閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

【ジャイアント・ビースト 〜グローバル経済の謎を解き明かせ〜 シーズン1】の動画配信情報!無料で視聴する方法はある??ドラマ全話(1話~最終回)を見れるのはどこ??

ドラマ 海外ドラマ
提供元:amazon
ジャイアント・ビースト 〜グローバル経済の謎を解き明かせ〜 シーズン1
更新日:

ジャイアント・ビースト 〜グローバル経済の謎を解き明かせ〜 シーズン1が今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

ジャイアント・ビースト 〜グローバル経済の謎を解き明かせ〜 シーズン1の動画配信・レンタル情報

ジャイアント・ビースト 〜グローバル経済の謎を解き明かせ〜 シーズン1の動画が配信されているサービス一覧

ジャイアント・ビースト 〜グローバル経済の謎を解き明かせ〜 シーズン1の作品紹介

ジャイアント・ビースト 〜グローバル経済の謎を解き明かせ〜 シーズン1のあらすじ

「ジャイアント・ビースト 〜グローバル経済の謎を解き明かせ〜」は、各賞を受賞している映画製作者/監督のアダム・マッケイと、エミー賞を受賞した制作会社、Intellectual Property Corpによる新ドキュメンタリーシリーズである。「マネー・ショート」のスマートで面白く、スタイリッシュな語り口で、グローバル経済に影響を与えている魅力あふれるトピックを全8回に分けて、世界各国を巡りつつ掘り下げていく。ホストを務めるカル・ペンの好奇心にあふれた思慮深い洞察を通して、視聴者は経済が世界中の人々の生活にどうつながり、どんな影響を与えているかという事実を、驚のあふれる実体験と共に学んでいく。全8回のエピソードでは、グローバル経済の核心に触れる疑問にフォーカスする。“資金洗浄とはどうやるのか?””どうして死にはお金がかかるのか?”“ゴムの消える未来にどう備えるのか?”ナイキの模造品を買うとテロへの資金援助になるのか?”そして、“イヤな奴のほうがリッチになれるのか?”カルは13か国を巡り、魅力あふれるロケーションでユニークな面々に話を聞いていく。例えば、プラハの仮想通貨のマイニング企業やシンガポールの汚職報告センター、タイのゴム園やスペインの物々交換マーケット、そしてロサンゼルスの性具工場などだ。Intellectual Property Corpとゲイリー・サンチェス・プロダクションズからはウィル・フェレル、アダム・マッケイ、ケヴィン・メシック、イーライ・ホルツマン、アーロン・セイドマンそしてアリーヤー・シルバースタインが製作総指揮を務める。共同製作総指揮は「プラネット・マネー」の共同設立者にして「ニューヨーカー」のライター、アダム・デヴィッドソン。

ジャイアント・ビースト 〜グローバル経済の謎を解き明かせ〜 シーズン1のクレジット(監督・キャスト)

  • 監督
    :リー・ファーバー(スタジオ撮影),デヴィッド・ラーヴェン(ロケ撮影)
  • 主演・出演
    :カル・ペン,クリステラ・アロンツォ
  • 再生時間
    :-分
  • 初公開
  • レーティング
    :-
  • エピソード数
    :全8話

ジャイアント・ビースト 〜グローバル経済の謎を解き明かせ〜 シーズン1の評価・感想・レビュー

ジャイアント・ビースト 〜グローバル経済の謎を解き明かせ〜 シーズン1のエピソード一覧 全8話

  • ジャイアント・ビースト 〜グローバル経済の謎を解き明かせ〜 シーズン1 マネーロンダリングの手引き

    マネーロンダリングの手引き

    違法に手に入れた現金が手元にたくさんあったらどうする?解決方法は簡単。マネーロンダリング(資金洗浄)すればいいのだ。しかし、ここである疑問が…。“マネーロンダリングってどうやるの?”ホスト役のカル・ペンが、世界の汚れた金の洗浄方法を探るため、内情に詳しい国際的な銀行の元幹部や弁護士たち、調査ジャーナリスト、資金洗浄の経験のある人物を訪ねて旅へ出る。カルはマイアミを訪れ、マネーロンダリングで服役経験のあるウンベルト・アギラルに、どのように資金洗浄していたのかを聞く。その後、マイアミがコカイン全盛期の“輝かしい日々”から得たアギラルの専門知識を頼りに、カルは島国キプロスを訪れる。そこで様々な役割の人々に会い、キプロスの経済におけるマネーロンダリングの手法が明らかに。しかし、この手法は現在も有効なのだろうか?カルは明確な答えを求め、元キプロス中央銀行総裁のパニコス・デメトリアデスに会うためにロンドンに向かう。デメトリアデスはキプロスで続けられてきたマネーロンダリングを内部告発し、国外へ逃れた人物。彼は世界中の権力者が、キプロスに限らず秘密のネットワークを利用して行うマネーロンダリングの手法を明かす。アメリカに戻ったカルは、マネーロンダリング、宝石の密輸、ビンラディン追跡やアメリカの政府機関でのマネーロンダリングの取り締まりなど、全てを経験してきた男フェリックス・セイターから助言を受ける。驚くことに、セイターはカルの追い求めていたものが実はアメリカにあることを明かす。このエピソードにはジョエル・マクヘイルとトーマス・ミドルディッチも登場する。

    • 再生時間
      :45分
  • ジャイアント・ビースト 〜グローバル経済の謎を解き明かせ〜 シーズン1 金持ちはイヤな奴?イヤな奴だから金持ちになる?

    金持ちはイヤな奴?イヤな奴だから金持ちになる?

    ずばり言おう。金持ちの多くはイヤな奴に見える。だが、こんな印象の悪さが定着したのには理由があるのだろうか?大金を得るともっとお金を増やすために他人を蹴落とそうとするのは一体なせだろう?“金持ち”と“イヤな奴”に関係性はあるのか?ビジネスでの成功とサイコパスであることの関係性は?ホスト役のカル・ペンがタイ、ニューヨーク、ドバイ、ロサンゼルスを訪れ、資本主義の根幹にある謎の解明に乗り出す。それは“富が先か、最低な振る舞いが先か”だ。「サイコパスを探せ!」の著者であるジョン・ロンソンが、資本主義と悪質な人格障害の相互作用についてカルに教える。また、カルはイヤな金持ちになるための秘密を学ぼうと、“言い訳なし”の上位1%の大富豪であるゲイリー・ヴェイナチャックという米国の起業家を訪れる。ところがゲイリーがカルに教えたのは経済のレントシーキング、つまり個人や企業が競争において不公平な優位性を得るためにイヤな手段に出る、ある種の八百長についてだ。それからカルはドバイに向かい、全国民の利益になり得る法制化されたレントシーキングについて学ぶ。それは同時に個人が長期にわたって損害を受け得る政策でもあった。最後に、カルは米国に戻りドク・ジョンソンの性具組み立てラインを訪れる。そこでイヤな奴(ディック)であることとペニス(ディック)製造との大きな違いを学ぶ。このエピソードにはピート・ホームズ、ポール・シェアー、サシーア・ザメイタも登場する。

    • 再生時間
      :39分
  • ジャイアント・ビースト 〜グローバル経済の謎を解き明かせ〜 シーズン1 ゴムのお話

    ゴムのお話

    世界の終わりが訪れる筋書きは幾通りもある。しかし、グローバル経済を停止に追いやる本物の脅威は存在するのだ。しかも、それについて口にする者はほぼ皆無だ。天然ゴム産業は売り上げが260億ドルにも上る産業である。ゴムはまさに経済の柱であり、我々の衣服から医療の必需品まで、あらゆるものに詰め込まれている。ゴムがなかったら、飛行機は着陸できないし、トラックの運転もできない。ホスト役のカル・ペンは、この生活必需品のたどる道をゴムノキから追っていき、ゴムに降りかかる本物の脅威について学んでいく中で、ゴムが地球上から消える可能性もあることを知る。最初にフィラデルフィアを訪れたカルは、5トンもある巨大トラックが、巨大なタイヤを使って跳んだり跳ねたり、激突したりするのを見る。次にイギリスで葉枯病の研究所を訪れてから、カルはモハーヴェ砂漠の飛行機の墓場を訪れ、専門家からゴムに迫っている危機や、その緊急性について話を聞く。そこから彼はタイに向かい、ゴムがたどる道を追う。まずはゴム園で樹液の採取を見学し、そこからシンガポールへ飛んで、ゴムの取引について学び、先物取引のトレーダーたちがゴムを金儲けの手段として見ていることも学ぶ。このエピソードには、メーガン・トレイナー、トーン・ベル、ボビー・モナハンも登場する。

    • 再生時間
      :40分
  • ジャイアント・ビースト 〜グローバル経済の謎を解き明かせ〜 シーズン1 人工知能(AI)が作る未来。人類は生きてその恩恵を享受できるのか?

    人工知能(AI)が作る未来。人類は生きてその恩恵を享受できるのか?

    向こう15年間で、人工知能(AI)の手によって我々の経済は完全にその姿を変えるだろう。だが新たな産業革命で誰が勝者となり敗者となるのか?ホスト役のカル・ペンがインド、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロンドンを訪れ、いかにAIが人間の運命を左右し、我々の労働文化をも一変させることになり得るのかについて、その答えを追求する。最初に訪れたサンフランシスコで、カルは世界経済フォーラムでAIに関するアドバイザーを務めるジュリア・ボスマンに出会う。ここでカルはAIに当てはまらない物への認識を改めることになる。SFに登場する物の大半がAIではないのだ。実際のAIとは何かを知ったカルはニューヨークに向かい、マサチューセッツ工科大学のリサーチ・サイエンティストであるアンドリュー・マカフィーに話を聞く。マカフィーはAIを冷静に分析し、いかにして新たな産業革命がもたらされることになるかをカルに語る。それからカルはロンドンに向かい、“ディープフェイク”と呼ばれるAI技術の恐ろしい応用方法について学ぶ。そこでスティーブン・ホーキングやイーロン・マスクがAIによって世界最後の日がもたらされるとする予測の中で言及した、世界で最も名高い未来学者に出会う。旅の最後に、カルはAIを巡る最悪のシナリオを信じていない最高経営責任者や起業家たちに会う機会を得る。彼らはAIと人間の力を合わせることで問題を解決するアルゴリズムを作っている。例えば自動運転車に道徳を組み込むアルゴリズムなどだ。このエピソードにはエド・オニール、クリステラ・アロンツォ、ミッシー・パイルも登場する。

    • 再生時間
      :40分
  • ジャイアント・ビースト 〜グローバル経済の謎を解き明かせ〜 シーズン1 偽物が経済を脅かす(そして発展もさせる)

    偽物が経済を脅かす(そして発展もさせる)

    偽造品は、年間数十億ドル規模に上る“グローバル産業”だ。偽造者が力を持てる理由はその驚くべき精巧さにある。彼らは数百万ドルの値が付くブランドの名を傷つけ、政府の信頼を落とし、そして凶悪犯罪にも関与する。では、通貨を偽造から守り、偽造通貨がもたらす破滅的な結末を防いでいるのは一体誰か?ホスト役のカル・ペンが、シークレットサービスの研究室と脳神経科学の研究施設を訪ね、通貨の偽造防止対策について聞く。またインドでは、通貨偽造防止策として、流通中の通貨の85%が使用不可となった政策について尋ねる。偽造通貨だけでなく、世界には本物そっくりのコピー品の大規模な市場が存在する。カルは香港で偽造品捜査官に会い、衣料品やバッグなどのコピー品がいかにブランドを傷つけているか、また医薬品や家電製品のコピー品が人命にさえ関わっているという現状を知る。さらに、模造品が犯罪者やテロリストの資金源になっているという知られざる現実を目の当たりにする。一方で、偽造通貨やコピー品が経済の救済者となることもある。カルは、ドローンやファッション、エンターテインメントの専門家と会い、コピーがあるがゆえに技術が発展していく複雑な過程を知る。このエピソードには、エド・ヘルムズ、ロブ・コードリー、パットン・オズワルトも登場する。

    • 再生時間
      :45分
  • ジャイアント・ビースト 〜グローバル経済の謎を解き明かせ〜 シーズン1 死のお話

    死のお話

    死にかかる費用とは何だろう?ホスト役のカル・ペンは、スペイン、チェコ共和国、マレーシア、ロサンゼルスやニューヨークを旅して、“死の経済”に関わる働き手や専門家と出会う。そして、人の生前と死後に、命の価値を決める人の間で、どのようにお金がやり取りされるかを学ぶ。死について学ぶ旅の途中でカルはカメノテ漁を営む漁業者にも出会う。彼らは日常的に命の危険を冒して、高級品として好まれる海の幸を採っている。また、カルは偽のヒットマンとして覆面捜査を行っていたATF捜査官の秘密についても話を聞いたり、14世紀建造の教会を訪れて、有名な“人骨のシャンデリア”も目にしたりする。さらに白布で包まれる体験もしたカルは、ロサンゼルスの進歩的な葬儀業者から、死者をどう扱うべきかについて話を聞く。マレーシアではアメリカの葬儀スタイルを取り入れた墓地を訪れ、ドイツの特別な墓地ではサッカーファンへの配慮を目にする。ニューヨークでは、元ドラマーの判事から、死によって起こされた訴訟で、いかに多額のお金が得られるかを知る。また、不法死亡専門の弁護士からは、死につながった行動に関与した企業や政府に、いかに責任を問うかについて聞く。このエピソードには、ザック・ガリフィナーキスとコリン・ハンクス、ラシダ・ジョーンズも登場する。

    • 再生時間
      :43分
  • ジャイアント・ビースト 〜グローバル経済の謎を解き明かせ〜 シーズン1 お金って紙くず?

    お金って紙くず?

    お金とは実際、何だろうか?我々は人生を懸けてお金を得ようとするが、ただの紙切れにそれほどの信頼を抱かせるものは何なのだろうか?お金には本質的な価値があるのだろうか?あるいは、すべてはまやかしなのか?お金の裏に隠れている秘密こそ、グローバル経済の中心を占める大いなる謎だ。ホスト役のカル・ペンは、通貨そのものを解き明かす旅に出る。まず彼は、リックとジェーンのオースティン夫妻に会う。夫妻はお金を信じていない、“備えの達人”だ。お金を信じないがゆえに、夫妻はお金なしで生きる決意をした。そんなリックとジェーンは近い将来に経済の終末が地球を直撃し、殺し合いの末に人肉を食らう社会が訪れると信じている。彼らの視聴者へのアドバイスはこうだ。“人肉を食らう怪物に食われたくなければ、自分が食べる食料は自分で育てろ。“つまり、食料こそが唯一の本物の通貨だと言うのだ。では、自家製のヤギのチーズで生き残る道を選ばない場合は?お金には頼らないものの、他者と協力して生きていくのはどうだろうか?カルはスペインの物々交換マーケットを訪れ、現金要らずのコミュニティーが活動する様子を目撃する。またカル自身もメリッサ(ご想像のものとは異なる)と共に物々交換を体験するが、不首尾に終わる。では、マットレスに100ドル札を詰め込む代わりに、金を貯めるのはどうだろうか?カルは、光り輝く金で満たされた金庫を訪れ、アメリカの通貨がかつては金本位制によって支えられていた事実を知る。だがその後、アメリカ政府は独断でドル自体が価値を持つということを宣言した。つまりは政府版の“言った者勝ち”現象である。そして、最後に登場するのが仮想通貨だ。銀行や政府に依存しないお金を求めるなら、ネットを介して完全に分散化された金融システムを利用すればいいのだ。カルはマイニングによって仮想通貨を稼ぐ、ボーダーレスな世界の理解に努める。彼が訪れたのはサンフランシスコの“クリプト城”、プラハのビットコイン専門のマイニング企業、仮想通貨の創造者だ。最後に彼は、いち早く仮想通貨に適応した人物の元を訪れるが、彼の財産はウェールズのゴミ投棄場に埋まっていることを知る。このエピソードには、ロブ・リグルも登場する。

    • 再生時間
      :42分
  • ジャイアント・ビースト 〜グローバル経済の謎を解き明かせ〜 シーズン1 世界の汚職ツアー

    世界の汚職ツアー

    なぜ多くの権力者は自分の権力を個人の利益のために使うのだろう?ホスト役のカル・ペンは、些少の賄賂から大がかりな汚職まで、様々な汚職を紹介し、いかにそれらが経済全体を停滞させているかを紹介する。サンフランシスコからプラハ、クアラルンプール、ムンバイ、シンガポールまで旅したカルは、政府や個人が汚職なしの国を目指して奮闘する姿を目撃する。まずカルは、カリフォルニア大学バークレー校を訪れる。ここでは、元アメリカ合衆国労働長官であるロバート・ライシュが彼に汚職に関する集中講義を行ってくれる。次にカルは、少額の賄賂が日常茶飯事的にやり取りされるインドへ向かう。その後はニューヨークへ戻り、「ニューヨーカー」のジャーナリスト、アダム・デヴィッドソンに会い、汚職が一部でのやり取りを超えてより大きなシステムに影響する場合について話し合う。汚職の最前線の様子を知ることに興味が湧いたカルは、プラハへと“汚職ツアー”に出かける。そこで彼は、世界で最先端を行く反汚職組織、トランスペアレンシー・インターナショナルのスポークスマンと会い、汚職との困難な闘いについて話を聞く。その次にカルが向かったのは2つの国で、マレーシアとシンガポールだ。マレーシアは最近、国の歴史上最大の汚職スキャンダルで国政が暗礁に乗り上げた。歴史的な選挙が行われ、政府から腐敗要因が強制的に取り除かれたあとのマレーシアで、カルは活動家や政治家から話を聞き、大規模な汚職がいかにマレーシア経済に害を与え、大衆の懐にまで影響を与えていたかを知る。次に清廉潔白さで名高いシンガポールへカルは向かうが、そこでは汚職に対して、ゼロトレランスの政策を基本的に貫いていた。カルは政府や地方の役人と話し、シンガポールが強硬政策に踏み切った経緯や、汚職の根絶は可能かどうかについて意見を聞く。旅の最後にカルはインドに戻る。インドでは、国の前経済アドバイザーが、汚職をなくすためのシンプルかつ急進的なアプローチについて説明する。つまりは法制化だ。このエピソードにはテッド・ダンソン、メアリー・スティーンバージェン、ジェイソン・サダイキスも登場する。

    • 再生時間
      :41分

ジャイアント・ビースト 〜グローバル経済の謎を解き明かせ〜 シーズン1が動画配信されているサービスの詳細

ジャイアント・ビースト 〜グローバル経済の謎を解き明かせ〜 シーズン1と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

※配信されている作品は、サービス各社の状況によって配信スケジュールが変更される場合がございますので詳しくは、動画配信サービス各社のサイトにてご確認ください。

この作品を配信中のおすすめ動画配信サービス

ページトップ