閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【ドクター・ドリトル】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

ドクター・ドリトル

ドクター・ドリトルを配信中の動画配信サービス一覧

ドクター・ドリトルの動画が配信されているサービス

ドクター・ドリトルの動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

ドクター・ドリトルの作品紹介

ドクター・ドリトルのあらすじ

原作は1920年代に発行された、児童文学作品の『ドリトル先生』。1967年に『ドリトル先生不思議な旅』のタイトルで実写化されており、映画になるのは今回が初めてではない。98年には今作と同じ作品名の『ドクター・ドリトル』が、エディ・マーフィ主演で映画化された。

今作では新たに『アイアンマン』のロバート・ダウニー・Jrがドリトル先生役に起用されている。ロバート・ダウニー・Jrは、ハリウッドでも最も稼ぐ俳優の1人として知られ、出演する作品が軒並みヒットを記録する売れっ子俳優だ。今作では動物と話す獣医を演じ、CGで作られた動物たちとの軽快な会話も楽しめる。

妻の死をきっかけに、森の奥にある大豪邸に引き籠ってしまったドリトル(ロバート・ダウニー・Jr)。かつては「動物と会話できる」能力を使って、獣医として名をはせていたが、今は見る影もない。そんな彼の住む屋敷に、重症のリス(クレイグ・ロビンソン)を抱えた少年トミー(ハリー・コレット)がやってくる。

久しぶりの治療をおこなったのも束の間、次はヴィクトリア女王(ジェシー・バックリー)の治療を従者に頼まれてしまう。家を没収されることを恐れたドリトルは、動物たちを連れて、嫌々ながらバッキンガム宮殿へと足を運ぶのだが…。

ドクター・ドリトルのクレジット(監督・キャスト)

◆出演:ロバート・ダウニーJr..、アントニオ・バンデラス、マイケル・シーン、ジム・ブロードベント ほか
◆動物の声の出演:エマ・トンプソン、ラミ・マレック、トム・ホランド、オクタヴィア・スペンサー、ジョン・シナ、マリオン・コティヤール、セレーナ・ゴメス、レイフ・ファインズ ほか

◆日本語吹替版キャスト:藤原啓治/石田ゆり子/八嶋智人/せいや(霜降り明星)/粗品(霜降り明星)/小野大輔/朴璐美/中村悠一/斉藤壮馬/沢城みゆき/花澤香菜/黒田崇矢/茅野愛衣/杉田智和/井上和彦/諏訪部順一/池田秀一/森功至/大塚芳忠/大塚明夫/増田俊樹/武内駿輔/沢城千春 ほか

◆製作総指揮:ロバート・ダウニーJr. 、サラ・ブラッドショウ、ザカリー・ロス
◆製作:ジョー・ロス、ジェフ・キルシェンバウム、スーザン・ダウニー
◆監督:スティーヴン・ギャガン(『トラフィック』アカデミー賞脚色賞受賞)
◆配給:東宝東和

ドクター・ドリトルの登場人物・キャスト

  • ジョン・ドリトル(ロバート・ダウニー・Jr.)

    動物と話せる能力を持った獣医。最愛の妻を海難事故で亡くして以来、大きな屋敷に引き籠るようになってしまった。仕方なしに受けた依頼から、大冒険を繰り広げる。冒険の最中には、動物と話す能力を駆使して、押し寄せる危機を乗り越えていく。

  • トミー・スタビンズ(ハリー・コレット)

    猟師の家に生まれながらも、動物を殺すことを嫌がる少年。リスのケヴィンを撃ってしまい、治療のためにドリトルの家を訪れる。ドリトルが動物と話す様子を目の当たりにし、助手を志願。彼と一緒に大冒険へと繰り出す。

  • ラソーリ(アントニオ・バンデラス)

    海賊島に住んでいる海賊たちのリーダー。ドリトルの妻・リリーの航海日誌を持っている。

  • ポリネシア(エマ・トンプソン)

    ドリトルと最も仲の良いオウム。普通のオウム以上にかしこく、人間の言葉を巧みに操る。

  • ジップ(トム・ホランド)

    女王を守る役目を任された犬。匂いには敏感なものの、目が悪く、常にメガネをかけている。

  • チーチー(ラミ・マレック)

    大きな体を持っているが、とても臆病な性格のゴリラ。ドリトルは彼の臆病な性格を治そうとする。

  • ダブダブ(オクタヴィア・スペンサー)

    木製の足をつけているアヒル。優しい性格だが、忘れっぽくドジな一面も。

  • チュチュ(マリオン・コティヤール)

    キリンであるベッツィの、頭の上に乗っているキツネ。トミーの手助けをする。

  • バリー(レイフ・ファインズ)

    偏頭痛持ちのトラ。過去にドリトルの患者だったが、現在はドリトルのことを深く憎んでいる。

  • ケヴィン(クレイグ・ロビンソン)

    トミーに撃たれてしまったリス。ドリトルに助けられるが、自分を撃ったトミーのことを恨んでいる。

  • ヨシ(ジョン・シナ)

    ホッキョクグマなのに寒いのが苦手。ドリトルの行き先が南国だと知り、喜んで旅に参加する。

  • ブレア・マッドフライ(マイケル・シーン)

    ドリトルの元同級生。嫉妬から旅に出るドリトルを襲うが、失敗してしまう。

  • レディ・ローズ(カーメル・ラニアード)

    ヴィクトリア女王に仕える従者。女王を助けるため、ドリトルに治療を依頼しに来る。

  • ヴィクトリア女王(ジェシー・バックリー)

    正体不明の病気に倒れ、ドリトルの治療を受ける。治療には「エデンの樹の果実」が必要となる。

  • リリー・ドリトル(カシア・スムトゥニアク)

    ドリトルの妻。物語が始まる時点では、海難事故で亡くなっている。彼女の死が原因でドリトルはふさぎ込んでしまった。

ドクター・ドリトルの見所ポイント

  • 1 『ドクター・ドリトル』が3度目の映画化! 今回は冒険映画に!

    原作の児童文学作品『ドリトル先生』が初めて映画化されたのは、1967年の『ドリトル先生不思議の旅』です。主演は『マイ・フェア・レディ』で知られるレックス・ハリソンで、ミュージカル映画として公開されました。

    2度目の映画化は1998年の『ドクター・ドリトル』で、エディ・マーフィを主演に迎えています。ストーリーは原作を大幅にアレンジしたものでしたが、大ヒットを記録しています!

    そして3度目となる今作は、映画としては初めての冒険活劇となっています。ファンタジー要素も多く取り入れられ、童話のような世界観を構築しています。

  • 2 『ドクター・ドリトル』の原作は、100年前から人気だった!

    原作となったのは、1920年に発売した児童小説の『ドリトル先生』です。動物と会話ができる獣医がドリトル先生が、世界中を旅する冒険活劇で、現在でも高い人気を誇っています。

    作者は20世紀に活躍した児童文学作家のヒュー・ロフティングです。『ドリトル先生』シリーズのほかにも、『タブスおばあさん』シリーズや、『ささやき貝の秘密』などの絵本や文学作品を発表しています。

    今回の『ドクター・ドリトル』は、この原作小説の世界観を忠実に再現し、動物たちも同様のキャラクターが登場します。

  • 3 『ドクター・ドリトル』は、豪華な声優陣にも注目!

    今作で登場するキャラクターのほとんどは、CGで作られた動物たちです。その動物たちには、ほかの映画でも主役級で活躍する、豪華な俳優陣が声優として抜擢されています。

    中でも注目なのが、目の悪い犬・ジップを演じるトム・ホランドです。彼は『スパイダーマン ホーム:カミング』や『アベンジャーズ/エンドゲーム』で、ロバート・ダウニー・Jrと共演しています。

    プライベートでも師弟関係のようなふたりで、今作のキャスティングが決定した際にも、注目を浴びていました。

ドクター・ドリトルの予告・動画

ドクター・ドリトルの評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 4 (1件中)
  • 投稿者名:長濱晃弘
    評価: BAD 投稿日:2020.06.21/09:09

    ネタバレを含むレビューです。

    『ドクタードリトル』
    子供向けの動物&冒険物語を、アイアンマン役で人気者となったロバートダウニーJr.でやる!更には声優にスパイダーマン役のトムホランドを起用すると言う、今流行りのMCU旋風に乗っかった作品!

    映画に芸術を求めているおれだけど、エンタメ作品も大好きです!でも本作みたいに、商売としての部分が丸見えなのはあまり好みでは無い。

    とは言え、それを楽しみにしていた!正直、ロバートダウニーJr.にテンションが上がる!日本人に取っては、藤原啓治さんの最後の吹き替え作品として観なければならない作品でもある。

    だけど、映画の売り文句"流行りの俳優が主演"以外の部分が本作の面白さをマイナスさせてしまっている。


    【動物の映画について】
    ・旧シリーズは本物の動物を使っていたのに対し、本作からCGの動物を起用。しかし、その変化は今となっては見慣れたもの。

    ●近年のCGを使った動物映画
    ・実写版『ライオンキング』は見慣れたアニメのストーリーやカメラワークをほぼそのままCGにする事で、アニメとCGを比較させる策を取りました。より、CG技術の凄さを実感できるようにしていた訳です。しかし、あまり評価されていない。(おれは大興奮だったけど。笑)

    ●近年の実写動物を使った映画
    ・逆に使い古された実写の動物を使った映像を復活させる映画が登場したほど。『僕のワンダフルライフ』はストーリーがファンタジーチックなので、実写の動物達に演じさせる映画が持つ良さ(可愛らしさ/癒し効果など)を更にアップデート!

    なのでCGでも実写でも、それだけでは目を引かないので、その価値を更に向上させる為の策が考えられていた。

    本作の場合は、動物達と会話ができるコメディが他の作品と区別できるところではあるが、それも見慣れてしまった内容。なのでいくらリアルなCGでも『どうせCGでしょ』と感じてしまう。どうせなら、実写の動物に演じさせた方がその苦労が作品の価値を上げたかも。


    【ストーリーについて】
    ・ここが問題!前半の冒険スタイルは『パイレーツオブカリビアン』風でワクワクさせられる!しかし展開のグダグダ感も『パイレーツ〜』と同じだった・・・・。

    『目的の為に〇〇をゲット!もしくは〇〇をする必要がある』

    本作は与えられるミッションが多すぎて複雑。それらが整理されたストーリーでは無く、上手く噛み合って居ないから『あれ、今何してるんだっけ?』となる。
    最近、他の方が『スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け』のレビューで使用していた言葉を借りるのなら『〜をする為に〜が必要。更にそれをする為に〜が・・』と"為に"が繰り返されている。


    【まとめ】
    ・例えば車を自動運転できるスマホが発売したとする!めっちゃ便利♪でも充電が従来の半分くらいで切れる。

    そんなスマホいらないですよね?どんな凄い機能が追加されても、その他の機能が従来以下だなんて、逆に不便!

    なので本作も"大好きな俳優が主演"と言う付加価値を付けても、映像やストーリーなどその他の要素が、せめて"普通"では無いと面白く無い!映像は良くも悪くも"普通"なのに対し、ストーリー構成は"普通"以下。なので1つの場面を抜き取って『あのシーンのコメディが良かった』とは言っても全体としての感想では『ん〜』となってしまう。

    評価は10点中3点。

ドクター・ドリトルと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

ドクター・ドリトルに関する記事一覧

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!