閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【ベティ・ブルー/愛と激情の日々】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

提供元:amazon
ベティ・ブルー/愛と激情の日々

ベティ・ブルー/愛と激情の日々を配信中の動画配信サービス一覧

ベティ・ブルー/愛と激情の日々の動画が配信されているサービス

ベティ・ブルー/愛と激情の日々の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

ベティ・ブルー/愛と激情の日々の作品紹介

ベティ・ブルー/愛と激情の日々のあらすじ

1986年に公開され、世界中で物議を醸したフランス制作の映画。長編デビュー作品である『ディーバ』がセザール賞の新人作品賞、撮影賞、音楽賞、録音賞の4部門を受賞したジャン=ジャック・ベネックスの監督作品である。

ジャン=ジャック・ベネックスは、ニュー・フレンチ・アクション・シネマといった新しいジャンルを築いた監督だ。主演は、今作がデビュー作となったベアトリス・ダル。モデル活動をしていたときに監督に見出され、デビュー作とは思えないほどの怪演を見せている。

リゾート地のバンガローで、ひとり気ままに生きるゾルグ(ジャン=ユーグ・アングラード)。ある日、彼は風変わりの少女・ベティ(ベアトリス・ダル)と出会う。勤めていたレストランに嫌気が差したベティは、ゾルグのもとに身を寄せる。

本能のままに生きるベティに溺れていくゾルグ。刹那的に愛をむさぼるふたり。エキセントリックなベティとの生活で、ゾルグ自身の言動、そして人生も次第に変わっていくのだった。

ベティ・ブルー/愛と激情の日々のクレジット(監督・キャスト)

  • 監督
    :ジャン・ジャック・ベネックス
  • 主演・出演
    :ベアトリス・ダル,ジャン・ユーグ・アングラード
  • 再生時間
    :121分
  • レーティング
    :R18+
  • 公式サイト
    http://www.betty-blue.info/

ベティ・ブルー/愛と激情の日々の登場人物・キャスト

  • ベティ(ベアトリス・ダル)

    エキセントリックで本能のままに生きている。そのため、何度も問題行為を起こす。ゾルグと出会い、彼のもとに転がり込んできた。ゾルグのことを深く愛しており、彼の作家としての才能を信じてやまない。他人に反対意見を述べられたりすると、激しく抵抗する傾向がある。

  • ゾルグ(ジャン=ユーグ・アングラード)

    ベティに出会って「初めて自分の人生を生き始めた」と感じる。昔は作家を目指していた。ベティに出会うまでは、コテージの雑用で生計を立てていた。ベティを深く愛し、他人から理解されにくいベティのことを一身に守ろうとする。ベティと過ごすうちに、彼自身の言動にも変化が現れる。

  • リサ(コンスエロ・デ・ハヴィランド)

    ベティの友人。夫を亡くし、ひとりでパリに住んでいる。パリを訪れたベティとゾルグを温かく迎えて、空き部屋に住まわす。

  • エディ(ジェラール・ダルモン)

    リサの恋人。パリでピザ店を営んでいる。ベティやゾルグとすぐに打ち解けて、リサの家で4人で暮らし始める。

ベティ・ブルー/愛と激情の日々の見所ポイント

  • 1 ベアトリス・ダルの、衝撃のデビュー作『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』!

    『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』で主人公のベティを演じたベアトリス・ダルにとって、今作が女優デビュー作品であり、この作品によってフランスのセックスシンボルと呼ばれるようになりました。

    劇中での彼女は、ときにコケティッシュで、ときに殺気に満ちた表情を見せ、見る者を魅了してやみません。実はベアトリス・ダルのその後の人生も、ベティ同様に波乱万丈で有名です。

    彼女自身、どこかベティと共鳴するところがあったからこそ、あの魅力的で激しいベティに惹き込まれてしまいます。

  • 2 『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』は、未公開シーンが追加されたインテグラルも1992年に公開!

    『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』は1992年に、約60分の未公開シーンが追加されたインテグラルが公開されました。今作とインテグラルには、ストーリーに大きな違いはありません。

    しかしインテグラルは、また違った印象を受けます。今作はベティを中心にストーリーが展開していきますが、インテグラルはゾルグの視点で描いた映像の割合が多くなります。

    『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』の世界観をより知りたい人は、インテグラルもおすすめです!

  • 3 激しさと美しさで見る人を惹きつける、『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』!

    『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』のあらすじだけを読むと、精神的に問題がある女性が、崩壊していく物語だと感じられるかもしれません。実際に、そういった一面もありますが、今作はそれだけではありません。

    ベティの激しさは確かにエキセントリックですが、その真っ直ぐすぎる愛情には、どこか羨ましさすら感じられ、見る者を惹きつけます。

    また、80年代のフランスのエスプリをたっぷり感じられるのも、この映画の魅力です。どのシーンを切り取っても、まるで写真集になりそうなぐらい美しく、時代を超えても色あせない名作といえます。

ベティ・ブルー/愛と激情の日々の評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 4 (1件中)
  • 投稿者名:退会済みのユーザー
    評価: GOOD 投稿日:2019.08.31/22:24

    これは・・・ 好き。
    洋画だからこそできる作品というか、
    洋画ならではの雰囲気作りで、
    小物も衣装もほんとに可愛くて、大好きなの。
    重めだけど、やっぱり好き。

ベティ・ブルー/愛と激情の日々と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

ベティ・ブルー/愛と激情の日々に関する記事一覧

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!