閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

バーバラと心の巨人

映画 洋画
画像はありません。
更新日:

バーバラと心の巨人が今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

バーバラと心の巨人を観たい方におすすめの動画配信作品

現在、バーバラと心の巨人とよく似た 「洋画」 の作品をおすすめとして表示しています。

提供元:amazon

洋画

アベンジャーズ/エンドゲーム

人類半滅…アベンジャーズ崩壊―最後に残されたのは…最強の絆! マーベル・コミックス作品の実写化劇場版映画『アベンジャーズ』シリーズの第4弾。 今作は、前シリーズ作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で、最強過ぎる敵サノスによって全宇宙に存在する生命の半分が消滅するという衝撃の結末を受け、その後を描いたシリーズ完結作となっている。 スパイダーマンやドクター・ストレンジ、ヴィジョンやブラックパンサーなどアベンジャーズのメンバーもどこかへ消え去ってしまった。 また、目の前で仲間を失い、サノスに敗北したアイアンマンも独り宇宙を彷徨うのだった…。 だが、生き残ったアベンジャーズメンバーは諦めない! キャプテン・アメリカを中心にかすかな希望に望みを託し、それぞれの思いを胸に再集結。 お互いを信じ、命がけで最強の敵への逆襲に挑む。 はたして消滅した仲間たちを取り戻す術はあるのだろうか? 今、史上最大の逆襲が始まろうとしている。 そして、アベンジャーズが、ここに終わる…。

配信中の動画配信サービス

提供元:U-NEXT

洋画

トイ・ストーリー

物語はアンディ少年の部屋から始まります。アンディ少年の部屋には多くのおもちゃがありますが…彼が部屋から出ていくと、突然倒れていたおもちゃたちが動き始め、自由におしゃべりを始めるのです。その中でもリーダー的な存在のカウボーイのおもちゃ、ウッディはアンディのお気に入りです。しかし、アンディの誕生日の日、新たにバズ・ライトイヤーがアンディのおもちゃに加わります。アンディはバズを気に入りますが、ウッディはそれが面白くありません。そんな中、バズが窓から落ちてしまうという事件が発生し、他のおもちゃたちは、それがバズを疎ましく思うウッディの仕業なのではないかと疑い始めます。そんなある日、ウッディはアンディに連れられピザ・プラネットへ訪れますが、尾行してきたバズと喧嘩し、アンディとはぐれてしまいます。二人はUFOキャッチャーの中に逃げ込みますが、運悪く「おもちゃ殺し」として有名な近所に住むシド少年に捕まってしまいます。二人がいなくなって落ち込むアンディですが、そんな中アンディ一家の引っ越しの日が迫ってきます。果たして、ウッディとバズは無事にアンディの元へ帰れるのでしょうか!

配信中の動画配信サービス

提供元:amazon

洋画

スパイダーマン:スパイダーバース

スパイダーマン、死す―― スパイダーマンことピーター・パーカーの突然の訃報により、ニューヨーク市民は悲しみに包まれる。13歳のマイルス・モラレスもその一人――彼こそがピーターの後を継ぐ“新生スパイダーマン”だが、その力を未だに上手くコントロール出来ずにいた。そんなある日、何者かにより時空が歪められる大事故が起こる。その天地を揺るがす激しい衝撃により歪められた時空から集められたのは、スパイダー・グウェン、スパイダーマン・ノワール、スパイダー・ハム、そしてペニー・パーカーと彼女が操るパワードスーツ。彼らは全く別の次元=ユニバースで活躍する様々なスパイダーマン達だった。

配信中の動画配信サービス

バーバラと心の巨人の動画配信・レンタル情報

バーバラと心の巨人の作品紹介

バーバラと心の巨人のあらすじ

なぜ巨人は現れ、彼女を襲うのか―
いつか必ず来る”その時”、悲しみを勇気に変えて…

米国で大ヒットしたグラフィックノベル『I Kill Giants』が原作の2018年公開された作品。「ハリー・ポッター」シリーズなどを手掛けた名匠クリス・コロンバスや、アカデミー賞受賞監督のアンダース・ウォルターをはじめとする気鋭のクリエーター陣が贈る少女の苦悩と再生を描いた心揺さぶられる感動の物語。

12歳のバーバラ・ソーソン(マディソン・ウルフ)は、ウサギの耳を頭に付け自分の仮想世界に重きを置く少女。バーバラは実は”巨人”ハンターで、いずれ町に巨人が襲来してくることを予期していたのだった。

しかし、誰も巨人が襲来するとは信じず、バーバラは自分の殻に閉じこもり、孤立していく。スクールカウンセラーや意地悪な同級生に干渉されながらも、イギリスからの転校生ソフィア(シドニー・ウェイド)と交流するようになる。最初は頑なに交流を拒んでいたバーバラだが、次第にソフィアに心を打ち明けていく。

そしてついに、巨人の存在をソフィアに打ち明けるも、否定されてしまう。そんなバーバラが取った行動とは…?

バーバラと心の巨人のクレジット(監督・キャスト)

製作:クリス・コロンバス 監督:アンダース・ウォルター 脚本:ジョー・ケリー
出演:マディソン・ウルフ、ゾーイ・サルダナ、イモージェン・プーツ
原作:「I KILL GIANTS」ケン・ニイムラ(画) / ジョー・ケリー(作)

バーバラと心の巨人の見所ポイント

  • 1 あなたの感想は? 『バーバラと心の巨人』を観て、少女の心の内に触れてみてください!

    今作の製作陣には「ハリー・ポッター」シリーズや、「ホーム・アローン」シリーズ、『グーニーズ』など少年・少女が活躍する映画を手掛けた名匠クリス・コロンバスが名を連ねています。

    今作の主人公である少女・バーバラのイマジネーションや繊細な心の内が描かれています。作品を観た人の声はやはりバーバラの精神や、心の内に対するものが多かったです。

    バーバラにしか見えない「巨人」に対する彼女の姿勢に対し、あなたはどう思うのでしょうか? 作品をみて、バーバラの心の内に触れてみてください。きっと誰もが、自身だけが心の内に持つモノがあると思います。いろいろ考えさせられる作品だと思います。

  • 2 注目は少女の戦い『バーバラと心の巨人』のあらすじ!

    今作『バーバラと心の巨人』のあらすじは「バーバラの闘い」で、大きくあげて2つあります。

    ひとつ目は「巨人との闘い」です。バーバラには巨人が見えますが、ほかの誰の目には見ることができません。しかも、作中では巨人の明確な姿は現されておらず、”不透明な存在”として描かれています。

    ふたつ目の戦いは「現実との闘い」ですバーバラは「巨人の闘い」を意識するあまり、現実に目を向けることが難しくなってしまいます。周囲の人たちはバーバラを気にかけますが、バーバラは一向に応じません。しかし、「巨人など存在しない」という周囲の強い否定に、バーバラは立ち向かいます。

    少女・バーバラの闘いの行方に注目してください!

  • 3 原作のタイトルがいい!? 『バーバラと心の巨人』を観た人の感想とは?

    今作の原作は『I Kill Giants』です。直訳すると「私は巨人殺す」という意味ですが、今作の邦題は『バーバラと心の巨人』となっています。作品を観た方の感想には、「邦題が良くない」「原作のままのタイトルの方がいい」という声が散見されました。「それは「巨人」という存在の見せ方にあるようです。

    バーバラという少女の心で見える「巨人」の存在。その「巨人」に立ち向かう少女の姿を描いたストーリーですから、タイトルである種の”ネタバレ”的なものを感じた人がいたようです。今作のタイトルをどう思われるのか? 作品をご覧になり、あなた自身で感じてみてください!

バーバラと心の巨人の評価・感想・レビュー

バーバラと心の巨人が動画配信されているサービスの詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

バーバラと心の巨人と合わせてよく観られている人気の動画配信作品