閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

バトル・ロワイヤル

映画 邦画
画像はありません。
更新日:

バトル・ロワイヤルが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

バトル・ロワイヤルを観たい方におすすめの動画配信作品

現在、バトル・ロワイヤルとよく似た 「邦画」 の作品をおすすめとして表示しています。

提供元:amazon

邦画

劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲 完全版

『ポケットモンスター』シリーズの記念すべき初の劇場版! 差別という重いテーマを、「本物」と「コピー」とに分かれたポケモンたちを通して描く、感動のポケモン・アドベンチャー。 ポケモンマスターを目指して修業の旅を続けるサトシたちに、一通の招待状が届けられる。その送り主である最強のポケモントレーナーを名乗る人物に会うために、サトシたちはその人物の居城であるポケモン城へと向かう。 しかしそれは、かつて人間によって造り出されたポケモン「ミュウツー」による、人間たちへの逆襲のはじまりに過ぎなかった。 ミュウツーの持つ絶大な力と、彼によって造りだされた優れたコピーポケモンたちを前に、太刀打ちできないサトシたち。絶体絶命の危機を迎えたそのとき、サトシたちの前に幻のポケモン、「ミュウ」が現れる。 ミュウとミュウツーを中心に、「本物」と「コピー」たちの己の存在をかけた戦いが、今はじまる!

配信中の動画配信サービス

提供元:FOD

邦画

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス

『サイコパス(PSYCHO-PASS) 第2期』の最終回から約2年後の西暦2116年。シュビラシステム導入以来、初めてのテロ未遂事件が発生。テロを企てた密入国テロリストの中には、3年前に逃亡した狡噛慎也の姿が…。舞台を日本国内から海外へと移し、『PSYCHO-PASS サイコパス』の物語は次のステージへ! 総監督・本広克行、監督・塩谷直義、ストーリー原案・虚淵玄による、テレビアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズがいよいよ劇場版となって登場!2116年。密入国者によるテロ未遂事件が起きた。武装した謎の密入国者は日本の警備システムを知り尽くし、なおかつ戦闘に慣れていた。密入国者を捕らえた公安局刑事課一係は、局長の指示で人間の視覚による記憶から情報を引き出すメモリスクープを実行。するとそこには、日本がシビュラシステムの導入を進める東南アジア連合「SEAUn」の反体制勢力組織のメンバーで、かつて刑事課一係で執行官を務めていた狡噛慎也が写っていたのだった…!?槙島事件以降、行方知らずとなっていた狡噛慎也を追って監視官・常守朱は単身、SEAUnの首都であるシャンバラフロートへと捜査に乗り込む。反体制勢力組織に参加する狡噛の真実を求めて、朱たち公安局刑事課一係のメンバーたちが立ち向かう!

配信中の動画配信サービス

提供元:amazon

邦画

十二人の死にたい子どもたち

死にたい…、だけど“殺される”のはいや!! 集団安楽死のため廃病院に集まった少年少女12人が、いるはずのない“13人目の死体“をめぐって嘘と騙し合いを繰り広げる密室サスペンス!13人目は一体誰なのか? そして、殺人鬼はこの12人の中にいるのか…? 猜疑心と恐怖が押し寄せる中、逃げ場なしのノンストップ・サスペンスゲームが今幕をあける!!それぞれに理由があり“安楽死の会”に参加した12人の少年少女たち。彼らは会場である廃病院への到着順に【1】〜【12】までの番号札を取り、地下の自殺会場へと向かった。しかしそこには、なんといるはずのない“13人目の死体”が静かに横たわっていた…。病院内の至る所に残る不自然な犯行の痕跡、次々と起こる不可解な出来事、…まさか、この12人の中に殺人鬼が!? 一体誰が、何の目的で? “死にたい、けど殺されたくはない”彼らは、犯人を見事突き止め念願の安楽死を遂げられるのか?

配信中の動画配信サービス

バトル・ロワイヤルの動画配信・レンタル情報

バトル・ロワイヤルの作品紹介

バトル・ロワイヤルのあらすじ

高見広春の同名小説の映画化作品。興行収入が30億円を超え、日本アカデミー賞では優秀作品賞をはじめ、9部門を受賞。

その衝撃的なストーリーで、公開後賛否両論を巻き起こした話題作。


少年犯罪が増加し子どもを恐れた大人たちは、毎年全国から中学3年生のクラスをひとつ選び最後のひとりになるまで殺し合いをさせるという、新世紀教育改革法・通称「BR法」を制定した。

ある年、それに選ばれたのが城岩学園中学校3年B組だった。

元担任キタノに殺し合いをしてもらうと告げられた後、食料と武器が渡されゲームが始まる。

自殺する者、脱走を試みる者、中には殺人を楽しむ者など、さまざまな生徒がいるなか、主人公である七原秋也は親友が想いを寄せていた中川典子と以前の優勝者である川田章吾とともに行動する。

我を忘れ殺人に狂う生徒たち。生き残るために必死に戦い、互いを信じ助け合う七原たちだったが…。

最後まで生き残るのは誰なのか? 3人は一体どうなってしまうのか?

バトル・ロワイヤルの登場人物・キャスト

  • 七原秋也(藤原竜也)

    小学四年生の頃に母親が家出をして、それからは父親と二人暮らしをしていたが、中学校入学の日に父親が自殺し施設で生活することになる。恵まれない環境で育ってきたが、優しい心を持ち、クラスのみんなからの好感度は高い。ゲーム中は中川と川田とともに行動をする。中川に好意を持っている。

  • 中川典子(前田亜季)

    クラスメイトが授業をボイコットしても、唯一真面目に授業を受ける優等生で、先生からは好かれている。しかし、その真面目さからクラスではいじめられていた。ゲームが始まってからは七原、川田とともに行動をする。七原に好意を持っている。

  • 川田章吾(山本太郎)

    ゲームが開始される前に転校してきた生徒。以前、このゲームで生き残った経験がある。戦闘能力が高く、中川の怪我の治療を行うなど、医療の知識も持っている頼れる存在。ゲーム中では七原と中川とともに行動をする。

  • 相馬光子(柴咲コウ)

    最初の武器の鎌でクラスメイトを次々と殺害し、武器を増やしていく。他の生徒とは違い、奪う側に回る。

  • 千草貴子(栗山千明)

    成績優秀で陸上部では短距離のエース。クラスで1番の美女。気が強くて、男らしさがある。

  • キタノ(ビートたけし)

    3年B組の元担任。プログラムの担当教官となる。生徒たちに対して厳しい言葉を飛ばす、傲慢な男。

  • 桐山和雄(安藤政信)

    過去のゲームで生き残った転校生。サイコパス的な存在。殺人を楽しみ、クラスメイトを次々と殺していく。

バトル・ロワイヤルの見所ポイント

  • 1 主人公たちが中学生?! これが本作の1番の魅力であり深み!

    中学生という年頃は子どもでも大人でもない多感な時期で、大人への一歩を踏み出す重要な年代です。

    そんな中学生たちが主人公にされているのは、成長の真っ只中にいる子どもの感性、思考、人間力を描きながら、犯罪や殺人の恐ろしさを伝えるためです。

    そんな未成熟な中学生が、“殺されてしまうかもしれない”という恐怖のもと、もがきながらも必死に生き抜こうとする姿は、残酷さや虚しさを感じさせる一方で、強さや美しさをも表現しています。

    さまざまな行動を起こしていく生徒それぞれに注目して、その感性を見抜きながら見ていくのもおすすめです。

  • 2 ハラハラのストーリー設定!

    ランダムに武器が配られる。首に爆弾が仕掛けられ、反則を犯せば爆発する。禁止エリアが増え、範囲が狭くなっていく。24時間で死者が出ないと自動的に全員の首輪が爆発する…。

    本作では、中学3年生が3日間に渡り最後のひとりになるまで殺し合うという、ただでさえ常識外れな設定であるのに加えて、物語をヒートアップさせるさまざまなルールが設定されています。

    そして、生徒全員が殺し合いをせずに生き残ろうと考えるわけもなく、殺し合いを楽しむ生徒も出てきてしまいます。

    生徒たちが生き残りをかけて戦う、ダイナミックなアクションシーンや殺し合いのシーンなどが繰り返され、ハラハラドキドキの連続です!

  • 3 3人は生き残ることができるのか?

    壮絶な殺し合いが繰り広げられるなか、主人公である男子生徒・七原とクラスメートの女子生徒・中川、そして以前のプログラムの優勝者・川田は生き残るために3人で行動をともにします。

    そんな3人に、クラスメイトや戦いを楽しむために参加して来た部外者が襲いかかります。さらに、無作為に他の生徒たちを殺していく凶暴な転校生で、過去にゲームで優勝した経験を持つ桐山が3人の前に立ちはだかります。

    「最後のひとりになるまで戦い続ける」このゲームで、3人が生き残ることはできるのでしょうか?

バトル・ロワイヤルの評価・感想・レビュー

バトル・ロワイヤルが動画配信されているサービスの詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

バトル・ロワイヤルと合わせてよく観られている人気の動画配信作品