見たいリスト見たいリスト

0

見たいリスト(最大50件)0作品

現在、動画が選択されていません。

見たいリストの説明

見たい動画が追加されました

見たい動画を一括比較する

吹き出し 閉じる
更新日:

ラプラスの魔女 の動画配信・レンタル情報

ラプラスの魔女 を観たい方におすすめの動画配信作品

現在、ラプラスの魔女 とよく似た 「邦画」 「サスペンス」 「ミステリー」 の作品をおすすめとして表示しています。

提供元:amazon

邦画

愚行録

エリートサラリーマンの夫、美人で完璧な妻、そして可愛い一人娘の田向(たこう)一家。絵に描いたように幸せな家族を襲った一家惨殺事件は迷宮入りしたまま一年が過ぎた。週刊誌の記者である田中は、改めて事件の真相に迫ろうと取材を開始する。殺害された夫・田向浩樹の会社同僚の渡辺正人。 妻・友希恵の大学同期であった宮村淳子。 その淳子の恋人であった尾形孝之。そして、大学時代の浩樹と付き合っていた稲村恵美。ところが、関係者たちの証言から浮かび上がってきたのは、理想的と思われた夫婦の見た目からはかけ離れた実像、そして、証言者たち自らの思いもよらない姿であった。その一方で、田中も問題を抱えている。妹の光子が育児放棄の疑いで逮捕されていたのだ--。(C) 2017『愚行録』製作委員会

配信中の動画配信サービス

提供元:FOD

邦画

凶悪

実際に起きた凶悪殺人事件「上申書殺人事件」を基にした戦慄のクライムサスペンス! 1人の週刊誌記者が“獄中の死刑囚”の告発により殺人事件の真相を暴き、首謀者逮捕に至るまでを描いた信じがたいほどにおぞましい極限の人間ドラマ。 ジャーナリストの藤井は、取材のため東京拘置所で死刑囚・須藤と面会する。 須藤は死刑判決を受けた事件のほかに3つの殺人に関与していると告白し、そしてすべての殺人に「先生」と呼ばれる首謀者がいるのだと語る。 須藤は、自分だけが罪を背負わされて「先生」がのうのうと暮らしていることが許せず、藤井に「先生」の存在を記事にして暴くよう依頼する。 藤井は半信半疑ながら「先生」について調査を始めるが、やがて恐るべき凶悪事件の真相が明らかになっていき…。

配信中の動画配信サービス

提供元:FOD

邦画

八つ墓村(1977年)

今から四百年前。戦国時代、山あいの或る村に流れ着いた八人の落武者たち。しかし村人たちは彼ら尼子一族に懸けられた恩賞金に目がくらみ、皆殺しにする。その後、奇怪な出来事が続発。惨殺した八人の落武者に祟られている。いつからか、この村は八つ墓村と呼ばれるようになった。そしていま、忌まわしい血を持つ寺田辰弥(萩原健一)が妖艶な未亡人、森美也子(小川真由美)と共にこの八つ墓村に帰ってきた。村人たちが恐れるなか、再び血にまみれた戦慄の事件が次々と村を襲う。怨念か。それとも計画的な殺人か。御存知の名探偵、金田一耕助(渥美清)が登場。名推理が奇妙な事件を飄々と紐解いていくのだが・・・。横溝文学とエンターテイメントが見事に融合。オカルト色に彩られた、いまなお語り継がれる金田一耕助映画屈指の異色作!

配信中の動画配信サービス

ラプラスの魔女 の作品紹介

ラプラスの魔女 のあらすじ

【イントロダクション】
東野圭吾が「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった」と発言する程の野心作を、櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰という人気絶頂の3名が熱く演じ、世界でも高い評価を受ける異端の監督・三池崇史、「半沢直樹」を手掛けた脚本家・八津弘幸という異色の組み合わせが仕掛けます。この“衝撃のミステリー”は、2018年GWに公開予定!

この度、東野圭吾デビュー30周年の記念作品「ラプラスの魔女」が映画化することが決定致しました!原作は発売前から話題沸騰となり、原作権の獲得には12社が競合した超人気作です。
本作の主演は、映画単独主演としては『神様のカルテ2』以来約4年ぶりとなる櫻井翔。
三池監督とは『ヤッターマン』(09)以来、実に約9年ぶりのタッグとなります。
そして『ちはやふる』(16)、『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』(17)など数多くのヒット作に主演として出演し続ける広瀬すず。
更に、映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』(16)、そして2018年には『曇天に笑う』など主演映画3本の公開を控えている福士蒼汰。
監督は『十三人の刺客』、『クローズ ZERO』など数々のヒット作を手掛けた三池崇史。
脚本は、社会現象となったドラマ「半沢直樹」、「陸王」などを手掛けた八津弘幸が担当します。

そして、今回が初共演となる櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰に続き、
豊川悦司、玉木宏、志田未来、佐藤江梨子、TAO、高嶋政伸、
檀れい、リリー・フランキーというまさしく全員が主役級のキャストが勢揃い!
この超豪華チームが2018年日本映画に旋風を巻き起こします!!


【ストーリー】
かつてフランスの天才数学者ピエール=シモン・ラプラスは言った。
ある瞬間の全物質の力学的状態とエネルギーを知り、計算できる知性が存在するならば、
その知性には未来が全て見えているはずであると。
全てを知り、未来を予見する者…神にも等しいその存在を、
のちの学者は[ラプラスの悪魔]と呼んだ。
***********************************
連続して起きた2つの不審死。それぞれの事件現場が遠く離れているにもかかわらず、
死因はどちらも同じ自然現象下での<硫化水素中毒死>…
そして、驚くべきことに、死亡した二人は知人同士であった。
警察はこの不可解な事件の調査を、
地球化学の研究者である大学教授・青江修介(櫻井翔)に依頼する。

もし一連の事件が事故ではなく、他殺と仮定するならば。
犯人は「完全無風状態になる一瞬」をあらかじめ知っていて、
「その瞬間、致死量の硫化水素が発生する場所」へと
「ピンポイントで被害者を誘導した」ことになる。
そんなことはおよそ不可能だ。[ラプラスの悪魔]でもない限り…。

青江は封鎖された事件現場の地形や地質、気象などを念入りに検証し、
自然科学的見地から事件性を否定する。
ところが、事件現場に現れた1人の女・羽原円華(広瀬すず)が、
青江の目の前で、その場で次に起こる自然現象を言い当てていく。
それは奇跡か、偶然か…。なりゆきで円華と行動を共にすることなった青江は、
彼女が失踪した甘粕(福士蒼汰)という青年を探していることを知る。
一方、警察は「円華には、なにか不思議な力が備わっている」として事件への関与を疑い始めた。そして、ついに第三の事件が起こる…。

ラプラスの魔女 のクレジット(監督・キャスト)

【キャスト・スタッフ】
櫻井 翔
広瀬すず 福士蒼汰
志田未来 佐藤江梨子 TAO / 玉木 宏
高嶋政伸 檀れい リリー・フランキー
豊川悦司

原作:東野圭吾「ラプラスの魔女」(角川文庫刊)
監督:三池崇史 
脚本:八津弘幸 

(C)2018 「ラプラスの魔女」製作委員会

ラプラスの魔女 の評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 2.5 (1件中)
  • 投稿者名:hakka
    評価: BAD 投稿日:2019.03.03/23:27

    最近の風潮か、上映前にここに時間を費やしました、とか、ここのCGが大変でした、とかの情報が入りがちのためか〜実際映画館で観たら〜ここにそんなお金かける前にやる事あるだろうって思ってしまった。東野圭吾と人気アイドルと人気若手俳優で期待したが、やっぱ三池崇史苦手

ラプラスの魔女 が動画配信されているサービスの詳細

ラプラスの魔女 と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

※配信されている作品は、サービス各社の状況によって配信スケジュールが変更される場合がございますので詳しくは、動画配信サービス各社のサイトにてご確認ください。

ページトップ