選ぶ参考にしてみてください。

サービス一覧ページを見る

動画配信サービス比較表

主要な動画配信サービスの料金(月額・追加課金)・作品数(映画やアニメなど)、画質やオフライン再生などの機能に関して表にまとめました。
サービス同士比較してみてください。

サービス名 月額料金 無料期間 料金体系※1 作品数 画質 オフライン対応
Amazonプライムビデオ 325円(月割) 30日間 定額見放題 非公開 SD~UHD
Hulu 933円 14日間 定額見放題 4万タイトル以上 フルHD ×
Netflix 650円~ 30日間 定額見放題 非公開 SD~4K(月額による)
U-NEXT 1,990円 31日間 定額見放題
一部PPV
12万タイトル以上(※カラオケ含む) 高画質HD(1080p)
dTV 500円 31日間 定額見放題
一部PPV
12万タイトル以上 HD(一部4K)
ビデオマーケット 540円~ 入会月無料 定額見放題
一部PPV
17万タイトル以上 HD ×
TSUTAYA TV/DISCAS 933円~ 30日間 定額見放題
一部PPV
8万5000本以上(動画配信) SD~HD
DMM.com見放題chライト 500円 2週間 定額見放題 7,000タイトル以上 SD~HD ×
dアニメストア 400円 31日間 定額見放題
一部PPV
2600タイトル SD〜HD
FOD 888円 31日間 定額見放題
一部PPV
1,500タイトル以上 SD~HD ×
auビデオパス 562円 30日間 定額見放題
一部PPV
1万タイトル以上 SD~HD
※1 PPVとは有料コンテンツに料金を支払って視聴するシステムのことです。定額制(月額、年額など)に対するシステムである。

動画配信サービスを選ぶ3つのポイント!

動画配信サービスを選ぶときに重要なのは、「料金」「作品ラインナップ」「機能」の3つです。
「月額料金が安くても、見たい作品が全く配信されていなかった」「通信量が気になるから、オフライン再生があるサービスにしよう!」など、ユーザーによって気になる点は様々。
各ポイントごとに、具体的なサービス名を出しながら、詳しい特徴をまとめました。こちらのボタンから記事に飛んでくださいね!

見たい項目がある方はこちらよりページ内移動が可能です。

料金 月額料金や追加課金の有無をチェックしよう!

動画配信サービスの多くは、大きく分けて以下の3つの料金形態に分かれています。

月額見放題、都度課金、PPV課金についての説明

サービス内容 メリットデメリット
定額見放題 月額料金を払えばすべての映画やドラマ、アニメなどの作品が見放題という料金形態。 毎月の請求が同じで全作品見放題
最新作の配信が遅い
追加課金 見たい作品コンテンツを視聴しるたびに追加料金を支払う形態。 見ない月は料金が発生しない
新作の配信が早い
見過ぎると予想以上の請求額に...
定額・追加課金 定額見放題に加え、新作の映画やドラマなどの作品を月額料金と別で追加料金を支払うことでレンタルできる料金形態。 見たい新作がなければ定額ないでOK
新作の配信が早い
月額料金が高い場合が多い

たくさん映画やドラマを見たいなら定額見放題、見たい作品コンテンツが決まっていて、数本しか見ない方は都度課金…など、自分の見たい作品数や、利用する頻度によって選ぶのが一般的です。
また、新作コンテンツを観たい!という方は追加料金を支払うことで個別に作品を視聴ができるサービスに入会しておくと、レンタルショップに行く手間がなくなるので便利です!

どんな料金形態のサービスがあるのか?さっそく、具体的なサービス名を出しながら各料金形態についてご紹介してゆきましょう!

すべての作品が見放題!わかりやすい定額見放題料金で選ぶならHulu!

Hulu

月額933円のHuluなら、配信される映画やドラマなどの作品コンテンツがすべて見放題となるため、ドラマやアニメなど話数の多い作品を続けて見ても追加料金がかからず、安心して利用できます。またオリジナルコンテンツの制作も増えてきています。
新作映画は少なくても、毎月たくさんの映画やドラマを追加料金なしで見たい!という方はHuluがおすすめです。

見たい作品を見たいときに見たいだけ見る!都度課金で選ぶならビデオマーケット!

VideoMarket

ビデオマーケットのプレミアムコース(月額500円)なら、毎月もらえる540ポイントで好きな作品を視聴できて、ポイントの追加購入も可能です。
作品ごとに追加料金を支払う形態は、サービスを使わない月はコースを解約しておけば、その月は料金がかからないのも安心ですね。レンタルショップが家の中にあるような感覚で利用できます。
なので、毎月1本程度しか映画をみなかったり、最新作を中心に見たい方にはオススメです!

見放題も新作も!!お得にたくさんの動画を見たいならU-NEXT!

U-NEXT

U-NEXTは12万作品中4万作品以上が見放題、それ以外の作品は追加料金を支払うことで視聴できますが、月額料金は1,990円と、他社の動画配信サービスと比べて高額です。
しかしこれにはカラクリがあって、月額料金1,990円の中に毎月1,200円分の追加課金用のポイントが含まれているので、Huluなどと違って新作の映画や有料のコンテンツを楽しむこともできます。
最新映画を中心に、旧作もたくさん見たい!という方にオススメのサービスです。

【番外編】とにかく安い月額料金で利用したい方はAmazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオ(アマゾンプライムビデオ)の作品は見放題年間プラン3,900円(税込)(325円月割)

「料金」という言葉を耳にすると、気になってくるのが”とにかく一番安い料金”のサービスですね。
とにかく安い月額料金で利用したい!という方におすすめなのは?ズバリ年会費3,900円(税込)で見放題のAmazonプライムビデオです。
Amazonプライムビデオ(アマゾンプライムビデオ)の作品は見放題年間プラン3,900円(税込)(325円/月(税込))。年会費プランの場合は年会費3,900円(税込)を一括で支払うことになります。一括で支払うと、実質月額料金325円/月(税込)でサービスを楽しむことができます。
一括で年会費を支払うことに抵抗が有る方は、2017年6月からスタートした、月会費プランを利用することをおすすめします。月会費プランなら、月額400円(税込)でAmazonプライムビデオのサービスを楽しむことができます。
※別サービスであるAmazonビデオを併用すれば、最新作も追加課金で視聴できます。
とにかく月額料金を安くサービスを抑えたい方は必見です。
またAmazonプライムビデオに関しては有名作品の配信や、オリジナルコンテンツの作成などサービスの使いやすさにおいても他の人気サービスに劣っていません。
動画配信サービス初心者にとっては入っていて一番お得なサービスとしておすすめします!

作品ラインナップ 見たいジャンルの充実度や見たい作品の配信状況をチェック

料金と同様に比較ポイントとして重要なのが、「見たい作品が配信されているか」や「見たいジャンルが多く配信されているか」という作品コンテンツの豊富さという点になってくると思います。

「アニメが見たい」「スポーツが見たい」という風に、見たいジャンルが決まっている場合は、アニメならdアニメストア、スポーツならDAZNなど、そのジャンルを専門に配信しているサービスやプランに登録するのがおすすめです。スポーツジャンルではDAZNなどはここ最近非常に人気でコンテンツも豊富な上に視聴環境もかなり整っています。

様々なジャンルの動画を配信しているサービスでも、特に最新作に強いサービス、映画に強いサービス、ドラマに強いサービス、海外ドラマに強いサービスなど、サービスによってラインナップの特徴が変わってきます。
早速、どういった作品がどのサービスで配信されているか知りたい方はこちらから検索してみてください

また、見たい作品以外にも、好きなジャンルの作品をたくさん配信しているサービスを選ぶことが、動画配信サービスをお得に利用する秘訣です!人気のサービスは日々コンテンツも追加されていくので飽きることなく長く楽しめると思います!

ではさっそく、ジャンルごとのオススメサービスをチェックしていきましょう!

最新映画をイチ早く見たい方におすすめな動画配信サービスはこの2社

22年目の告白 -私が殺人犯です-
引用:amazon
ワイルド・スピード ICE BREAK
引用:amazon

最新映画と言えば、
「U-NEXT」「ビデオマーケット」の2社がオススメ!

海外ドラマ好きにおすすめな動画配信サービスはココ!

ウォーキング・デッド シーズン7
引用:amazon
12モンキーズ シーズン2
引用:amazon

海外ドラマと言えば、「Hulu」がオススメ!

民放ドラマに強い!テレビ局の動画配信サービスはココ!

僕たちがやりました
引用:amazon
愛してたって、秘密はある。
引用:amazon

民放ドラマと言えば、「FODプレミアム」がオススメ!

ここでしか見られない!オリジナル作品に強いおすすめサービスはこの3社!

オリジナル作品と言えば、
「Hulu」「Amazonプライムビデオ」「Netflix」がオススメ!

アニオタ必見!アニメ関連作品が充実しているオススメサービスはココ!

交響詩篇エウレカセブン
引用:amazon
名探偵コナン
引用:amazon

アニメと言えば、「dアニメストア」がオススメ!

スポーツの生中継や見逃した試合がいつでもどこでも楽しめるサービスはココ!

DAZN

サッカー、F1、バスケ、アメフト、ラグビーなど、スポーツのライブ配信ならDAZN(ダ・ゾーン)!
2017年から2026年まで、Jリーグの有料放送放映権を獲得しており、サッカーファンなら登録必須のサービスとなりました。

まだ2016年に始まったばかりのサービスで、発展途上な点も多々ありますが、フルHD(Blu-ray並み)の美しい画質でJリーグの中継を楽しめるのは、DAZNだけです!

人気のジャンルをピックアップして人気コンテンツが配信されている動画配信サービスを紹介してきました。気になるサービスは是非チェックしてみてください。
サイト内の作品配信サービスの更新状況はこちらの「VOD番組表」からチェックできます。

また、下記のメニューからは、作品のジャンルや配信している作品名でサービスを探せます。
「絶対にこれが見たい!」という作品がある方はぜひチェックしてみてくださいね。

作品名で動画配信サービスを探したい方はこちら

作品名が入力されていません

機能 オフライン再生機能や画質の良さ、テレビ再生機能など、欲しい機能をチェック!

料金やラインナップで比較しても決められないとき、決め手となるのが動画配信サービスの機能!

動画配信サービスを機能や対応デバイスから探すとき、要チェックポイントは①画質、②対応デバイス(メディアストリーミング端末の機能)、③オフライン再生機能、④同時視聴、⑤字幕・吹き替え再生機能の5つ。

使える機能はサービスやプランによって違ってくるので、使うシチュエーションや絶対に欲しい機能で選んでみると良いでしょう。

[1] とにかく画質にこだわる方へオススメなのはNetflix

画質SD,HD,フルHD,4Kを表す画像

Netflixは、画質によって月額料金が異なり、最高で4K画質まで選べます。
とにかく画質にこだわりたい方やホームシアターで見たい方にオススメです。
Netflix以外の動画配信サービスにおいて、サービスごとに画質が異なり、ほとんどのサービスがSD画質(DVD程度の画質)またはHD画質(地デジ程度の画質)で動画の配信を行っています。

近年増え始めているのがフルHD画質のサービスで、こちらはBlu-rayと同程度の画質となるため、一般的なサイズのパソコンやテレビなら粗さを気にせず動画を楽しめます。

画質のキレイさはSD<HD<フルHD<4Kの順で大きくなり、Netflixのように4K動画の配信をするサービスも増えてきています。

主要サービスの画質を比較表にしました。ぜひ各社比較してみてくださいね。

画質
Hulu フルHD
Netflix SD~4K(月額による)
Amazonプライムビデオ SD~UHD
U-NEXT 高画質HD(1080p)
dTV HD(一部4K)

[2] テレビの大画面で見たいならどこがオススメ?(メディアストリーミング端末の機能)

動画配信サービスをテレビで見るには、スマートテレビか、メディアストリーミング端末のどちらかが必要です。

スマートテレビ(パソコン機能を兼ね備えたテレビ)とメディアストリーミング端末の説明

スマートテレビはパソコン機能を兼ね備えた(インターネットを兼ね備えた)テレビをさします。また、メディアストリーミング端末とは、インターネットに対応していないテレビでも、動画配信サービスを楽しめる別売り機器のことを指します。

メディアストリーミング端末は、お手頃な5,000円程度で購入できるChromecast(クロームキャスト)や、1万円を超えるApple TVなど、性能や形状によって価格帯が異なります。

U-NEXTなら、スマートテレビのほか、メディアストリーミング端末の多くの機種に対応しているため、テレビで見たい方にはうってつけのサービスです。
※スマートテレビ、メディアストリーミング端末を利用する際は、別途インターネット環境が必要です。
主要サービスのスマートテレビ対応有無、メディアストリーミング端末の対応種類を表にしました。ぜひ各社比較してみてくださいね。

スマートテレビ対応※1 メディアストリーミング端末対応※2
Hulu ・Chromecast
・Amazon Fire TV
・Amazon Fire TV Stick
・Apple TV
Netflix ・Chromecast
・Amazon Fire TV
・Fire TV Stick
・Nexus Player
Amazonプライムビデオ ・Fire TV Stick
・Amazon Fire TV
U-NEXT ・Chromecast
・Chromecast Ultra
・Nexus Player
・Amazon Fire TV
・Fire TV Stick
・Apple TV
・U-NEXT TV
dTV ・dTVターミナル
・Amazon Fire TV
・NexusPlayer
・Fire TV Stick
・Apple TV

※1 マートテレビとは、従来のテレビ機能に、インターネットやアプリなどのパソコンの機能を兼ね備えたテレビを指します。インターネット機能が備わっているため、動画をはじめとするインターネット上のコンテンツをメディアストリーミング端末(※2参照)を利用せずに再生できます。

※2 メディアストリーミング端末とは、動画をはじめとするインターネット上のコンテンツをテレビに表示させるための機器の総称です。 機器の例:Chromecast 、Fire TV Stick、AppleTV

[3] 通信制限が気になる方にはマスト!オフライン再生機能のあるサービス

動画配信サービスをテレビで見るには、スマートテレビか、メディアストリーミング端末のどちらかが必要です。
通信規制中や移動中など、電波が安定しない場所での動画視聴に便利なのが、オフライン再生機能です。
オフライン再生機能は、事前にWi-Fiなどを利用して動画をダウンロードすることで、通信を行わなくても見られる方法です。

オフライン再生機能(ダウンロード機能)を説明

さらに、動画を最後まで読み込んでから再生するため、途中で途切れることもありません。
※反対の再生方法として、常に通信を行いながら再生する「ストリーミング再生」があります。
U-NEXTやAmazonプライムビデオでは、あらかじめ動画をアプリ内に保存しておけば、インターネットに接続していなくても動画を再生できます。

注意として、専用アプリ以外では利用できない機能であること、ダウンロードした動画をDVDやBlu-rayに移動できないことがあります。
また、一部のサービスでは「ダウンロードはできるがオフライン環境での再生はできない」ということもあるので注意しましょう。

通信量が気になる方にとって、オフライン再生はマストな機能!

対応していないサービスも多いので、必ず無料おためし期間中に確認しておきましょう。

主要サービスのオフライン対応有無を表にしました。ぜひ各社比較してみてくださいね。

オフライン機能(ダウンロード)
Hulu ×
Netflix
Amazonプライムビデオ
U-NEXT
dTV

[4] 家族や友達とアカウントを共有するなら!同時視聴(同時再生)機能

家族や友人とアカウント共有を行う際に重要なのが「同時再生機能」です。
通常、複数の端末で同時に違う動画を再生することはできませんが、同時再生ができるサービスなら、アカウントを複数人で共有していて、見るタイミングが被ってしまったときでもそのまま利用できます。

同時視聴(アカウント共有機能)を説明

U-NEXTでは4台まで同時視聴が可能で、Netflixでは同時視聴の人数よって月額料金が変わり、こちらも最大4台まで同時視聴できます。
※アカウント共有ができても同時再生ができないサービスや、2台までしか同時に再生できないサービスもあり、「同時再生」と一口に言っても、サービスによって条件は異なります。
家族で動画配信サービスを使うときに、いちいち見る時間帯を決めるのは面倒!
好きなタイミングで動画配信サービスを利用したいなら、同時再生機能はマストです!

主要サービスの複数端末での同時再生の有無を表にしました。ぜひ各社比較してみてくださいね。

複数端末での同時再生
Hulu ×
Netflix 〇(最大4/プレミアムプラン)
Amazonプライムビデオ 〇(最大3)
U-NEXT 〇(最大4)
dTV ×

[5] 字幕・吹き替え再生機能

字幕再生・吹き替え再生機能の説明

ほとんどのサービスでは、洋画や海外ドラマなど、海外作品には字幕が付いているため安心です。U-NEXTやdTVなら、しっかり集中して見たい時には字幕、家事や仕事など、何かしながら流し見をするなら吹き替えなど、再生中でも好きなタイミングで字幕・吹き替えの切り替えができます。

一部のサービスでは、字幕版と吹き替え版が別作品扱いとなっている場合や、字幕・吹き替えのどちらかしか配信していない場合もあるためご注意ください。

主要サービスの字幕・吹き替え再生機能の対応有無を表にしました。ぜひ各社比較してみてくださいね。

視聴中の吹替/字幕の切り替え(ダウンロード)
Hulu 〇(※一部を除く)
Netflix
Amazonプライムビデオ ×
U-NEXT
dTV

複数の動画配信サービスが気になっている方は

料金、作品、機能・対応デバイス軸で動画配信サービスを比較してきましたが、いかがでしたか?

色々なサービスを比較してみたけれど、どうしても一つに決められないという方は、気になる動画配信サービスに登録し、実際に映画やドラマを見て、機能を試してみることをおすすめします。

各サービスには2週間~1ヶ月前後の無料期間があるので、その期間であれば、月額料金は発生しません。※ただし、個別課金作品を視聴した場合は料金がかかります。

無料おためし期間を上手に使って、気になる動画配信サービスを体験してみてください!

カテゴリ別 よくある質問

  • <調査概要詳細>
  • ・調査主体者:動画配信サービス比較情報.com
  • ・調査目的:各社のアクセス数によりユーザに選ばれている動画配信サービスを紹介するため
  • ・集計期間:直近60日間
  • ・調査対象:国内からの当サイトアクセス
  • ・調査方法:当サイトの掲載企業のホームページ、およびサイト内の商品詳細ページへのアクセス数を算出
  • ※同IPアドレス、同一企業(人物)と類推されるユーザーからのアクセスについては集計対象外。
  • 調査結果はこちら
ページトップ