閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【プリズン・ブレイク ファイナル・ブレイク】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

プリズン・ブレイク ファイナル・ブレイク

プリズン・ブレイク ファイナル・ブレイクを配信中の動画配信サービス一覧

プリズン・ブレイク ファイナル・ブレイクの動画が配信されているサービス

プリズン・ブレイク ファイナル・ブレイクの動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

プリズン・ブレイク ファイナル・ブレイクの作品紹介

プリズン・ブレイク ファイナル・ブレイクのあらすじ

"フィナーレ"を迎えた『プリズン・ブレイク』にもうひとつのエピローグがあった…最後の脱獄ー大人気サスペンス・ドラマのスピンオフ作品。前作ラストシーンから4年前にさかのぼり、マイケルたちが組織を壊滅させ、免責を得て自由になった後の物語を前後編で描いている。

「必ず守ってみせる」ー愛の脱獄劇が始まる!

自由を手に入れたマイケルは愛するサラと結婚式を挙げていた。だが、その最中にFBI捜査官が押し寄せてサラを逮捕する。罪状はマイケルの母であり、最後の敵であったクリスティーナを銃殺した罪だ。

サラはデイド刑務所の女子棟に収監され、看守から暴行を受け、ほかの囚人から命を狙われていく。
マイケルはサラの罪が巧妙に偽装され、無罪を証明することは困難だと感じ、新たな脱獄計画を企てる。

しかし、そこには新たな壁が立ちはだかるのだった…。果たして、マイケルは愛するサラを取り戻せるのだろうか?

プリズン・ブレイク ファイナル・ブレイクの登場人物・キャスト

  • マイケル・スコフィールド(ウェントワース・ミラー)

    IQ200近い天才で、元・建築技師。シーズン4でついに組織の陰謀を砕き、免責によって自由を手に入れたが、それから4年後のラストシーンでは彼の墓標が示された。この『ファイナル・ブレイク』は、その4年の間のストーリー。デイド刑務所に収監されたサラを脱獄させんと奮起する。彼の死の謎も明らかになっていく…。

  • サラ・タンクレディ(サラ・ウェイン・キャリーズ)

    フォックスリバー刑務所の元・女医で、マイケルの妻。組織壊滅後、マイケルと幸せな結婚式を挙げたが、そのパーティー中にFBIによって逮捕、デイド刑務所に収監されてしまう。お腹にマイケルの子を身籠っており、マイケルとともにまだ見ぬ我が子への思いを強く持っている。

  • リンカーン・バローズ(ドミニク・パーセル)

    マイケルの兄。激情型だが、家族への思いは人一倍強い。マイケル同様、組織壊滅とともに免責により自由の身となる。『ファイナル・ブレイク』では、マイケル、スクレ、マホーンとともにサラ脱獄計画に協力していく。

  • アレキサンダー・マホーン(ウィリアム・フィクナー)

    元FBI捜査官で、マイケルに比肩する天才。マイケルの父を撃ち殺した過去があるが、殺された息子の復讐の意を込めて組織と戦う内に、マイケルやリンカーンとも打ち解けていった。『ファイナル・ブレイク』では、FBI復帰について「マイケルたちを見張ること」を条件に出されているが…。

  • フェルナンド・スクレ(アマウリー・ノラスコ)

    マイケルと親しいプエルトリコ人。フォックスリバー刑務所時代にマイケルと同房になって以来、互いに「相棒」と呼び合う仲。マイケル同様、組織壊滅とともに免責により自由の身となっており、サラの脱獄計画に力を貸していく。

  • セオドア・”ティーバッグ”・バッグウェル(ロバート・ネッパー)

    数々の前科を持つ極悪人。組織壊滅後、免責のチャンスはあったがマイケルたちが全会一致で否定したため、デイド刑務所へと収監された。刑務所内ではフォックスリバー時代のように我が物顔ができていないが、今作でも何かと首を突っ込んでくるキーマン。

  • グレッチェン・ルイーズ・モーガン(ジョディ・リン・オキーフ)

    元・組織の工作員。サラと同じデイド刑務所の女子棟に収監されている。クランツからサラを殺すよう命じられるが、逆にサラを脱獄に利用しようとしていく。

  • ジョナサン・クランツ将軍(レオン・ラッサム)

    元・組織の黒幕で、「将軍」「閣下」などと呼ばれている。マイケルたちに組織の陰謀を暴かれ、デイド刑務所に収監された。もはや死刑を待つ身となってしまったが、道連れにとサラの命を狙う。

  • 「ダディ」(ロリ・ペティ)

    デイド刑務所の女子棟に収監されている女で、一部の囚人たちを「家族」と呼んで取り仕切っている。新入りのサラに興味を持っていき…。

  • カウラー(アイシャ・ハインズ)

    デイド刑務所の女性看守。レズビアンの気があり、囚人相手でもその気になってしまうことがある。

  • フェリシア・ラング(バーバラ・イブ・ハリス)

    FBI捜査官。かつてのマホーンの部下で、ともにフォックスリバー刑務所を脱獄したマイケルたちを追った。マホーンを真に慕っている。

  • リチャード・サリンズ(キム・コーツ)

    FBI捜査官。マホーンを嫌っており、FBI復帰を条件にマイケルたちを見張るよう命じる。

プリズン・ブレイク ファイナル・ブレイクの見所ポイント

  • 1 女子刑務所内独特の空気感が臨場感あふれる!

    これまでの『プリズン・ブレイク』にも、ほかの作品にも、女子刑務所の物語はあまりないため、本作では囚人同士のやり取りや看守との関係など、男子刑務所とはまた違った面を見ることができます。前後編たった2本とはいえ、そうした特殊な空間での人間模様が、臨場感たっぷりに描かれています。

    そして、『ファイナル・ブレイク』はサラが主人公とも言うべきスピンオフ作品となっています。これまでマイケル目線を中心に展開してきたストーリーが、サラ目線でも楽しめるという二重の楽しさもあります。

  • 2 「マイケルの死」について、その真実が明らかに!

    シーズン4最終話のラストシーンにて「マイケルの死」が示されましたが、その理由は描かれていませんでした。『ファイナル・ブレイク』は、その真実を描いた物語でもあります。

    シーズン4中盤で脳の病気が発覚したマイケル。一旦は手術で全快したと思われましたが、終盤でマイケルが鼻血を出すシーンが何度となく見られました。それが病気の再発を表していることは明白でしたが、「マイケルの死」にはもうひとつ別の側面があったのです! それがこの『ファイナル・ブレイク』で明らかになります!

  • 3 様々なキャラクターの「愛」を感じるドラマチック・サスペンス!

    『プリズン・ブレイク』は脱獄を中心としたタイムリミット・サスペンスですが、同時に優れた人間ドラマでもあります。特に、登場人物それぞれが抱く様々な「愛」を表現されています。

    『ファイナル・ブレイク』は、ストーリーの軸こそサラの脱獄劇となりますが、同時に深い愛情を描いています。マイケルとサラがお互いを、そしてサラのお腹の子をめぐる愛、リンカーンの兄弟愛、スクレやマホーンの仲間愛、囚人間の特殊な愛や、グレッチェンの我が子に対する愛情など、ドラマチックな「愛」の形もまた見どころのひとつです。

プリズン・ブレイク ファイナル・ブレイクの評価・感想・レビュー

プリズン・ブレイク シリーズのあらすじ一覧

プリズン・ブレイク ファイナル・ブレイクと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!