閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【BG〜身辺警護人〜】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

画像はありません。

BG〜身辺警護人〜を配信中の動画配信サービス一覧

BG〜身辺警護人〜の動画が配信されているサービス

BG〜身辺警護人〜の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

BG〜身辺警護人〜の作品紹介

BG〜身辺警護人〜のあらすじ

2018年1月から3月までテレビ朝日系「木曜ドラマ枠」で放送された『BG~身辺警護人~』は、「武器を持たない民間のボディーガード」を題材にしたTVドラマ作品。木村拓哉が主演を務めており、江口洋介、斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗らが共演している。

脚本は『白い巨塔』、『14才の母』、『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』などを手がけた井上由美子が担当。また、民間ボディーガードとして活躍している古谷謙一が本作の警護・SP監修を務め、強力タッグによりボディーガードの世界をリアルに表現している。

かつては敏腕ボディーガードとして活躍していた島崎章(木村拓哉)。しかし、6年前に起きたある事件をきっかけにボディーガードを辞め、現在は民間警備会社の「日ノ出警備保障」で工事現場の警備員の仕事をする日々を送っていた――。

ある日、社長の今関重信(永島敏行)から、日ノ出警備保障に新設された身辺警護課へ異動するよう命じられる島崎。そのことがきっかけで、もう一度ボディーガードの仕事に復帰することになる。

「過去にボディーガードをしていた」という経歴を隠し、新人ボディーガードとして働きはじめた島崎のことを、同僚の高梨雅也(斎藤工)や菅沼まゆ(菜々緒)たちはどこか頼りなく感じるのだが…。

BG〜身辺警護人〜のクレジット(監督・キャスト)

BG〜身辺警護人〜の登場人物・キャスト

  • 島崎章(木村拓哉)

    本作の主人公。卓越したボディーガードのスキルをもっており、かつては有能なボディーガードとして多くの著名人を警護していた。ある事件がきっかけで辞職し、警備員をしながら暮らしていたが、勤務先の日ノ出警備保障に新設された身辺警護課に所属する。中学生の息子を育てるシングルファーザー。

  • 落合義明(江口洋介)

    警視庁警備部警護課所属の警察官(SP)。入庁後、所轄を経て配属された警備課でその有能さが認められたためSPに任命される。「民間警備会社が武器を持たずに要人の身辺警護をする」ということに違和感を覚えており、島崎たちが同じ現場にいても相手にしようとしない。

  • 高梨雅也(斎藤工)

    日ノ出警備保障・身辺警護課のメンバー。元自衛隊員であり、高い身体能力を持っている。仕事はきっちりとこなすが、自分の信念に合わないことは絶対に曲げようとせず、ときにメンバーの輪を乱してしまうこともある。頑固さゆえに、章とはいつも張り合ってしまう

  • 菅沼まゆ(菜々緒)

    日ノ出警備保障・身辺警護課のメンバーで、紅一点。元柔道選手であり、運動神経は抜群。また、クールでドライな性格をしている。危険性が高くて報酬の高い仕事を率先して選ぼうとする。

  • 沢口正太郎(間宮祥太朗)

    日ノ出警備保障・身辺警護課のメンバーで、チーム内では最年少。就職活動に失敗してしまい、日ノ出警備保障に渋々入社する。ノリがよいお調子者で、あまり物事を深く考えることはしない。

  • 村田五郎(上川隆也)

    日ノ出警備保障・身辺警護課の課長。物腰はやわらかいが、身辺警護課のメンバーひとりひとりの個性を把握し、仕事を適材適所にふり分けるなど優れた判断能力を有している。

  • 立原愛子(石田ゆり子)

    厚生労働大臣。美人キャスターとして活躍していたが、8年前に衆議院議員総選挙に立候補し、人気が後押ししてトップ当選を果たす。自分の地位と名誉を守るためならば、手段を選ばない狡猾な一面を併せ持つ。

  • 小田切仁美(山口智子)

    島崎の元妻であり、ひとり息子・瞬の実母。6年前に章とは離婚し、現在は再婚してフラワーアレンジメントの仕事をしている。

  • 河野純也(満島真之介)

    元プロサッカー選手。現役時代は島崎が専属でボディーガードをしており、島崎に対して厚い信頼を寄せていた。

BG〜身辺警護人〜の見所ポイント

  • 1 『BG~身辺警護人~』はヒットメーカー・井上由美子が手がける完全オリジナルストーリー!

    本作は『白い巨塔』や『緊急取調室』など、数多くのヒット作品を世に生み出してきた脚本家・井上由美子によるオリジナルストーリーです。「人間描写の名手」と呼ばれる井上が、命をかけてクライアントを守るボディーガードたちをリアルに描きつつ、さらに「シングルファーザー」といったそれぞれの事情をていねいに散りばめています。

    また、主演・木村拓哉とは『GOOD LUCK!!』や『エンジン』でタッグを組んでおり、本作では45歳になった木村を「苦労を積み重ねてきた男」として描くようにしたそうです。単なる天才ではなく“努力をした主人公”として見てみると、いっそう本作を楽しめるはずです!

  • 2 斎藤工や菜々緒たちが『BG~身辺警護人~』でボディーガードの仕事をリアルに演じる!

    ボディーガードの使命は「警護対象者をとにかく守りきる」ということ。そのためにはリスクを回避することはもちろんですが、必要があれば自分の身の安全を顧みずに戦闘を繰り広げなければなりません。本作ではそのようなアクションシーンも多く描かれており、そのリアルな現場をキャスト陣が見事に表現しています。

    島崎の同僚となる身辺警護課メンバー・高梨を演じる斎藤工は、本作に臨むにあたりストイックに体を鍛えあげて準備をしたそうです。また、菅沼を演じる菜々緒も、キックボクシングの経験を活かして自らアクションシーンに挑んでいます。日ノ出警備保障・身辺警護課のメンバーが活躍するシーンにも注目です!

  • 3 22年ぶりにあのキャストが『BG~身辺警護人~』の木村拓哉の元妻役を演じる!

    オフシーンも魅力的な『BG~身辺警護人~』。主人公・島崎章は中学生になる息子とふたり暮らしをしており、木村拓哉は思春期の息子を持つシングルファーザー役にも挑戦しています。なかなか上手にコミュニケーションが取れない様子を見ると、家族関係の難しさのようなものも感じてきます。そんな心に響く一面も描かれます。

    また、島崎の元妻・仁美役は山口智子が演じます。山口が木村拓哉の相手役として共演するのは、1996年放送の伝説の大ヒット月9ドラマ『ロング・バケーション』以来で、なんと22年ぶり! 離婚後、別々の人生を歩んでいるという設定のふたりですが、どこでふたりの共演シーンが見られるのかとても楽しみです。

BG〜身辺警護人〜の評価・感想・レビュー

BG〜身辺警護人〜と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

BG〜身辺警護人〜に関する記事一覧

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!