閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

映画『未来のミライ』あらすじ、声優まとめ!9tsuやkissanimeを利用せずに動画を楽しむ方法は?

映画 邦画
提供元:amazon
未来のミライ
更新日:

未来のミライが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

未来のミライの動画配信・レンタル情報

未来のミライの動画が配信されているサービス一覧

映画を9tsuやkissanimeでダウンロードするのは違法! 動画配信サービスなら快適な視聴が可能!

インターネットで映画作品を始めとするアニメを視聴する際にまず知っておきたいのは「YouTubeやdailymotionなどを始めとする各種動画共有サイトでアップロードされている作品をダウンロードすることは法律で禁止されている」ということ。

共有サイトに上がっている動画は英語など他言語の字幕が出ていたり途中で再生が切れていたりして満足に楽しめないものが多く、動画サイトの中にはパソコンがウイルスに感染するリスクのあるものも。折角アニメを見るなら安全・快適な再生環境で楽しみたいものですよね。

そこで今回おすすめしたいのが、定額で作品を楽しむことができる動画配信サービス。配信サービスによってはお試し期間として初月無料で楽しめるものもありますので、過去作を視聴する際はぜひ動画配信サービスを利用してみてくださいね。

『未来のミライ』視聴におすすめのサービス①U-NEXT

「『未来のミライ』を無料で見たい!」という方はU-NEXTがおすすめです!

U-NEXTは定額制で13万本以上の作品を楽しめる配信サービス。初めて入会される方は初月無料のキャンペーンもありますので、期間中に視聴すれば『未来のミライ』を始め、そのほかU-NEXTで取り扱っている定額見放題対象動画作品を無料で楽しめちゃいます

『未来のミライ』視聴におすすめのサービス②ビデオパス

「映画を自宅で見るのも映画館で見るのも好き!」という方はビデオパスもおすすめ。

ビデオパスはauが提供する動画配信サービス。携帯電話などでau回線を利用していない方でも登録することが可能です。

auビデオパスに入会すると、映画館で利用できるお得なキャンペーンが沢山!中でもTOHOシネマズとのキャンペーン『auマンデイ』では、毎週月曜日の映画鑑賞料金が(一般の通常価格1,900円のところを)なんと1,100円

映画を家でも映画館でも楽しみたい方におすすめしたいサービスです!

『未来のミライ』とは?都会の小さな家を舞台に家族の絆を描く作品

『未来のミライ』は2018年に公開されたアニメ映画。『サマーウォーズ』や『バケモノの子』など、数々のヒット作を生み出して来たアニメ映画監督・細田守監督による作品です。

映画のポスターからも分かる通り、『未来のミライ』は4歳の男の子が主人公。神奈川県横浜市の住宅街にある小さな家を舞台に、一つの家族をめぐる世代間の出会いや冒険が描かれています。

これまでに細田監督が手掛けて来た長編アニメーションの中でも異色の作品として、公開当初は大きな話題を呼びました。日本での興行収入は前作の『バケモノの子』には届かなかったものの、海外では高い評価を受け、アカデミー賞やゴールデングローブ賞など数々のアニメ映画賞にノミネートされました。

これまでの細田作品とはひと味違う『未来のミライ』、一体どんな作品なのでしょうか・・・?

『未来のミライ』あらすじ・ネタバレまとめ!

以下では『未来のミライ』のあらすじをご紹介。ラストシーンに関わるネタバレを含みますので、ネタバレなしで作品を楽しみたい方はご注意ください!

あらすじ①くんちゃんと妹・ミライちゃんとの出会い

くんちゃん(太田訓)は共働きの両親の元に生まれた4歳の男の子。お父さんは建築家で、太田家は狭い土地を生かして作られたちょっとユニークな構造の家に暮らしています。

幼稚園児のくんちゃんはまだまだ甘えたい盛りの男の子。そんなくんちゃんの元に、新たに女の子(ミライちゃん)が誕生します。妹との出会いに始めこそ心をときめかせるくんちゃんでしたが、お父さんとお母さんは赤ちゃんのミライちゃんのお世話につきっきり。

ちっとも構ってもらえないせいで次第に業を煮やしたくんちゃんは「妹なんて好きくない!」と、家のドアを開けて自宅の庭へと飛び出して行ってしまうのでした。

あらすじ②人間の言葉を話すゆっこ!?

くんちゃんが庭でいじけていると、彼の前に見知らぬ男が現れます。男は自らを「王子」と名乗り、いじけるくんちゃんの感情が「嫉妬である」と説明します。そして自分も元々は愛される存在だったのが、くんちゃんが家にやって来た(生まれた)ことで見向きもされないみじめな存在に成り下がってしまったと悔しそうに語るのでした。

ぽかんとしながら男の話を聞くくんちゃんは、彼のお尻にふさふさの尻尾が付いていることに気付きます。男の尻尾を引っこ抜き、自分のお尻にくっつけるとくんちゃんはなんと犬の姿に変身!慌てふためく男をよそに、くんちゃんは大はしゃぎで家の中を駆け回るのでした。

男の正体は、実はくんちゃんの家で飼われているダックスフントのゆっこ。ゆっこはくんちゃんが生まれる前こそ両親(くんちゃんのお父さんとお母さん)に可愛がられていたのですが、子供が生まれたことで扱いが雑になってしまった、ということですね。

あらすじ③お雛様と高校生のミライちゃん

三月を迎え、産休を終えたお母さんは職場に復帰します。お母さんの代わりに家ではお父さんが仕事をしながらくんちゃんやミライちゃんの面倒を見ますが、慣れない家事に悪戦苦闘。

ほったらかしにされたくんちゃんはベビーベッドに寝かされたミライちゃんの顔にクッキーを貼り付けて遊びます。ふと庭に出ると、何故か室内で食べていたはずのクッキーが。

クッキーを辿って道を歩いて行くと、その先にはなんとセーラー服を着た、成長した姿のミライちゃんが立っていました。

びっくりするくんちゃんに、ミライちゃんは「私の顔で遊ばないでよ!」と不満顔。ミライちゃんが時を越えてくんちゃんの家までやって来た理由は、くんちゃんに出しっぱなしになっているお雛様を片付けてもらうためでした。

ミライちゃんは雛祭りを終えたお雛様は片付けるのが遅くなればなるほど婚期が遅れてしまう、というジンクスを気にしているようです。

くんちゃんはミライちゃんと(人間の姿の)ゆっこと共に、お雛様を片付けようと試みます。ミライちゃんやゆっこの姿が家にいるお父さんに見られてしまったら大変!何とかバレないようにお雛様を仕舞うことに成功した三人は、ほっと胸を撫でおろすのでした。

あらすじ④散らかってると楽しい!

休日のある日。おもちゃで部屋が散らかっていることに気付いたお母さんはくんちゃんに片付けるよう言いますが、くんちゃんは駄々をこねて嫌がります。二人は喧嘩になってしまい、くんちゃんは泣きながら庭へ飛び出しました。

打ち付ける雨の中で辿り着いたのは、どこかレトロで見慣れない町の景色。一人でしくしくと泣いている女の子にくんちゃんが声を掛けると、その子はなんと子供だった頃のお母さんなのでした!

お母さんに連れられて家へやって来たくんちゃん。実はお母さんの小さい頃もまた、散らかすのが大好きな女の子で、くんちゃんと共にお菓子や洗濯物を散らかして大はしゃぎ!

結局お母さんはお母さん(くんちゃんのおばあちゃん)にバレて大目玉を食らいますが、『お母さんも子供の頃は散らかすのが大好きだった』ということをくんちゃんが知るエピソードとなるのでした。

あらすじ⑤くんちゃん、馬に乗る

ある日の昼下がり、くんちゃんはお父さんとミライちゃんと共に自転車の練習をしに近所の公園までやって来ます。

早速お父さんと共にチャレンジしてみますが、くんちゃんはうまくバランスを取れずに転んでばかり。その様子を見ていた小学生の男の子たちが「乗り方教えてあげよっか」と近寄って来ます。

自分より身体の大きな男の子達に囲まれ、心細くなったくんちゃんは「お父さん!」と叫びます。しかし気付けばお父さんは泣き出してしまったミライちゃんにかかりっきり。癇癪を起したくんちゃんが泣きながらヘルメットを投げつけると、辺りの景色が突然変化するのでした。

工場のような場所へワープしたくんちゃん。工場内でバイクを修理していた一人の若い男性がくんちゃんに気付き、近くにある馬舎へと連れて行きます。

馬を間近にして「馬を見るのは初めて」と言うくんちゃんに男は驚いた様子。男は怖がるくんちゃんを無理矢理馬に乗せ、のどかな道を駆け抜けて行きます。最初は怯えていたくんちゃんも男に励まされているうちに、乗り物に対する恐怖心を和らげていくのでした。

男との出会いを通して再び自転車に乗る勇気を出したくんちゃん。「下を見ないでずっと先を見ろ」という男のアドバイスに従い、最終的に補助輪なしで自転車をこげるようになります!

その後自宅で再びアルバムを見ていたくんちゃんは、出会った男がくんちゃんのひいひいおじいさんであることを知るのでした。

あらすじ⑥迷子になったくんちゃん

家族でキャンプに出かけることになったくんちゃん一家。準備で慌ただしい中、くんちゃんはお気に入りの黄色のズボンが洗濯中でキャンプに履いて行けないことに気付きます。

「黄色いのじゃないといや!」と駄々をこねるくんちゃん。別のズボンでも良いだろうと両親はなだめますが、くんちゃんはお風呂場に閉じこもってしまいます。

お風呂場でいじけていると、ふと家の中が静かになっていることに気付きます。家族に置いて行かれた!と慌てたくんちゃんはリュックを持って大急ぎで家を飛び出しますが、扉を開けた先にはなぜか見知らぬ駅が。

田園の中にぽつんと佇む寂しいホームに立つくんちゃん。ベンチには高校生くらいの男の子が座っていて、ホームに滑り込んで来た電車に「乗るなよ」とぶっきらぼうに忠告します。

男子高校生に忠告されたにも関わらず、くんちゃんは電車に見とれて思わず飛び乗ってしまうのでした。

あらすじ⑦くんちゃん、家族の元へ

くんちゃんが辿り着いたのは巨大な東京駅。どこに行ったら良いのかも分からず彷徨っていると、怪しげなお客様苦情係のカウンターへと辿り着きます。親の名前を呼び出してもらおうとするくんちゃんですが、いくら必死に頭を働かせても、家族の名前を思い出すことができません。

うろたえるくんちゃんに苦情係は「もし誰も迎えに来なかったら地下の新幹線に乗って一人ぼっちの国に行かなければならない」と冷たく告げます。くんちゃんを乗せるためにホームへ滑り込む真っ黒な新幹線。恐ろしくなったくんちゃんが「いやだー!」と叫ぶと、目の前に再びセーラー服姿のミライちゃんが現れるのでした。

くんちゃんを連れて東京駅から逃げ出すミライちゃん。二人はそれぞれの元の世界(時間)へ戻るため、太田家の家系図の中に飛び込んで行きます。

ミライちゃんと共に、家族の歴史を目の当たりにするくんちゃん。小学生になってからやっと自転車に乗れるようになったお父さん、戦争で足に障がいを負ったひいひいおじいさん、ゆっこが家に来るまでの歴史・・・そして辿り着いた家で、ミライちゃんと言葉を交わした不愛想な男子高校生は、なんと成長したくんちゃんなのでした!

気が付くと元の世界へ戻っていたくんちゃん。外ではお父さんとお母さんがキャンプの荷物をせっせと車に積んでいます。近付いて来た赤ちゃんのミライちゃんに、くんちゃんはバナナを差し出します。あまり笑わないとかねてより両親が悩んでいたミライちゃんは、にっこりとくんちゃんに笑顔を向けるのでした。

『未来のミライ』の登場人物は?

主人公・くんちゃんと代々の家族をめぐる作品『未来のミライ』。あらすじからも分かる通り、本作の登場人物はくんちゃんの家族が大半を占めています。以下では登場人物とくんちゃんとの関係性をご紹介。ストーリーを理解するために参考にしてみてくださいね。

くんちゃん(上白石萌歌、畠中佑)

本名・太田訓。横浜市の小さな家で暮らす、4歳の男の子です。幼稚園の男の子らしく、まだまだ両親に甘えたい盛りのワガママでまっすぐな性格。思い通りにならないことがあるとすぐに駄々をこね、泣き出してしまいます。

本作ではそんなくんちゃんが生まれて初めて妹・ミライちゃんを迎え、戸惑いながらも不思議な出来事を通して事実を受け入れていく、そんな成長が描かれています。

ミライちゃん(本渡楓、黒木華)

くんちゃんの家族の間に生まれた女の子。比較的大人しい赤ちゃんとして描かれていますが、くんちゃんにちょっかいを掛けられてよく泣いています。
お母さんとお父さんはミライちゃんが『あまり笑わない』ことが少々気にかかっている様子。

また右手にはっきりと分かる生まれつきのあざがあり、成長したミライちゃんがくんちゃんの前に現れた時はこのあざで彼女がミライちゃんであると理解していました。

おとうさん(星野源)

くんちゃんとミライちゃんのお父さん。元々は建築家で、ミライちゃんが生まれるのを機にフリーランスとして独立し、主夫として自宅で仕事をしながら子供の面倒を見ています。

基本的に気弱でお母さんのお尻に敷かれがちなお父さん。くんちゃんが赤ちゃんだった頃は仕事に必死になるあまり育児を一切やらなかったことをお母さんに根に持たれており、ミライちゃんのお世話でも悪戦苦闘する様子が描かれています。

おかあさん(麻生久美子、雑賀サクラ)

くんちゃんとミライちゃんのお母さん。ミライちゃんを出産してからも早々と職場に復帰したキャリアウーマンです。どこか気弱なお父さんに比べ、お母さんはとっても強気な性格。怒った時の姿が非常に怖いので、くんちゃんからは「オニババ」と呼ばれて恐れられています。

映画では幼少期のお母さんも登場。自分の将来の子供であるくんちゃんと繰り広げられる会話のシーンは必見です!

ゆっこ(吉原光男)

くんちゃんの家で飼われているオスのダックスフント。くんちゃんが生まれる前から太田家にいるようで、くんちゃんがお母さんと喧嘩をして庭に飛び出した時は人間の男性の姿に変身し、飼われた最初の頃と比べて随分雑になってしまった自分の身の上を嘆いていました。

犬の立場でありながらもくんちゃんとミライちゃんの様子を見守る、物語に欠かせない存在となっています。

青年(福山雅治)

物語の中盤~後半でくんちゃんが出会う青年。実はくんちゃんのひいひいおじいちゃん(お母さんのおじいちゃん)で、戦争に出征した際の名残で足に障がいを負っています。

初対面のくんちゃんを車やバイクに乗せ、町を駆け巡る青年。彼との出会いを通してくんちゃんは勇気をもらい、補助輪なしでも一人で自転車に乗ることができるようになるのでした。

青年(ひいひいおじいちゃん)の声を務めているのは福山雅治さん。多くを語らない人物ではありますが、一つ一つの台詞に重みがある、非常に魅力的なキャラクターとなっています。

『未来のミライ』チェックしたいポイント・考察

『未来のミライ』は数ある細田守監督の作品の中でも異色作として、公開当時から大きな話題になりました。幼い子供を取り巻く世界や家族を描いた本作は一見心温まる物語に思えつつも、突拍子もなく不思議な出来事が起こる展開に一度見ただけではついて行けないことも。

ここからは『未来のミライ』を鑑賞する際にチェックしておきたいポイントをご紹介します。作品を見ようか悩んでいる方も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

①くんちゃんの視点から見る新しい世界

作中では、終始主人公であるくんちゃんの視点から物語が描かれている点が印象的。大人からして見れば駄々をこねているワガママな子供に見えても、くんちゃんがワガママを言う背景には親に構ってもらえない、初めての経験に心細いなどの子供ならではの理由が隠されていることが分かります。

また太田家の庭で不思議な体験をするのはくんちゃんだけ。未来からやって来たミライちゃんやひいひいおじいちゃんとの出会いなどを通してくんちゃんは次第に精神面での成長を見せますが、お父さんとお母さんはそんなくんちゃんの背景は知る由もありません。

少しずつ成長するくんちゃんの様子を見て、自分達も親として頑張った成果だ…と言わんばかりに自己解決してしまうお父さんとお母さんの様子も、ある意味でシニカルに描かれています。

くんちゃんの行動が理解できない方もいらっしゃるかもしれませんが、あえてくんちゃん(4歳)の立場で自分が子供だった頃と重ね合わせながら見てみると、「確かに自分もこうだった…!」と懐かしい気持ちになることも。

この世に生まれてまだ4年しか経っていない子供が織りなすみずみずしい発見や世界の体験を、皆さんもぜひ体感してみてくださいね。

②心に沁みる山下達郎のテーマ曲「ミライのテーマ」「うたのきしゃ」

『未来のミライ』の主題歌を担当しているのは、山下達郎さん。テーマ曲として冒頭に流れる「ミライのテーマ」は爽やかで作品に期待を持たせてくれる楽曲。主題歌である「うたのきしゃ」も作品の雰囲気に非常にマッチしており、すがすがしい気持ちにさせてくれます。

細田守監督の作品のファンで、歴代の作品を見た経験のある方なら山下達郎さんと聞いてピンと来る方も多いのでは。細田作品の代表作とも言える2006年の映画『サマーウォーズ』でも山下達郎さんの楽曲がテーマ曲として使用されています。

作中で流れる山下さんの楽曲にも、ぜひ耳を澄ませてみてくださいね。

③豪華なキャスト(声優)陣

細田守監督のアニメ作品では毎回旬なキャスト陣が声優を務めていますが、本作の『未来のミライ』でも豪華な顔ぶれが並んでいます!

主人公・くんちゃんの声を務めるのは当時18歳の上白石萌歌さん。泣いたり怒ったり、笑ったり…幼いくんちゃんの豊かな感情表現を演じ切っています。

くんちゃんのお父さんは星野源さん、お母さんは麻生久美子さんが担当。気弱なお父さんと気が強いお母さんということで、双方共に個性的なキャラクターを演じているので見ていて面白いです。

太田家の愛犬であるゆっこの声にもぜひ注目していただきたいところ。人間の姿になったゆっこは、一体どんなキャラクターとしてくんちゃんに語り掛けるのでしょうか…?

『未来のミライ』評価と感想。映画でほっこりしたい人にオススメ!

今回は2018年に公開された細田守監督の映画『未来のミライ』のあらすじや見どころをご紹介しました!

前述したあらすじからも分かる通り、本作は一つの家族を舞台に次々に場面が入れ替わる短編作品のようになっており、様々なシーンの中で主人公・くんちゃんが成長する様子が描かれています。

大ヒットした『サマーウォーズ』のような手に汗握るシーンこそ少ないものの、「家族」をテーマにしていることから幅広い世代に受け入れられやすい作品となっています。お母さんお父さん世代の方から成長したミライちゃんのような学生の方、まだ甘えん坊なくんちゃんの年齢の子供など、世代によって見方や感想も変わるため、可能であればぜひ家族や世代の異なる方と楽しんでいただきたいですね。

現代の家族の絆を描く『未来のミライ』。自分の家族や子供時代を振り返るきっかけになる作品として、ぜひおすすめしたい映画です!

未来のミライの評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 2.9 (3件中)
  • 投稿者名:名無し
    評価: BAD 投稿日:2019.08.13/20:56

    ネタバレを含むレビューです。

    起承転結がハッキリしなさすぎて、何を伝えたいのかわからない。

    くんちゃん?の聞き分けがなさすぎて、イライラする。何かあると「好きくない」って駄々こねて。いくら幼稚園か保育園くらいでも、あそこまで聞き分けないかな?
    駄々こねて、庭に出ると前触れなく未来のミライが出てきたり、家族が昔の姿で出てきたり……。木が関係してるんだろうなってわかるけど…何で木がそんな特別な力?を持ってるのか、その力の発動条件とか何にもわからず…

    ただ機嫌良くなったくんちゃん?とミライちゃんたち家族が、夏の思い出作りに仲良く出掛けるっていう終わり方で…。

    時間を無駄にした感じで疲れた。
    もう2度と見ない

  • 投稿者名:Yasumitsu Morita
    評価: BAD 投稿日:2019.01.30/16:29

    後半から面白くなる(^^)

  • 投稿者名:k-ta
    評価: BAD 投稿日:2019.01.03/18:03

    期待値が高かっただけに残念な作品。
    感動シーンもなかったし、話も単調でおもしろみを感じなかった。

未来のミライの動画が配信されているサービスの詳細

レンタル

ドコモユーザー以外も使える!月額550円(税込)のバラエティに富んだ低価格サービスはdTV

月額料金 550円(税込)
31日間無料
作品数 1,269本 (内定額見放題:741本)
機能 音楽プレイリスト機能やカラオケなど音楽に強い。別アプリでVR動画も!
こんな方に 低価格で映画もカラオケもコミックも楽しみたい欲張りな方

dTVで配信中のおすすめ作品

未来のミライと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の編集者
かずみ
かずみ

もともと世界中のホテルやクルーズ客船を取材する編集者でしたが、移動中に映画やアニメを見続けているうちいつのまにかエンタメ編集者に。 好きなアニメは進撃の巨人や東京喰種など人を食べる系。映画は頭を使わなくても楽しめて後味すっきりのハリウッド大作が大好きで、1人でレイトショーに行くのが趣味。

この作品を配信中のおすすめ動画配信サービス