閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【ダンダリン 労働基準監督官】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

ダンダリン 労働基準監督官

ダンダリン 労働基準監督官を配信中の動画配信サービス一覧

ダンダリン 労働基準監督官の動画が配信されているサービス

ダンダリン 労働基準監督官の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

ダンダリン 労働基準監督官の作品紹介

ダンダリン 労働基準監督官のあらすじ

日本テレビ系列で、2013年10月から放送されたドラマ。原作は田島隆、鈴木マサカズによる漫画『ダンダリン一〇一』である。労働基準監督官としての仕事に熱い情熱を注ぐヒロインが、さまざまな問題を抱える労働者たちを守るために奮闘する姿を描いている。

ヒロイン・段田凛を演じているのは、数々の映画やドラマで活躍し、ドラマ『ストロベリーナイト』で初挑戦した女性刑事役が大きな話題となった実力派女優・竹内結子である。

ドラマの演出を手がけたのは、『金田一少年の事件簿』『ハケンの品格』『家政婦のミタ』などの大ヒットドラマの演出家として知られる佐藤東弥である。

西東京労働基準監督署に新たに異動してきた、女性労働基準監督官・段田凛(竹内結子)。ふと目についた店の求人広告の言葉ひとつにも目を光らせ、法律違反を正さずにはいられない熱血漢だ。

凛が異動前の部署では、相当の問題児だったらしいという噂を耳にした課長の土手山(北村一輝)は、嫌な予感がしていた。土手山は、しっかり者の南三条(松坂桃李)を凛のパートナーに任命し、凛が暴走しないように見張らせることにした。

ある日、リフォーム会社の営業販売員・西川(渡辺いっけい)と出会った凛。西川のグチから、リフォーム会社の職場環境の悪さを嗅ぎつけた凛は、西川や南三条が止めるのも聞かず、リフォーム会社に乗り込んで行くのだった。

ダンダリン 労働基準監督官のクレジット(監督・キャスト)

ダンダリン 労働基準監督官の登場人物・キャスト

  • 段田凛(竹内結子)

    西東京労働基準監督署に異動してきた、労働基準監督官。常に法令違反を見つけると正さずにはいられない、曲がったことが嫌いな女性。困っている人を救いたいという正義感にあふれているが、空気を読まずに行動してしまうので、周りは振り回されてしまう。

  • 南三条和也(松坂桃李)

    東大卒のエリート労働基準監督官であり、段田凛の同僚。余計な仕事は極力避け、定時に切り上げたいと思っているのだが、凛とペアを組んで仕事をするように命じられ、何かと問題を見つける凛に振り回される日々を送っている。

  • 土手山郁夫(北村一輝)

    西東京労働基準監督署・課長。妻と離婚し、小学生の息子とは月に2回ほど面会できるのだが、どこかぎくしゃくしてしまう。カッとなりやすい性格で、自分のいうことを聞かなくなる凛に腹を立てることが多い。

  • 真鍋重夫(佐野史郎)

    西東京労働基準監督署・署長。ことなかれ主義であり、波風をたてずに任期を終えたいと思っている。面倒なことを避けるため、凛が何か行動を起こそうとするたびに反対する。

  • 相葉博美(賀来千香子)

    相葉社労士事務所の代表を務めている。なぜか凛の過去をよく知っている。

  • 胡桃沢海(風間俊介)

    相葉社労士事務所に勤める、社会保険労務士。かつては労働基準監督官で南三条とは同僚だったが、社労士に転職した。合理的にものを考え、仕事も早いので、敵に回るとかなり手ごわい相手となる。

  • 小宮瑠璃子(トリンドル玲奈)

    凛の同僚。アルバイト時代にセクハラを受けたことがきっかけで、労働基準監督官の道を目指し、晴れて労働基準監督官になった女性。いつも笑顔で愛想がいい。

  • 田中正一(大倉孝二)

    労働基準監督官で、凛の同僚。小宮のことがとても気になっているが、気弱な性格のため、何もいえないでいる。

  • 温田祐二(水橋研二)

    労働基準監督官で、凛の同僚。真面目だが、お調子者でもあり、対立した際はいつも優勢な側につこうとする。

  • 紺野みどり(西田尚美)

    土手山郁夫の元妻。離婚後も子どもとの面会の際に土手山とやりとりをするが、土手山に愛想をつかしている。

  • 西川(渡辺いっけい)

    リフォーム会社「鴨光ハウジング」の営業販売員。営業で失敗をしてしまい、社長からはひどい仕打ちをうけている。

ダンダリン 労働基準監督官の見所ポイント

  • 1 『ダンダリン 労働基準監督官』のヒロインは、労働基準監督官! 労働基準監督官の世界とは?

    今作のヒロインは労働基準監督官であり、ドラマのキャッチコピーは「働くひとを守るために、働くひとがいる。」です。

    これまであまり描かれなかった労働基準監督官という仕事にスポットを当て、その知られざる世界が、ときにはシリアスに、そしてコミカルな要素も交えながらとてもわかりやすく描かれています。労働基準法は、働く人が「人たるに値する生活を営むため」の最低限の労働条件を定めている法律です。

    日々の忙しい仕事と生活に追われ、気づかないうちに過剰な労働を強いられていることはよくあります。そんな疲れた労働者たちに幸せな日が訪れるよう、労働基準法に基づき、奮闘し続けるヒロインの姿に強く共感できる作品です。

  • 2 『ダンダリン 労働基準監督官』はドラマ版オリジナルの要素も加え、原作漫画の魅力を表現!

    今作の原作は、田島隆原作、鈴木マサカズ作画による漫画『ダンダリン一〇一』です。“一〇一”とは、労働基準監督官の権限について定められた労働基準法第101条に由来します。

    段田凛たちが問題となる雇用主への尋問をおこなったり、いざとなれば逮捕することもできるといった、興味深いエピソードが盛りだくさんです。ドラマ版は段田凛の熱血ぶりはそのままに、オリジナルのキャラクターも登場します。

    土手山課長や真鍋所長たちとのやりとりにもコミカルな要素が盛り込まれ、幅広い年齢層に受け入れられやすい作品になっています。ドラマを楽しみながら労働基準法についても学べてしまう、入門書のような一面もあります。

  • 3 『ダンダリン 労働基準監督官』は、竹内結子が演じる熱血労働基準監督官の勢いがすごい!

    今作のヒロイン・段田凛は、労働基準法に少しでも違反するものを見つければ、たとえ出勤途中であろうと、それらを正すために行動してしまいます。そんな融通の利かない不器用な熱血ヒロインを、竹内結子が魅力的に演じています。

    一度咬みついたら離れない力強さを持ったワイルドな表情が印象的で、2012年の大ヒットドラマ『ストロベリーナイト』での、多くの部下たちを従えたクールな女刑事とはまったく異なる一面を見せています。

    そんな段田凛のお目付け役となる、しっかり者の同僚・南三条和也に扮するのは松坂桃李です。凛に影響を受け、少しずつ変わっていく南三条の心情を丁寧に演じており、2人の関係にも注目です。

ダンダリン 労働基準監督官の評価・感想・レビュー

ダンダリン 労働基準監督官と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!