閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

【ウォーキング・デッド シーズン4(TWD4)】の動画配信情報!無料で視聴する方法はある??ドラマ最新話の見逃し配信を日本語吹き替え版/字幕版で見れるのはどこ??

ドラマ 海外ドラマ
提供元:U-NEXT
ウォーキング・デッド シーズン4
更新日:

ウォーキング・デッド シーズン4が今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

ウォーキング・デッド シリーズの作品一覧

ウォーキング・デッド シリーズの動画配信状況

【PR】 シリーズ配信本数:10本

ウォーキング・デッド シーズン4の動画配信・レンタル情報

ウォーキング・デッド シーズン4の動画が配信されているサービス一覧

ウォーキング・デッド シーズン4の作品紹介

ウォーキング・デッド シーズン4のあらすじ

守れ! 戦え! さもなきゃ逃げろーー

世界中を虜にして止まない大人気のパニック・サバイバルドラマの第4弾。残忍な独裁者による大規模攻撃を耐え、新たな仲間を受け入れるリックたちだったが、平穏な日々は長くは続かない。今シリーズもさらに過酷な戦いが怒涛のごとく展開されていく。彼らを待ち受ける運命とは一体…。


刑務所に腰を据えたリックたちは、かつての敵だったウッドベリーの住民たちを受け入れて生活をともにしていた。農耕や畜産を営み住環境が整いつつあった。しかし、住居内で原因不明の感染病が流行り続々と人が死亡する。

さらに死亡した人間はウォーカーに転化して生存者を襲い、安全だった住居は修羅場と化す。また、住民が殺人後に焼き捨てられる事件や、ウォーカーへの餌付の痕跡も見つかり、内部には不穏な空気が漂うのであった。

気の抜けない事件が続々と起こるリックたちに、平和な日々は果たして訪れるのであろうか…?

ウォーキング・デッド シーズン4のクレジット(監督・キャスト)

  • 監督
    :-
  • 主演・出演
    :-
  • 再生時間
    :-分
  • 初公開
    :2014年
  • レーティング
    :指定無し
  • エピソード数
    :全16話

ウォーキング・デッド シーズン4の登場人物・キャスト

  • リック・グリムス(アンドリュー・リンカーン)

    元保安官で戦闘能力が高く判断力に優れている。基本的に平和主義で道義的人物。一時期グループのリーダー職を離れていた。銃を置き農耕や畜産に励んでいたが、総督の襲撃に遭い、再び戦いが避けられない状況になり…。激高するとコントロールが利かなくなり、残虐な一面も見せる。

  • カール・グリムス(チャンドラー・リッグス)

    リックの息子。反抗期の最中。銃を扱えるため、ほかの子どもと同じように扱われるのを嫌がる。やり場のない怒りをウォーカーにぶつけるような行動をとる。

  • ジュディス・グリムス(アデレード&エリザ・コーンウェル ラウディン&レイトン・ケース)

    リックの妻ローリの子(現段階では父親は明らかにされていない)。襲撃時の混乱のなか、血のついたベビーベッドだけが発見されリックとカールは生存を諦めているが…。

  • グレン・リー(スティーブン・ユァン)

    マギーの夫。感染病に倒れ体力が回復しない時に襲撃に遭い、マギーと離れ離れになってしまう。敵側についていたタラを見捨てられず、混乱のなかから救いだし、一緒にマギーを探して旅をする。道中、エイブラハム、ロジータ、ユージーンに出会い行動をともにする。

  • マギー・リー(ローレン・コーハン)

    グレンの妻でハーシェルの長女。行動力に富んだ女性。夫と離れてしまうが、彼の生存を強く信じている。サシャ、ボブとともに行動するが、自分のために彼らを危険にさらしたくないという思いからひとりで夫を探しに行くが…。

  • ハーシェル・グリーン(スコット・ウィルソン)

    獣医師でマギーとベスの父親。片足を失ったことをものともしない気概に満ちた人物。敵に捕まった時にも人間らしい倫理観を貫き通す意志を持つ。

  • ベス・グリーン(エミリー・キニー)

    ハーシェルの次女。精神的に逞しくなり、自分より強いベスを励ますほどになる。子守りが得意。世のなかに希望を見つけて生きようと努力している。ダリルと行動をともにしている最中に何者かによって拉致されてしまう。

  • ダリル・ディクソン(ノーマン・リーダス)

    グループの中心人物。追跡、狩猟、戦闘に長けている。キャロルとは男女を意識する仲ともいえず微妙な関係にある。ベスと行動をともにするのだが、感情を伝えることが苦手な上に、お嬢様育ちの彼女とはうまくいかない…。
    仲間の死に対して自分が無力だったことを深く後悔している。

  • キャロル・ペルティエ(メリッサ・マクブライド)

    グループの母親的な存在。生きるために必要な武器の使い方を、独断で子どもたちに教えている。
    ある事件を起こし、リックからグループから出ていくように告げられる。仲間が気になっている矢先に、かつての住居が攻撃されている事を知り引き返した時にタイリースとジュディス、リジーとミカ姉妹に再会する。

  • ミショーン(ダナイ・グリラ)

    グループ内でも戦闘力が高く、日本刀を武器にしている。女性ながら調達によく参加する。赤ん坊のジュディスを抱くことを極端に避けるのは過去に何かあったせいなのか…。
    住居を襲撃された後、単独で行動しようとするが寂しさに耐えられずリックとカールの足跡を見つけ後を追いかける。

  • タイリース・ウィリアムズ(チャド・コールマン)

    ウッドベリー壊滅後リック達と行動をともにする。サシャの兄。腕力はあるが銃の腕前はない。
    恋人のカレンをグループ内の何者かに殺され破滅的かつ暴力的になるが性根は優しい人物。
    住居を破壊された後は赤ん坊のジュディスとリジーとミカ、3人の子どもたちを必死で守って旅を続ける。

  • サシャ・ウィリアムズ(ソネクア・マーティン=グリーン)

    ウッドベリー壊滅後リックたちと行動をともにする。タイリースの妹。現実主義者。
    マギーとボブと旅をしているが上手く意見が合わないで苦悩している。

  • ボブ・ストッキー(ローレンス・"ラリー"・ギリアード・Jr)

    ダリルとグレンにスカウトされグループに加わった元陸軍の衛生兵。過去のトラウマからアルコール依存症になっている。マギー、サシャと行動をともにするが意見が分かれるふたりの調停役や励まし役になっている。

  • リジー・サミュエルズ(ブライトン・シャルビノ)

    ミカの姉。タイリースを守るために人殺しをする。
    父親の死後パニック状態に陥るが妹により救われる。またウォーカーに対いて独自の考えを持っており、恐れていない。やがてそれが悲劇を引き起こし…。

  • ミカ・サミュエルズ(カイラ・ケネディー)

    リジーの妹。姉がパニックを起こした時に冷静に対応できる頭の回転の速い優しい子。母親代わりのキャロルに必要な時は人を殺傷することをやむなしと教えられても、人殺しだけは嫌だと拒絶する。

  • 総督(フィリップ・ブレイク)(デヴィッド・モリッシー)

    リックたちによって壊滅してしまった町のかつてのリーダー。
    仲間からも見捨てられ数カ月さまよっていたところをタラたちによって保護される。タラの姪に自分の娘の姿を重ね、彼女たちを守る為に生きる力を取り戻す。
    しかし、自分の目的の為に手段を選ばないという性格は変わらず暴走し始め再びリック達の住居を襲撃する。

  • タラ・チャンブラー(アラナ・マスターソン)

    末期がんの父親と姉と姪と暮らしていた、警察学校に通っていた女性。彼女たちを守るために必要以上に総督に警戒心をむき出しにしていたが、やがて打ち解けるようになる。
    その後、総督の口車に乗って行ったリックたちの住居襲撃を後悔するようになる。

  • エイブラハム・フォード(マイケル・カドリッツ)

    世界を救えるという自称科学者のユージーンをワシントンD.C.に輸送するという任務に取りつかれた人物。素手でウォーカーを倒せるほど戦闘力の高い。ロジータとともに旅をしている。なぜ任務についたのかの経緯はまだ不明。
    気絶したグレンとタラを救い装甲車に載せる。一緒にユージーンを護送しようと誘うが…。

  • ロジータ・エスピノーサ(クリスチャン・セラトス)

    エイブラハムとともにユージーンを護送している元民兵。銃器やナイフの扱いに長けている。寡黙であるが仲間に対する配慮はできる女性。

  • ユージーン・ポーター(ジョシュ・マクダーミット)

    世界を救う任務を持つという自称科学者。風変りな人物だが知識は豊富。戦闘は不得意なため、常にエイブラハムとロジータに守られている。

ウォーキング・デッド シーズン4の見所ポイント

  • 1 総督は生きていた! 彼の執念により繰り広げられる迫力の銃撃戦

    すべてを失い数カ月漂白していた総督は、あるグループに助けられます。やがて自分を取り戻すにつれ、リックへの恨みが再燃! 姑息な手段を用いて仲間を扇動して彼の居住地に攻め込みます。

    リックは銃撃戦を回避するために総督グループとの共存を提案します。仲間の成長を見守ってきたハーシェルは、自ら人質になりながらもリックの出した答え満足し微笑み返しますが―刹那、総督はリックの提案をその場しのぎの嘘と見抜き刃で拒絶します!

    これをきっかけに、戦車まで飛び出す銃撃戦に突入!
    人を殺めるのに躊躇するもの、子どもを守るために翻弄するもの、近接肉弾戦に持ち込むもの。登場人物達の運命は…?

  • 2 育った環境が正反対のダリルとベス。逃避行の行方は?

    住居が壊滅しバラバラになってしまったメンバー。シーズン後半は名エピソードが続きます。
    育児放棄され劣悪な環境で育ったダリル。過保護すぎる愛情を注がれて育ったベス。世が世ならまったく接点がなかったであろうふたりで森をさまよいます。

    相互理解ができず激しい口論になりますが、これをきっかけにふたりは距離を縮めていきます。
    荒んだ終末の世でもいい人は居ると信じているベス。隣のダリルがその人だと発見します。そしてやさぐれていたダリルにも変化が…。

    しかし残念なことにこのほほえましい関係は長続きしません。ベスは何者かに誘拐されてしまいます。ダリルのとった行動は? ベスの行方は?結末は次シーズンに持ち越されて…?

  • 3 この世界では生きられない…? 悲しい子供たちのエピソード。

    サバイバルものでは子どもは往々にして守られる存在となります。しかし今回タイリースを守ったのは12歳の少女リジーで、拳銃により敵を射殺します。グループ内の子どもたちは銃の扱いを母親代わりのキャロルから教わっていたのです。

    物事の判断が上手くできない子どもに武器を託すことは危険なことです。さらにリジーにとってのウォーカーは「転化した人間」であり怪物ではありません。やがて彼女の狂った感性は信じがたい悲劇を招き…。

    リジーたちへ母親同様に接しつつも「お母さん」と呼ばれることを拒否していたキャロル。彼女のストーリーは悲しいものが多いのですが、特にこのエピソードはシリーズのなかでも特異なやりきれなさが残り…。

ウォーキング・デッド シーズン4の評価・感想・レビュー

ウォーキング・デッド シーズン4のエピソード一覧 全16話

  • ウォーキング・デッド シーズン4 第1話「嵐の前の静けさ」

    第1話「嵐の前の静けさ」

    刑務所には総督の町から連れてきた者や外部から救助された者が集まり、小さなコミュニティを築いていた。元から暮らしていた者たちは頼られる存在となり、皆で生きるために力を尽くしていた。ダリルは大規模な物資調達が可能な場所へ向かい、総督の捜索を続けていたミショーンもチームに加わるが、そこには大量のウォーカーがいた。一方、動物を捕まえるためのワナを確認しに行ったリックは助けを求める1人の女性と出会う。

    • 再生時間
      :42分
  • ウォーキング・デッド シーズン4 第2話「新たな脅威」

    第2話「新たな脅威」

    総督に襲撃された際、不必要な射殺をしたカールから銃を取り上げたリックは、いまだに息子に銃を許可せず、自らも銃を持たず家畜の飼育や農作業に専念していた。仲間はそんなリックを見守るが、フェンスにはウォーカーが群がり、数を減らす作業が追いつかなくなっていた。シャワー室で倒れたパトリックはその夜、そのまま死亡しウォーカーと化す。何も知らずに夜を過ごす人々にパトリックが襲いかかり、刑務所内は大混乱となる。

    • 再生時間
      :42分
  • ウォーキング・デッド シーズン4 第3話「集団感染」

    第3話「集団感染」

    カレンとデイビッドの無残な焼死体を発見したタイリースは、犯人を捜し出せとリックに詰め寄る。犯人は病気を広めないために殺したようにも見えたが結局、発症者が続出してしまう。彼らを救うためにダリルたちが、まだ薬があると思われる獣医科大学へ向かう中、発症者は隔離、子供たちは別の場所へ待避させることになる。ハーシェルは危険を顧みず、そして心配するマギーたちの反対を押し切って発症者の看護に当たろうとする。

    • 再生時間
      :42分
  • ウォーキング・デッド シーズン4 第4話「傷だらけの絆」

    第4話「傷だらけの絆」

    猛威を振るうインフルエンザに対処するために抗生物質を探しに出たダリルたちだが、予定を大幅に過ぎても帰ってこない。そこでリックは当面の薬や物資を調達しに、キャロルと廃虚となった住宅街を訪れる。キャロルがカレンとデイビッドを殺したことについて沈黙を守るリックにキャロルは“皆を守るためだった”と詰め寄る。一方、何とか薬のある大学にたどり着いたダリル一行だったが、そこでもウォーカーがさまよっていた。

    • 再生時間
      :43分
  • ウォーキング・デッド シーズン4 第5話「遠のく希望」

    第5話「遠のく希望」

    病に冒された刑務所の住人は1人また1人と死んでいた。薬も届かず絶望が広がる中、ハーシェルによる必死の診療が続き、グレンとサシャも病に苦しみながらも賢明に彼を手伝っていた。父やグレンを心配するマギーは自分も隔離監房に入ると懇願するが、ハーシェルに強く拒否される。仕方なく自分の役割を果たそうとリックと共に、ウォーカーが押し寄せ倒れそうになるフェンスを支えようとしていたその時、監房から銃声が鳴り響く。

    • 再生時間
      :43分
  • ウォーキング・デッド シーズン4 第6話「葬られた過去」

    第6話「葬られた過去」

    刑務所を襲撃した後、仲間たちをも殺害したウッドベリーの総督は、その後1人でさまよい生き延びていた。数ヵ月が経ち彼はある家族と出会う。末期ガンの父親とその娘2人、そして長女の娘の幼いメーガンの4人だ。彼らには食料の蓄えがあったため、ウォーカーによる混乱の発生時からアパートに閉じこもり外の世界をあまり知らず、いまだに救助を待っていた。ひと夜だけの宿にするつもりが、総督はメーガンに自分の娘を重ねて…

    • 再生時間
      :42分
  • ウォーキング・デッド シーズン4 第7話「蘇る過去」

    第7話「蘇る過去」

    偶然にもマルティネスと再会した総督。マルティネスは自らがリーダーとなり、キャンピングカーや戦車で周りを囲ったキャンプで小さなコミュニティーを築いていた。彼の右腕はピートとミッチの兄弟だが、2人の性格は正反対。兄は正義感や倫理観が強く、弟は生きるためなら手段は選ばないというタイプだった。彼らと物資調達に繰り出した総督は、さまざまな側面からキャンプの今後を憂い、新しい家族を守るためにある行動に出る。

    • 再生時間
      :42分
  • ウォーキング・デッド シーズン4 第8話「最期の決戦」

    第8話「最期の決戦」

    総督は愛するリリーやメーガンを守るため刑務所を奪うことを決意する。「安心して暮らせる場所を確保する」と仲間を説得し、皆に武装させる。話し合いを基本とし暴力は最終手段だと言うものの、ミショーンとハーシェルを人質にしていることを知ったリリーは反対するが、総督は反対を押し切って刑務所へ向かい、リックと対峙する。刑務所を明け渡すように要求する総督に、リックは何とか共に生きられるよう提案し、説得を試みる。

    • 再生時間
      :43分
  • ウォーキング・デッド シーズン4 第9話「そして、独りに」

    第9話「そして、独りに」

    総督グループの襲撃を受け、刑務所もフェンスも破壊され散り散りに逃げ出したリックたち。かろうじてリックとカールは一緒に逃げられたがリックは歩くのがやっとの状態だった。カールを守ろうと自分の指示に従うように言うがカールはことごとく反発する。仲間や母親、妹のジュディスをリーダーとして守れなかった父親に腹を立てていたのだ。一方、一人で森をさまようミショーンは、恋人マイクと幸せだった頃の夢を見ていた。

    • 再生時間
      :42分
  • ウォーキング・デッド シーズン4 第10話「生存者たち」

    第10話「生存者たち」

    ベスとダリル、タイリースとリジーとミカの姉妹、マギーとサシャとボブはそれぞれ刑務所を脱出し森をさまよっていた。ベスは仲間が生きていると信じていたがダリルは悲観的になっていた。叫び声を聞いたタイリースが向かった先にはウォーカーに襲われる父と子がいた。彼らを助けるために闘うタイリースは思いがけない人物に遭遇する。一方マギーは、グレンが乗ったバスを発見するが、中にはウォーカーたちがひしめき合っていた。

    • 再生時間
      :43分
  • ウォーキング・デッド シーズン4 第11話「危険なよそ者」

    第11話「危険なよそ者」

    ウォーカーと戦っている最中に失神したグレンは、偶然通りがかったフォード軍曹、ポーター博士、ロジータの3人組みのトラックにタラと共に乗せられていた。目を覚ましたグレンはマギーを捜すと言ってトラックを降りるが、軍曹は「世界を救う方法を知っている博士をワシントンへ送る。それを手伝え」とグレンを引き止める。一方、ミショーンとカールが調達に出る間、ベッドで休んでいたリックは荒々しい男たちの声で目覚める。

    • 再生時間
      :42分
  • ウォーキング・デッド シーズン4 第12話「本音の杯」

    第12話「本音の杯」

    依然として2人だけで森を進むダリルとベス。ベスはつらい気持ちを晴らすため、今まではハーシェルに止められてきたお酒を飲みたいと言い出す。お酒を探しに行こうと誘うベスに対しダリルは無関心。ひとりで進もうとするベスに付き添ってはくれるものの、何もかも諦めたような彼の態度にベスはいら立ちを隠せない。何とか酒を見つけたベスは、酒を飲むゲームをしようとダリルを誘い、乗り気でない彼を無視してゲームを始める。

    • 再生時間
      :43分
  • ウォーキング・デッド シーズン4 第13話「孤独と温もり」

    第13話「孤独と温もり」

    刑務所に住む前のボブは、仲間を失い独りでいたところをダリルとグレンに拾われていた。刑務所を追われ、また森をさまよう彼だが、今度はサシャとマギーと一緒だ。3人は“終着駅”の看板を見つけ、マギーはグレンもここへ向かうと確信し進もうとするが、サシャが反対する。一方、ダリルとベスは墓地に一軒家を見つける。掃除されたその家には置いたばかりと思われる食料と、ウォーカーの死体が身なりを整え横たわっていた。

    • 再生時間
      :43分
  • ウォーキング・デッド シーズン4 第14話「正気な狂気」

    第14話「正気な狂気」

    “終着駅”に向かい線路を進むキャロル、タイリース、リジーとミカの幼い姉妹。姉のリジーはウォーカーは“違う”だけと言い、殺すことに異常な拒否反応を示し、キャロルの話にもまったく耳を貸さない。妹のミカはウォーカーを恐ろしいものと認識し、いざとなれば殺すつもりだと話すが、自分や仲間を殺そうとする人間のことも殺したくないと思っていた。そんな中、姉妹が2人だけでいるところにウォーカーの群れが襲ってくる。

    • 再生時間
      :43分
  • ウォーキング・デッド シーズン4 第15話「トンネルの彼方へ」

    第15話「トンネルの彼方へ」

    マギーが生きていることを信じ“終着駅”を目指すグレン。彼に同行するのは、感染の原因を知っているというユージーン博士と彼をワシントンへ連れて行く任務を担うフォード軍曹とロジータ、刑務所を襲ったことに罪悪感を覚えているタラだ。一刻も早く終着駅にたどり着きたいグレンと博士を守ることが最優先の軍曹は衝突を繰り返していた。一方、ベスとはぐれたダリルは無法者らしきジョーの一行に連れられ終着駅を目指していた。

    • 再生時間
      :43分
  • ウォーキング・デッド シーズン4 第16話「終着駅」

    第16話「終着駅」

    リックはカールとミショーンと共に線路を伝い、何日も食べ物にありつけず空腹の中、「終着駅」を目指していたが、終着駅まであと一歩というところで男たちの集団に襲われる。リックを敵と言い報いを与えると銃を突きつける男たちの中に、刑務所の襲撃で別れたきりのダリルがいた。ダリルはジョーが捜していた人物がリックだったことを知り、3人を解放するように説得しようとするが男たちは聞く耳をもたず、絶体絶命のリックは…

    • 再生時間
      :43分

ウォーキング・デッド シーズン4の動画が配信されているサービスの詳細

ウォーキング・デッド シリーズの作品一覧

ウォーキング・デッド シーズン4と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

ウォーキング・デッド シーズン4に関する記事一覧

この作品を配信中のおすすめ動画配信サービス