閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【サンブンノイチ】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

サンブンノイチ

サンブンノイチを配信中の動画配信サービス一覧

サンブンノイチの動画が配信されているサービス

サンブンノイチの動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

サンブンノイチの作品紹介

サンブンノイチのあらすじ

木下半太の同名小説が原作で、原作に惚れ込んだ品川ヒロシによって映画化された。品川ヒロシにとって『ドロップ』『漫才ギャング』に続く、3作品目の監督作品となる。

また、これまで自身の小説を映画化してきた品川にとって、他者の作品を実写化した初めての作品でもある。シリアスな会話のなかにも、どこか笑える要素が程良いさじ加減で加わっている。

金銭的な問題を抱えたシュウ(藤原竜也)、コジ(田中聖)、健(小杉竜一)の3人は、シュウの誘いに乗って銀行強盗をおこなう。銀行強盗後に、シュウとコジの職場であるキャバクラ「ハニーバニー」に逃げ込んだ3人。

奪った金の取り分で揉めるなか、それぞれが自分の取り分を増やすために、仲間を出し抜こうとする。そんな3人の様子をモニターで眺める人物がいた。実はこの計画は、3人だけのものではなかったのだ。1億6千万円の金を巡って、アンダーグラウンドに生きる人間たちの騙し合いがはじまる。

サンブンノイチのクレジット(監督・キャスト)

出演:藤原竜也、田中 聖、小杉竜一(ブラックマヨネーズ)
中島美嘉、窪塚洋介 池畑慎之介☆、木村 了、哀川 翔(特別出演) ほか
配給: KADOKAWA 吉本興業      

サンブンノイチの登場人物・キャスト

  • 清原修造(藤原竜也)

    キャバクラ「ハニーバニー」の雇われ店長。愛称はシュウ。ギャンブル依存症。競馬場で、店の売り上げ金400万円を盗まれてしまう。映画好きで、映画監督を志していたが、志半ばで挫折した。それからは何をやっても続かず、ダラダラとした生活を送っている。面倒見が良く、行き場がなくなったコジの面倒も見ている。

  • 小島一徳(田中聖)

    キャバクラ「ハニーバニー」のボーイ。愛称はコジ。趣味は格闘技で、喧嘩が強く、キャバクラの女性たちからも頼りにされているが、頭が悪い。裏カジノにはまり、多額の借金を抱えている。家賃滞納のため、アパートを追い出されてから、シュウの家に転がり込む。

  • 金森健(小杉竜一)

    多数の焼肉チェーン店を経営している社長。「ハニーバニー」の常連客。下品だが、金払いは良い。経営する焼肉店の食中毒騒動などもあり、金銭的に困迫しており銀行強盗の計画に乗る。SM趣味がある。愛称は健さん。

  • まりあ(中島美嘉)

    「ハニーバニー」のNo.1キャバクラ嬢。ミュージカル女優をしていたが、信じた演出家の裏切られ、劇団をやめてしまった。ある日「ハニーバニー」の店内で異変を感じ、オーナーの破魔に相談したところ、逆に脅されて危うい立場に立たされてしまう。高校時代は陸上部だった。

  • 破魔翔(窪塚洋介)

    「ハニーバニー」のオーナー。裏では、いろいろな悪事をおこなっている。凶悪な性格で、自分に歯向かう者や役に立たない者に対して残忍な制裁を与える。

  • 渋柿多見子(池畑慎之介)

    川崎の裏社会を取り仕切っている女性。暴力団すらも彼女に歯向かうことができない。「利子20%で返済は1週間後」というむちゃくちゃな条件で金貸しをおこなっており、残虐な手を使ってでも返済させる。レズで「ハニーバニー」の常連客である。

  • 若槻(木村了)

    コジの後輩。3人が銀行強盗をおこなう際に、拳銃と車を用意する。ビジネスで成功しており、店をいくつか経営している。

  • 尾形(赤羽健壱)

    「ハニーバニー」のボーイ。ボーイのなかでは、1番の若手である。

  • 元キャバ嬢のSM嬢(壇蜜)

    「ハニーバニー」の元キャバクラ嬢。現在はSMクラブで、女王様として働いている。

サンブンノイチの見所ポイント

  • 1 あらすじだけじゃ分からない、『サンブンノイチ』の面白さとは?

    『サンブンノイチ』は、登場人物たちの会話のテンポが良く、まるで漫才のようなやり取りが魅力です。あらすじを読むだけでは、この面白さを感じることはできません。

    実際に健役の小杉竜一をはじめ、多くの脇役に吉本興業所属の芸人が起用されています。そのためアドリブなのか、そうでないのかわからないような面白いシーンが多数あるのも、この映画の見所のひとつです。

    また藤原竜也や田中聖などが、シリアスな会話のなかで、まるで漫才をしているかのように、しれっとボケるといったレアな姿を見ることもできます。

  • 2 映画『サンブンノイチ』の原作は、木下半太の同名小説が原作! 続編はある?

    『サンブンノイチ』は、木下半太の同名小説が原作です。監督した品川ヒロシが原作に惚れ込んで、映画化したというだけあって、小説と映画の世界観にズレはありません。原作ファンにとっても、納得できる作品になっているといえます。

    また、原作を読んでいない人でも、十分に理解しやすく、楽しめる1本です。映画『サンブンノイチ』には続編はありませんが、小説には続編があります。続編のタイトルは、『サンブンノニ』です。

    まさに、『サンブンノイチ』のその後の話が描かれています。映画『サンブンノイチ』を見て、主人公たちがどうなったか気になる人や、『サンブンノイチ』ワールドにハマった人は、続編の小説もおすすめです。

  • 3 『サンブンノイチ』は、タランティーノへのオマージュを捧げた作品!

    『サンブンノイチ』を監督した品川ヒロシは、インタビューで「タランティーノへのオマージュを捧げた作品」と話しています。また、ただオマージュを捧げるだけでなく、ひと昔前の邦画にあった「洋画」の匂いも再現したかったとも明かしていました。

    そういった影響もあり、要所要所にクスッと笑えるエッセンスを含ませつつも、『サンブンノイチ』を見ていると、不思議な懐かしさを感じられます。

    また1本の映画なのに、サスペンス、ミステリー、ギャグなど、いろいろな要素を楽しむことができます。

サンブンノイチの予告・動画

サンブンノイチの評価・感想・レビュー

サンブンノイチと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

サンブンノイチに関する記事一覧

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!