閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

【Girl ガール】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

画像はありません。
更新日:

Girl ガールが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

Girl ガールを観たい方におすすめの動画配信作品

現在、Girl ガールとよく似た 「洋画」 の作品をおすすめとして表示しています。

提供元:amazon

洋画

ジョーカー(2019)

「どんなときも笑顔で」という母の教えを胸に…2019年10月に公開され第76回ヴェネツィア国際映画祭で最高賞にあたる金獅子賞を受賞、日本でも公開4週で興行収入が35億円を突破した大ヒット作品。バットマンの悪役でおなじみの、悪のカリスマ・ジョーカーの誕生秘話を描いた初オリジナルストーリー。監督は「ハングオーバー!」シリーズのトッド・フィリップス。主人公の「ジョーカー」を演じたのは『グラディエーター』など数々の作品に出演しているホアキン・フェニックス。共演にはロバート・デ・ニーロなど。コメディアンを夢見る純粋で心優しい大道芸人のアーサー・フレックは、いかにして人々に恐怖を与える最凶のジョーカーへと変貌していったのか―?大道芸人の派遣会社に勤めるアーサー・フレック(ホアキン・フェニックス)は、コメディアンを夢見ながら年老いた母の面倒を見て暮らしている心優しい男だった。しかし、アーサーは自分の意志と反して笑いが止まらなくなってしまうという重度の精神疾患を抱えていて、仕事も上手くいかない日々が続いていた。そんなある日、ピエロに扮してセールの宣伝をしていたところ不良に襲われて持っていた看板を奪われてしまう。不運にも看板の弁償まで命じられてしまったアーサー、この出来事がきっかけで負の連鎖を招く歯車が大きく動き出す…。孤独な男の壮絶な人生、そして切ない衝撃の真実が今、明かされる―。

配信中の動画配信サービス

提供元:FOD

洋画

ボヘミアン・ラプソディ

誰もが耳にしたことのある名曲を数多く生み出した伝説のロックバンド「クイーン」。 その「クイーン」のボーカルであり“史上最高のエンターテイナー”と賞賛されながらも、45歳の若さでこの世を去ったフレディ・マーキュリーの半生を綴った伝記ドラマ。 数々の名曲誕生の裏側やフレディの知られざる“孤独”をリアルに描き出した、音楽ファン必見のミュージック・エンターテインメント! 音楽への熱い情熱を持ちつつも、複雑な生い立ちと容姿に強いコンプレックスを抱いている青年・フレディ。 彼は、バンドからボーカルが脱退したばかりだというブライアンとロジャーに声をかけ、自らをボーカリストとして売り込む。 フレディの歌声に魅了された二人はすぐに彼を受け入れ、そこへベーシストのジョンも加わり、4人で「クイーン」として活動を始めることに。 やがてスターダムを駆け上がっていく彼らだったが、フレディはメンバーとの衝突を繰り返すようになりスキャンダル報道にも振り回され…。

配信中の動画配信サービス

提供元:U-NEXT

洋画

グレイテスト・ショーマン

その青年は貧しかったが、人並み以上のアイデアと野心を持っていた。実際に19世紀に活躍した興行師P・T・バーナムのサクセスストーリー。成功と挫折を味わい、どん底から這い上がったバーナムが本当の人生の意味と価値を見つける感動のミュージカルムービー。青年バーナムは、幼なじみの良家の令嬢チャリティと身分違いの恋に落ち、駆け落ち同然に結婚する。裕福ではないが娘ふたりと愛妻との幸せな生活を送っていたが、勤めていた貿易会社が倒産し解雇されてしまう。そんな中、倒産した会社の沈没した船舶登録証を担保に、奇妙なものを陳列した「バーナム博物館」をオープンさせる。そして娘の助言をきっかけに、小人症の男、ひげの濃い女、全身入れ墨の男、大男、黒人の兄妹など、世間から差別され、隠れて生きていた人のショーを成功させ、上流階級の仲間入りを果たす。だが、批評家からは酷評され、上流階級の中でも「成り上がり」と揶揄されたバーナムは、新たな手を考えるのであった。そんな折に、思いもしない悲劇が起こる。

配信中の動画配信サービス

Girl ガールの動画配信・レンタル情報

Girl ガールの作品紹介

Girl ガールのあらすじ

バレリーナになる! この夢は、何があっても諦めない―

トランスジェンダーの少女がバレリーナになるため奮闘する実話に心を動かされたルーカス・ドン監督が9年越しに映画化を実現!

2018年のカンヌ国際映画祭でカメラドールほか3冠を受賞し、第91回アカデミー賞外国語映画賞・ベルギー代表にもノミネートされた話題の作品がついに日本で公開! イノセントな彼女がたどり着く、映画史上最も鮮烈でエモーショナルなクライマックスに涙が溢れるー

バレリーナを夢見る15歳のララ。しかし、夢を叶えるのは簡単なことではなかった。なぜなら、彼女は男の体に生まれてきたトランスジェンダーだから。それでもララは、夢を叶えるために血の滲むような努力を積み重ね、全力で応援してくれる父に支えられ難関バレエ学校へ入学する。入学後も熱心にレッスンを続けるララの表現力や身体能力の高さに、周囲も目を見張る。

そんななか、ララは性別適合手術を受けることを決意。手術の日を心待ちにするララだったが、バレエ学校のライバルたちから向けられる嫉妬心や、思春期による体の変化に不安を覚えるようになり、徐々に心身ともに追い詰められていく…。

Girl ガールの登場人物・キャスト

  • ララ(ビクトール・ポルスター)

    バレリーナになることを夢見る15歳の少女。心は女性だが、身体は男性というトランスジェンダーであることに悩んでいる。父親をはじめとする家族の協力もあり、性別適合手術を受けることを決意するが、周りからの差別や、自身の身体の変化に追い詰められていく。

  • マティアス(アリエ・ワルトアルテ)

    娘のララがトラスジェンダーであることを受け止め、バレリーナになりたいという夢を全力で応援する良き父親。

Girl ガールの見所ポイント

  • 1 ララを演じるビクトール・ポルスターが力強く美しい

    本作で主人公のララを演じているのが、現役のバレエダンサーでもあるビクトール・ポルスター。500人以上のオーディションで「本当に天使のような姿をしている」と主役に抜擢された彼は、映画のなかでその性別を超えた美しいパフォーマンスを発揮しつつ、繊細なララの心の変化を絶妙に表現しています。

    シスジェンダー(性自認と身体的性が一致している人)であるビクトールが、トランスジェンダーのララを演じることにたいしては批判もあったようですが、そんな批判をも打ち消してしまうほど存在感のある演技には圧巻。ララのことを応援したくなること間違いなしです。

  • 2 思わず目をそむけたくなる!ララの決断と家族の愛に涙がでる!

    トランスジェンダーのララが抱える悩みは想像を遥かに超えたもので、ストレスが積み重なる毎日を淡々と映し出す描写には心が引き裂かれそうになっていきます。とくにララの気持ちが爆発するラストシーンは、衝撃的なものとなっており、劇場では思わず目をそむけてしまう人もいるほど。

    そんな辛い毎日のなかで唯一救われるのが、ララを支えるドクターや家族の存在。偏見を持たずに、娘の価値観を素直に受け入れ、応援する父親の姿には涙が出てしまう場面も。親子の大きな愛と絆の物語に、最後はほっこりとした後味を残してくれるでしょう。

  • 3 トランスジェンダーの人々が抱える"リアル”に考えさせられる物語

    トランスジェンダーを題材にした作品といえば、身近な人に受け入れられないことへの葛藤を描いているものが多いイメージですが、本作はそうではないのもひとつの見どころ。

    家族は自分のことを理解してくれていて、性別適合手術をすることも決まっている。いわゆる恵まれた環境にいるのに、自分の体だけが思い通りになってくれない。トランスジェンダーには、誰にも伝わらない心の苦しみがあることをバレエという男女を隔てた題材を通してリアルに描いているのです。

    自分自身との戦いを乗り越えたララは、はたしてどのような道をたどるのか…? 想像を膨らませながらララの最後を見届けてください。

Girl ガールの予告・動画

『GIRL/ガール』予告編 7/5(金)公開

Girl ガールの評価・感想・レビュー

Girl ガールの動画が配信されているサービスの詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

Girl ガールと合わせてよく観られている人気の動画配信作品