閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【監察医 朝顔2】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

画像はありません。

監察医 朝顔2を配信中の動画配信サービス一覧

監察医 朝顔2の動画が配信されているサービス

監察医 朝顔2の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

監察医 朝顔2の作品紹介

監察医 朝顔2のあらすじ

2019年7月から9月に、フジテレビ系の「月9」ドラマ枠で第1シーズンが放送された医療ドラマシリーズ。放送当時、月9ドラマとしては2年ぶりに視聴率全話2桁を達成した。第2シーズンとなる今作は、2020年11月から2クール連続で放送開始。

上野樹里演じる法医学者・万木朝顔、その父で時任三郎演じる刑事・万木平が、遺体の解剖からさまざまな事件に隠された真実を解き明かしていく。さらに、母を東日本大震災で失い、今なお母を探そうとする父の葛藤、恋人で刑事の桑原真也との結婚、娘・つぐみの誕生など、家族との絆も描いている。

法医学者・万木朝顔(上野樹里)は、所轄署の刑事で父の万木平(時任三郎)、県警の刑事である夫の桑原真也(風間俊介)、娘の桑原つぐみ(加藤柚凪)の一家4人で、幸せな日々を送っている。ある日、朝顔は通勤中に近くのスタジアムで、群衆雪崩の事故に出くわす。

死者4名を出す大事故となり、朝顔の勤める法医学教室にも解剖の依頼が入る。平が勤める野毛山署強行犯係や、県警の桑原らは、連携して事故の原因を探り始める。さまざまな証言、証拠があがるが、決定的な原因はなかなか判明しない。

そんななか群衆雪崩で妻を失ったという男性が、マスコミの取材に応じ、群衆雪崩は事故ではなく殺人だと訴える…。

監察医 朝顔2のクレジット(監督・キャスト)

監察医 朝顔2の登場人物・キャスト

  • 万木朝顔(上野樹里)

    今作の主人公、興雲大学法医学教室に勤める法医学者。刑事である父・平と真也、娘・つぐみの4人で暮らしている。物いえぬ死者の声をくみ取ろうと、真摯に解剖に向き合っている。東日本大震災で、母・里子が行方不明となってしまった。

  • 万木平(時任三郎)

    主人公・朝顔の父親。野毛山署強行犯係のベテラン刑事。優秀で誰からも信頼されている。娘夫婦、孫とともに4人で生活を送っている。東日本大震災で行方不明となった妻・里子を探し続けていて、週末には東北へ出かけている。

  • 桑原真也(風間俊介)

    主人公・朝顔の夫。野毛山署強行犯係から、その熱意を買われて神奈川県警捜査一課に異動した。朝顔と結婚し、娘・つぐみ、義父の平と4人で暮らしている。正義感が強く、涙もろい性格。その一方、心配性で小心者な一面もある。

  • 夏目茶子(山口智子)

    法医学教室の主任教授。自由奔放で、突拍子もない行動をとる。朝顔と平とは、震災の現場で出会い、一番の理解者となっている。

  • 桑原つぐみ(加藤柚凪)

    朝顔と桑原の娘。5歳に成長した。朝食の最中に、「弟が欲しい」といった。

  • 安岡光子(志田未来)

    初めは時給目当てで法医助手のアルバイトをしていたが、朝顔たちの影響を受け、法医学者として働き始めた。負けん気の強い性格。

  • 高橋涼介(中尾明慶)

    法医学教室に勤める検査技師。解剖の補助や臓器の検査を担当している。陽気な性格で、法医学教室のムードメーカー。

  • 丸屋大作(杉本哲太)

    優秀な検視官。頑固な性格で、ルールや規範を重視している。仕事に誇りと自信を持っている。

  • 藤堂雅史(板尾創路)

    法医学教室に勤める法医学者、絵美の夫。ひょうひょうとしているが、周囲からの信頼が厚いベテラン。

  • 藤堂絵美(平岩紙)

    法医学教室に勤める法歯学者で、遺体の歯から身元を特定できる。雅史の妻で、彼を尻に敷いている。

  • 嶋田浩之(柄本明)

    東北に住む朝顔の祖父。震災で娘・里子を亡くし、ふさぎこんでいたが、平の思いや朝顔、つぐみに触れ、里子を探す手伝いをし始める。

  • 伊東純(三宅弘城)

    山梨県警の検視官。以前は、野毛山署に勤めていて、朝顔たちと仕事をしていた。

  • 山倉伸彦(戸次重幸)

    野毛山署強行犯係の刑事で係長。県警の捜査一課への異動を狙っている。

  • 森本琢磨(森本慎太郎)

    野毛山署強行犯係に勤める若手刑事。桑原に続いて、県警の捜査一課への異動を狙っている。

  • 沖田宗徳(藤原季節)

    野毛山署の鑑識。検視官・丸屋の下についていて、一生懸命に仕事をこなす。

  • 岡島浩司(斉藤陽一郎)

    野毛山署強行犯係に勤める刑事。上司と若手に挟まれながら、実直に捜査に向き合う。

  • 愛川江梨花(坂ノ上茜)

    野毛山署強行犯係に勤める女性刑事。生意気な性格で、他部署へ異動届けを出そうとしている。

  • 熊田祥太(田川隼嗣)

    医学部生で、法医学教室でアルバイトをしている。光子にこきつかわれている間に、仕事が速くなっている。

  • 渡辺英子(宮本茉由)

    野毛山署の鑑識。検視官・丸屋の下で、淡々と仕事をこなしている。

  • 富澤(辰巳雄大)

    県警捜査一課の刑事。桑原の後輩で、冷静に彼のサポートをしている。

監察医 朝顔2の見所ポイント

  • 1 ドラマ『監察医 朝顔2』では、豪華キャストがそのまま続投! 異例の2クール連続放送が決定!

    ドラマ『監察医 朝顔』は2019年7月から放送され、大きな話題を呼びました。今作の第2シーズンは2020年11月から、異例の2クール連続での放送が決定したのです。

    上野樹里、時任三郎、風間俊介ら、おなじみとなったレギュラーキャストは全員続投し、温かさと切なさが同居する世界観は継続されています。

    さらにともさかりえ、大谷亮平も、新キャラクターとして登場することが決定していて、作品に新たな魅力を与えてくれています。

  • 2 ドラマ『監察医 朝顔2』では5歳になっても可愛さが変わらない、娘・つぐみから目が離せない!

    第1シーズン中盤から登場し、視聴者の目をくぎ付けにしているのが、朝顔の娘・つぐみです。とても可愛らしく、子どもらしいピュアな言動は、つぐみ演じる加藤柚凪の魅力がそのままキャラクターに活かされているようにも感じられます。

    またつぐみの言葉に振り回される登場人物たちの姿には、思わずクスッとさせられます。今作では5歳になったつぐみが、歌を歌う姿なども描かれ、癒されること間違いなしです。

    移り行く季節を感じるように、つぐみの成長にもぜひ注目してください!

  • 3 ドラマ『監察医 朝顔2』は、原作漫画とはストーリーが異なる?

    『監察医 朝顔2』の原作は、2006~2013年に「漫画サンデー」で連載されていた、全30巻の漫画です。基本設定としては、母を亡くすきっかけが、阪神・淡路大震災から東日本大震災に、朝顔の苗字が「山田」から「万木」に変更されています。

    また、漫画では主要人物の死という驚きの展開が用意されていましたが、ドラマの第1シーズンではそのような展開は見られませんでした。

    原作の作画を担当している木村直巳も、ドラマのファンと公言しています。第2シーズンではどのような展開があるのか、原作漫画と比較して鑑賞するのもおすすめです!

監察医 朝顔2の評価・感想・レビュー

監察医 朝顔2と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!