SHARE

contents kv
2019/10/23
664 7

2代目バチェラー小柳津林太郎が解説! 『バチェラー』の楽しみ方

Amazonプライムビデオでシーズン3が配信中の大人気の婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』。シーズン3も佳境にさしかかっている中『バチェラー・ジャパン』シーズン2のバチェラーをつとめた2代目バチェラー小柳津林太郎さんにバチェラーの楽しみ方や裏話、そして恋愛や結婚についても聞いてみました!

目次

『バチェラー』シーズン3は今までと違う!?

―早速ですが、バチェラーのシーズン3は見られていますか?

見てます!このシーズン3が始まるまではちょっと気が抜けない部分があったというか、バチェラーとして背負っているものがあったので、シーズン3が配信開始してようやくバトンタッチできたなと。一つの役目を終えて、今は1人の視聴者として楽しめていますね。

―今回のシーズン3の見どころは何でしょう?

シーズン3は今までとかなり違いますね。シーズン1の久保さんや僕は経営者ということもあって、どうしても「番組的にどうしたら良いか」を考えて行動してしまう部分も多かったし、僕もバチェラーシリーズを自分で終わらせちゃいけない、絶対成功させて次につなげなきゃと思っていたので色々考えながらやっていたんです。

でも今回の友永さんはもう本気で結婚相手を見つけに来ていて、番組的にはどうとか全然考えていないんですよ。女性に対する態度も1、2とは違っていて、僕は最初自分を好きになってもらう努力もしていたし相手を試すようなことはしなかったけど友永さんはすごい試してますし。自分のこだわりに合う女性かどうかっていうのを色んなやり方で試していて、だからこれまでシーズン1から見てきた方も違う感覚で楽しめるんじゃないかなと。

―シーズン3では誰が最後まで残ると思いますか?

うーんこればっかりは難しいですよね…僕が最初いいなと思っていたのは徳田祐里さんなんですが、すぐ落とされちゃったし。今はなんとなく岩間さんが最後までいくんじゃないかなあ、と思っています。でも、必ず誰か1人が選ばれるというわけではなくて誰も選ばない、とか選ばれたけどローズを受け取らないっていう結末もあり得ますからね。

男が本気かどうかは目の表情でわかる

―バチェラーが誰に本気かというのは見ていればわかる?

そうですね、デートシーンとかコミュニケーションの場面を見ていると自然に出ちゃうんですよね。好きな人と会っているときは目がタピオカみたいに輝いてるというか。笑

目の表情に出ていると思います。僕もそれはかくすつもりはなかったですよ、好意が相手に伝わったほうが相手も自分を好きになってくれると思うし。

―バチェラーが他の恋愛リアリティーショーと違う点はあると思いますか?

バチェラーと「あいのり」とか「テラスハウス」のような他の恋愛リアリティーショーとの一番の違いは緊張感だと思います。他の番組では1人ずつ別れを告げていくっていうのはないですが、バチェラーにはそれがあってものすごい緊張感。見ているほうのカロリー消費量も違いそうですよね。

バチェラーというステージを降りてからの恋愛は…

―そもそも小柳津さんはどういう経緯でバチェラーに出演することになったのでしょうか。自分で応募するんですか?

まさか!自薦じゃないです。笑
僕の場合はバチェラーのキャスティングに関わっている友人がいて、その友人からオファーがあって。最初は断ったんですが1回だけ、と言われて面接みたいな場に行き色々聞かれ…それで比較的あっさり決まったみたいです。

そしてそのとき一番に頭に浮かんだのは「会社を休めるのか?」ということでした。でも尖ったチャレンジを応援してくれる社風でもあったし、そのときもう12年勤めていてその中のたった3か月だし、ということで。有給が付与されるタイミングも駆使して3か月休みました。

―バチェラーを経験して恋愛観や好みのタイプに変化はありましたか?

好みのタイプはまったく変わってないです!! バチェラーに出ているときは恋愛と結婚の違いとか色々考えたけど、でもやっぱり好きじゃないとだめですね。

ただ最近恋愛観は少し変わってきていて、昔は相手にとってヒーローでいたいとか守りたいという気持ちがすごく強かったけど今は「自分を最大化してくれる人」がいいなと思います。あとは年齢が近い人のほうが楽かな、とか。

―今お付き合いされている方は?

今はいないんですよ。今年後半から事業を立ち上げたり、仕事モードに入っていたんですが、でもどんなに忙しくても恋愛はできると思っています。好きだったら会う時間は作れるし、それにデートをしていると色々なことをインプットできますからね。エンタメも食事も、経験値が上がっていくのでいいことですよね。

結婚してもずっと恋をさせてほしい

―いつもどんな風に恋愛が始まるんですか?

一目ぼれです!自分の中でアリかナシかは会った瞬間に決まっている感じ。顔が好みというよりは、全体的な雰囲気ですね。まあ、もちろんそれでいいなと思って話したら全然違ったってこともありますけど。笑

―最終的に結婚はどういう人とすると思う?

まず仕事を頑張っている人がいいですね。頑張っているけど、でもこっちのこともちゃんと見ていてくれて受け入れてくれる。専業主婦で自分のことを家で待っている、という人よりはお互い忙しい人のほうがいいですね。

結婚した相手にずっと恋をしていられるのが理想なので、女性として綺麗でいてもらうためのサポートは惜しまないと思います。子どもが出来ても母親としての顔と女性としての顔の二つを持っていてほしいな

―これまでさまざまな女性を見てきて、女性の本質を見抜く自信はありますか?

いや、まだまだ「旅の途中」です。女性を本当に理解できるようになるまではまだまだ旅をしないとですね。

バチェラーから女子が学べることって?

出典:amazon

―今彼氏が欲しいとか結婚したいと思っている女性がバチェラーを見て学べることはありますか?

ギャップの見せ方」なんかは勉強になると思いますよ。例えばシーズン3の田尻さんとか、最初は色気を前面に出していたけどだんだんそうじゃない一面を見せていってますよね。

あとはバチェラーって実はインタビュー番組なんですよ。デートする前、後と長時間インタビューをされて相手の印象や自分の想いを話すことになる。だからそのインタビューを見て「こういうアプローチは逆効果なんだな」とか、恋愛中のリアルな心情を色々学べると思います。

―最後に…もし設定が男女逆の番組だったら、選ばれる自信はありますか?

選ばれる自信は…あります!笑 でも最終的に男の友情を選んでしまいそうな気もしますね。ラスト3人まで残って最終的に「お前ら幸せになれよ!」って感じで泣きながら去る、みたいな。

最初に登場する場面ですか?うーん唐突に「ご無沙汰してます!!!」って、会ったことあるかのように登場したりして、相手を笑わせたいですね。うん、絶対笑いを取りにいきます、そこは。やっぱり笑うと一気に打ち解けられるし、鉄則ですね!

『バチェラー・ジャパン』シリーズはこちらから

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

「国内ドラマ」人気ニュースランキング