閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

【BECK】の動画配信情報!無料で視聴する方法はある??アニメ全話(1話~最終回)を見れるのはどこ??

アニメ
BECK
更新日:

BECKが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※状況により無料ではない可能性がございます。

BECKの動画配信・レンタル情報

BECKを視聴できるサービスは合計6社(定額見放題2社、レンタル4社)です。
動画配信サービスには無料お試し期間があるサービスもありますので、お得に観られる方法もあります。是非無料期間合わせてチェックしてみてください!

BECKを配信中のサービス表(動画配信・レンタル情報)

【PR】
配信状況 種類 無料期間 月額料金 見放題本数
定額見放題
31日間無料 2,189円/月 19,114本
×
- 1ヶ月間無料 888円/月 3,723本
×
- 2週間無料 1,026円/月 4,765本
×
- 14日間無料 990円/月 - 本
×
- 30日間無料 1,017円/月 2,774本
レンタル
30日間無料 2,658円/月 - 本
×
- 31日間無料 550円/月 2,919本
レンタル
初回無料 1,100円/月 1,828本
レンタル
30日間無料 1,958円~/月 - 本
×
- 2週間無料 550円/月 8,047本
×
- 初回14日間無料 980円/月 3本
レンタル
入会月無料 550円~/月 6,131本
定額見放題
31日間無料 440円/月 3,286本
×
- 30日間無料 500円/月 10,394本
×
- 入会月無料 550円/月 1,043本
×
- 初月無料 2,530円/月 243本

BECKの動画が配信されているサービス一覧

BECKが動画配信されているサービスの詳細

BECKが視聴できる6社の各サービス詳細です。
月額料金、無料期間、見放題本数の基本情報と各サービスのおすすめポイントが確認できます。

U-NEXT

月額料金
2,189円 (税込)
無料期間
31日間無料
種類
定額見放題
同時再生可能
端末数
4
ダウンロード
見放題作品
19,114本

U-NEXTのおすすめポイント

U-NEXTは月額2,189円(税込)で16万本の動画を視聴可能!

最新映画に国内、韓国、海外ドラマに加えアニメも大量に取り揃えています。

ダウンロード機能も搭載されていて、通勤、通学の車内でも楽しめます! さらに動画だけでなく、漫画、小説、実用書などの書籍も42冊以上もあります!

おすすめ
ポイント
  • 1業界最高水準14万本が見放題!! 見たい作品がみつかる!
  • 2毎月1,200円分のポイントがもらえる! 最新映画含む約2本が追加料金なしでレンタル可能!!
  • 34台同時再生搭載! 家族でたくさん利用するならU-NEXTがおすすめ!

U-NEXTで最新アニメを堪能しよう!無料トライアルも実施中!

BECKはU-NEXTで視聴可能です!

U-NEXTは無料トライアル期間を31日間設けているので、期間中であればすべての見放題作品を無料で楽しむことができます。
TVアニメシリーズや劇場版も数多く見放題作品として観ることができます。

また、最新映画や漫画のレンタル、購入に使えるポイントを毎月1,200円分貰えるので、見放題作品以外もお得に楽しめます。

U-NEXTのおすすめ作品

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ!/

TSUTAYA TV/DISCAS

月額料金
2,658円(税込)
無料期間
30日間無料
種類
レンタル
同時再生可能
端末数
1
ダウンロード
見放題作品
- 本

TSUTAYA TVのおすすめポイント

TSUTAYA TVは 一般作に加えアダルト作品も約5,000本が見放題!! 30日間無料お試し期間もあり!

一般作に加えアダルト作品も見たいかたにおすすめなサービスです。
さらに宅配レンタルのTSUTAYA DISCASがセットになったお得なプラン、動画見放題+定額レンタル8もあるので、きになるかたはぜひチッェクしてみましょう!

おすすめ
ポイント
  • 1新作約2本分に使える1,100円分のポイントが毎月もらえる
  • 2アダルト作品約5,000本が見放題!
  • 3動画見放題+定額レンタル8ならTSUTAYA TV,TSUTAYA DISCASをお得に利用可能!

TSUTAYA TVは新作を中心にアニメを数多くレンタル配信! ポイントを利用すればお得に借りれる!

BECKはTSUTAYA TVで視聴可能です!

TSUTAYA TVの魅力は1,026円(税込)に対し、それを上回る1,100円分のポイントがもらえるところにあります。(見放題プラン)

新作映画約2本分に使える1,100ポイントが貰えますので、新作アニメ映画をお得に見ることができます。
子供から大きな支持を得ているアニメ作品の劇場版や、懐かしのTVアニメシリーズを楽しむことができます。

TSUTAYA TVのおすすめ作品

\TSUTAYA TVを30日間無料で楽しむ!/

バンダイチャンネル

月額料金
1,100円(税込)
無料期間
初回無料
種類
レンタル
同時再生可能
端末数
1
ダウンロード
×
見放題作品
1,828本

バンダイチャンネルのおすすめポイント

バンダイチャンネルは約1,700作品以上のアニメが月額1,100円(税込)で見放題!

ガンダム作品が豊富なのはもちろん、ラブライブ、アイドルマスター、ドリフェス! などのアイドルアニメも多数視聴可能! Chromecast、Amazon Fire TV搭載でTV画面でも楽しめます!

おすすめ
ポイント
  • 1ガンダムの作品数が豊富! サンライズ、バンダイビジュアル系列のアニメ好きにおすすめ!
  • 2独自機能の「セリフ検索」であの名言で作品を探せる。
  • 3最大最大1ヶ月間の無料トライアルが設けられているので気軽に試せる!

バンダイチャンネルは新作を中心にアニメ作品をレンタル配信!

BECKはバンダイチャンネルで視聴可能です!

バンダイチャンネルでは、非常に多くのアニメ作品のをレンタルで観ることができます。
TVアニメシリーズのみならず、多くの劇場アニメ作品もレンタル可能で、アニメ作品限定の動画配信サービスだけあってラインナップは非常に豊富です。
また、単話レンタルだけではなく、数話または全話まとめてのレンタルも可能です。見たい作品をお得に楽しむことができます。

バンダイチャンネルのおすすめ作品

\ バンダイチャンネルを最大1ヶ月無料で楽しむ!/

music.jp

月額料金
1,958円(税込)
無料期間
30日間無料
種類
レンタル
同時再生可能
端末数
-
ダウンロード
×
見放題作品
- 本

music.jpのおすすめポイント

新作映画をお得に見たいならmusic.jpがおすすめ!

500コースなら月額550円で1,650円分のポイントがもらえ、最大5本新作映画が追加料金なしでレンタル可能!!
他にも75%OFFのクーポンや100%OFFのクーポンもらえ、お得にレンタルすることができます。

おすすめ
ポイント
  • 1音楽以外にも映画、ドラマ、漫画をトータル800万点以上楽しめる!
  • 2月額料金を大幅に上回るポイントがもらえるので、お得に新作をレンタルできる
  • 3キャンペーンやクーポンで映画や漫画が半額以下で楽しめることも!

music.jpは新作タイトルを含むアニメ作品をレンタル配信! ポイントを使えばお得にレンタルが可能!

BECKはmusic.jpで視聴可能です!

music.jpでは、アニメ作品のレンタルを楽しむことが出来ます。
月額制のプレミアムコースに登録すると毎月付与されるポイントで、レンタル作品をお得に楽しむこともできます。

字幕版と吹替版も充実しており、観たい作品を、観たい形式で、観たいだけレンタルすることができます。
単品レンタルだけでなく、数話まとめてレンタルも可能で、お得に楽しむことができます。

music.jpのおすすめ作品

ビデオマーケット

月額料金
550円(税込)〜
無料期間
入会月無料
種類
レンタル
同時再生可能
端末数
1
ダウンロード
×
見放題作品
6,131本

ビデオマーケットのおすすめポイント

ビデオマーケットの最大のウリは圧倒的な作品数!

最新作を含む22万本を観られるため、よそでは見つからなかったニッチなジャンルの作品や、昔の名作映画、名作ドラマが見つかるかもしれません。
初月無料なので、気になるはぜひチェックしてみてください。

おすすめ
ポイント
  • 1国内最大級の作品数22万本を楽しめる! よそで見つからなかった作品が見つかるかも!?
  • 2毎月550円分のポイントがもらえ新作映画1本が追加料金なしで見れる!
  • 3Fire TV Stick、クロームキャスト対応でテレビの大画面で動画を楽しめる!

ビデオマーケットは大人気アニメを数多くレンタル配信!

BECKはビデオマーケットで視聴可能です!

毎月レンタルにつかえるポイントが550ポイントもらえるのでレンタル作品もお得に楽しめます!(プレミアム&見放題コース)

最新TVアニメシリーズは基本的にレンタルで、見逃し作品もレンタルすることで楽しむことができます。
第1話を無料視聴できる作品が多いので、お気に入りの作品を選んでレンタルすることができるので安心です。

ビデオマーケットのおすすめ作品

\ビデオマーケットを初月無料で楽しむ!/

dアニメストア

月額料金
440円(税込)
無料期間
31日間無料
種類
定額見放題
同時再生可能
端末数
1
ダウンロード
見放題作品
3,286本

dアニメストアのおすすめポイント

dアニメストアは月額440円(税込)という業界最安値で2,900本ものアニメが視聴可能!

ダウンロード機能も搭載されていて、アニソンも聴けるため、オフラインでBGMとして楽しむこともできます。
31日間の無料トライアル期間も設けられているので、気になったかたはぜひチェックしてみてください。

おすすめ
ポイント
  • 1業界最安値水準!! 月額440円(税込)で2,900本のアニメが見れる!
  • 2ダウンロード機能搭載!通勤・通学のスキマ時間に楽しめる
  • 3Chromecast対応でテレビの大画面でアニメが視聴可能!

dアニメストアは数多くの作品を見放題配信! 31日間の無料期間中なら見放題作が無料で見れる!

BECKはdアニメストアで視聴可能です!

初回31日間の無料体験期間が設けられており、dアニメストアの魅力を存分に体験することができます。
また、月額440円(税込)という非常に魅力的な料金で、非常に多くのアニメを楽しむことができます。

アニメ専門の動画配信サービスなだけあって、最新TVアニメシリーズから懐かしのTVアニメシリーズまで、非常に豊富なラインナップを誇ります。

dアニメストアのおすすめ作品

\ dアニメストアを31日間無料で楽しむ!/

BECKの作品紹介

BECKのあらすじ

中高生たちが挫折を繰り返しながらも、音楽にかける情熱を描いた青春バンドアニメ

実写映画化もされた人気漫画のアニメ化。やる気もなく、いじめられっ子だった主人公・幸雄が竜介との出会いで音楽に目覚め、仲間とともに成長していくサクセスストーリー。

沖縄出身のアイドル「国吉ちえみ」の歌を最高の音楽と信じて疑わなかった主人公・田中幸雄は、アメリカの若者に一番影響力があるバンド「ダイイング・ブリード」の音楽を聴くことでロックに目覚め、南竜介が作ったバンド「BECK」に巻き込まれていく。

BECKのクレジット(監督・キャスト)

  • 初公開
    :2004年
  • エピソード数
    :全26話

BECKの評価・感想・レビュー

BECKのエピソード一覧 全26話

  • BECK LIVE−1 十四歳の風景 「いつまで、こんな毎日が続くんだろう……オレの人生は、14歳にして袋小路の中にあった」

    LIVE−1 十四歳の風景 「いつまで、こんな毎日が続くんだろう……オレの人生は、14歳にして袋小路の中にあった」

    平凡な中学生・コユキの前に現れた、ツギハギだらけの奇妙な犬…BECKとその飼い主、ぶっきら棒に英語を話すロン毛の少年。コユキ・14歳、竜介16歳。彼らの運命の歯車が今ゆっくりと動き出した。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−2 LIVE HOUSE 「コレが……ライブハウス……」

    LIVE−2 LIVE HOUSE 「コレが……ライブハウス……」

    竜介のバンドが出演するというライブハウスを訪れたコユキと泉。ハラハラしながら竜介のバンドを待つコユキの目の前のステージには、英詞でソウルフルに歌う少女…竜介の妹・真帆の姿があった。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−3 Moon on the water 「Moon on the water……ダイブリで一番好きな曲なんだ……」

    LIVE−3 Moon on the water 「Moon on the water……ダイブリで一番好きな曲なんだ……」

    英二と別れた竜介は新たなメンバー探しを始める。彼の代理で真帆と食事をするハメになったコユキは、一緒に竜介の住処へ行くことに。ダイブリの歌を歌うコユキに、真帆は大きく心を動かされる。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−4 Strum the guitar 「あのギターは、エディに貰ったギターなんだ……」

    LIVE−4 Strum the guitar 「あのギターは、エディに貰ったギターなんだ……」

    竜介がNY時代に大切にしていた思い出のギターのネックを折ってしまったコユキ。「2度と来るな!」と竜介から絶交宣言されてしまうが、斉藤に修理が可能だと教えられ、一縷の望みを得るのだった。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−5 BECK 「『Beck』にしよう!」

    LIVE−5 BECK 「『Beck』にしよう!」

    地元で開催される歌謡コンテストにライブ初出演が決まった。バンドに名前が必要だと気づいた竜介だが、彼の考えるバンド名はどれも微妙。結局、千葉の適当な思いつきで「BECK(仮)」に決定する。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−6 兵藤とジャガー 「C・コバーンが持ってたジャガー、1度弾いてみたかったんだ」

    LIVE−6 兵藤とジャガー 「C・コバーンが持ってたジャガー、1度弾いてみたかったんだ」

    2学期が始まったコユキのクラスに副担任の産休代理教師・桃子先生が赴任してきた。合唱コンクールの陣頭指揮を任されたコユキは、熱意が裏目に出てクラスを仕切る兵藤の反感を買うことに。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−7 ルシール 「ルシールって名前があるんだ、あのギター。竜介がヤバい所で手に入れた、曰くつきのギター」

    LIVE−7 ルシール 「ルシールって名前があるんだ、あのギター。竜介がヤバい所で手に入れた、曰くつきのギター」

    ジャガーの件で兵藤にパシリ扱いされるコユキ。ギターと水泳の練習、そしてギターの修理代を稼ぐため斉藤の仕事を手伝う毎日が続いていた。一方、BECKもメンバーが揃い、初ライブを迎える。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−8 校内放送 「……ボーッとしてたら、何事もなく人生は過ぎて行くんだ……」

    LIVE−8 校内放送 「……ボーッとしてたら、何事もなく人生は過ぎて行くんだ……」

    相変わらずクラスでは孤立しているコユキは、放送室の前を通りかかる。手にはダイブリのMD。突如、学校中のスピーカーから流れ出した大音響は、コユキとBECKを新たな運命に導いてゆく。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−9 LIVE前夜 「バンドは、ただ技術がよければいいってもんじゃない。大切なのはChemistryなんだ」

    LIVE−9 LIVE前夜 「バンドは、ただ技術がよければいいってもんじゃない。大切なのはChemistryなんだ」

    BECKはドラムの東郷が脱退し、解散の危機感も募っていた。ある日、ドラム雑誌を読んでいたサクをスタジオに誘った竜介。サクの叩き出すビートに、BECKはさらなる可能性を見出す。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−10 FACE 「あの……あの曲、オレに歌わせてくれないかな?」

    LIVE−10 FACE 「あの……あの曲、オレに歌わせてくれないかな?」

    コユキとサクをサポートメンバーに加えた新生BECKの初ライブは、盛り上がりのないまま終わった。うなだれるコユキだが、竜介の新曲にひらめきを感じ、自分に歌わせてくれと申し出る。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−11 Summer holiday 「今、オレの目の前にエディとマットがいる。コレは現実なんだ。決して夢なんかじゃない……」

    LIVE−11 Summer holiday 「今、オレの目の前にエディとマットがいる。コレは現実なんだ。決して夢なんかじゃない……」

    ある日の下北沢、BECKのライブは開始前から異様な期待感に包まれていた。来日中のダイイングブリード、ギタリストのエディがお忍びで観に来るという情報が流れていたのだ。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−12 シークレットライブ 「ギターってのは、たった6本の弦を伝わって出てくる人間性なんだ」

    LIVE−12 シークレットライブ 「ギターってのは、たった6本の弦を伝わって出てくる人間性なんだ」

    ダイイングブリードのシークレットライブに招待されたコユキたち。そのライブは、栄二を売り出すために仕組まれた場でもあった。ところが、ヴォーカルのマットはコユキをステージに呼び…!?

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−13 青い空 「確かにアイツはムカつくヤツだけどさ……オレ、アイツのギター好きなんだ」

    LIVE−13 青い空 「確かにアイツはムカつくヤツだけどさ……オレ、アイツのギター好きなんだ」

    2学期が始まり、コユキとサクは田辺とバンドを結成して文化祭の音楽コンテストに出ることになった。しかし、田辺のバンド「シェル・ブリュ」のレベルはひどく、兵藤一味にせせら笑われてしまう。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−14 Dream 「ここは……どこだ……?」

    LIVE−14 Dream 「ここは……どこだ……?」

    BECKのメジャーデビューへのアプローチは、ことごとく失敗。蘭が業界に張り巡らせた厚い壁をぶち破るため、竜介は自力で最高のCDを作ろうと、憑かれたようにリハーサルに没頭する。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−15 Back to school 「なんか、ギターが呼んでる気がするんだ……オレのこと」

    LIVE−15 Back to school 「なんか、ギターが呼んでる気がするんだ……オレのこと」

    コユキの高校生活が始まった。心機一転、BECKに全力投球するために自分のギターを買おうと決心したコユキは、竜介とともに訪れた楽器店で、中古のフェンダー・テレキャスターに魅了される。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−16 インディーズ 「ライブも大事だ……でも、今のオレたちの問題は……コレだ!」

    LIVE−16 インディーズ 「ライブも大事だ……でも、今のオレたちの問題は……コレだ!」

    テレキャスを買うためコユキがバイトしてる店を、真帆と友達のヨシトが訪れる。そして、なけなしの金でBECKが自主制作したCDも思うように売れず、何とか状況を打開しようと悩む5人だったが…!?

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−17 スリーデイズ 「アメリカで、オレらの音楽が鳴ってるのか・・・。」

    LIVE−17 スリーデイズ 「アメリカで、オレらの音楽が鳴ってるのか・・・。」

    BECKの自主制作盤は、シカゴのインディーズレーベルで発売されることになった。コユキも念願のテレキャスを手に入れ、ギターの練習にも熱が入る。高校では益岡弘美ととの出会いもあった。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−18 レオン・サイクス 「ビジネスが目的だ……それと、宝探しをしにね」

    LIVE−18 レオン・サイクス 「ビジネスが目的だ……それと、宝探しをしにね」

    コユキのデモテープを聴いた竜介は、荒削りだが光るものを感じる。ついにマーキーの夜の部に出られるようになったBECKだが、その頃、真帆にもタレントデビューの話が持ち上がっていた。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−19 ブルース 「あなたのギターを聞いてると、なぜかサニーボーイを思い出します。」

    LIVE−19 ブルース 「あなたのギターを聞いてると、なぜかサニーボーイを思い出します。」

    コユキたちに何も告げず、姿を消した竜介。彼を拉致したのはアメリカ音楽界の大物、レオン・サイクスだった。彼の目的は、NYで盗まれたベックとルシールを取り返し、犯人に制裁を加えることだ。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−20 グレイトフルサウンド 「世の中には、奇跡としか思えない出会いで生まれたバンドがある。 決して、誰でもいいわけじゃない。そいつらしかいないんだ」

    LIVE−20 グレイトフルサウンド 「世の中には、奇跡としか思えない出会いで生まれたバンドがある。 決して、誰でもいいわけじゃない。そいつらしかいないんだ」

    BECKに、佐藤のオバチャンという新たな支持者が現れた。エディと友人である竜介を通じて、ダイブリを国内最大級の野外フェスティバル、グレイトフルサウンドに呼びたいのだと言う。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−21 Write Music 「生きる事と死ぬ事を真剣に考えたなら、まともじゃないのは、今のオレの方かもしれないな」

    LIVE−21 Write Music 「生きる事と死ぬ事を真剣に考えたなら、まともじゃないのは、今のオレの方かもしれないな」

    グレイトフルサウンド出演の可能性を信じ、BECKは再び動き出した。マーキーのレギュラーに定着し、竜介は新たにCDを作ろうとメンバーに話す。千葉はクラブでラッパーとしての腕を磨いていた。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−22 前夜祭 「グレイトフルサウンドで戦うには、メンバー一人一人のスキルアップが必要不可欠だ。これ位の事もできないヤツなら、バンドを辞めてもらう」

    LIVE−22 前夜祭 「グレイトフルサウンドで戦うには、メンバー一人一人のスキルアップが必要不可欠だ。これ位の事もできないヤツなら、バンドを辞めてもらう」

    グレイトフルサウンドまで、あとわずか。コユキは自分のメロディに詞を付けることになり、悪戦苦闘するが、斎藤さんの歌をもとに竜介が英訳、改良を加えて、新曲「Slip out」が完成する。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−23 FESTIVAL 「千葉、もしかしたらお前はバンドにいるべきじゃないのかも知れない……」

    LIVE−23 FESTIVAL 「千葉、もしかしたらお前はバンドにいるべきじゃないのかも知れない……」

    晴天の中、グレイトフルサウンドが幕を開けた。BECKの観客が一番多かった場合のみ、借りはチャラになるという約束をレオンとかわした彼らは、賭けに勝つか解散か、もはや選択の余地はなかった。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−24 サードステージ 「ココの客は盛り上がってるフリをしてるんじゃない。 本気で盛り上がってるんだもん」

    LIVE−24 サードステージ 「ココの客は盛り上がってるフリをしてるんじゃない。 本気で盛り上がってるんだもん」

    アコギ片手にステージに立つコユキ。その歌声に引き寄せられるようにサク、そして平がステージに現れる。そして、全ての迷いや雑念を捨てた竜介も、ルシールを携えてBECKのステージに上がる。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−25 Slip out 「コレが、最後のライブだよ」

    LIVE−25 Slip out 「コレが、最後のライブだよ」

    3rdステージは熱狂に包まれていた。やっと5人が揃ったBECKは無敵状態。「Slip out」がフェイドアウトしてメンバーがステージを去った後も、アンコールの声と拍手が響き続けていた。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−26(最終回) America 「離れてても、みんなの思いはひとつだと思うんだ……」

    LIVE−26(最終回) America 「離れてても、みんなの思いはひとつだと思うんだ……」

    竜介の行方は不明だったが、他の4人はコユキのもとに再び集ってきた。そして、グレイトフルサウンドでBECKのパフォーマンスに触れたバンドF.V.Eから、アメリカ横断ツアーへのオファーが届く。

    • 再生時間
      :24分

BECKと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

※配信されている作品は、サービス各社の状況によって配信スケジュールが変更される場合がございますので詳しくは、動画配信サービス各社のサイトにてご確認ください。

ページトップ