閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

マスカレード・ホテル

映画 邦画
マスカレード・ホテル
更新日:

マスカレード・ホテルが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

マスカレード・ホテルを観たい方におすすめの動画配信作品

現在、マスカレード・ホテルとよく似た 「邦画」 の作品をおすすめとして表示しています。

提供元:amazon

邦画

劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲 完全版

『ポケットモンスター』シリーズの記念すべき初の劇場版! 差別という重いテーマを、「本物」と「コピー」とに分かれたポケモンたちを通して描く、感動のポケモン・アドベンチャー。 ポケモンマスターを目指して修業の旅を続けるサトシたちに、一通の招待状が届けられる。その送り主である最強のポケモントレーナーを名乗る人物に会うために、サトシたちはその人物の居城であるポケモン城へと向かう。 しかしそれは、かつて人間によって造り出されたポケモン「ミュウツー」による、人間たちへの逆襲のはじまりに過ぎなかった。 ミュウツーの持つ絶大な力と、彼によって造りだされた優れたコピーポケモンたちを前に、太刀打ちできないサトシたち。絶体絶命の危機を迎えたそのとき、サトシたちの前に幻のポケモン、「ミュウ」が現れる。 ミュウとミュウツーを中心に、「本物」と「コピー」たちの己の存在をかけた戦いが、今はじまる!

配信中の動画配信サービス

提供元:FOD

邦画

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス

『サイコパス(PSYCHO-PASS) 第2期』の最終回から約2年後の西暦2116年。シュビラシステム導入以来、初めてのテロ未遂事件が発生。テロを企てた密入国テロリストの中には、3年前に逃亡した狡噛慎也の姿が…。舞台を日本国内から海外へと移し、『PSYCHO-PASS サイコパス』の物語は次のステージへ! 総監督・本広克行、監督・塩谷直義、ストーリー原案・虚淵玄による、テレビアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズがいよいよ劇場版となって登場!2116年。密入国者によるテロ未遂事件が起きた。武装した謎の密入国者は日本の警備システムを知り尽くし、なおかつ戦闘に慣れていた。密入国者を捕らえた公安局刑事課一係は、局長の指示で人間の視覚による記憶から情報を引き出すメモリスクープを実行。するとそこには、日本がシビュラシステムの導入を進める東南アジア連合「SEAUn」の反体制勢力組織のメンバーで、かつて刑事課一係で執行官を務めていた狡噛慎也が写っていたのだった…!?槙島事件以降、行方知らずとなっていた狡噛慎也を追って監視官・常守朱は単身、SEAUnの首都であるシャンバラフロートへと捜査に乗り込む。反体制勢力組織に参加する狡噛の真実を求めて、朱たち公安局刑事課一係のメンバーたちが立ち向かう!

配信中の動画配信サービス

提供元:amazon

邦画

十二人の死にたい子どもたち

死にたい…、だけど“殺される”のはいや!! 集団安楽死のため廃病院に集まった少年少女12人が、いるはずのない“13人目の死体“をめぐって嘘と騙し合いを繰り広げる密室サスペンス!13人目は一体誰なのか? そして、殺人鬼はこの12人の中にいるのか…? 猜疑心と恐怖が押し寄せる中、逃げ場なしのノンストップ・サスペンスゲームが今幕をあける!!それぞれに理由があり“安楽死の会”に参加した12人の少年少女たち。彼らは会場である廃病院への到着順に【1】〜【12】までの番号札を取り、地下の自殺会場へと向かった。しかしそこには、なんといるはずのない“13人目の死体”が静かに横たわっていた…。病院内の至る所に残る不自然な犯行の痕跡、次々と起こる不可解な出来事、…まさか、この12人の中に殺人鬼が!? 一体誰が、何の目的で? “死にたい、けど殺されたくはない”彼らは、犯人を見事突き止め念願の安楽死を遂げられるのか?

配信中の動画配信サービス

マスカレード・ホテルの動画配信・レンタル情報

マスカレード・ホテルの作品紹介

マスカレード・ホテルのあらすじ

次の殺人事件が起こるのは一流ホテル⁉ 犯行予告を受けたホテルに木村拓哉演じる熱血刑事が潜入捜査。

バディを組む美しきホテルマン役には長澤まさみ。彼らをだまし、裏切り、嘘をつく怪しげな登場人物たちを超豪華キャストが熱演。素性を隠し、仮面を被った人物たちが交差する“マスカレード・ホテル”で連続殺人犯探しがはじまった…。累計310万部を誇る東野圭吾原作の傑作推理ミステリーの映画化。

都内で3つの殺人事件が発生。同一犯による連続殺人事件として捜査がスタートし、警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介は、4番目の殺人事件発生場所が「ホテル コルテシア東京」だとつきとめる。

一流ホテルマンになりすまして潜入捜査することになった新田は、優秀なホテルマン・山岸尚美と組むことに。“犯人逮捕”と“客の安全”と目的が異なり衝突するが、次第に分かり合い、最強のバディとなっていく。

殺人犯はホテルの利用客なのか? それとも警察またはホテルの人間? そして、狙われているのは誰なのか?  

マスカレード・ホテルのクレジット(監督・キャスト)

【キャスト・スタッフ】
木村拓哉 長澤まさみ 小日向文世 菜々緒 生瀬勝久 松たか子 石橋凌 渡部篤郎 他



■原作:東野圭吾「マスカレード・ホテル」(集英社文庫刊)   
■脚本:岡田道尚
■監督:鈴木雅之

マスカレード・ホテルの登場人物・キャスト

  • 新田浩介(木村拓哉)

    正義感が強く、熱くなりやすい警視庁捜査一課のエリート刑事。ホテルへの潜入捜査では、帰国子女で英語が堪能ということでフロントクラークに。山岸の指導で無精ひげ姿の刑事から凛々しいホテルマンに変貌をとげる。目的や立場が異なる山岸と衝突するが、お互いのプロ意識を確認し、事件の真相解明のために協力し合う。

  • 山岸尚美(長澤まさみ)

    犯行予告を受けた「ホテル コルテシア東京」の優秀なフロントクラーク。新田の教育係に任命され、外見だけでなく内面もホテルマンとして遜色がないように厳しく指導する。高校の時に当ホテルに宿泊したことがきっかけで就職した。お客様第一主義で真摯に対応していたが…。

  • 能勢(小日向文世)

    品川警察署のベテラン刑事。ホテルへの潜入捜査が始まる前まで、新田とバディを組んでいた元相棒。飄々とした見かけによらず、警視庁の中でも有名なキレ者として知られている。新田と秘密裏に独自捜査を進めていく。

  • 関根(泉澤祐希)

    警視庁捜査一課の刑事。ベルボーイになりすまして、ホテルの潜入捜査を行う。到着した客の荷物をフロントまで運んだり、チェックアウトを済ませた客の荷物を部屋まで運ぶ役割を果たしながら犯人を追う。

  • 藤木(石橋凌)

    ホテルの総支配人。山岸のフロントクラークとしての能力を高く評価している。山岸がホテルマンを目指したきっかけを作った人物。

  • 川本(石川恋)

    多忙な山岸のフォローを行いながら業務にあたる後輩フロントクラーク。スピーディーに客の要望や要求に応える。

  • ホテル利用客(生瀬勝久)

    案内された部屋からの眺めがホテル公式サイトで紹介しているものと違うとフロントに言いがかりつける。なぜか新田を執拗に部屋に呼び、振り回す。

  • ホテル利用客(菜々緒)

    中年男性の写真を持ってチェックイン。写っている男性を自分に近づけないで欲しいとフロントに申し付ける。

  • ホテル利用客(橋本マナミ)

    着物姿で来館する。「ホテル コルテシア東京」の利用は慣れている様子。

  • ホテル利用客(前田敦子)

    ホテルで挙式予定の新婦。ドレスの試着や結婚式の打ち合わせでホテルを頻繁に訪れている。ストーカー被害に悩んでいる。

  • ホテル利用客(田口浩正)

    サングラスをかけて、他人に素性を知られないように、やたら周囲を気にする。

  • ホテル利用客(宇梶剛士)

    自分に近づけないでほしいとフロントに要求した女性が持参した写真に写っていた人物。スーツケースを手にホテルに現れる。

  • ホテル利用客(松たか子)

    ホテルに宿泊している恋人を訪ねて来館する。

  • ホテル利用客(勝地涼)

    大きな紙袋を持って来館。ロビー内で周囲を気にしながらトイレに向かう。

マスカレード・ホテルの見所ポイント

  • 1 明石家さんまも! 超豪華キャストが多数出演

    映画の公開前から注目されていたのが、出演者の豪華な顔ぶれ。主役級のキャストのほかに明石家さんまさんのエキストラ出演も注目のトピックとしてあげられています。

    主演の木村拓哉さん、ヒロインの長澤まさみさんをはじめとし、濱田岳さんや勝地涼さん、菜々緒さんや橋本マナミさんという今勢いのある俳優のほか小日向文世さんや生瀬勝久さん、松たか子さんらベテラン勢も。一流ホテルを舞台に豪華なキャストたちが抜群の演技力で印象的な見せ場を作り、映画を盛り上げています。

  • 2 登場人物がみんな怪しい! 東野圭吾の謎解きミステリー

    この作品の醍醐味は、東野圭吾が仕掛ける「謎解き」のおもしろさ。豪華なキャストが次から次へと“犯人をにおわせる”怪しい雰囲気を漂わせながらホテルに登場します。

    ストーリーが進むうちに警察やホテルスタッフにも疑いがかかり、ホテルにいる人全員が怪しい状況に。いったい犯人は誰なのか…敵なのか味方なのか…謎がどんどん深まります。

    登場人物たちの裏切りやウソ、真実も続々と発覚。ラストまで一人ひとりから目が離せません。

  • 3 刑事が一流ホテルマンに! バレる? バレない? 潜入捜査

    犯人探しの謎解きに加えて、刑事がホテルマンになりすます潜入捜査も見どころのひとつです。

    刑事だとバレたら、犯人確保のチャンスを逃がすだけでなく、ホテル内は大パニック! そんな緊張感の中、新田は難易度の高いフロントクラークへ。客の要望に臨機応変に対応することが求められるポジションです。

    カッとなりやすい新田はわがままな客たちにバレずにホテルマンとしてうまく対応できるのでしょうか。刑事・新田とホテルマン・山岸。立場の違うふたりのプロが進めていく潜入捜査。トラブルを乗り越えるたびに、信頼が深まり、最強のバディとなっていくプロセスも必見です。

マスカレード・ホテルの評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 4.7 (8件中)
  • 投稿者名:Shintaro Hara
    評価: GOOD 投稿日:2019.07.03/11:28

    東野圭吾作品が原作。これはなかなかしっかり作り込んだなぁと感じた作品。原作はぼく読んでないんですが、とても楽しめましたよ!HEROシリーズでキムタクと手を組んだ鈴木雅之監督の映画。ラッツ&スターの方じゃないですよ?w たぶんマックスで詰め込んでこの時間に収めたんだろーなー。なかなか長い作りになってます。でもこれ省くところ無いですな。なかなか集中しないといけない。ただでさえ色んな俳優さん出てきますんでw 犯人だれかなーって観るたのしみを最後の最後までやってくれますね。ちなみにさんまさんが友情出演しますけど、ぼく気付きませんでしたww 気づく人やばいw 各俳優さん素晴らしいと思いましたし、あっちゃんと勝地君がこの後結婚て、、不思議だったw 良かったです。

  • 投稿者名:Yuri
    評価: GOOD 投稿日:2019.02.19/23:40

    ネタバレを含むレビューです。

    キムタク、長澤まさみなど豪華キャストすぎました!!
    やはりキムタクかっこよかったです!
    明石家さんまは一緒に見た人が教えてくれました笑
    教えてくれないと全然あれはわからないです笑

  • 投稿者名:Mayu
    評価: GOOD 投稿日:2019.02.18/20:13

    明石家さんま探したけど、見つからなかった…
    早く続きが観たい作品

  • 投稿者名:山本博史
    評価: GOOD 投稿日:2019.02.18/16:32

    キムタクまじカッケー。
    ホテルマンの仕事がホスピタリティに溢れたザ・日本のオモテナシサービスに感銘を受けた。
    しかし東野圭吾の伏線にはいつもおどろかされる。最後の大ドンデン返し。見所満載です。
    原作読んで映画みた方が絶対話についていける。
    いい意味でも悪い意味でも二時間という映画の縛りがあるのでテンポよく話は進むが、ミステリー作家の東野圭吾ワールドを映画のスピードで観ると途中頭で理解しながら話の内容についていけない部分あり。2回目3回目見ても十分に楽しめる作品でした。

  • 投稿者名:k-ta
    評価: GOOD 投稿日:2019.01.29/14:17

    さすが東野圭吾原作。笑えるシーンも泣けるシーンもあってサスペンスなのにおもしろい!犯人も全然最後までわからなかったです。

全ての評価・感想・レビューを見る

マスカレード・ホテルが動画配信されているサービスの詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

マスカレード・ホテルと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

マスカレード・ホテルに関する記事一覧