見たいリスト見たいリスト

0

見たいリスト(最大50件)0作品

現在、動画が選択されていません。

見たいリストの説明

見たい動画が追加されました

見たい動画を一括比較する

吹き出し 閉じる
更新日: 公開日:

ボヘミアン・ラプソディの動画配信・レンタル情報

現在、ボヘミアン・ラプソディを配信中・レンタル中のサービスはありません。

ボヘミアン・ラプソディを観たい方におすすめの動画配信作品

現在、ボヘミアン・ラプソディとよく似た 「洋画」 の作品をおすすめとして表示しています。

洋画

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

魔法”も”ストーリー”も“動物のかわいさ”も桁外れのスケール! 『ハリポタ』シリーズ“最強”との呼び声も高い、魔法界最大の危機を描いたスペクタクルファンタジー!! 『ファンタスティック・ビースト』の第2弾となる今作では、魔法動物学者・ニュートと彼の仲間たちが、凶悪な黒い魔法使い・グリンデルバルドと壮絶な戦いを繰り広げる! もちろん『ファンタビ』ではおなじみの魔法動物たちもさらにパワーアップして大活躍! 魔法動物たちを保護するため、世界中を旅している魔法動物学者のニュート。ある日、牢獄に幽閉されていた“黒い魔法使い”グリンデルバルドが逃亡し、ニュートは恩師であるダンブルドア先生から彼を追うように命じられる。 グリンデルバルドを捕らえるべく、魔法動物たちとともにパリの魔法界へと向かうニュートだったが…。 果たして彼らは、最強最悪の黒い魔法使い・グリンデルバルドの魔の手から世界を守ることができるのか!? そして、グリンデルバルドの画策により試されるニュートと仲間たちとの絆は…。

配信中の動画配信サービス

洋画

SING/シング

【通常版SD購入、HD/SDレンタル】(※HD購入版は特典付き)誰もが聴いたことがあるヒットソングや名曲が60曲以上! 歌のチカラで元気になれるエナジームービー! 動物だけが暮らすどこか人間世界と似た世界--バスター・ムーンが経営する"ムーン劇場"は観客が減り倒産の危機を迎えていた。なんとか劇場を立て直したいバスターはかつてない歌のオーディションを開催することに!主要候補は6名。人生を変えるチャンスを掴むため、参加者たちはそれぞれの想いを胸に劇場へ集結する…。 レディー・ガガの「バッド・ロマンス」やザ・ビートルズの「ゴールデン・スランバー」など誰もが聴いたことがある名曲やヒットソングが映画を彩る、愛とユーモアたっぷりのストーリー。

配信中の動画配信サービス

洋画

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

世界中で爆発的な人気を誇る『ハリー・ポッター』の新シリーズ第一弾。 原作者であるJ・K・ローリング自身が脚本を手がけたことでも大きな話題となった。全世界での興行収入は約900億円にものぼり、日本でも73.4億円の大ヒットを記録! 大都市ニューヨークを舞台に繰り広げられる、魔法動物学者ニュート・スキャマンダーの冒険を描いたファンタジー・アドベンチャー。 魔法動物の保護と調査のためにニューヨークを訪れた魔法動物学者のニュート。 彼は魔法のトランクにたくさんの魔法動物を詰め込んで旅をしているのだが、ひょんなことから何匹かの動物が逃げ出してしまう。しかもアメリカでは魔法動物は禁じられているため、ニュートは事態を知った「米国魔法省」から違反者として追われることに! さらに、魔法撲滅を訴える秘密結社「新セーレム救世軍」も関わってきて、物語は思わぬ方向へと展開していく…。

配信中の動画配信サービス

ボヘミアン・ラプソディの作品詳細

ボヘミアン・ラプソディの人物相関図

ボヘミアン・ラプソディの人物相関図

ボヘミアン・ラプソディのあらすじ

誰もが耳にしたことのある名曲を数多く生み出した伝説のロックバンド「クイーン」。

その「クイーン」のボーカルであり“史上最高のエンターテイナー”と賞賛されながらも、45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーの半生を綴った伝記ドラマ。

数々の名曲誕生の裏側やフレディの知られざる“孤独”をリアルに描き出した、音楽ファン必見のミュージック・エンターテインメント!

音楽への熱い情熱を持ちつつも、複雑な生い立ちと容姿に強いコンプレックスを抱いている青年・フレディ。

彼は、バンドからボーカルが脱退したばかりだというブライアンとロジャーに声をかけ、自らをボーカリストとして売り込む。

フレディの歌声に魅了された二人はすぐに彼を受け入れ、そこへベーシストのジョンも加わり、4人で「クイーン」として活動を始めることに。

やがてスターダムを駆け上がっていく彼らだったが、フレディはメンバーとの衝突を繰り返すようになりスキャンダル報道にも振り回され…。

クレジット

【監督】ブライアン・シンガー
【音楽プロデューサー】ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー
【キャスト】ラミ・マレック、ルーシー・ボイントン、マイク・マイヤーズ

ボヘミアン・ラプソディの登場人物・キャスト

  • フレディ・マーキュリー(ラミ・マレック)
    フレディ・マーキュリー(ラミ・マレック)
    ロックバンド・クイーンのボーカリスト。複雑な生い立ちや容姿にコンプレックスを抱く孤独な若者だったが、音楽の才能を開花させたことで人生が劇的に変わっていく。
  • メアリー・オースティン(ルーシー・ボイントン)
    メアリー・オースティン(ルーシー・ボイントン)
    フレディのガールフレンド。恋人であり、無名時代からずっとフレディの支えとなってきた大切な友人でもある。
  • ブライアン・メイ(グウィリム・リー)
    ブライアン・メイ(グウィリム・リー)
    クイーンのギタリストで、天文学者でもあるインテリ。バンドの中ではまとめ役的な存在。
  • ロジャー・テイラー(ベン・ハーディ)
    ロジャー・テイラー(ベン・ハーディ)
    甘いマスクで女性人気の高いクイーンのドラマー。音楽に対するこだわりが強く、フレディとは対立してしまうこともしばしば。
  • ジョン・ディーコン(ジョセフ・マッゼロ)
    ジョン・ディーコン(ジョセフ・マッゼロ)
    クイーンのベーシストで、バンドに一番最後に加わったメンバー。争いを好まない穏やかな性格で、みんなの仲裁役となることが多い。

ボヘミアン・ラプソディの見所ポイント

  • 1 壮絶で濃密! ドラマ以上にドラマティックなフレディの人生

    世界中の誰もが認めるスーパースターながら、わずか45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリー。

    本作では、そんなフレディの短くも壮絶な人生にスポットを当て、彼の音楽にかける情熱や仲間との絆、そして、生涯悩み続けた生い立ちやセクシャリティについても深く掘り下げています。

    マイノリティであった彼がその葛藤をバネにして表現者となり、いかに人の心に寄り添う音楽を生み出していったのか。そして、スターとなってからも彼が苦しみ続けた“孤独”とは…。

    フレディのドラマティックで唯一無二の生き様は、クイーンファンでなくとも心を揺さぶられること必至! その誰よりも熱く激しい人生の物語にぜひ触れてみてください!

  • 2 あの名曲はこうして生まれた! 伝説誕生の裏側に迫る

    『ウィ・ウィル・ロック・ユー』や『伝説のチャンピオン』など、名曲を数多く生み出したクイーン。

    今作では、そんな数々のヒット曲を彼らがどのように生み出していったかを再現しています。

    実験的な演奏が繰り返される斬新なレコーディングの風景や、奇想天外な思いつきを試行錯誤しながら曲にしていく様子は、音楽好きでなくともワクワクと胸が踊るほど刺激的!

    さらに曲が生まれていく過程で描かれる、現在では当たり前となっているアレやコレも「実はクイーンが最初だったの!?」と、その先端性に驚かされることも!

    数々の名曲誕生の裏側、そしてそこに込められた彼らの想いを知れば、もっともっとクイーンの音楽が好きになるはずです!

  • 3 魂が震える! 感動のライブシーンに涙が止まらない!!

    バンドメンバーとの確執・和解を経て、映画の終盤でフレディたちは20世紀最大の音楽イベント「ライブ・エイド」に参加することに。

    その様子を描き出した21分にも及ぶ熱〜いライブ映像は、とにかく“圧巻”の一言!!

    激しいライブパフォーマンスとスタジアムに渦巻く熱狂が見事に映し出され、まるで自分自身がライブ会場にいるのかと錯覚するほどの臨場感!

    思わず、スタジアムの観客たちと一緒に足を踏み鳴らし大合唱したい衝動に駆られます!

    また、ここへ辿り着くまでの様々なドラマを思うと、フレディの命を燃やすような全身全霊のパフォーマンスを涙なしでは観られないんです…。

    感涙必至の“その訳”は、ぜひあなた自身の目で確かめてください!

© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

ボヘミアン・ラプソディの評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 4.4 (12件中)
  • 投稿者名:ダルガリズム
    評価: GOOD 投稿日:2019.03.13/12:18

    フレディの人生は苦しさもあるが、彼の音楽への愛と才能はその苦しみを絶頂の幸福感へ反転もさせた。
    ガリレオが誰だか分からなくても、地球は回っている。
    星々は振り回されているのではなく、それぞれがハッキリと自分の軸を持って輝いているのだ。

    一流のミュージックムービーであるが、そうさせるのは画面の中に「生きているフレディたち」が居るから。
    ヒット曲やシーンの羅列ではなく、それを必然にさせる時間の流れと葛藤がある。
    演者の熱量と努力があってこそ、クイーンの楽曲と相乗効果を生んだのだと思う。

  • 投稿者名:めいく
    評価: GOOD 投稿日:2019.03.01/23:03

    この映画を見てクイーンの音楽を好きにならない人類はいるのか…?(過激派)
    スターとしての栄光や溢れる音楽の才能の一方で、アイデンティティやセクシャリティの深い孤独を抱えていたフレディマーキュリーの半生は、まさに映画の様でした。

    是非音響環境の良い劇場で見ることをおすすめします。ライブシーンの臨場感を味わってほしい。

  • 投稿者名:hakka
    評価: GOOD 投稿日:2019.02.25/15:42

    本当のフレディはもっとカッコいいって思う事以外は、満足の映画。この映画のおかげで青春時代に沁みついたQueenの音楽の素晴らしさを再確認。これはスクリーンで観る映画。

  • 投稿者名:いっちー
    評価: BAD 投稿日:2019.02.23/21:20

    作品の良さを感受できなかった!

  • 投稿者名:Yuri
    評価: GOOD 投稿日:2019.02.20/00:14

    期待が大きすぎてしまった感がありました。
    ただ歌も良かったしこれが実話なんだーと思うの色々と考えさせられることもありました。
    少し歯が気になってしまいました。。。笑

全ての評価・感想・レビューを見る

ボヘミアン・ラプソディが動画配信されているサービスの詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

ボヘミアン・ラプソディと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

※配信されている作品は 、サービス各社の状況によって配信スケジュールが変更される場合がございますので詳しくは、 動画配信サービス各社のサイトにてご確認ください。

ページトップ