見たいリスト見たいリスト

0

見たいリスト(最大50件)0作品

現在、動画が選択されていません。

見たいリストの説明

見たい動画が追加されました

見たい動画を一括比較する

吹き出し 閉じる

キングスマン

映画 洋画

キングスマンの動画が配信されているサービス一覧

キングスマンのあらすじ

スパイ映画は数あれど、シリアスな作風が主流の中、本作『キングスマン』はイギリスのスパイ映画のベースにあるスタイリッシュな側面と、ブラックユーモアも交えた内容で大ヒットを記録。スパイアクション映画の新しいフォーマットを確立させた。

職にも就かずふらふらとしているエグジーはある日、高級テイラー「キングスマン」の仕立て職人ハリーと出会う。 彼にはもうひとつの顔があり、秘密裏に活動する国際諜報機関「キングスマン」のエリートスパイでもあったのだ。

ハリーはエグジーをキングスマンの新人候補としてスカウト。最初は戸惑うも、亡き父がハリーの元同僚であったことを知り、スパイの道を志すようになる。一方で、ハリーは過激な環境保護思想を持つIT富豪、 ヴァレンタインの調査を進める。ヴァレンタインは地球環境への負荷を減らすために、世界の人口削減計画をもくろんでいた。

エグジーは正式にキングスマンの一員として認められるのか? そして、ヴァレンタインの恐ろしい作戦を阻止することができるのか?

クレジット

監督:マシュー・ヴォーン  原作:マーク・ミラー 製作:Marv Films
出演:コリン・ファース、マイケル・ケイン、サミュエル・L・ジャクソン、タロン・エガートン、マーク・ストロング
配給:KADOKAWA  
映倫区分:R+15

キングスマンの人物相関図

キングスマンの人物相関図

キングスマンの登場人物・キャスト

  • ゲイリー・“エグジー”・アンウィン(タロン・エガートン)
    ゲイリー・“エグジー”・アンウィン(タロン・エガートン)
    幼少に父を亡くして以来、無職のまま自堕落な生活を送っていた青年。英国紳士でありスパイでもあるハリーとの出会いにより、父が国際諜報機関のキングスマン候補生であったことを知り、スパイを目指すようになる。
  • ハリー・ハート(コリン・ファース)
    ハリー・ハート(コリン・ファース)
    表の顔は高級テイラー「キングスマン」の仕立て職人。裏の顔はどこの国にも属さない国際諜報機関のスパイ。元同僚であったエグジーの父親に命を救われたハリーは、エグジーを組織の新人候補としてスカウト。
  • リッチモンド・ヴァレンタイン(サミュエル・L・ジャクソン)
    リッチモンド・ヴァレンタイン(サミュエル・L・ジャクソン)
    新しい世界を築こうと、世界的規模のテロ(人類抹殺)を画策する悪徳IT実業家。世界中に無料でSIMを配布。このSIMの中には人間を凶暴化させる洗脳能力が装備されていた。行き過ぎたエコロジー思想を持つ。
  • マーリン(マーク・ストロング)
    マーリン(マーク・ストロング)
    キングスマンの新人候補生を指導する教官で、エグジーを始めとする候補生たちにスパイに関する様々な技術を教え込む。非常にキレ者でハリーやエグジーにとっても頼れる存在。
  • アーサー(マイケル・ケイン)
    アーサー(マイケル・ケイン)
    スパイ組織「キングスマン」を束ねるリーダー的存在。典型的な英国紳士らしい言動が特徴。上流階級至上主義的な考えを持っており、たまに嫌味な言葉をはく。ちなみにアーサーとはコードネームである。
  • ガゼル(ソフィア・ブテラ)
    ガゼル(ソフィア・ブテラ)
    ヴァレンタインの助手であり、暗殺者、そしてキングスマンの敵でもあるクール・ビューティー。鋭利な剣を仕込んだ義足を両足に持ち、相手を華麗に、容赦なく切り倒していく。

キングスマンの見所ポイント

  • 1 コリン・ファースの端正なスーツ姿に萌え!

    本作で登場するロンドンのスーツ街、サヴィル・ロウにある高級紳士服店「キングスマン」は、実在するお店「HUNTSMAN(ハンツマン)」がモデルになっています。

    キングスマンのスーツはすべてオーダーメイド。ハリー の言葉「Manners maketh man.(礼儀が紳士をつくる)」 を具現化したような、英国のジェントルマン気質あふれるクラシックスーツたち。そんな凛々しいスーツに身を包みながら激しくファイトする、コリン・ファースとタロン・エガートンのスーツ姿は最高にエレガントで、最高にクールです。

  • 2 007シリーズへの逆オマージュにニヤリ

    ショーン・コネリー主演で1962年に大ヒットしたイギリス映画『007 ドクター・ノオ』の公開以降、『007シリーズ』は後の東西冷戦時代におけるスパイ映画の雛形とされ、キングスマンの重要な要素でもあるスパイ=スーツスタイルを確立。現在でも続く人気スパイアクション映画として知られています。

    本作には『007シリーズ』の主人公、ジェームズ・ボンドが見せる言動やたち振る舞いが、アイロニックに描かれているニクイ演出があったりします。ヒントはボンドが好きなマティーニを頼むシーンです。

  • 3 スパイ映画ならではの小道具に注目!

    スパイ映画の楽しみといえば、『007シリーズ』にも頻繁に登場する小粋なスパイグッズたち。たとえば、防弾機能を装備したこうもり傘型ショットガンや、つま先部分にナイフがさりげなく仕込まれた革靴、手榴弾にもなるライター、相手を感電させる指輪など、あっと驚くハイテクなスパイグッズが、ここぞ!というシーンでたくさん登場します。

    とりわけ、ハリー(コリン・ファース)が こうもり傘型ショットガンを駆使した、パブでの華麗なファイトシーンは必見です!

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation 

キングスマンのユーザーレビュー

平均評価

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 0.0

レビューを書く

ユーザーレビューを書く

採点(必須)
0.0 ☆マークをクリックすることで採点されます。
投稿者(必須)
タイトル(必須)
レビュー(必須)
  • ※編集部が誹謗中傷・作品のネタバレと判断したレビューは表示しておりません。
  • ※投稿者が「編集部」と記載してあるレビューは、編集部が調査機関より集めたレビューを表示しています。
  • ※投稿者が「編集部」と記載してあるレビューの中には、編集部が調査機関から収集したレビューより一部抜粋して表示しているものもあります。
  • ※レビューの投稿は、1作品につき1日1回投稿できます。

キングスマンが動画配信されているサービスの詳細

キングスマンと合わせてよく見られている人気の動画配信状況

 定額見放題  レンタル  購入  宅配レンタル

※配信されている作品は、サービス各社の状況によって配信スケジュールが変更される場合がございますので詳しくは、動画配信サービス各社のサイトにてご確認ください。

ページトップ