閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

【バーバラと心の巨人】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

画像はありません。
更新日:

バーバラと心の巨人が今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

バーバラと心の巨人を観たい方におすすめの動画配信作品

現在、バーバラと心の巨人とよく似た 「洋画」 の作品をおすすめとして表示しています。

提供元:U-NEXT

洋画

アラジン(2019年・実写映画)

1992年に公開された不朽のアニメーション映画『アラジン』を実写映画化!「ホール・ニュー・ワールド」を筆頭とした名曲たちとともに、ディズニーが前代未聞のスケールで究極のエンターテイメント作品を手掛ける!砂漠に囲まれたアグラバーの下町に、ひとりの青年が暮らしていた。その名は、アラジン。まっすぐな心を持っているアラジンは、貧しい生活を続けながらも、人生を変えるチャンスをつかもうとしていた。ある日、アラジンは自由を求める王女のジャスミンと出会う。決して交わることのない身分のふたり。しかし、その出会いをきっかけに何かが動き始める…。そんななか、アラジンは邪悪な大臣・ジャファーの誘いにより魔法のランプを手にすることになる。アラジンがランプをこすると…ランプの魔人・ジーニーが現れた!「我を呼びし偉大なるお方、さぁ“3つの願い”を」アラジンが望む“3つの願い”とは…? 

配信中の動画配信サービス

提供元:U-NEXT

洋画

マレフィセント1

アンジェリーナ・ジョリー主演、ディズニーの名作『眠れる森の美女』のもうひとつの物語。“マレフィセント”に隠された禁断の秘密が明かされる。

配信中の動画配信サービス

提供元:ワーナー・ブラザース

洋画

マイ・インターン

ロバート・デ・ニーロとアン・ハサウェイのオスカーコンビが送る、世代や性別を超えた友情の物語。 ベンはニューヨークに住む70歳。長年勤めた会社をリタイアし、妻にも先立たれた彼は時間を持て余していた。心の隙間を埋めるため、ベンはとある企業のシニア向けインターン(見習い)の求人に応じる。 一方、その創業者であるジュールズは仕事に忙殺され、家庭をかえりみない日々を送っていた。彼女は、不本意にも直属の部下になったベンの扱いに戸惑う。彼とは歳も職歴も違いすぎるのだ。しかし、真摯に仕事に向き合い、自分から会社の役に立とうと地道に働くベンに、ジュールズの心は動かされてゆく。 そんなとき、彼女に転機が訪れる。社外からCEO(最高経営責任者)を迎える話が持ち上がったのだ。これまで孤軍奮闘してきたジュールズにとって負担が減る反面、一から育んできた会社を他人に委ねることにもなるのだった。 葛藤するジュールズに、ベンはあたたかい助言を投げ掛けるが…。ベンがかけた助言とは? そして、ジュールズが出した結論とは…?

配信中の動画配信サービス

バーバラと心の巨人の動画配信・レンタル情報

バーバラと心の巨人の作品紹介

バーバラと心の巨人のあらすじ

なぜ巨人は現れ、彼女を襲うのか―
いつか必ず来る”その時”、悲しみを勇気に変えて…

米国で大ヒットしたグラフィックノベル『I Kill Giants』が原作の2018年公開された作品。「ハリー・ポッター」シリーズなどを手掛けた名匠クリス・コロンバスや、アカデミー賞受賞監督のアンダース・ウォルターをはじめとする気鋭のクリエーター陣が贈る少女の苦悩と再生を描いた心揺さぶられる感動の物語。

12歳のバーバラ・ソーソン(マディソン・ウルフ)は、ウサギの耳を頭に付け自分の仮想世界に重きを置く少女。バーバラは実は”巨人”ハンターで、いずれ町に巨人が襲来してくることを予期していたのだった。

しかし、誰も巨人が襲来するとは信じず、バーバラは自分の殻に閉じこもり、孤立していく。スクールカウンセラーや意地悪な同級生に干渉されながらも、イギリスからの転校生ソフィア(シドニー・ウェイド)と交流するようになる。最初は頑なに交流を拒んでいたバーバラだが、次第にソフィアに心を打ち明けていく。

そしてついに、巨人の存在をソフィアに打ち明けるも、否定されてしまう。そんなバーバラが取った行動とは…?

バーバラと心の巨人のクレジット(監督・キャスト)

製作:クリス・コロンバス 監督:アンダース・ウォルター 脚本:ジョー・ケリー
出演:マディソン・ウルフ、ゾーイ・サルダナ、イモージェン・プーツ
原作:「I KILL GIANTS」ケン・ニイムラ(画) / ジョー・ケリー(作)

バーバラと心の巨人の見所ポイント

  • 1 あなたの感想は? 『バーバラと心の巨人』を観て、少女の心の内に触れてみてください!

    今作の製作陣には「ハリー・ポッター」シリーズや、「ホーム・アローン」シリーズ、『グーニーズ』など少年・少女が活躍する映画を手掛けた名匠クリス・コロンバスが名を連ねています。

    今作の主人公である少女・バーバラのイマジネーションや繊細な心の内が描かれています。作品を観た人の声はやはりバーバラの精神や、心の内に対するものが多かったです。

    バーバラにしか見えない「巨人」に対する彼女の姿勢に対し、あなたはどう思うのでしょうか? 作品をみて、バーバラの心の内に触れてみてください。きっと誰もが、自身だけが心の内に持つモノがあると思います。いろいろ考えさせられる作品だと思います。

  • 2 注目は少女の戦い『バーバラと心の巨人』のあらすじ!

    今作『バーバラと心の巨人』のあらすじは「バーバラの闘い」で、大きくあげて2つあります。

    ひとつ目は「巨人との闘い」です。バーバラには巨人が見えますが、ほかの誰の目には見ることができません。しかも、作中では巨人の明確な姿は現されておらず、”不透明な存在”として描かれています。

    ふたつ目の戦いは「現実との闘い」ですバーバラは「巨人の闘い」を意識するあまり、現実に目を向けることが難しくなってしまいます。周囲の人たちはバーバラを気にかけますが、バーバラは一向に応じません。しかし、「巨人など存在しない」という周囲の強い否定に、バーバラは立ち向かいます。

    少女・バーバラの闘いの行方に注目してください!

  • 3 原作のタイトルがいい!? 『バーバラと心の巨人』を観た人の感想とは?

    今作の原作は『I Kill Giants』です。直訳すると「私は巨人殺す」という意味ですが、今作の邦題は『バーバラと心の巨人』となっています。作品を観た方の感想には、「邦題が良くない」「原作のままのタイトルの方がいい」という声が散見されました。「それは「巨人」という存在の見せ方にあるようです。

    バーバラという少女の心で見える「巨人」の存在。その「巨人」に立ち向かう少女の姿を描いたストーリーですから、タイトルである種の”ネタバレ”的なものを感じた人がいたようです。今作のタイトルをどう思われるのか? 作品をご覧になり、あなた自身で感じてみてください!

バーバラと心の巨人の評価・感想・レビュー

バーバラと心の巨人の動画が配信されているサービスの詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

バーバラと心の巨人と合わせてよく観られている人気の動画配信作品