閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

警部補 矢部謙三-人工頭脳VS人工頭毛の動画を配信しているサービス

ドラマ 国内ドラマ
提供元:amazon
警部補 矢部謙三-人工頭脳VS人工頭毛
更新日:

警部補 矢部謙三-人工頭脳VS人工頭毛が今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

警部補 矢部謙三-人工頭脳VS人工頭毛の動画配信・レンタル情報

警部補 矢部謙三-人工頭脳VS人工頭毛の動画が配信されているサービス一覧

警部補 矢部謙三-人工頭脳VS人工頭毛の作品紹介

警部補 矢部謙三-人工頭脳VS人工頭毛のあらすじ

世界一カミっている男が華麗に復活!

頭皮に秘密を抱える警部補・矢部謙三は、メカオタク刑事・秋葉原人との凸凹コンビが難事件に挑む!

大人気ミステリードラマ「TRICK」のスピンオフ作品として連ドラ化した「警部補・矢部謙三」のシリーズ第3弾。




"闇の行司"と呼ばれる連続殺人鬼の出現により、連日報道は賑わいを見せていた。

そこに、海外で活躍する天才科学者ディープ・マナブが、自身で開発した人工知能「ゴッド・アイ・ジョー」を用いて、日本の警察よりも早く犯人を逮捕するという挑戦状を叩きつけた。

警察のメンツを立てたい警視総監の御手洗は、万が一にも推理対決に負けた場合の言い訳として、最もダメ刑事である矢部をディープの対決相手として抜擢する。

そんな裏事情を知らない矢部は、秋葉を連れて意気揚々と"闇の行司"の目撃情報があった山梨県の山奥の村を訪れるのだった…。

警部補 矢部謙三-人工頭脳VS人工頭毛のクレジット(監督・キャスト)

  • 監督
    :木村ひさし
  • 主演・出演
    :生瀬勝久
  • 再生時間
    :-分
  • 初公開
  • レーティング
    :-
  • エピソード数
    :全5話

警部補 矢部謙三-人工頭脳VS人工頭毛の登場人物・キャスト

  • 画像はありません。
    矢部謙三(生瀬勝久)
    警視庁公安部の警部補。典型的な権威主義者で、権力者にはめっぽう弱いが、自分より立場の低い人物に対してはとてつもなく横柄な態度で接する。薄毛に悩んでおり、かつらを着用しているため、「ハゲ」「薄い」などのワードには敏感に反応する。かつらの着用は周知の事実であるが、本人はバレていないと思っている。
  • 画像はありません。
    秋葉原人(池田鉄洋)
    警視庁公安部の巡査部長。矢部の従順な部下であり、良き理解者である。メカオタクで、常にパソコンやアンテナを持ち歩いており、電波がなくなると情緒不安定になってしまう。矢部への尊敬が尋常ではなく、恋愛感情に近いような親愛の情を抱いており、矢部に可愛がられる知栄に嫉妬する。
  • 画像はありません。
    ディープ・マナブ(袴田吉彦)
    天才科学者であり、犯罪捜査用の人工知能「ゴッド・アイ・ジョー」の開発者。科学者としての腕は確かで、矢部の後手に回ってしまうものの、人工知能を使って確実に犯人の正体を突き詰めていく。秋葉の中学時代の同級生であり、知栄への嫉妬心を利用して、自分の味方につけようと策略する。
  • 画像はありません。
    御手洗ちかお(大和田伸也)
    警視庁の警視総監。警察いちのダメ刑事である矢部をあわよくば首にしてやろうと、失態を犯すように様々な企みを働くが、なかなか上手くいかずヤキモキさせられている。
  • 画像はありません。
    知栄三郎(上遠野太洸)
    温泉宿「加津羅田楼」の番頭。愛想がよく、宿泊客に手厚いサービスを施すなど気配り上手。なぜか矢部を優秀な刑事だと思い込んでおり、相棒のポジションを狙っている。
  • 画像はありません。
    山川玉緒(内田慈)
    温泉宿「加津羅田楼」の美人女将。亡くなった夫の面影を矢部に重ね合わせ、色仕掛けで矢部にアプローチする。
  • 画像はありません。
    須見健治(大高洋夫)
    「加津羅田楼」の宿泊者。会社経営者。愛人の瑠奈の前ではデレデレで、赤ちゃん言葉になる。不倫旅行として瑠奈と宿泊している。
  • 画像はありません。
    青木瑠奈(山地まり)
    「加津羅田楼」の宿泊者。須見の愛人。須見に奥さんとの離婚を迫るものの、うまくはぐらかされてしまう。某百貨店の包装紙に似た柄のボディコンを着用している。
  • 画像はありません。
    緑川省吾(森岡豊)
    「加津羅田楼」の宿泊者。医師。死体発見時には検視を担当するが、医師としての腕はイマイチである。
  • 画像はありません。
    霊胤坊滿(コビヤマ洋一)
    「加津羅田楼」の宿泊者。自称・僧侶。しかし、武勇伝として語る全てがうさん臭く、事あるごとに高額の戒名を付けさせようとする俗物。
  • 画像はありません。
    上杉隆信(中村祐志)
    「加津羅田楼」の宿泊者。配達ドライバー。配達に来た際に土砂崩れにより戻れなくなったために、宿泊することになった。

警部補 矢部謙三-人工頭脳VS人工頭毛の見所ポイント

  • 1 「TRICK」の世界観を引き継ぐ第2の名作!?

    前身作品である「TRICK」から引き継がれる秀逸な笑いが、今回もいたるところにちりばめられていて、視聴者のマニア心をくすぐります!

    「加津羅田楼(かつらだろう)」という笑いを誘う独特なトーンの名前や、シリーズファンであればおなじみの「ハネアリイヤーン」という虫よけ剤。

    そして、TRICKの主人公である上田と山田がこの村を訪れたであろう形跡なども登場しています。

    あの名コンビの現在を少しだけ垣間見れるシーンでもあるので、ファンであれば要チェックですよね。

    また、矢部の決め台詞「よし、分かった!」も健在ですので、繰り出されるタイミングをお見逃しなく!!

  • 2 緻密なトリックを用いた本格的なミステリーに引き込まれる!

    多用される笑いの仕掛けや、矢部・秋葉のふざけたキャラクターなどから、コメディ要素たっぷりの3流ミステリーかと思われがちですが、実はそれは大間違いです!

    とにかく本格的ミステリーも顔負けの緻密なトリック、最後まで犯人の正体がまるで見当がつかない謎解きの奥深さ、そして驚くべき結末を用意してくれる嬉しい裏切りなど、そのすべてがストーリーに視聴者たちをぐっと引き込んでいく要因になっています。

    「予告される死」「”闇の行司”の不気味な変装」「閉ざされた空間で互いの目をかいくぐっての殺人」。

    それらが指し示す犯人とは一体…?そして、予想外の結末に、きっとあなたも度肝を抜かれることでしょう。

  • 3 警察官vs人工知能

    サブタイトルにもなっている「人工知能と人間の対決」も見どころのひとつです。

    今や、人工知能の存在が人間を脅かすと言われる時代。

    ドラマ内でも、「将来いらなくなる職業ランキングの1位は警察官であり、疲れ知らずで感情を持たない人工知能のほうが犯罪捜査に向いている」と主張するシーンがありました。

    しかしそんな人工知能でも歯が立たないもの、それは矢部の持つ「運」です。

    絶体絶命のピンチで命拾いしたり、偶然証拠を発見できたり、たまたま犯人を逮捕できたり。

    努力や能力ではなく、「運」によって皮肉にも対外的には優秀な刑事と評価される矢部は、果たして人工知能に勝つことが出来るのでしょうか?

警部補 矢部謙三-人工頭脳VS人工頭毛の評価・感想・レビュー

警部補 矢部謙三-人工頭脳VS人工頭毛のエピソード一覧 全5話

  • 警部補 矢部謙三-人工頭脳VS人工頭毛 わしの最新伝説 その1

    わしの最新伝説 その1

    天才科学者ディープ・マナブ(袴田吉彦)が、自ら開発した人工知能ゴッド・アイ・ジョーを使って、日本警察が手も足も出ない殺人犯“闇の行司”を捕まえると宣言した。引くに引けなくなった警視総監(大和田伸也)は、責任を押しつけるべく専任捜査員に矢部(生瀬勝久)を指名。そんな裏事情を知らない矢部は、意気揚々と闇の行司の目撃情報があった温泉地へと向かう。 (C)テレビ朝日・東宝

    • 再生時間
      :15分
  • 警部補 矢部謙三-人工頭脳VS人工頭毛 わしの最新伝説 その2

    わしの最新伝説 その2

    崖崩れで陸の孤島と化した宿で、宿泊客の会社社長・須見(大高洋夫)が殺害された。犯人は殺人鬼“闇の行司”!? 女将の玉緒(内田慈)や宿泊客は、矢部(生瀬勝久)の指揮の下、手分けして周辺を捜索。すると、犯人の遺留品が林の方で発見され、矢部は秋葉(池田鉄洋)と後を追うことに。いっぽう、Dマナブ(袴田吉彦)は、人工知能を使って独自の分析を進めていた。 (C)テレビ朝日・東宝

    • 再生時間
      :17分
  • 警部補 矢部謙三-人工頭脳VS人工頭毛 わしの最新伝説 その3

    わしの最新伝説 その3

    人工知能より先に“闇の行司”の隠れ家を発見した矢部(生瀬勝久)は、次も先手が打てるように、秋葉(池田鉄洋)に人工知能の監視を指示。しかし、ある出来事から矢部と秋葉の関係に深い亀裂が入ってしまう。そんな中、宿の中に設置された“UED-A”という実験装置をめぐり、矢部が絶体絶命の窮地に陥ってしまう。さらに、宿の浴場で新たな殺人事件が発生して…!? (C)テレビ朝日・東宝

    • 再生時間
      :16分
  • 警部補 矢部謙三-人工頭脳VS人工頭毛 わしの最新伝説 その4

    わしの最新伝説 その4

    矢部(生瀬勝久)と秋葉(池田鉄洋)の関係が決裂する中、運送業者の上杉(中村祐志)が殺害される第2の事件が発生! さっそく人工知能で現場の状況を分析し始めるDマナブ(袴田吉彦)に対して、矢部は捜査を進めるでもなく余裕の態度。ところが翌日、“闇の行司”が書き残したメッセージが見つかると事態は急変。“第3の死者”と予告されたのは、何と矢部自身だった! (C)テレビ朝日・東宝

    • 再生時間
      :14分
  • 警部補 矢部謙三-人工頭脳VS人工頭毛 わしの最新(最終)伝説 その5

    わしの最新(最終)伝説 その5

    殺人鬼“闇の行司”と直接対峙した矢部(生瀬勝久)は、「お前の正体は分かっとる!」と挑発。ところが、面を取った闇の行司は思わぬ人物で…!? いっぽう、村の入口へと向かっていたDマナブ(袴田吉彦)は、ふもとから来た捜査員たちと合流。人工知能が弾き出したという犯人を名指しするが…!? (C)テレビ朝日・東宝

    • 再生時間
      :15分

警部補 矢部謙三-人工頭脳VS人工頭毛が動画配信されているサービスの詳細

シリーズ配信数
0
定額見放題

毎月1,200円分のポイント付与!最新作をお得に見たい方はU-NEXT

月額料金 1,990円 (税抜)
31日間無料
作品数 1,042本 (内定額見放題:914本)
機能 アカウント共有ができるから家族で使える!ペアレンタルコントロールで視聴制限も可能
こんな方に 最新劇場公開作やTV放送中の作品をイチ早く見たい方
シリーズ配信数
0
定額見放題

ドコモユーザー以外も使える!月額500円のバラエティに富んだ低価格サービスはdTV

月額料金 500円(税抜)
31日間無料
作品数 373本 (内定額見放題:299本)
機能 音楽プレイリスト機能やカラオケなど音楽に強い。別アプリでVR動画も!
こんな方に 低価格で映画もカラオケもコミックも楽しみたい欲張りな方
シリーズ配信数
0
定額見放題

月額あたり約500円!独占配信やオリジナル作品も充実

月額料金 500円(税込)※年会費4,900円
30日間無料
作品数 1,562本 (内定額見放題:571本)
機能 オフライン再生やマルチデバイスでの視聴に対応!
こんな方に とにかく安い月額料金で利用したい方・話題のオリジナル作品を楽しみたい方・Amazonの利用が多い方

警部補 矢部謙三-人工頭脳VS人工頭毛と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

※配信されている作品は、サービス各社の状況によって配信スケジュールが変更される場合がございますので詳しくは、動画配信サービス各社のサイトにてご確認ください。

この作品を配信中のおすすめ動画配信サービス

ページトップ