閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

ボヘミアン・ラプソディ の動画をフルで無料視聴したい人はココの動画配信サービスがおすすめ!

映画 洋画
提供元:FOD
ボヘミアン・ラプソディ
更新日:

ボヘミアン・ラプソディが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

ボヘミアン・ラプソディの動画配信・レンタル情報

ボヘミアン・ラプソディの動画が配信されているサービス一覧

ボヘミアン・ラプソディの評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 4.7 (29件中)
  • 投稿者名:cocoro◎
    評価: GOOD 投稿日:2019.09.22/17:23

    よかった!

  • 投稿者名:さかい じゅん
    評価: GOOD 投稿日:2019.09.21/22:36

    大好きすぎる作品。
    ベンハーディがかっこよすぎて倒れそうでした(笑)

  • 投稿者名:名無し
    評価: GOOD 投稿日:2019.09.21/12:41

    曲がいい

  • 投稿者名:Sakurako
    評価: GOOD 投稿日:2019.09.20/19:28

    いい👍
    見て損はない

  • 投稿者名:伊東 宗一郎
    評価: GOOD 投稿日:2019.09.20/04:31

    最高の音楽映画。ライブシーンは圧巻。

全ての評価・感想・レビューを見る

【映画】ボヘミアン・ラプソディの動画をフルで無料視聴するなら『U-NEXT』がおすすめ‼

『ボヘミアン・ラプソディ』を無料視聴したいかたにおすすめしたい動画配信サービスはU-NEXT

U-NEXT では初回登録に限り、31日間の無料トライアルを設けているため、期間中であれば月額料金を支払うことなく見放題動画(9万本以上!)を視聴することができます

ボヘミアン・ラプソディは残念ながら見放題動画ではなくレンタル作品となり、視聴するには432円(税込)を支払う必要がありますが、無料トライアル特典としてもらえる600円分のポイントを利用すれば完全無料でボヘミアン・ラプソディを視聴することができます

無料トライアル中の退会、解約も自由。その場合、違約金や翌月の月額料金を支払う義務も発生しません。

U-NEXTは日本最大級の動画配信サービスなので、『ボヘミアン・ラプソディ』以外にも、アニメや映画(邦画・洋画)ドラマ(国内ドラマ・韓国ドラマ)などの作品がとっても豊富

さらに書籍・ラノベ・漫画は35万冊以上! さらに雑誌70誌以上が読み放題になり、月額会員になれば毎月1,200円分のポイントがもらえます!

U-NEXT ならクイーンのライブ映像も見れる!

さらに、ボヘミアン・ラプソディを見たいかたにU-NEXT がおすすめな理由として、他の動画配信サービスではあまり見ることのできないクイーンのライブ映像やフレディ・マーキュリーのドキュメンタリーを配信しています。

2019年6月現在、以下の7作品が絶賛配信中です。

クイーン - ロック・モントリオール(見放題)」「クイーン‐ライブ・アット・レインボー(見放題)」「クイーン ヒストリー 1973-1980(540円)」「クイーン ヒストリー 2 1980-1991(540円)」「フレディ・マーキュリー:キング・オブ・クイーン(540円)」「フレディ・マーキュリー・トリビュート・コンサート-メイン・ショー(見放題)」「フレディ・マーキュリー・トリビュート・コンサート-サポート・アクト(見放題)

ボヘミアン・ラプソディの作品紹介

ボヘミアン・ラプソディのあらすじ

誰もが耳にしたことのある名曲を数多く生み出した伝説のロックバンド「クイーン」。

その「クイーン」のボーカルであり“史上最高のエンターテイナー”と賞賛されながらも、45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーの半生を綴った伝記ドラマ。

数々の名曲誕生の裏側やフレディの知られざる“孤独”をリアルに描き出した、音楽ファン必見のミュージック・エンターテインメント!

音楽への熱い情熱を持ちつつも、複雑な生い立ちと容姿に強いコンプレックスを抱いている青年・フレディ。

彼は、バンドからボーカルが脱退したばかりだというブライアンとロジャーに声をかけ、自らをボーカリストとして売り込む。

フレディの歌声に魅了された二人はすぐに彼を受け入れ、そこへベーシストのジョンも加わり、4人で「クイーン」として活動を始めることに。

やがてスターダムを駆け上がっていく彼らだったが、フレディはメンバーとの衝突を繰り返すようになりスキャンダル報道にも振り回され…。

ボヘミアン・ラプソディのクレジット(監督・キャスト)

【監督】ブライアン・シンガー
【音楽プロデューサー】ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー
【キャスト】ラミ・マレック、ルーシー・ボイントン、マイク・マイヤーズ

伊藤さとりさんに聞いた!ボヘミアン・ラプソディのおすすめポイント3点!

①何故、2018年日本公開ナンバー1ヒットになったのか?

実は、監督途中降板騒ぎもあり、海外では評判も割れていた本作
それがアカデミー賞5部門ノミネート主演男優賞を含む4部門受賞に。
しかも、クイーンのリアルを知るアッパー世代しか響かないのでは?と思ったら20代まで映画館に押し寄せるという奇跡。

その理由は、ミュージカル映画でもアーティスト映画でもなく、“”を綴ったストーリ性。
愛に悩み、愛に苦しみ、愛を模索したフレディの不器用な生き方が多くの人の琴線に触れ、口コミが広がりました。

②何故、クイーンの曲は人を魅了するのか?

80年代のクイーンを知る身としては、奇抜なファッションで挑発的なMVを作り、歌がやたらと上手くて、ライブエイドをリアルタイムで見た時は、本命のデュランデュランよりワム!より魅了されてしまったほど。

一度聞いたら頭から離れないフレーズ、それぞれのパートが立つサウンド、そして観客参加型の曲という、流行に流されないセンスと何よりライブを楽しむことを大切にしているのだから自己満足ではない音楽が聴く人のハートを掴むのは納得。

③音楽映画には止まらない現代社会へのメッセージ性も。

キャスト来日時、彼らが何度も言っていたのは「クイーンを知らない若い世代に見て欲しい」ということ。

もちろん、主演のラミ・マレックを始め、全員がクイーンに敬意を払い、演奏から仕草まで身体に染み付けて挑んでいたのは事実。
けれど何より伝えたかったのは、同性同士の愛についてなど偏見を無くすことや、人に流されず、自分が好きなファッションや音楽性を大事にすることだったりもする。

まさに見直すべき社会的メッセージもあるので何度でも見たくなる人生論なのであります。

この作品のレコメンダー
伊藤さとり
伊藤さとり
映画パーソナリティ

ハリウッドスターから日本の演技派俳優まで、邦画&洋画の記者会見や舞台挨拶を週4回は担当する映画MCであり、年間500本以上は映画を見る映画コメンテーター。 TSUTAYA店内放送「WAVE-C3」で新作DVD紹介のDJ、ケーブルテレビ無料放送チャンネル×ぴあ映画生活×Youtube:動画番組(俳優と対談)「新・伊藤さとりと映画な仲間たち」、「ぴあ」「シネマスクエア」での連載、「スターチャンネル」「東映チャンネル」で映画解説他、TV、ラジオ、雑誌、WEBなどで映画紹介のレギュラーを持つ。日刊スポーツ映画大賞審査員。心理カウンセリングも学んだことから映画で恋愛心理分析や心理テストも作成。

ボヘミアン・ラプソディの人物相関図

ボヘミアン・ラプソディの人物相関図 | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

ボヘミアン・ラプソディの登場人物・キャスト紹介

【クイーン・バンドメンバー】

伝説のロックバンド、クイーンのメンバーを紹介します。

  • 【ボーカリスト】フレディ・マーキュリー(ラミ・マレック) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    【ボーカリスト】フレディ・マーキュリー(ラミ・マレック)

    ロックバンド・クイーンのボーカリスト。複雑な生い立ちや容姿にコンプレックスを抱く孤独な若者だったが、音楽の才能を開花させたことで人生が劇的に変わっていく。

  • 【ギタリスト】ブライアン・メイ(グウィリム・リー) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    【ギタリスト】ブライアン・メイ(グウィリム・リー)

    クイーンのリード・ギタリストで、天文物理学の博士号を持つインテリ。ドラムのロジャー・テイラーとともにスマイルというバンドに所属していた。バンドの中では面倒見がよくまとめ役的な存在。

  • 【ドラマー】ロジャー・テイラー(ベン・ハーディ) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    【ドラマー】ロジャー・テイラー(ベン・ハーディ)

    甘いマスクで女性人気の高いクイーンのドラマー。音楽に対するこだわりが強く、フレディやポール・プレンターとは対立してしまうこともしばしば。

  • 【ベーシスト】ジョン・ディーコン(ジョセフ・マッゼロ) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    【ベーシスト】ジョン・ディーコン(ジョセフ・マッゼロ)

    クイーンのベーシストで、バンドに一番最後に加わったメンバー。争いを好まない穏やかな性格で、みんなの仲裁役となることが多い。本作ではあまり目立たないが「Spread Your Wings」「You're My Best Friend」「Another One Bites The Dust」など数多くの名曲を生んでいる。

ボヘミアン・ラプソディ登場人物紹介【その他の登場人物】

ボヘミアン・ラプソディを彩る重要な登場人物を紹介します。

  • 【恋人】メアリー・オースティン(ルーシー・ボイントン) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    【恋人】メアリー・オースティン(ルーシー・ボイントン)

    フレディのガールフレンド。恋人で婚約者でもあり、無名時代からずっとフレディの支えとなってきた大切な友人でもある。フレディがゲイを告白した後でも、親友として彼を支え続けた。

  • 【マネージャー】ジョン・リード(エイダン・ギレン)

    エルトン・ジョンのマネージャーを28年間務めた経験を持つジョン・リード。クイーンの斬新な音楽に可能性を感じ、マネジャーに就任するも、ポール・プレンターの裏切りによってクビに。

  • 【専属弁護士】ジム・ビーチ(トム・ホランダー)

    ジョン・リードの後を引き継いだマネージャー。真面目で退屈な性格が故に、フレディから「ジム・ビーチ」という名前は退屈だから「マイアミ・ビーチ」と名乗れと言われるシーンもあったが、メンバーの仲たがいをまとめ、ライブ・エイドに出演させた功績も!

  • 【フレディの個人マネージャー】ポール・プレンター(アレン・リーチ)

    フレディの個人マネージャーでもあり愛人関係でもあったポール・プレンター。 バンドの運営にも口を出し、バンド解散の原因を作る。最後にはフレディの男遊びをマスコミに売ってしまう。

  • 【レコード会社重役】レイ・フォスター(マイク・マイヤーズ)

    EMIレコードの重役。「ボヘミアン・ラプソディ」をシングルで出したいというメンバーに対し、「ティーンエージャーが車でボリュームを上げて、頭を振れるような曲じゃない」と言って拒否するなど、あまりクイーンの音楽を理解していないレイ・フォスター。ちなみにレイ・フォスターという人物は実在しない。

  • 【恋人】ジム・ハットン(アーロン・マカスカー)

    フレディの家の使用人として出会う。たった一夜の会話から、フレディは彼のことを忘れられず、唯一の手掛かりである「ジム・ハットン」という名前だけを頼りに、電話帳をしらみつぶしに探し、再開を果たす。以降フレディが亡くなるまでの7年間を共に過ごした。

  • 【フレディのお父さん】ボミ・バルサラ(エース・バティ)

    フレディのお父さん。厳格な父親と奔放な息子として、反発しあう2人。しかしなにかもがうまくいかなく時、フレディが思うのは父の言葉「善き思い、善き言葉、善き行い」だった。ライブエイドの前の抱擁のシーンは本作に於ける最も重要な1つの場面となっている。

  • 【前身バンドのメンバー】ティム・スタッフェル(ジャック・ロス)

    クイーンの前身バンド「スマイル」のボーカル「ティム・スタッフェル」さんと本作のサントラのために、スマイルのメンバーが50年ぶりに再集結してレコーディングした“Doing All Right”の音源が収録されている。

編集部厳選、興行収入1,000憶を超えた映画ボヘミアン・ラプソディのみどころ

ここでは興行収入1,000憶を突破したボヘミアン・ラブソティの魅力に迫っていこうと思います。

①蘇ったフレディーキャスト陣の再現性

本作のみどころを語るうえでまずお伝えしたいのがキャスト陣の再現性。

難航するフレディの配役、熱狂的なファンによるプレッシャーなど数々の圧力を乗り越え、ロック界の大スターフレディ・マーキュリーの一挙手一投足まで演じきったラミ・マレックを筆頭に、ブライアン・メイ(グウィリム・リー)ロジャー・テイラー(ベン・ハーディ)など、ビジュアルはもちろん仕草や雰囲気まで、ファンはおろか本人であるクイーンのメンバーからも称賛の声が上がっています。

②ファンでもなくても知ってる名曲の数々―誕生秘話に迫る

ウィ・ウィル・ロック・ユー』や『伝説のチャンピオン』など、名曲を数多く生み出したクイーン。

今作では、そんな数々のヒット曲を彼らがどのように生み出していったかを再現しています。

実験的な演奏が繰り返される斬新なレコーディングの風景や、奇想天外な思いつきを試行錯誤しながら曲にしていく様子は、音楽好きでなくともワクワクと胸が踊るほど刺激的

さらに曲が生まれていく過程で描かれる、現在では当たり前となっているアレやコレも「実はクイーンが最初だったの!?」と、その先端性に驚かされることも!

数々の名曲誕生の裏側、そしてそこに込められた彼らの想いを知れば、もっともっとクイーンの音楽が好きになるはず!

③全てを超えて迎えたラスト21分―伝説の音楽イベント「ライブエイド」

1985年7月13日観客動員数70,000人を超える英国ウェンブリー・スタジアムで行われたライブ・エイド。

映画ボヘミアンラプソティではラスト21分間をこのライブエイドでの演奏に使っています。圧巻のパフォーマンスと熱狂の渦、この21分間のためだけに映画を見ても損はありませんが、ここに至るまでのフレディやバンドとしての困難や葛藤、確執そういったあらゆるものを乗り越えた先にあるライブ・エイド、例えスターでなくても、1人の人間として、あなたに伝わるものがあるはずです。

④ボヘミアン・ラプソディの意味とは!?

本作のタイトルにもなったボヘミアン・ラプソディ。歌は知っているが、この曲の意味を知っている人は少ないのではないでしょうか。

タイトルを和訳すると「放浪民的な狂詩曲」。

ボヘミアンとは伝統や習慣にこだわらない自由奔放な生活をしている者を指します。ロック×オペラという前代未聞の曲調にはピッタリのタイトルと言えるでしょう。

歌詞に迫ってみると、人を殺してしまった若者の心情が描かれています。逃れることのできない現実、何かの比喩としての人殺しなのか。生前フレディの口から歌詞の意味が語られることはなかったようです。

⑤歌やピアノ演奏は吹き替え?

音楽監修を務めたのは「レ・ミゼラブル」「シング・ストリート 未来へのうた」などの音楽監修も務めたベッキー・ベンサム。

演奏については「のどが動くし、筋肉の動きも違うから」というベッキーの助言により、全員が実際に歌い、楽器に関しても初心者であったが猛特訓の末に取得しました。

劇中の歌を務めたのは、実際のフレディの歌声とラミ・マレック、そしてプロ歌手のマーク・マーテルという人物の肉声を使っています。

ボヘミアン・ラプソディが動画配信されているサービスの詳細

レンタル

懐かしのドラマから最新ドラマまで!フジテレビのドラマが見放題

月額料金 888円(税抜)
1ヶ月間無料
作品数 667本 (内定額見放題:278本)
機能 最大7日間無料の見逃し配信は登録不要!雑誌や漫画も充実!
こんな方に フジテレビのドラマ・映画や雑誌・漫画も楽しみたい方

FODプレミアムで配信中のおすすめ作品

ボヘミアン・ラプソディと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の編集者
カケボーイ
カケボーイ

休日は日の当たる公園のベンチで読書、トリスより角が好き。野球漫画はキャプテンとプレイボールが好き。もし1人の監督の作品しか見れないことになったらジム・ジャームッシュを見続ける。もし1人の脚本家の作品しか見れないことになったら宮藤官九郎と坂元裕二で悩む。

この作品を配信中のおすすめ動画配信サービス