動画配信サービス比較情報.com

見たいリスト見たいリスト

0

見たいリスト(最大50件)0作品

現在、動画が選択されていません。

見たいリストの説明

見たい動画が追加されました

見たい動画を一括比較する

吹き出し 閉じる

君の膵臓をたべたい(邦画)

映画 邦画

君の膵臓をたべたい(邦画)の動画が配信されているサービス一覧

君の膵臓をたべたい(邦画)のあらすじ

累計書籍発行部数260万部を突破した、住野よる原作のベストセラー小説『君の膵臓をたべたい』が待望の映画化。タイトルに隠された本当の意味、そして誰にも予想できない衝撃の結末があなたを待ち受ける。

母校に勤める内気な高校教師の【僕】(小栗旬)は、教師を辞めるべきか思い悩んでいた。そんなある日、教え子の栗山(森下大地)と共に取り壊しが決まった図書館の蔵書整理をすることに。栗山との会話を通し、【僕】はかつてのクラスメイトで同じく図書委員だった桜良(浜辺美波)と過ごした12年前の日々を思い出していく。

他人に興味がなく、孤独を好む【僕】は、明るい性格でクラスの人気者の桜良が抱える“誰にも言えない秘密”を偶然知ってしまう。正反対な性格の2人だったが、“秘密”を共有したことで仲を深めていく。しかし、そんな2人を待ち受けていたのはあまりに儚く残酷な運命で…。

君の膵臓をたべたい(邦画)のクレジット

  • 監督
    :月川翔
  • 主演・出演
    :浜辺美波,北村匠海
  • 再生時間
    :115分
  • 初公開日
    :-
  • レーティング
    :全年齢

君の膵臓をたべたい(邦画)の人物相関図

君の膵臓をたべたい(邦画)の人物相関図

君の膵臓をたべたい(邦画)の登場人物・キャスト

  • 【僕】(北村匠海)
    【僕】(北村匠海)
    図書委員。いつも本ばかり読んでいる地味な少年。他人に興味が無く、人間関係を築こうとしない。桜良が書いた「共病文庫」を病院で拾ったことから桜良と仲良くなる。
  • 山内桜良(浜辺美波)
    山内桜良(浜辺美波)
    【僕】のクラスメイトで、人気者。膵臓の病気を患っており、余命1年あまり。闘病日記の代わりに「共病文庫」を書いている。天真爛漫で明るく、いつも笑顔を絶やさない。
  • 恭子(大友花恋)
    恭子(大友花恋)
    桜良の親友で【僕】のクラスメイト。桜良と急に仲良くなった【僕】に不信感を抱き、あまりよく思っていない。桜良のことをいつも心配し、大切に思っている。
  • 委員長(桜田通)
    委員長(桜田通)
    委員長で【僕】のクラスメイト。桜良と【僕】の関係を疑っており、なにかと桜良のことを気にかける。
  • ガム君(矢本悠馬)
    ガム君(矢本悠馬)
    【僕】のクラスメイトで、いつもガムを食べている。「ガムいる?」が口癖で、【僕】に何度もガムをくれようとする。
  • 【僕】(12年後)(小栗旬)
    【僕】(12年後)(小栗旬)
    高校の国語教師で母校に勤めている。老朽化した図書館の取り壊しが決まり、教え子で図書委員の栗山と一緒に蔵書整理をすることに。栗山との会話の中で、12年前の出来事を回想していく。
  • 恭子(12年後)( 北川景子)
    恭子(12年後)( 北川景子)
    実家の花屋で働いている。もうすぐ結婚予定で、【僕】に結婚式の招待状を送る。桜良が持っていたイヤリングを今でも大切にしている。
  • 宮田一晴(上地雄輔)
    宮田一晴(上地雄輔)
    恭子の実家の花屋で働く同僚。
  • 栗山(森下大地)
    栗山(森下大地)
    【僕】の教え子で図書委員。12年前の【僕】とどこか似た雰囲気を持つ。

君の膵臓をたべたい(邦画)の見所ポイント

  • 1 グロテスク? タイトルに隠された本当の意味

    衝撃的なタイトルが話題を呼んだ本作ですが、ちょっとグロテスクでホラーっぽいイメージを持たれる方がいるかもしれません。
    「君の膵臓をたべたい」という言葉は本作の前半と後半で2回登場します。1回目は桜良が【僕】に対して、2回目は【僕】が桜良に対して。

    2回目の【僕】のシーンで、このタイトルが持つ本当の意味が明らかになります。桜良の思いと【僕】の思い、2人の関係のすべてが込められたこの言葉の意味を知ったとき、きっと涙がとまらなくなります。

  • 2 予想外のラストに絶句。ただの青春映画じゃない!

    『君の膵臓をたべたい』というタイトルから、「ありがちな病気ものの恋愛映画か」と思われるかもしれませんが、本作はそんな生ぬるいストーリーではありません! 本編冒頭にチラッと出てくる“ある伏線”が最後に回収され、ラストには恐らく誰にも予想できないような意外な展開を迎えます。

    見ながら思わず「え?」と声を出したくなるような展開に動揺してしまいますが、そこではじめてこの映画が本当に伝えたかったことが明らかになります。

  • 3 毎日を丁寧に生きていますか? はっとさせられる名言の数々

    誰とも心を通わせようとせず、どこか冷めている【僕】は、明るくて天真爛漫な桜良と一緒に過ごすうちに少しずつ変わっていきます。

    「君にとって生きるってなに?」と問われた桜良は、「生きるってのはね、きっと誰かと心を通わせること。(中略)誰かを好きなのに、誰かを嫌いな私、誰かと一緒にいて楽しいのに誰かと一緒にいて鬱陶しいと思う私、そういう人と私の関係が、他の人じゃない、私が生きてるってことだと思う。」と答えます。

    ひとりでいれば傷つくことも誰かを傷つけることもないけれど、得られる喜びも小さいと【僕】は気づいていくのです。この他にも、日々を大切に生きようと思わせてくれる名言がたくさん登場します。

君の膵臓をたべたい(邦画)のユーザーレビュー

平均評価

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 0.0

レビューを書く

ユーザーレビューを書く

採点(必須)
0.0 ☆マークをクリックすることで採点されます。
投稿者(必須)
タイトル(必須)
レビュー(必須)
  • ※編集部が誹謗中傷・作品のネタバレと判断したレビューは表示しておりません。
  • ※投稿者が「編集部」と記載してあるレビューは、編集部が調査機関より集めたレビューを表示しています。
  • ※投稿者が「編集部」と記載してあるレビューの中には、編集部が調査機関から収集したレビューより一部抜粋して表示しているものもあります。
  • ※レビューの投稿は、1作品につき1日1回投稿できます。

君の膵臓をたべたい(邦画)が動画配信されているサービスの詳細

君の膵臓をたべたい(邦画)と合わせてよく見られている人気の動画配信状況

 定額見放題  追加課金  レンタル

※配信されている作品は、サービス各社の状況によって配信スケジュールが変更される場合がございますので詳しくは、動画配信サービス各社のサイトにてご確認ください。

ページトップ