閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

【フッド:ザ・ビギニング】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

フッド:ザ・ビギニング
更新日:

フッド:ザ・ビギニングの動画配信・レンタル情報

フッド:ザ・ビギニングを観たい方におすすめの動画配信作品

現在、フッド:ザ・ビギニングとよく似た 「洋画」 の作品をおすすめとして表示しています。

提供元:amazon

洋画

ジョーカー(2019)

「どんなときも笑顔で」という母の教えを胸に…2019年10月に公開され第76回ヴェネツィア国際映画祭で最高賞にあたる金獅子賞を受賞、日本でも公開4週で興行収入が35億円を突破した大ヒット作品。バットマンの悪役でおなじみの、悪のカリスマ・ジョーカーの誕生秘話を描いた初オリジナルストーリー。監督は「ハングオーバー!」シリーズのトッド・フィリップス。主人公の「ジョーカー」を演じたのは『グラディエーター』など数々の作品に出演しているホアキン・フェニックス。共演にはロバート・デ・ニーロなど。コメディアンを夢見る純粋で心優しい大道芸人のアーサー・フレックは、いかにして人々に恐怖を与える最凶のジョーカーへと変貌していったのか―?大道芸人の派遣会社に勤めるアーサー・フレック(ホアキン・フェニックス)は、コメディアンを夢見ながら年老いた母の面倒を見て暮らしている心優しい男だった。しかし、アーサーは自分の意志と反して笑いが止まらなくなってしまうという重度の精神疾患を抱えていて、仕事も上手くいかない日々が続いていた。そんなある日、ピエロに扮してセールの宣伝をしていたところ不良に襲われて持っていた看板を奪われてしまう。不運にも看板の弁償まで命じられてしまったアーサー、この出来事がきっかけで負の連鎖を招く歯車が大きく動き出す…。孤独な男の壮絶な人生、そして切ない衝撃の真実が今、明かされる―。

配信中の動画配信サービス

提供元:FOD

洋画

ボヘミアン・ラプソディ

誰もが耳にしたことのある名曲を数多く生み出した伝説のロックバンド「クイーン」。 その「クイーン」のボーカルであり“史上最高のエンターテイナー”と賞賛されながらも、45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーの半生を綴った伝記ドラマ。 数々の名曲誕生の裏側やフレディの知られざる“孤独”をリアルに描き出した、音楽ファン必見のミュージック・エンターテインメント! 音楽への熱い情熱を持ちつつも、複雑な生い立ちと容姿に強いコンプレックスを抱いている青年・フレディ。 彼は、バンドからボーカルが脱退したばかりだというブライアンとロジャーに声をかけ、自らをボーカリストとして売り込む。 フレディの歌声に魅了された二人はすぐに彼を受け入れ、そこへベーシストのジョンも加わり、4人で「クイーン」として活動を始めることに。 やがてスターダムを駆け上がっていく彼らだったが、フレディはメンバーとの衝突を繰り返すようになりスキャンダル報道にも振り回され…。

配信中の動画配信サービス

提供元:U-NEXT

洋画

グレイテスト・ショーマン

その青年は貧しかったが、人並み以上のアイデアと野心を持っていた。実際に19世紀に活躍した興行師P・T・バーナムのサクセスストーリー。成功と挫折を味わい、どん底から這い上がったバーナムが本当の人生の意味と価値を見つける感動のミュージカルムービー。青年バーナムは、幼なじみの良家の令嬢チャリティと身分違いの恋に落ち、駆け落ち同然に結婚する。裕福ではないが娘ふたりと愛妻との幸せな生活を送っていたが、勤めていた貿易会社が倒産し解雇されてしまう。そんな中、倒産した会社の沈没した船舶登録証を担保に、奇妙なものを陳列した「バーナム博物館」をオープンさせる。そして娘の助言をきっかけに、小人症の男、ひげの濃い女、全身入れ墨の男、大男、黒人の兄妹など、世間から差別され、隠れて生きていた人のショーを成功させ、上流階級の仲間入りを果たす。だが、批評家からは酷評され、上流階級の中でも「成り上がり」と揶揄されたバーナムは、新たな手を考えるのであった。そんな折に、思いもしない悲劇が起こる。

配信中の動画配信サービス

フッド:ザ・ビギニングが動画配信されているサービスの詳細

フッド:ザ・ビギニングの作品紹介

フッド:ザ・ビギニングのあらすじ

イングランドの広大な屋敷に暮らす若き領主ロビン・ロクスリー(タロン・エガートン)は何の苦労も知らずにいた。一通の徴兵通知で、十字軍として遠い異国で戦うまでは。4年後、激戦の果てに帰国すると、ロビンは戦死したとされて領地も財産もすべて没収され、恋人も領民も鉱山へと追放されていた事を知る。どん底に落ちたロビンだが、戦地では敵だった最強戦士ジョン(ジェイミー・フォックス)に導かれ、腐敗した政府に対し、たった2人で反逆を開始する。頭巾=フッドで顔を隠したロビンは、政府から金を盗み、それを領主として献上し権力のトップに潜入していく。やがて、貧しき者の代弁者〈フッド〉として、民衆の心をつかんでいくのだが――。

フッド:ザ・ビギニングのクレジット(監督・キャスト)

製作:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・デイヴィソン
監督:オットー・バサースト
出演:タロン・エガートン、ジェイミー・フォックス、イヴ・ヒューソン、ベン・メンデルソーン / ジェイミー・ドーナン
【原題:ROBIN HOOD/2018 年/アメリカ/英語/カラー/シネマスコープ/1 時間 56 分】

© 2018 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

フッド:ザ・ビギニングの予告・動画

フッド:ザ・ビギニングのフォトギャラリー

フッド:ザ・ビギニングの評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 5 (3件中)
  • 投稿者名:あさぎぬす
    評価: GOOD 投稿日:2019.10.24/13:36

    弓かっけえ!!!

  • 投稿者名:やたおか(映画レビュアー)
    評価: GOOD 投稿日:2019.10.24/00:21

    本作は、レオナルド・ディカプリオが製作に名を連ねた作品で、ロビン・フッドを題材に領主であるロビンが頭巾で顔を隠したヒーローとなって巨悪に立ち向かうアクションアドベンチャー映画です😁
    主演は「キングスマン」「ロケットマン」のタロン・エガートンで、監督はこれが長編映画初挑戦となるオットー・バサーストみたいですね🤔
    第39回ゴールデンラズベリー賞において、最低作品賞、最低助演男優賞(ジェイミー・フォックス)、最低前日譚・リメイク・盗作・続編賞 の3部門にノミネートされてしまったようですね😱
    とはいえっても、タロン・エガートン主演にディカプリオが制作にいるということで期待は高まりますよね😊
    ということで、早速レビューしていきたいと思います😎

    【レビュー】
    この映画を観た感想として一言で言うと、「弓矢アクションは面白いけど、ダレてしまう映画」という印象です😖

    まず良かったところは、アクションですね😆
    キレのある軽快な動きで弓矢を放ちまくるタロン・エガートンの姿はまさにヒーローで、とてもかっこ良かったです😊

    また、スローを使用したり、派手なアクションもあってアクションとしては満足ですね🧐
    弓矢アクションといえばアベンジャーズ の「ホークアイ」ですが、彼に比べると、バリエーション的且つキャラクター性から、少し劣りますけどね😅
    この点は高評価です!!

    次に世界観の作り込みですね😊
    中世イングランドの空気感や、鉱山の混沌とした雰囲気の作り込みは、素晴らしかったです😌
    中世イングランドが本当にこのような空気感だったのかは分かりませんが、現代人がとけこみやすい印象でしたね😎

    次に宗教と権力の問題のテーマですね😌
    「宗教とは」
    本来神がいるならば、戦争によって人を殺してはいけないと思いますよね🤔

    それは、「宗教」を利用して「金」を作る為に「戦争」し、それが「権力」として働いてしまうことが、昔からあるからなんですよね🤔

    「信者」という漢字は「儲る」にもなります。また、「民」という字は漢字の成り立ちから、「眼」という字から「目」を取り除いたもので、民は目を塞がれている(情報を知らされていない)ということなんです😣

    つまりこの作品から分かるのは、ここを一番に魅せる為の作品ではありませんが、「宗教」「金」「戦争」「権力」の恐ろしさを伝えているんですよね😣
    そのような点でも楽しめましたね🤔

    あとは演説のシーンも良かったです😁
    この映画ではアクションの他には、ここが一番印象に残りました😌

    良くなかったのは、アクション映画によくある速いテンポ且つ単調な展開が故のダレですね😭
    テンポが速いのも、アクションも良いのですが、多数のアクション映画が溢れている現代では同じことをしていてはあきますよね😅
    これは「ジョン・ウィック」シリーズでも言いましたが😅

    もっとドラマを使った気分が高揚するようなハラハラ感を加える等をして、唯一無二の展開を魅せて欲しかったと思います😱

    【総評】
    総評として、速いテンポの且つ単調な展開によるダレから、唯一無二の良さは見出せませんでしたが、カッコいい弓矢アクション、世界観の作り込み、「宗教」と「権力」問題のテーマ、演説のシーン、これは好印象で心に残る作品ではないですが、ヒーロー作品として普通に楽しめました🤨

    ただ、強いインパクトはないですし、絶対観るべき作品ではないと思いますので、他に観たい映画があればそちらを観た方がいいかとは思います🤨
    続編がでてもコケそうなので、これで終わりにして頂きたいですが、もしかしたらありそうな気もしますね🤔
    ということで、タロン・エガートン主演作品として気になっている方は是非😎

  • 投稿者名:Saber
    評価: GOOD 投稿日:2019.10.22/00:50

    弓を使ったアクションがカッコよかった。

フッド:ザ・ビギニングと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

※配信されている作品は、サービス各社の状況によって配信スケジュールが変更される場合がございますので詳しくは、動画配信サービス各社のサイトにてご確認ください。

ページトップ