閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ

映画 洋画
画像はありません。
更新日:

ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえを観たい方におすすめの動画配信作品

現在、ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえとよく似た 「洋画」 の作品をおすすめとして表示しています。

提供元:amazon

洋画

アベンジャーズ/エンドゲーム

人類半滅…アベンジャーズ崩壊―最後に残されたのは…最強の絆! マーベル・コミックス作品の実写化劇場版映画『アベンジャーズ』シリーズの第4弾。 今作は、前シリーズ作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で、最強過ぎる敵サノスによって全宇宙に存在する生命の半分が消滅するという衝撃の結末を受け、その後を描いたシリーズ完結作となっている。 スパイダーマンやドクター・ストレンジ、ヴィジョンやブラックパンサーなどアベンジャーズのメンバーもどこかへ消え去ってしまった。 また、目の前で仲間を失い、サノスに敗北したアイアンマンも独り宇宙を彷徨うのだった…。 だが、生き残ったアベンジャーズメンバーは諦めない! キャプテン・アメリカを中心にかすかな希望に望みを託し、それぞれの思いを胸に再集結。 お互いを信じ、命がけで最強の敵への逆襲に挑む。 はたして消滅した仲間たちを取り戻す術はあるのだろうか? 今、史上最大の逆襲が始まろうとしている。 そして、アベンジャーズが、ここに終わる…。

配信中の動画配信サービス

提供元:U-NEXT

洋画

トイ・ストーリー

物語はアンディ少年の部屋から始まります。アンディ少年の部屋には多くのおもちゃがありますが…彼が部屋から出ていくと、突然倒れていたおもちゃたちが動き始め、自由におしゃべりを始めるのです。その中でもリーダー的な存在のカウボーイのおもちゃ、ウッディはアンディのお気に入りです。しかし、アンディの誕生日の日、新たにバズ・ライトイヤーがアンディのおもちゃに加わります。アンディはバズを気に入りますが、ウッディはそれが面白くありません。そんな中、バズが窓から落ちてしまうという事件が発生し、他のおもちゃたちは、それがバズを疎ましく思うウッディの仕業なのではないかと疑い始めます。そんなある日、ウッディはアンディに連れられピザ・プラネットへ訪れますが、尾行してきたバズと喧嘩し、アンディとはぐれてしまいます。二人はUFOキャッチャーの中に逃げ込みますが、運悪く「おもちゃ殺し」として有名な近所に住むシド少年に捕まってしまいます。二人がいなくなって落ち込むアンディですが、そんな中アンディ一家の引っ越しの日が迫ってきます。果たして、ウッディとバズは無事にアンディの元へ帰れるのでしょうか!

配信中の動画配信サービス

提供元:amazon

洋画

スパイダーマン:スパイダーバース

スパイダーマン、死す―― スパイダーマンことピーター・パーカーの突然の訃報により、ニューヨーク市民は悲しみに包まれる。13歳のマイルス・モラレスもその一人――彼こそがピーターの後を継ぐ“新生スパイダーマン”だが、その力を未だに上手くコントロール出来ずにいた。そんなある日、何者かにより時空が歪められる大事故が起こる。その天地を揺るがす激しい衝撃により歪められた時空から集められたのは、スパイダー・グウェン、スパイダーマン・ノワール、スパイダー・ハム、そしてペニー・パーカーと彼女が操るパワードスーツ。彼らは全く別の次元=ユニバースで活躍する様々なスパイダーマン達だった。

配信中の動画配信サービス

ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえの動画配信・レンタル情報

ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえの作品紹介

ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえのあらすじ

壁を飾るために描くのではない、絵は盾にも矛にもなる戦うための手段だ‐‐パブロ・ピカソ。

ナチス・ドイツ、ヒトラーはなぜ美術品略奪に拘ったのか?美術史史上最悪、ヨーロッパ各地で略奪された美術品は約60万点!今も10万点が行方知らずのまま。究極の美と権力に秘められた誰も知らないヒトラーによる闇の美術史。ヒトラーの秘宝が辿った知られざる真実と背景とは?

恐怖で世界を支配していたヒトラーは人々の思想をも操ろうとした。ピカソやゴッホなど巨匠の作品に「退廃芸術」の烙印をし、「退廃芸術展」を開催し「無能なペテン師」などと貶めた。

ヒトラー率いるナチスによる数々の名画が略奪、破壊は権力を失うまで続き、奪われた名画の行方は…今も続く奪還運動 。略奪された美術品と、それに関わる人々の数奇な運命を歴史家や美術研究家など関係者の証言をもとに描いたドキュメンタリー映画。ナビゲーターにイタリアの名優トニ・セルヴィッロが務め、字幕監修はドイツ文学者中野京子が担当する公開前から注目の作品。「芸術とは何だ?」

ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえの登場人物・キャスト

  • トニ・セルヴィッロ

    ヨーロッパ映画賞で男優賞を2度受賞したイタリアのベテラン
    俳優。イタリア首相役を演じた映画『イル・ディーヴォ 魔王と
    呼ばれた男』などに出演。今ドキュメンタリー映画のナビゲーターとして登場する。名優トニ・セルヴィッロならではのナビゲーションに注目。

  • アドルフ・ヒトラー

    ナチス(国家社会主義ドイツ労働党)に所属し、1933年にドイツ首相に指名され、恐怖で世界を支配した独裁者。ユダヤ人などに対する組織的大虐殺「ホロコースト」を指導したことでも知られる。また国籍はドイツではなく、オーストリア。今作で取り上げられるヨーロッパ各地から約60万点もの美術品の略奪。その理由のひとつは”故郷”に巨大な美術館を建立するためだったと言われるが…。ヒトラー自身、芸術家を志していた過去があり、自身を芸術愛好家と考えていたとされている。

  • パブロ・ピカソ

    スペイン出身の「天才」芸術家。「20世紀最大の芸術家」とも言われ、ヨーロッパの芸術に影響を及ぼした「キュビズム」ムーブメントの創設者でもある。『アヴィニョンの娘たち』や『ゲルニカ』など数多くの作品が世界中で知られている。『ゲルニカ』は戦争で傷ついた母国をに対するアンチテーゼとして制作されたと言われる。今作で登場する「壁を飾るために描くのではない、絵は盾にも矛にもなる戦うための手段だ」という言葉は脅威には芸術をもって立ち向かうという思いが感じられる。

  • フィンセント・ファン・ゴッホ

    オランダ出身の芸術家。後期運動派の中心人物で、西洋美術史において最も有名で影響力のある芸術家のひとり。近代美術の創設者といわれ、前衛芸術家たちに影響を及ぼしたとされる。有名な作品は数多くあるが『夜のカフェテラス』や『ひまわり』などが日本でも広く知られている。没後、ヨーロッパ各地で展覧会が開かれるなど人気が高く、とりわけドイツでの人気が顕著だった。

  • ナチス(国家社会主義ドイツ労働党)

    かつて存在したドイツの極右政党。ナチス、ナチ党と呼ばれる。1933年にヒトラーが首相に任命されたことで政権与党になり一党独裁政権を敷く。1945年第二次世界大戦敗戦後に事実上消滅した。ヒトラー始動の下、「権力は芸術をも支配できる」と妄信し、ピカソやゴッホらの作品を「退廃芸術」と烙印し、美術史史上最悪と言えるフェルメールの『真珠の耳飾りの少女』やルノワールの『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢』など約60万点もの名画を強奪、破壊した。

ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえの評価・感想・レビュー

ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえが動画配信されているサービスの詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえと合わせてよく観られている人気の動画配信作品