閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

こはくが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

こはくを観たい方におすすめの動画配信作品

現在、こはくとよく似た 「邦画」 の作品をおすすめとして表示しています。

提供元:amazon

邦画

劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲 完全版

『ポケットモンスター』シリーズの記念すべき初の劇場版! 差別という重いテーマを、「本物」と「コピー」とに分かれたポケモンたちを通して描く、感動のポケモン・アドベンチャー。 ポケモンマスターを目指して修業の旅を続けるサトシたちに、一通の招待状が届けられる。その送り主である最強のポケモントレーナーを名乗る人物に会うために、サトシたちはその人物の居城であるポケモン城へと向かう。 しかしそれは、かつて人間によって造り出されたポケモン「ミュウツー」による、人間たちへの逆襲のはじまりに過ぎなかった。 ミュウツーの持つ絶大な力と、彼によって造りだされた優れたコピーポケモンたちを前に、太刀打ちできないサトシたち。絶体絶命の危機を迎えたそのとき、サトシたちの前に幻のポケモン、「ミュウ」が現れる。 ミュウとミュウツーを中心に、「本物」と「コピー」たちの己の存在をかけた戦いが、今はじまる!

配信中の動画配信サービス

提供元:FOD

邦画

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス

『サイコパス(PSYCHO-PASS) 第2期』の最終回から約2年後の西暦2116年。シュビラシステム導入以来、初めてのテロ未遂事件が発生。テロを企てた密入国テロリストの中には、3年前に逃亡した狡噛慎也の姿が…。舞台を日本国内から海外へと移し、『PSYCHO-PASS サイコパス』の物語は次のステージへ! 総監督・本広克行、監督・塩谷直義、ストーリー原案・虚淵玄による、テレビアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズがいよいよ劇場版となって登場!2116年。密入国者によるテロ未遂事件が起きた。武装した謎の密入国者は日本の警備システムを知り尽くし、なおかつ戦闘に慣れていた。密入国者を捕らえた公安局刑事課一係は、局長の指示で人間の視覚による記憶から情報を引き出すメモリスクープを実行。するとそこには、日本がシビュラシステムの導入を進める東南アジア連合「SEAUn」の反体制勢力組織のメンバーで、かつて刑事課一係で執行官を務めていた狡噛慎也が写っていたのだった…!?槙島事件以降、行方知らずとなっていた狡噛慎也を追って監視官・常守朱は単身、SEAUnの首都であるシャンバラフロートへと捜査に乗り込む。反体制勢力組織に参加する狡噛の真実を求めて、朱たち公安局刑事課一係のメンバーたちが立ち向かう!

配信中の動画配信サービス

提供元:amazon

邦画

十二人の死にたい子どもたち

死にたい…、だけど“殺される”のはいや!! 集団安楽死のため廃病院に集まった少年少女12人が、いるはずのない“13人目の死体“をめぐって嘘と騙し合いを繰り広げる密室サスペンス!13人目は一体誰なのか? そして、殺人鬼はこの12人の中にいるのか…? 猜疑心と恐怖が押し寄せる中、逃げ場なしのノンストップ・サスペンスゲームが今幕をあける!!それぞれに理由があり“安楽死の会”に参加した12人の少年少女たち。彼らは会場である廃病院への到着順に【1】〜【12】までの番号札を取り、地下の自殺会場へと向かった。しかしそこには、なんといるはずのない“13人目の死体”が静かに横たわっていた…。病院内の至る所に残る不自然な犯行の痕跡、次々と起こる不可解な出来事、…まさか、この12人の中に殺人鬼が!? 一体誰が、何の目的で? “死にたい、けど殺されたくはない”彼らは、犯人を見事突き止め念願の安楽死を遂げられるのか?

配信中の動画配信サービス

こはくの動画配信・レンタル情報

こはくの作品紹介

こはくのあらすじ

俳優の井浦新とお笑い芸人のアキラ100%こと大橋彰が兄弟役に挑戦! 監督を務めた横尾初喜の幼少期の実体験をもとに作られた“家族”をテーマとした愛と優しさがあふれる物語にあなたもきっと感涙する! 

幼い頃に別れた父のガラス細工会社を受け継ぎ、経営者として認められるようになった亮太。妻との間に新しい命も授かり、幸せに包まれていたはずの亮太だったが、時折、過去に父と同じように離婚し、子どもたちと別れたことを思い返しては、心のわだかまりを感じていた。
そんなある日、兄の章一が「街で父を見かけた」と言ってきた。これをきっかけに、亮太は兄とともに父を捜すことになる。

父を捜していくなかで、これまで考えたことのなかった父の人生や、父のことを一切話さなかった母の人生に思いを馳せる亮太。
亮太と章一、ふたりの兄弟は、父を捜す旅を通して本当の“家族”を知り、“愛”を知っていく…。

こはくの登場人物・キャスト

  • 広永亮太(井浦新)

    幼い頃に別れてしまった父のガラス細工会社を引き継ぎ、経営者となる。妻・友里恵との間に新しい命を授かるが、前妻との間のふたりの息子と会っていないことにたいして後ろめたさも感じており、うまく喜べない。兄が父を見かけたことをきっかけに父を捜す旅にでる。

  • 広永章一(大橋彰(アキラ100%))

    亮太の兄。仕事もせずにいい加減なことばかり言うので、虚言癖があると思われている。街で父を見かけたことをきっかけに亮太とともに父を捜す旅にでる。

  • 広永友里恵(遠藤久美子)

    亮太の妻。亮太との間に新しい命を授かる。亮太に前妻との息子たちに会うように勧めるなど、懐の深い優しい女性。

  • 佐久本(嶋田久作)

    亮太と章一が幼少期に離れ離れになってしまった父親を探す旅の中で出会う黒服の男性。見た目は怖いが、意外と人情深い。

  • 宮本優希(塩田みう)

    亮太が父親から引き継いだガラス細工会社のビードロ師の助手。社長の亮太のことを慕っており、亮太の子どものことも可愛がる。

  • 越野啓介(寿大聡)

    亮太が父親から引き継いだガラス細工会社の社員。会社のムードメーカー的な存在であり、常に場を盛り上げている。

  • 小形晃子(鶴田真由)

    亮太が父親から引き継いだガラス細工会社に勤めていたが、父がいなくなったのとほぼ同時期に退職し、姿を消していた謎の女性。

  • 宮本哲郎(石倉三郎)

    亮太が父親から引き継いだガラス細工会社のビードロ師。職人としての腕に長けており、娘の優希にガラス細工のノウハウを教えている。

  • 三田崇之(鶴見辰吾)

    章一・亮太が幼いころに元子と離婚し、姿を消してしまった父親。章一と亮太が居場所を探すなかで、どんな人物だったかが少しずつ明らかになっていく。

  • 広永元子(木内みどり)

    章一・亮太の母親。子どもたちがまだ幼いころに夫と離婚し、それ以来子どもたちは父親に会えていない。息子たちに聞かれても、夫と別れた理由などは話さなかった。

こはくの見所ポイント

  • 1 映画好きには堪らない! 美しい長崎の映像と音楽が素晴らしい!

    横尾監督が自身の経験をもとに描いた本作は、監督が佐世保市出身ということもあり、長崎県でオールロケを敢行したそうです。
    そんな映画には長崎愛がたっぷり。登場人物たちの流暢な長崎弁はどこか心地よく、美しい自然豊かな景色もなぜか懐かしい気持ちにさせてくれます。

    またドキュメンタリーに近い題材なだけあって、詰め込まれた内容を理解するというよりは、映像と音楽と物語の間にある余白を感じ取って楽しむタイプの映画です。「これぞ日本の映画!」という邦画の良さが際立つ作品に仕上がっているので、映画好きには堪らない1本となっているでしょう。

  • 2 アキラ100%こと大橋彰の役者っぷりに圧倒される!

    裸にお盆一枚という唯一無二の芸風で人気を集めたお笑い芸人のアキラ100%が役者・大橋彰として出演することでも話題の『こはく』。

    異例のキャスティングに驚いた方も多いとは思いますが、実は、大橋はもともと俳優志望で横尾監督と仕事をしたことがあり、そのうえで本作に出演することが決まったと話しています。

    そんな大橋は、口ばかりの情けない…だけど憎めない兄の章一を好演。とくに一発勝負で撮影したというクライマックスのシーンは、大橋の嘘のない表情に涙を誘われること間違いなし! ぜひ、劇場でアキラ100%こと役者・大橋彰の新たな一面を味わってみてください。

  • 3 決して美しいだけではない。父と子のリアルが映し出された物語!

    家族の絆を描く作品はたくさん存在しますが、『こはく』が描いているのは、美しいだけではない家族の“リアル”な在り方です。

    離婚する家庭も増え、片親と離れ離れで育ってきたという人も少なくない現代ですが、本作では離れ離れになった相手とどう向き合っていくかが、親目線でも子ども目線でも描かれており、家族の存在の大きさが改めて実感できるものとなっています。

    章一と亮太の兄弟が、大人になって向き合うことで親の苦悩やありがたみが知っていく様子は、きっと誰もが共感できるはず。どの世代が見ても、家族としっかりと向き合ってみようと思わせてくれる心に響く作品となっているのです。

こはくの予告・動画

映画『こはく』予告編

こはくの評価・感想・レビュー

こはくが動画配信されているサービスの詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

こはくと合わせてよく観られている人気の動画配信作品