見たいリスト見たいリスト

0

見たいリスト(最大50件)0作品

現在、動画が選択されていません。

見たいリストの説明

見たい動画が追加されました

見たい動画を一括比較する

吹き出し 閉じる
更新日:

BECKが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

BECKの動画配信・レンタル情報

BECKの動画が配信されているサービス一覧

BECKの作品紹介

BECKのクレジット(監督・キャスト)

  • 監督
    :-
  • 主演・出演
    :-
  • 再生時間
    :-分
  • 初公開
    :2004年
  • レーティング
    :-
  • エピソード数
    :全26話

BECKの評価・感想・レビュー

BECKのエピソード一覧 全26話

  • BECK LIVE−1 十四歳の風景 「いつまで、こんな毎日が続くんだろう……オレの人生は、14歳にして袋小路の中にあった」

    LIVE−1 十四歳の風景 「いつまで、こんな毎日が続くんだろう……オレの人生は、14歳にして袋小路の中にあった」

    平凡な中学生・コユキの前に現れた、ツギハギだらけの奇妙な犬…BECKとその飼い主、ぶっきら棒に英語を話すロン毛の少年。コユキ・14歳、竜介16歳。彼らの運命の歯車が今ゆっくりと動き出した。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−2 LIVE HOUSE 「コレが……ライブハウス……」

    LIVE−2 LIVE HOUSE 「コレが……ライブハウス……」

    竜介のバンドが出演するというライブハウスを訪れたコユキと泉。ハラハラしながら竜介のバンドを待つコユキの目の前のステージには、英詞でソウルフルに歌う少女…竜介の妹・真帆の姿があった。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−3 Moon on the water 「Moon on the water……ダイブリで一番好きな曲なんだ……」

    LIVE−3 Moon on the water 「Moon on the water……ダイブリで一番好きな曲なんだ……」

    英二と別れた竜介は新たなメンバー探しを始める。彼の代理で真帆と食事をするハメになったコユキは、一緒に竜介の住処へ行くことに。ダイブリの歌を歌うコユキに、真帆は大きく心を動かされる。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−4 Strum the guitar 「あのギターは、エディに貰ったギターなんだ……」

    LIVE−4 Strum the guitar 「あのギターは、エディに貰ったギターなんだ……」

    竜介がNY時代に大切にしていた思い出のギターのネックを折ってしまったコユキ。「2度と来るな!」と竜介から絶交宣言されてしまうが、斉藤に修理が可能だと教えられ、一縷の望みを得るのだった。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−5 BECK 「『Beck』にしよう!」

    LIVE−5 BECK 「『Beck』にしよう!」

    地元で開催される歌謡コンテストにライブ初出演が決まった。バンドに名前が必要だと気づいた竜介だが、彼の考えるバンド名はどれも微妙。結局、千葉の適当な思いつきで「BECK(仮)」に決定する。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−6 兵藤とジャガー 「C・コバーンが持ってたジャガー、1度弾いてみたかったんだ」

    LIVE−6 兵藤とジャガー 「C・コバーンが持ってたジャガー、1度弾いてみたかったんだ」

    2学期が始まったコユキのクラスに副担任の産休代理教師・桃子先生が赴任してきた。合唱コンクールの陣頭指揮を任されたコユキは、熱意が裏目に出てクラスを仕切る兵藤の反感を買うことに。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−7 ルシール 「ルシールって名前があるんだ、あのギター。竜介がヤバい所で手に入れた、曰くつきのギター」

    LIVE−7 ルシール 「ルシールって名前があるんだ、あのギター。竜介がヤバい所で手に入れた、曰くつきのギター」

    ジャガーの件で兵藤にパシリ扱いされるコユキ。ギターと水泳の練習、そしてギターの修理代を稼ぐため斉藤の仕事を手伝う毎日が続いていた。一方、BECKもメンバーが揃い、初ライブを迎える。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−8 校内放送 「……ボーッとしてたら、何事もなく人生は過ぎて行くんだ……」

    LIVE−8 校内放送 「……ボーッとしてたら、何事もなく人生は過ぎて行くんだ……」

    相変わらずクラスでは孤立しているコユキは、放送室の前を通りかかる。手にはダイブリのMD。突如、学校中のスピーカーから流れ出した大音響は、コユキとBECKを新たな運命に導いてゆく。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−9 LIVE前夜 「バンドは、ただ技術がよければいいってもんじゃない。大切なのはChemistryなんだ」

    LIVE−9 LIVE前夜 「バンドは、ただ技術がよければいいってもんじゃない。大切なのはChemistryなんだ」

    BECKはドラムの東郷が脱退し、解散の危機感も募っていた。ある日、ドラム雑誌を読んでいたサクをスタジオに誘った竜介。サクの叩き出すビートに、BECKはさらなる可能性を見出す。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−10 FACE 「あの……あの曲、オレに歌わせてくれないかな?」

    LIVE−10 FACE 「あの……あの曲、オレに歌わせてくれないかな?」

    コユキとサクをサポートメンバーに加えた新生BECKの初ライブは、盛り上がりのないまま終わった。うなだれるコユキだが、竜介の新曲にひらめきを感じ、自分に歌わせてくれと申し出る。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−11 Summer holiday 「今、オレの目の前にエディとマットがいる。コレは現実なんだ。決して夢なんかじゃない……」

    LIVE−11 Summer holiday 「今、オレの目の前にエディとマットがいる。コレは現実なんだ。決して夢なんかじゃない……」

    ある日の下北沢、BECKのライブは開始前から異様な期待感に包まれていた。来日中のダイイングブリード、ギタリストのエディがお忍びで観に来るという情報が流れていたのだ。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−12 シークレットライブ 「ギターってのは、たった6本の弦を伝わって出てくる人間性なんだ」

    LIVE−12 シークレットライブ 「ギターってのは、たった6本の弦を伝わって出てくる人間性なんだ」

    ダイイングブリードのシークレットライブに招待されたコユキたち。そのライブは、栄二を売り出すために仕組まれた場でもあった。ところが、ヴォーカルのマットはコユキをステージに呼び…!?

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−13 青い空 「確かにアイツはムカつくヤツだけどさ……オレ、アイツのギター好きなんだ」

    LIVE−13 青い空 「確かにアイツはムカつくヤツだけどさ……オレ、アイツのギター好きなんだ」

    2学期が始まり、コユキとサクは田辺とバンドを結成して文化祭の音楽コンテストに出ることになった。しかし、田辺のバンド「シェル・ブリュ」のレベルはひどく、兵藤一味にせせら笑われてしまう。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−14 Dream 「ここは……どこだ……?」

    LIVE−14 Dream 「ここは……どこだ……?」

    BECKのメジャーデビューへのアプローチは、ことごとく失敗。蘭が業界に張り巡らせた厚い壁をぶち破るため、竜介は自力で最高のCDを作ろうと、憑かれたようにリハーサルに没頭する。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−15 Back to school 「なんか、ギターが呼んでる気がするんだ……オレのこと」

    LIVE−15 Back to school 「なんか、ギターが呼んでる気がするんだ……オレのこと」

    コユキの高校生活が始まった。心機一転、BECKに全力投球するために自分のギターを買おうと決心したコユキは、竜介とともに訪れた楽器店で、中古のフェンダー・テレキャスターに魅了される。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−16 インディーズ 「ライブも大事だ……でも、今のオレたちの問題は……コレだ!」

    LIVE−16 インディーズ 「ライブも大事だ……でも、今のオレたちの問題は……コレだ!」

    テレキャスを買うためコユキがバイトしてる店を、真帆と友達のヨシトが訪れる。そして、なけなしの金でBECKが自主制作したCDも思うように売れず、何とか状況を打開しようと悩む5人だったが…!?

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−17 スリーデイズ 「アメリカで、オレらの音楽が鳴ってるのか・・・。」

    LIVE−17 スリーデイズ 「アメリカで、オレらの音楽が鳴ってるのか・・・。」

    BECKの自主制作盤は、シカゴのインディーズレーベルで発売されることになった。コユキも念願のテレキャスを手に入れ、ギターの練習にも熱が入る。高校では益岡弘美ととの出会いもあった。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−18 レオン・サイクス 「ビジネスが目的だ……それと、宝探しをしにね」

    LIVE−18 レオン・サイクス 「ビジネスが目的だ……それと、宝探しをしにね」

    コユキのデモテープを聴いた竜介は、荒削りだが光るものを感じる。ついにマーキーの夜の部に出られるようになったBECKだが、その頃、真帆にもタレントデビューの話が持ち上がっていた。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−19 ブルース 「あなたのギターを聞いてると、なぜかサニーボーイを思い出します。」

    LIVE−19 ブルース 「あなたのギターを聞いてると、なぜかサニーボーイを思い出します。」

    コユキたちに何も告げず、姿を消した竜介。彼を拉致したのはアメリカ音楽界の大物、レオン・サイクスだった。彼の目的は、NYで盗まれたベックとルシールを取り返し、犯人に制裁を加えることだ。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−20 グレイトフルサウンド 「世の中には、奇跡としか思えない出会いで生まれたバンドがある。 決して、誰でもいいわけじゃない。そいつらしかいないんだ」

    LIVE−20 グレイトフルサウンド 「世の中には、奇跡としか思えない出会いで生まれたバンドがある。 決して、誰でもいいわけじゃない。そいつらしかいないんだ」

    BECKに、佐藤のオバチャンという新たな支持者が現れた。エディと友人である竜介を通じて、ダイブリを国内最大級の野外フェスティバル、グレイトフルサウンドに呼びたいのだと言う。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−21 Write Music 「生きる事と死ぬ事を真剣に考えたなら、まともじゃないのは、今のオレの方かもしれないな」

    LIVE−21 Write Music 「生きる事と死ぬ事を真剣に考えたなら、まともじゃないのは、今のオレの方かもしれないな」

    グレイトフルサウンド出演の可能性を信じ、BECKは再び動き出した。マーキーのレギュラーに定着し、竜介は新たにCDを作ろうとメンバーに話す。千葉はクラブでラッパーとしての腕を磨いていた。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−22 前夜祭 「グレイトフルサウンドで戦うには、メンバー一人一人のスキルアップが必要不可欠だ。これ位の事もできないヤツなら、バンドを辞めてもらう」

    LIVE−22 前夜祭 「グレイトフルサウンドで戦うには、メンバー一人一人のスキルアップが必要不可欠だ。これ位の事もできないヤツなら、バンドを辞めてもらう」

    グレイトフルサウンドまで、あとわずか。コユキは自分のメロディに詞を付けることになり、悪戦苦闘するが、斎藤さんの歌をもとに竜介が英訳、改良を加えて、新曲「Slip out」が完成する。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−23 FESTIVAL 「千葉、もしかしたらお前はバンドにいるべきじゃないのかも知れない……」

    LIVE−23 FESTIVAL 「千葉、もしかしたらお前はバンドにいるべきじゃないのかも知れない……」

    晴天の中、グレイトフルサウンドが幕を開けた。BECKの観客が一番多かった場合のみ、借りはチャラになるという約束をレオンとかわした彼らは、賭けに勝つか解散か、もはや選択の余地はなかった。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−24 サードステージ 「ココの客は盛り上がってるフリをしてるんじゃない。 本気で盛り上がってるんだもん」

    LIVE−24 サードステージ 「ココの客は盛り上がってるフリをしてるんじゃない。 本気で盛り上がってるんだもん」

    アコギ片手にステージに立つコユキ。その歌声に引き寄せられるようにサク、そして平がステージに現れる。そして、全ての迷いや雑念を捨てた竜介も、ルシールを携えてBECKのステージに上がる。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−25 Slip out 「コレが、最後のライブだよ」

    LIVE−25 Slip out 「コレが、最後のライブだよ」

    3rdステージは熱狂に包まれていた。やっと5人が揃ったBECKは無敵状態。「Slip out」がフェイドアウトしてメンバーがステージを去った後も、アンコールの声と拍手が響き続けていた。

    • 再生時間
      :24分
  • BECK LIVE−26(最終回) America 「離れてても、みんなの思いはひとつだと思うんだ……」

    LIVE−26(最終回) America 「離れてても、みんなの思いはひとつだと思うんだ……」

    竜介の行方は不明だったが、他の4人はコユキのもとに再び集ってきた。そして、グレイトフルサウンドでBECKのパフォーマンスに触れたバンドF.V.Eから、アメリカ横断ツアーへのオファーが届く。

    • 再生時間
      :24分

BECKが動画配信されているサービスの詳細

シリーズ配信数
0
定額見放題

毎月1,200円分のポイント付与!最新作をお得に見たい方はU-NEXT

月額料金 1,990円 (税抜)
31日間無料
作品数 2,042本 (内定額見放題:1,904本)
機能 アカウント共有ができるから家族で使える!ペアレンタルコントロールで視聴制限も可能
こんな方に 最新劇場公開作やTV放送中の作品をイチ早く見たい方
シリーズ配信数
0
定額見放題

アニメを見るならdアニメストア!アニメ専門のSVODサービス

月額料金 400円(税抜)
31日間無料
作品数 2,382本 (内定額見放題:2,368本)
機能 スマホでアニソンのバックグラウンド再生ができる!もちろんオフライン再生も
こんな方に アニメオタクな中高生や2.5次元ミュージカル沼の皆さん
シリーズ配信数
0
レンタル

新作を中心に見るならコレ!業界最大級・22万本以上を配信!

月額料金 500円(税抜)〜
入会月無料
作品数 3,757本 (内定額見放題:375本)
機能 年代や製作国、ジャンルで調べられる細かい作品検索が魅力
こんな方に 他の動画配信サービスで見たい作品が見つからなかった方
シリーズ配信数
0
レンタル

宅配DVDレンタルとの併用で見られない作品はほとんどナシ!?TSUTAYA!

月額料金 2,417円(税抜)※動画見放題+定額レンタル8の場合
30日間無料
作品数 非公開
機能 オフライン再生や動画のダビングもできる。宅配レンタルが魅力!
こんな方に 動画配信サービス+CD・DVDの宅配レンタルも利用したい方におすすめ!

BECKと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

※配信されている作品は、サービス各社の状況によって配信スケジュールが変更される場合がございますので詳しくは、動画配信サービス各社のサイトにてご確認ください。

ページトップ